みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ノンワイヤーブラで胸は垂れない?ノンワイヤーブラのメリットと選び方

f:id:m-danjyo:20180524143859j:plain

ノンワイヤーブラを正しく選べば胸は垂れない!

一度着けたら、手放せなくなるとウワサの「ノンワイヤーブラ」。

ワイヤーブラにストレスを感じている女性は多いですが、ノンワイヤーブラならつけ心地が快適なので、多くの女性から注目を集めています。

 

あまりにも快適なので、つけているのを忘れてしまう人もいるほど。そんなノンワイヤーブラで心配なことと言えば、「胸が垂れるのでは?」ということですよね。その心配さえクリアできれば、今すぐにでもノンワイヤーブラをつけたくなるはず。

 

そこで今回は、「ノンワイヤーブラで胸は垂れるのか?」という疑問を解決し、「ノンワイヤーブラのメリットと選び方」をご紹介したいと思います。

 

女性のバストを自然に美しく見せてくれる「ノンワイヤーブラ」の世界へ、足を踏み入れてみましょう!

 

ノンワイヤーブラだと胸が垂れるの?

ノンワイヤーブラが気になるけど、踏みだせない女性の多くは、「ノンワイヤーブラって、胸が垂れるんじゃないの?」という心配があるからではないでしょうか?

 

実は、「胸が垂れるのは、ブラの種類には左右されない」と専門家が言っています。胸が垂れる理由は、おもに「胸を揺らすこと」だと言われています。胸が揺れるとバストを支えている「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりしてしまうため、バストを支えきれなくなり、垂れてしまうのです。

 

では、胸が垂れないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか? 1番大切なことは、胸が揺れないようにしっかりとバストを支えてくれるブラを選ぶことです。

 

「ノンワイヤーブラでは、胸をしっかり支えられないのでは?」と思うかもしれませんが、最近ではホールド力の高いノンワイヤーブラも多く開発されています。そのため「つけ心地が快適」で、しかも「バストをしっかり支えてくれる」という女性の望みを叶えることは、ノンワイヤーブラでも可能なのです。

 

そこで大切になってくるのが、「自分に合ったノンワイヤーブラを選ぶ」ということ。 

ノンワイヤーブラにはさまざまな種類がありますが、どれでも良いわけではないのです。そのため選び方が重要なポイントになります。では、もし合わないノンワイヤーブラを着けた場合、バストはどうなってしまうのでしょうか?

 

合わないノンワイヤーブラを着けるデメリット

  • 胸が垂れる
  • 谷間をつくりにくい
  • バストが脇や背中に流れる
  • しっかり支えてくれないので、形が崩れる

 

これは、いけませんね。楽ちんなのがメリットのノンワイヤーブラだって、胸を守りたい女性の願いを無視することはできません。

では、ノンワイヤーブラを着けると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

ノンワイヤーブラのメリット

ワイヤーブラが一世を風靡した時代に終わりを告げ、現代女性は「ラクなのに美しい自然なバスト」を作ってくれるノンワイヤーブラに注目しています。

これからノンワイヤーブラを使おうか迷っているあなたへ、ノンワイヤーブラを着けるメリットをご紹介しましょう。

 

締めつけ感がなく、リラックスできる

ノンワイヤーブラの最大のメリットは、何といっても「締めつけ感がないこと」ですよね。苦しくなくて、快適につけられることは、女性にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

ワイヤーブラで締めつけてしまうと、苦しくて疲れるのはもちろんですが、バストダウンにつながることもあります。ワイヤーブラで締めつけると胸の血行が悪くなり、胸が小さくなったり、垂れる原因になってしまいます。

 

その点、ノンワイヤーブラなら、締めつけ感がなく、リラックスした状態で過ごせるので、気分的にも楽ちんですし、胸の血行を妨げることもありません。

 

ナチュラルなバストラインを美しく作ってくれる

ノンワイヤーブラのメリットは、ワイヤーブラで盛った時のような不自然な盛り上がりではなく、ナチュラルなバストラインを作ってくれることです。

 

ノンワイヤーブラは、バスト全体をやさしく包み込んでホールドしてくれるので、自然で美しいバスラインを作ることができます。しかも、ワイヤーブラと違って伸縮性に優れているものが多く、しっかりと体にフィットして胸を支えてくれます。

 

また、最近はノンワイヤーブラの機能性が高まり、寄せたり盛ったりできるノンワイヤーブラが多いので、ワイヤーブラに負けないくらいのバストメイクが叶いますよ。

 

胸が大きい人も小さい人も、自然体の女性の美しさを引き出してくれるのが、ノンワイヤーブラのメリットなのです。

 

