みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ブラサイズは大きいのに見た目が小さい理由|実際のカップサイズに見せるための解決策

f:id:m-danjyo:20180616175040j:plain

実際のカップサイズより、胸が小さく見えるのを解決する方法

それほど胸が小さいわけではないのに、実際のバストサイズよりも見た目が小さいことで悩んでいる女性は、意外と多いようです。

 

これには、いくつかの理由が考えられますが、まるで見栄を張っているように思われるのはイヤですよね。

そこで今回は、見た目が小さい胸を、実際のカップサイズに近づけるための解決策をご紹介します。

 

女性の胸に関する問題は、物理的にも、心理的にも、とってもデリケートです。本当は大きいのに、小さく見える胸の悩みから解放されましょう!

 

実際のブラサイズより見た目が小さくて悩んでいませんか?

女性にとって、胸の悩みは深刻です。本人にしかわからない苦悩があるにもかかわらず、男性は好き勝手に語りますよね。彼氏のためにバストアップを頑張っているのに、何と言うことでしょう。

 

実際のブラサイズよりも見た目が小さいと、損することも多いですよね。わたしも同じ悩みを持っているので、ここでその悩みを共有したいと思います。

 

脱いだら小さいんです!

実際のブラサイズよりも見た目が小さい人は、きっと「盛れるブラ」をつけていることと思います。だから、ブラをつけている時はそれなりに大きな胸に見られるけど、脱いだら彼氏にガッカリされた経験はありませんか?

 

もちろん、あからさまにガッカリする彼氏とはお別れしますが、言いにくそうに突っ込まれても、返答に困ってしまいますよね。

だから、少しでも実際のカップサイズに近づける解決策を、この記事でご紹介していきます。

 

AかBにしか見えないけど、本当はEカップなんです!

実際のブラサイズよりも見た目が小さい人は、ブラをつけていても、AかBに見られてしまうことはありませんか? ブラがつけられない服を着たときは、ほぼ「まな板状態」。

 

本当はEカップなのに、何とも悲しい現実です。

この原因については、2つの理由が考えられます。それは「胸が柔らかすぎる」か「痩せ型でアンダーが小さい」かのどちらかの可能性が高いです。

 

Eカップなのに貧乳呼ばわりされて、傷ついた経験のある女性も多いのではないでしょうか? そんな理不尽な悩みからは、もう解放されましょう!

 

バストサイズは大きいのに、谷間ができないんです!

実際のブラサイズよりも見た目が小さい人は、一生懸命盛っても、谷間ができずに悩んでいるかもしれません。その理由として、いちばん有力なのは「離れ乳」の可能性があるということです。

 

わたしも、どちらかというと離れ乳ですが、ブラを選べばちゃんと谷間ができますよ。詳しくは、「解決策」の項でご説明します。

 

ブラサイズは大きいのに見た目が小さい理由とは?

見た目は小さいけど、ブラサイズが大きい人の胸には、どんな理由が隠されているのでしょうか? サイズは大きいのに、大きく見えないトリックについてご紹介します。

 

左右の胸が離れている「離れ乳」

見た目は小さいのに、ブラサイズが大きい胸は、「離れ乳」の可能性があります。離れ乳とは、左右の胸が離れているため、小さく見えてしまう胸のことです。

 

理想的な胸は、真正面に向かって突き出している胸です。でも離れ乳の人は、胸が外側に向かって突き出しているため、トップの位置が低く見えてしまうのです。そのため、胸が小さく見えるというわけですね。

 

胸が柔らかくて、脂肪が流れてしまう

見た目は小さいのに、ブラサイズが大きい胸は、脂肪が柔らかくて流れてしまっている可能性があります。そのため本当は大きな胸なのに、ブラをつけないと「まな板」のようになってしまうのです。

 

この原因として考えられるのは、おもに3つあります。

  • クーパー靭帯が伸びている
  • 脂肪が多くて、乳腺が少ない
  • 胸筋が衰えている

 

それぞれの原因を解決すれば、脂肪が流れるのを防ぐことができます。

 

バストが低い位置にある「垂れ乳」

見た目は小さいのに、ブラサイズが大きい胸は、「垂れ乳」の可能性があります。垂れ乳とは、バストトップが低い位置にあるか、バストそのものが全体的に下がってしまった胸のことです。

 

とくに、年齢を重ねると垂れ乳になることが多く、この解決策も、上記でご紹介した3つと同じです。

 

痩せ型でアンダーバストが小さい

見た目は小さいのに、ブラサイズが大きい胸は、痩せ型の人に多い特徴です。これはブラサイズにトリックがあり、じつはカップサイズが小さい可能性があります。

 

女性の平均的なアンダーバストは、「75」だと言われています。それよりもアンダーが小さい人は、実際のカップサイズが小さい可能性があるのです。

 

たとえば、C70・B75・A80は、すべてカップサイズが同じだそうです。これを詳しく解説すると長くなるので、ここでは省きますが、アンダーバストによって、カップサイズが異なるのは確かです。

