みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

短期間で脚を細くする方法【マッサージ編】

f:id:m-danjyo:20180708120655j:plain

痩せない脚を短期間で細くするにはマッサージが効果的!

上半身は痩せられるのに、なぜか細くならない「脚」に悩んでいませんか?

「とりあえず脚だけでも細くなれば、どんなファッションも自由自在に着こなせるのに……」と思っている女性は多いのではないでしょうか?

 

女性の脚は、男性よりも太くなりやすいのに、痩せにくいという残念な性質があるのです。でも、今回ご紹介するマッサージを実践すれば、短期間で脚を細くする効果が期待できるんです。

 

まずは、脚だけ痩せない理由をハッキリさせて、短期間で脚を細くするマッサージ方法を見ていきましょう。翌日のデートまでに脚を細くする秘策もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

なかなか痩せない脚を細くして、コンプレックスのないボディを手に入れましょう!

 

脚だけ痩せない理由

女性の脚は痩せにくいといっても、なぜ脚だけなかなか細くならないのでしょうか? 女性の脚には、以下の3つの痩せない原因があります。

 

  • 冷え
  • むくみ
  • 血行不良

 

女性はカラダが冷えやすく、むくみや血行不良を引き起こしやすい特徴があります。とくに脚に血流がたまりやすく、全身の血流も悪くなっている可能性があります。

これをもとに、脚が細くならない原因をもっと具体的に見ていきましょう。

 

脚だけを細くするのはむずかしい

脚だけ痩せない原因は、そもそも「部分痩せ」は不可能だと言われているからです。つまり、脚だけを細くするのはむずかしいのです。

 

たとえば、脚に脂肪がついて太くなっている場合、全身のダイエットをしなければ、脚は細くなりません。ところが、女性の脚は「むくみ」が原因の場合が多いので、じつは即効で脚だけ細くすることも可能なのです。

 

ただし、むくみ+脂肪もついている場合は、今より細くすることはできても、理想の脚になるためには、やはり全身ダイエットが必要になります。

 

むくみを解消しないと脚は細くならない

脚だけ痩せない理由は、たとえ全身ダイエットをして痩せたとしても、脚のむくみを解消しなければ、脚の脂肪は落ちないからです。

 

むくみがあると血行が悪くなり、代謝が落ちている状態です。この状態で食事制限をしても、脚のむくみや脂肪がなくなることはないのです。

では、どうすれば脚は細くなるのか。それは、「脚の筋肉量を増やす」か「むくみを解消して血行を良くする」か、このどちらかしか方法はありません。

 

今回ご紹介するのは、マッサージによって脚の血流を良くし、むくみを解消することで代謝をアップする方法です。脚の血流が良くなれば、全身も痩せやすくなることが期待できるでしょう。

 

脂肪や筋肉が硬くなると脚は細くならない

長い間、運動不足だった人は、脚の脂肪が多くなっていたり、脚の筋肉が衰えている可能性があります。すると代謝が悪い状態なので、脚が細くなりにくいのです。

また、むかし運動をしていた人は、筋肉の上に脂肪がつき、硬くなっている可能性があります。

 

脂肪や筋肉が硬くなると、血流が悪くなり、脚を細くすることができなくなります。そのため、まずは脂肪や筋肉をマッサージでほぐすことが大切です。

 

短期間で脚を細くする方法【マッサージ編】

なかなか痩せない脚を短期間で細くするには、マッサージが効果的です。「マッサージ」と、ひとことで言っても、何にはたらきかけるマッサージなのかを明確にする必要があります。

つまり、「ターゲットは何なのか」を考えながらマッサージすることが大切です。

 

むくみを解消するリンパマッサージ

女性の脚にいちばん多い「むくみ」を解消するには、リンパマッサージが効果的です。女性の脚がむくみやすい理由は、男性に比べて筋肉量が少ないからです。

なぜ筋肉が少ないと、脚がむくみやすいのでしょうか?