やさしい素材で肌ざわりが良いブラが多い

ワイヤーブラを着けていると、「ワイヤーが当たって痛い」とか「肌に擦れて、肌荒れてしまう」と悩んでいる女性も多いと思います。

でも、ノンワイヤーブラなら、肌にやさしい素材で肌ざわりの良いブラが多く、着け心地が気持ちいいのがメリットです。

 

「あまりにも心地良いので、着けているのを忘れてしまう」という女性もいるほど。一度着けたら、手放せなくなる気持ちがわかりますね。

 

洗濯機で洗っても、型崩れしにくい

ワイヤーブラを愛用している女性なら、一度は洗濯で失敗したことがある人も多いはず。洗濯機にそのまま入れて洗ったら、ワイヤーが曲がってしまい、使えなくなってしまった経験があるのではないでしょうか?

 

その点ノンワイヤーブラなら、お手入れが簡単で型崩れしにくことがメリットです。

洗濯ネットに入れれば、洗濯機で洗うことも可能です。ただし、「手洗いコース」や「ソフトコース」などでやさしく洗うことが大切ですよ。

 

このように、実はノンワイヤーブラのほうが耐久性が強く、長持ちしやすいメリットがあります。

 

ノンワイヤーブラを最大限に使いこなすコツ

ノンワイヤーブラのメリットをご紹介しましたが、次に、ノンワイヤーブラを最大限に使いこなすコツをご紹介しましょう。

 

休日はノンワイヤーブラ。デート・仕事はワイヤーブラを使い分ける

ノンワイヤーブラを使うシーンで最もオススメなのは、「休日にのんびり家で過ごすとき」です。家にいるときは、ノーブラで過ごす女性も多いと思いますが、ノーブラの時間が長ければ長いほど、胸が垂れたり、バストダウンにつながります。

 

そのため、家でのリラックスタイムでも、ブラジャーを着けておくのがオススメ。でも、ワイヤーブラではリラックスできないので、そんなときこそ「ノンワイヤーブラ」の出番です!

 

そして、仕事や外出のときはワイヤーブラを着けるという風に、シーンによって使い分けるのがオススメです。オンとオフがしっかり分けられて、気分的にもメリハリのある生活を送ることができるでしょう。

 

胸をしっかり包み込んでくれるブラなら外出用にもOK

ノンワイヤーブラを着けるタイミングは、家だけというわけではありません。外出用にもノンワイヤーブラが活躍してくれます。

 

外出用のノンワイヤーブラを選ぶなら、胸をしっかり包み込んでくれるブラが良いでしょう。

ノンワイヤーブラには、ワイヤーブラにはないホールド力があるので、外出用にも使えます。

 

運動するときは、スポーツブラで胸を揺らさない

同じノンワイヤーブラでも、「ナイトブラ」や「スポーツブラ」など、いくつかの種類があります。その中でもスポーツブラは、激しい運動をしても胸が揺れないように、強いサポート力を持ったブラジャーです。運動時に胸が揺れると、クーパー靭帯を損傷する恐れがあるため、胸が垂れる原因になります。

 

ワイヤーブラでも、スポーツ時の胸の揺れには対応できないので、必ずスポーツブラをつけましょう。

 

ただし、スポーツブラは締めつけ感が強いので、普段使いにはオススメできません。運動するときだけ使用して、運動後は外すことをオススメします。

 

胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方

f:id:m-danjyo:20180524143957j:plain

では、どのようなノンワイヤーブラを選べば、胸の垂れを予防できるのでしょうか? 自分に合ったノンワイヤーブラを選ぶことで、胸が垂れる心配もなくなりますよ。

 

肩紐がズレないか

胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方は、肩紐がズレないかをチェックすることです。肩紐がずり落ちると不快ですし、肩紐のサイズが合っているかどうかで、バストを持ち上げる機能が変わってきます。

 

バストを持ち上げることができないと、バストを支えている「クーパー靭帯」が伸びてしまい、胸が垂れる原因になってしまいます。そのため、肩紐がしっかりフィットしているノンワイヤーブラを選ぶことが大切です。

また、肩紐が調節できるタイプのノンワイヤーブラをブラを選ぶのも良いでしょう。

 

◆肩紐がズレやすい人は「肩紐が太い」「肩紐が内側に入っている」ものを

ノンワイヤーブラの場合、肩紐が調節できないタイプが多いです。そのため、肩紐がズレやすいと感じる人は、肩紐がどのようになっているかに注目してみましょう。

 

