みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

豆乳のバストアップ効果|胸を大きくする飲み方や時間帯とは?

f:id:m-danjyo:20180113113125j:plain

バストアップに効果的な豆乳の飲み方とは?

豆乳は栄養価が高く、美容や健康に良いと言われていますよね。とくに女性にはうれしい効果がたくさんあり、その中でも気になるのが「バストアップ効果」!

 

豆乳でバストアップできるなら、毎日の生活にぜひ取り入れたいところ。では、なぜ豆乳でバストアップができるのでしょうか? また、どのような飲み方をすればバストアップできるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、豆乳のバストアップ効果についてご紹介します。「豆乳の栄養とバストアップの関係」を踏まえながら、胸を大きくするための「飲む時間帯」や「飲む量」などについても見ていきましょう!

 

豆乳の栄養がもたらす効果とは?

豆乳に豊富な栄養が含まれていることは、ご存知の人も多いはず。でも、どの栄養がどのような効果をもたらすのかは、あまり知らないのではないでしょうか?

 

豆乳の原料である「大豆」には、以下のような栄養が含まれています。それぞれの効果も簡単に見ていきましょう。

 

  • 大豆イソフラボン……更年期障害や生理の諸症状を緩和する働きがある
  • 大豆サポニン……抗酸化作用による肥満予防・アンチエイジング効果がある
  • レシチン……新しい細胞を生み出す働きをサポートする脂質の一種
  • オリゴ糖……善玉菌の栄養になり、腸内環境を整える

 

豆乳は大豆製品の1つなので、上記の栄養の他にも「植物性タンパク質」が豊富に含まれています。牛乳よりも低カロリーで、ダイエットにも効果的です。

 

また、牛乳には含まれていない「鉄分」が豊富なので、貧血気味の人にオススメです。ただし、カルシウムの含有量は牛乳のほうが圧倒的に多いので、骨粗しょう症などの予防を考えるなら、牛乳を飲んだほうが良いでしょう。

 

では、豆乳にはどのようなバストアップ効果が期待できるのでしょうか?

 

豆乳のバストアップ効果とは?

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が、バストアップに大きく関係しています。では、豆乳のバストアップ効果について見ていきましょう。

 

ホルモンバランスを整える

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。植物性のエストロゲンと呼ばれていて、豆乳を飲むことで女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

 

女性ホルモンのバランスを整えると、生理周期を正常にしたり、妊娠のサポートをするほか、バストアップ効果も期待できます。

 

乳腺を発達させる効果がある

エストロゲンの働きが活性化されると、胸を大きくするために必要な「乳腺」を発達させることができます。胸は「脂肪」と「乳腺」でできていて、乳腺を発達させることで、そのまわりに脂肪がつきやすくなります。

 

つまり、乳腺が発達するとバストの脂肪が増えるため、バストのボリュームがアップし、胸が大きくなる効果が期待できるのです。

 

丸みのある女性らしい体をつくる

エストロゲンには、丸みのある女性らしい体をつくる効果があります。やわらかくて丸みを帯びた曲線は、女性特有の美しいボディラインの特徴ですよね。胸のふくらみやウエストのくびれ、上向きのお尻などが美しい曲線をつくり出します。

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、このような女性らしい体をつくる効果があり、その結果、美しいバストをつくることにつながります。

 

胸を大きくするための豆乳の飲み方

豆乳のバストアップ効果がわかったところで、胸を大きくするための豆乳の飲み方を見ていきましょう。豆乳を飲むタイミングや適切な量などについてご紹介します。

 

朝食前・就寝前が効果的

豆乳を飲むタイミングとして最適な時間帯は、「朝食前」です。寝起きは栄養を吸収しやすい状態のため、豆乳の効果を存分に取り入れることができます。

 

また、就寝前に飲むのもオススメ。大豆イソフラボンは代謝が速く、約6~8時間で排出されると言われています。そのため、寝る前にも豆乳を飲むことで、豆乳の効果を発揮させることができます。 

 

大豆イソフラボンの摂取量や摂取時期に注意

大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量目安は、70~75ml程度です。それ以上摂ると、副作用のような症状を引き起こす原因になります。

豆乳の種類によって大豆イソフラボンの含有量が違いますが、「無調整豆乳」の場合には、1日1パック(200ml)が目安になります。(次の項で、豆乳の種類についてご紹介します)

 

豆乳には、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような働きをする効果があります。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、生理周期とともに分泌量が変化していきます。もし、エストロゲンの分泌が弱まる時期に大豆イソフラボンを摂ると、生理周期が乱れる恐れがあります。

 

ホルモンバランスを整えてくれる豆乳ですが、飲む量や飲む時期によっては、逆にホルモンバランスを崩す原因になるので注意しましょう。

 