 

実際に下着売り場に行ってみるとわかりますが、同じ「Cカップ」のブラジャーでも、アンダーによってカップの大きさが違います。そのため、痩せ型でアンダーバストが小さい人は、必然的にカップが小さくなると言えるのです。

 

バストの厚みが薄い・トップの高さがない

見た目は小さいのに、ブラサイズが大きい胸は、バストの厚みや高さがない可能性があります。バストの容量(体積)は同じなのに、バストの形によっては小さく見えてしまうのです。

 

これは、もったいない現象なので、ぜひ解決して頂きたいと思います。バストの容量が同じなら、胸のハリをつくることで、実際のカップサイズに近い見た目にすることができます。

 

同じサイズでも、欧米人のほうが胸が大きく見える

胸のサイズは同じなのに、大きく見える人と小さく見える人がいるのを不思議に思ったことはありませんか? 両者の違いはいったい何なのか、その謎に迫ります。 

 

胴体に厚みがないアジア人は胸が小さく見える

欧米人とアジア人では、胴体の厚みが違うと言われています。これが、見た目のバストサイズに影響しているんだとか。

アジア人は胴体に厚みがなく、横から見ると平べったいのが特徴です。それに比べて欧米人は、胴体に厚みがあるので、横から見ても厚みがあります。

 

アジア人のような体型を「平胴」と呼ぶそうで、前からみると横幅があるのが特徴です。一方、欧米人のような体型を「丸胴」と呼ぶそうで、前からみると横幅が細いのが特徴です。

 

丸胴の欧米人は、胸が前に突き出しているため、胸が大きく見えるのです。また、欧米人は乳腺が発達している人が多いため、胸に張りがあり、硬めの胸をしていると言われています。

 

それに比べて平胴のアジア人は、バストの容量はあっても、前に突き出しているのではなく、横に広がっている特徴があります。また、アジア人の胸のほうが柔らかいのが特徴だと言われています。

 

実際のカップサイズに見せるための解決策はあるの?

では、見た目が小さい胸を、実際のカップサイズに近づける解決策はあるのでしょうか? 結論からいうと、方法はいくつかあります。

 

理想としては、何もつけていない状態の胸を、実際のカップサイズに近づけることが大前提ですが、バストメイクによって実際のカップサイズに近づける方法もあります。

 

後者は手っ取り早い解決策ですが、根本的な解決にはなっていませんよね。そのため、前者の解決策のほうが理想的です。でも、どちらの方法も有効なので、それぞれの解決策について説明していきますね。もう貧乳とは言わせません。

 

解決策①実際のバストサイズに見える胸をつくる

実際のカップサイズに近づける解決策は、大きく分けて3つあります。その1つめは、実際のバストサイズに見える胸をつくることです。

これが根本的な解決になりますので、ぜひ毎日の生活で心がけていきましょう。

 

胸筋を鍛えてバストアップ

小さく見える胸を、実際のカップサイズに近づけるには、胸筋を鍛えることです。脂肪が流れてしまったり、胸が垂れることで見た目が小さくなってしまうのは、胸を支える筋肉が少ないからです。

 

そのため、胸筋を鍛えることで、胸の位置を高く保ち、バストアップを実現してくれます。では、胸筋を鍛えてバストアップする方法をご紹介しましょう。

 

◆合掌のポーズで胸筋を鍛える

f:id:m-danjyo:20180616170223j:plain

  1. 胸の前で手を合わせ、合掌のポーズをします。
  2. 手と手を押し合うように力を入れて、ゆっくりと10秒かぞえます。
  3. 押し合ったまま手を頭の辺りまで上げて、下に戻します。
  4. これを3セットくり返しましょう。

 

脇を開いた状態でやるのがポイント。暇なときに、いつでもどこでもできる方法なので、ぜひやってみましょう。胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯が伸びるのを防ぐこともできます。

 

◆腕立て伏せで胸筋を鍛える
  1. 膝をついて、四つん這いになります。
  2. 手の位置を肩幅よりも広くして、脇を閉めてやるのがポイント。
  3. 上半身だけを下ろすのではなく、お尻も一緒に下ろすことで体重がかかります。

 

あまりやり過ぎると、胸が硬くなってしまうので、10回くらいが目安です。終わったら、バストマッサージをしてほぐしておきましょう。

 

猫背を直して血行を良くする

実際のバストサイズに見える胸をつくるには、胸周辺の血行を良くすることが大切です。胸の血行が悪いと、胸に栄養が届かなくなるので、胸が垂れたり、しぼんだりする原因になります。

 

とくに猫背の人は、姿勢を良くすることで、胸の血行を良くすることができます。また、肩甲骨のストレッチや、バストマッサージで血行を良くするのもオススメです。

 