肩紐がズレにくい形状は、「肩紐が太い」もしくは「肩紐が内側に入っている」ものです。肩紐が太いとずり落ちにくいのでオススメです。また、肩紐の位置はブラによって異なり、外側寄りについているブラと、内側寄りについているブラがあるので、内側寄りのブラを選ぶと肩紐がずり落ちにくいでしょう。

 

もしくは、肩紐が背中でクロスしているタイプのブラを選ぶと、肩紐がずり落ちることはほとんどありません。

 

胸を寄せたいなら、伸縮性と柔軟性を重視

ノンワイヤーブラで胸を寄せたいなら、伸縮性と柔軟性を重視して選ぶと胸に谷間を作ることも可能です。ノンワイヤーブラは、ワイヤーブラのようにカップが固定されていないぶん、伸縮性と柔軟性を重視して作られているものが多いです。

 

そのため、ノンワイヤーブラでも十分にバストメイクをすることができるのです。とくに、フロントホックのブラなら、胸を寄せる機能が高いため、左右のバストが離れ気味の人でも谷間を作れるかもしれません。

 

苦しいワイヤーブラや矯正下着でしか胸を寄せられないと思っていた女性には、朗報なのではないでしょうか?

「ノンワイヤーブラでは、胸を寄せて谷間を作るのは無理」だと思っているかもしれませんが、決してそんなことはないので安心してくださいね。

 

アンダーが幅広のブラを選ぶ

胸が垂れないノンワイヤーブラを選ぶなら、アンダーベルトが幅広のタイプにしましょう。アンダーベルトが太いと、寄せ集めた脇や背中の脂肪をしっかりとホールドしてくれるからです。そのため、胸の垂れを予防する効果も高いです。

 

アンダーベルトが脇の下ギリギリまであるくらい幅広のノンワイヤーブラなら、寄せ集め効果も抜群! しかも締めつけが分散されるので、ホールド力の高い育乳ブラでも苦しくないでしょう。

楽ちんだけど、しっかり胸を支えてくれるブラを選ぶことは大事ですよね。

 

カップに隙間ができないか

ブラの選び方で、いちばん悪いのは、「カップに隙間ができてしまう」ことです。カップが胸にフィットしていなければ、胸を支えることができませんし、胸の揺れを防ぐことができません。

 

とくに、ワイヤーブラに見られる症状ですが、ノンワイヤーブラを選ぶときにも、注意するようにしましょう。

 

◆フルカップよりも3/4カップがオススメ

胸が垂れるのを防ぎ、胸の形をキレイに整えるには、フルカップブラよりも、3/4カップブラを選びましょう。フルカップだと、カップサイズがぴったりのブラを選ぶのがむずかしく、胸とブラの間に隙間ができやすくなります。

 

その点、3/4カップならカップが胸にフィットしやすく、バストをしっかり支えてくれるので垂れや型崩れを防ぎ、美しいバストをキープすることができます。

 

試着してサイズの合ったブラを選ぶ

ノンワイヤーブラは、できれば試着してサイズの合ったブラを選ぶようにしましょう。ノンワイヤーブラのサイズ展開はM~Lなどザックリしているので、自分に合ったサイズを見つけにくい場合があります。そのためしっかりと試着して、サイズやつけ心地をチェックして選ぶことをオススメします。

 

なかなかサイズが合わない場合は、伸縮性が高いブラを選べば、体にフィットしやすく、バストをしっかり支えてくれます。

 

また、通販サイトで購入する場合には、サイズ交換が可能なショップを選ぶようにしましょう。サイズが合わないブラをつけていると、胸の形が崩れたり、血行が悪くなってしまうので、ちゃんと自分のサイズに合ったノンワイヤーブラを選びましょうね。

 

◆アンダーバストを基準にして選ぶ

サイズの合ったノンワイヤーブラを探すうえで大切なのが、「アンダーサイズ」が合っているかどうかです。アンダーサイズが合っているノンワイヤーブラなら、胸にフィットした最適なサイズを選びやすくなります。

 

せっかく着けるなら、可愛いノンワイヤーブラを選ぼう!

「ノンワイヤーブラで胸は垂れるのか?」「ノンワイヤーブラのメリット」「胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方」をご紹介しました。

ノンワイヤーブラに関する心配事項は、解消されましたか?

 

選び方のポイントを踏まえて、あなたに合ったノンワイヤーブラを選びましょうね。ノンワイヤーブラは、ダサいイメージがあるかもしれませんが、今は可愛いブラも多く出ています。

せっかく着けるなら、やっぱり可愛くてテンションが上がるようなノンワイヤーブラを選ぶことをオススメします。女子ですから、そこはやっぱり重要ですよね。