バストアップに効果的な豆乳の種類

豆乳は、スーパーやコンビニなどで手軽に手に入りますが、3つの種類があるのをご存知ですか? 豆乳の種類によって、大豆イソフラボンの含有量が違います。入っている成分にも違いがあるため、ここで豆乳の種類について見ていきましょう。

 

無調整豆乳

大豆イソフラボンの含有量がもっとも多いのが、「無調整豆乳」です。大豆と水のみで作られているので、大豆本来の味がします。他には何も味付けされていないので、飲みにくいと感じる人が多いかもしれません。

バストアップには効果的ですが、豆乳の独特な風味が苦手な人は、他の種類を選んだほうが良いでしょう。

 

調製豆乳

無調整豆乳に、塩・砂糖・添加物などを加えた豆乳のことを「調製豆乳」と言います。大豆イソフラボンの含有量は、無調整豆乳よりは少なくなっています。味付けをしてあるので、無調整豆乳が苦手な人でも比較的飲みやすいでしょう。

 

ちなみに、「無調整豆乳」と「調製豆乳」では、漢字が違うのでちょっと気になりますよね。調べてみると、「調整」とは調子や過不足などを整えることなので、無調整豆乳は「調製していない(手を加えていない)」ことを表しています。

また、「調製」とは必要なものを作ることを意味するので、調製豆乳は「味を加えて作ったもの」であることを表しています。

 

豆乳飲料

大豆イソフラボンの含有量はもっとも少ないですが、1番飲みやすいのが「豆乳飲料」です。調製豆乳に何らかの味を加え、さらに飲みやすくしています。たとえばコーヒーや紅茶、果汁などで味付けしてあるので、豆乳独特の味はほとんどしません。

 

「豆乳が苦手だけど、バストアップのために飲みたい」という人にオススメです。ただし、ジュースに豆乳を加えたイメージなので、糖分や添加物が多く含まれていることは理解しておきましょう。

 

豆乳で効果的にバストアップするためには?

豆乳で効果的にバストアップするためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

豆乳だけ飲んでもバストアップしない

バストアップ効果が期待できる豆乳ですが、豆乳だけを飲めばバストアップできるわけではありません。バストアップのためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大事です。そのため、女性ホルモンのバランスが崩れている人や、生活習慣が乱れている人は、まずはそこから改善していく必要があります。

 

胸を大きくするための土台となる生活ができてこそ、豆乳がそれをサポートしてくれますよ。

 

胸を大きくするための生活習慣を心がける

胸を大きく育てるためには、日頃の生活習慣を整えることが大切です。生活習慣が整えば、女性ホルモンのバランスも自然と整い、豆乳によるバストアップ効果を実感しやすくなります。

 

以下のような生活習慣を心がけてみましょう。

  • 良質な睡眠をとり、ホルモンバランスを整える
  • 栄養バランスの良い食生活でバストに栄養を届ける
  • イライラやストレスを解消し、ホルモンバランスを整える
  • 適度な運動で血行を促し、バストに栄養を届ける

 

基本的な生活習慣を整えることで、豆乳によるバストアップ効果がグっと高まります。体が健康になればホルモンバランスが整い、全身の血行も良くなることでバストアップを強力にサポートしてくれますよ。

 

マッサージやエクササイズなどを併用すると良い

バストアップのためには、豆乳だけでなく、「バストマッサージ」や「バストアップエクササイズ」などを併用するとより効果的です。

バストのリンパマッサージは、胸まわりのリンパの流れを促し、バストアップに必要な栄養を胸に届ける効果があります。乳腺をやさしく刺激するバストマッサージは、乳腺を発達させることでバストの脂肪を増やす効果があります。

 

また、バストアップエクササイズは、胸を支える土台となる「大胸筋」を鍛えたり、胸まわりの血行を促す効果があります。その効果により、バストの垂れを防いだり、バストにハリを持たせることで美しいバストをキープする効果があります。

 

このように、豆乳と併用することで、それぞれの相乗効果で効果的にバストアップが可能になります。

 

◆バストアップサプリの併用には注意

ただし、バストアップサプリには注意が必要です。豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、サプリにも大豆イソフラボンが含まれていると、過剰摂取になる恐れがあります。

 

また、大豆イソフラボンには植物性エストロゲンが含まれているため、同じようにエストロゲンを活性化させる「プエラリア」の摂取にも注意が必要です。エストロゲンが活性化しすぎると、逆にホルモンバランスが乱れ、生理不順などを引き起こす恐れがあります。

そのため、女性ホルモンを活性化する食べ物やサプリは、豆乳との併用に注意しましょう。

 

豆乳はバストアップを強力にサポートしてくれる!

豆乳のバストアップ効果や、胸を大きくするための豆乳の飲み方などについてご紹介しました。他のバストアップ方法や、胸を大きくするための生活習慣とコラボすることで、バストアップを強力にサポートしてくれますよ。毎日の生活に上手に豆乳を取り入れて、あなたのバストアップに役立ててくださいね!