睡眠や食生活を改善して女性ホルモン活性化

実際のバストサイズに見える胸をつくるには、女性ホルモンの分泌を活発にすることが大切です。女性ホルモンの分泌が活発になれば、乳腺が発達しやすくなり、ハリのある胸をつくることができます。

 

胸が柔らかくて流れてしまう人には、オススメの解決策ですよ。また、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少するので、睡眠や食生活に気をつけることも大切です。

 

女性ホルモンを活性化するには、「大豆イソフラボン」を摂ったり、良質な睡眠をとって、ホルモンバランスを整えることが効果的ですよ。

 

スポーツブラをつけて、クーパー靭帯を守る

実際のカップサイズよりも、胸が小さく見える原因の1つは、胸が垂れていることでしたよね。それはクーパー靭帯が伸びているのかもしれません。

クーパー靭帯とは、胸を高い位置にキープするコラーゲン組織のことですが、胸が揺れることによって伸びてしまうのです。

 

このクーパー靭帯を守るには、運動をするときにスポーツブラをつけることです。できるだけ胸を揺らさないことが、クーパー靭帯を守り、胸が小さく見えるのを防ぐことに繋がります。

 

解決策②ブラジャーで実際のカップサイズに近づける

見た目が小さい胸を、実際のカップサイズに近づける解決策は、ブラジャーの種類やサイズを見直すことです。

これは一見、根本的な解決になっていないように感じますが、胸の形を整えることで、胸を形状記憶できる可能性があります。

 

育乳ブラをつける

昼用ブラも、ナイトブラも、寄せる機能が高いブラジャーをつけることで、実際のカップサイズに近づけることができます。離れ乳の人でも、寄せる機能が高いブラなら、谷間をつくることも可能ですよ。

 

横に流れてしまう脂肪をカップにしっかりとおさめることで、バストの形を整えることができます。これと並行して、胸筋を鍛える運動をすれば、胸の高さも引き上がり、ツンと上向きのバストをつくることができます。

 

正しいサイズ・正しいブラのつけ方をチェックする

ブラをつけているのに、見た目が小さい胸は、「正しいブラのつけ方」ができていないか、「ブラのサイズが合っていない」可能性もあります。

 

寄せる機能が高いブラを見つけるとともに、正しいサイズのブラジャーをつけることが大切です。ブラを買うときは、店員さんに計ってもらうか、正しいつけ方を習得する必要があります。

 

◆正しいブラのつけ方
  1. ストラップを肩にかけて、前かがみになりながらカップに胸をおさめます。
  2. ホックを留めたら、前かがみのまま横に流れた胸をカップにおさめます。
  3. ブラの高さが正しい位置にあるか、鏡で確認すると良いでしょう。
  4. 後ろのベルトの位置が、アンダーのベルトと同じ位置になっているか確認しましょう。

  

解決策③服装で胸を大きく見せる

見た目が小さい胸を、実際のカップサイズに近づける解決策は、胸が大きく見える服装を選ぶことです。これは、根本的な解決にはなっていませんが、貧乳呼ばわりされることは減るでしょう。

 

でも、脱いだら小さいと残念な胸になってしまうので、上記の2つの解決策も並行して実行しましょうね。

 

ギャザーのついた服を着る

見た目が小さい胸を大きく見せるには、ギャザーのついた服を着るのがオススメです。クシャクシャっとしたタッグが入っている服のことです。襟ぐりがゴムになっている服も良いでしょう。

 

胸の部分がシワくちゃになっていることで、胸が大きく見える効果があるんですよ。ギャザーのついたブラウスもあるので、どんなタイプの服装でも探すことができます。

 

胸の谷間が見える服を着る

見た目が小さい胸を大きく見せるには、胸の谷間が見えるような服を着ることです。といっても、シーンは選んだほうが良いですね。彼氏とのデートのときは、ちょっと頑張ってみると良いでしょう。

 

本当はカップサイズが大きいのに、見た目が小さく見えてしまう人は、胸の谷間をのぞかせることで、大きく見える効果があるのです。胸のふくらみの一部を見せることで、見えない部分のふくらみが想像できる効果があるのかもしれません。

 

柄物や装飾のついたデザインの服を着る

見た目が小さい胸を大きく見せるには、トップスのデザインに助けてもらうこともできます。無地よりは、柄物のほうが遠近感が出て、胸が大きく見える効果があります。

また、胸元にフリルなどの装飾があると、胸が立体的に見えて、大きく見える効果があるのです。

 

服によっては、実際のカップサイズに近づけることも可能なので、これからは、そのようなポイントも踏まえながら服を選ぶと良いでしょう。

 

サイズより小さく見える胸を大きく見せる方法はある!

見た目は小さいのに、本当はブラサイズが大きい理由や、実際のカップサイズに近づける解決策をご紹介しました。

胸は女性の象徴なので、せっかく大きいなら、大きく見せたいですよね。ちょっとしたテクニックや、実際のバストを大きく見せる方法を実践して、自分の胸に自信を持てるようになりましょう。