 

筋肉は収縮することで、血流を押し上げるポンプの役割をします。血流は心臓からスタートし、全身をめぐって心臓へと戻ります。

心臓からいちばん遠い「脚」に血流がたまりやすいのですが、筋肉量が少ないと、心臓へ押し戻すことができなくなってしまうのです。

これが、足がむくむメカニズムです。

 

これを解消するには、リンパマッサージをして、血流とリンパの流れを良くしてあげる必要があります。脚が温まっているタイミングで、下から上に向かってマッサージをすれば、むくみを解消することができます。

 

脂肪を柔らかくするマッサージ

短期間で脚を細くするには、長期間たまっている「脂肪」をどうにかしないといけません。脂肪が長期間ついたままだと、血行が悪くなり、硬くなってしまいます。そのため、まずは脂肪を柔らかくするマッサージをしなければ、脂肪を落とせないのです。

 

筋肉量を増やす筋トレも効果的ですが、今回はマッサージで脚を細くする方法をご紹介します。脂肪が長期間ついたままだと、セルライトになる恐れもあるので、なるべく早めに対処していきましょう。

 

筋肉をほぐすマッサージ

女性には少ないタイプですが、日頃から運動をしている人は、筋肉太りで脚が細くならない人もいるかもしれません。

ただし、昔はスポーツをしていたけど、今はとくに運動をしていない人の場合、それは筋肉太りではなく、筋肉の上に脂肪が乗っかっている可能性が高いです。

 

このどちらの場合も、筋肉をほぐしてあげることで、脚を細くすることができます。筋肉も脂肪も、柔らかくほぐさなければ、脚を細くすることはできないと考えておきましょう。

 

短期間で脚を細くするマッサージ

では、いよいよ短期間で脚を細くするマッサージ方法をご紹介していきます。まずは、マッサージの準備からご覧ください。短期間勝負の場合は、準備も大事なプロセスなので、飛ばさないでくださいね。

 

脚を細くするマッサージの準備

脚を細くするマッサージをする前に、まずは準備から始めましょう。準備することは、以下の3つです。

 

  • 水を飲む
  • 温める
  • オイル・クリームを塗る

 

マッサージを始める5~10分くらい前に、コップ一杯の水を飲んでおきます。水を飲まない状態でマッサージをすると、血液がドロドロなので、マッサージ効果が激減してしまいます。努力が水の泡です。

そのためマッサージの前には、必ず水を飲むようにしましょう。

 

そして、お風呂上がりなどの脚が温かくなっている状態で、マッサージするのがポイントです。温まっていると、血流が良くなっている状態なので、マッサージ効果がアップします。

 

そして、肌を傷つけないように、オイルやクリームを塗ってからマッサージすることをオススメします。塗らない場合は、肌にピタっとフィットしたスパッツなどを履いてマッサージすれば良いでしょう。

 

◆ストレッチしてからマッサージすると効果的

ここまでの準備が終われば、マッサージを始めてもOKですが、もっとマッサージ効果をアップさせたいなら、ストレッチすることをオススメします。

とくに夕方以降は、脚がむくんでいる人が多いと思いますので、少しでも血流を上に戻してからマッサージすると効果的です。

 

  1. 脚を天井に向かって上げて、血流やリンパを上に戻します。寝転がった状態で壁に脚をつき、1~3分くらい待ちましょう。
  2. 次に、脚のストレッチをします。どんなストレッチでもOKですが、オススメは「開脚ストレッチ」「前屈ストレッチ」「股関節ストレッチ」です。

このようなストレッチをすれば、マッサージ効果がアップします。

 

  • 開脚ストレッチ……床に座り、脚を開いて上体を前に倒します。
  • 前屈ストレッチ……床に座り、両足をそろえて伸ばします。そのまま上体を前に倒します。
  • 股関節ストレッチ……足裏同士をくっつけて、あぐらみたいに座ります。そのまま上体を前に倒します。

 

ここまで終わったら、いよいよ短期間で脚を細くするマッサージを始めます。

 

足裏・足指のマッサージ

脚を細くするマッサージは、「下から上へ」が基本なので、まずは足裏からマッサージを始めます。足裏には、全身のツボが大量に集中しているので、どこを揉んでも効果があるでしょう。

また足指付近にはリンパがあるので、リンパの流れを良くし、むくみを解消することができます。

 

  1. 足裏全体を親指で指圧するようにマッサージします。
  2. 足指を1本ずつ、クルクル回します。
  3. 足の甲を「指の付け根」から「甲の中央」まで、指の腹でさすります。
  4. 片足ずつ「つま先」をつかんで、足裏側へ丸め込み、パっと離します。

 

「足首回し」で血流アップ

短期間で脚を細くするマッサージなら、足首もしっかりほぐしておくことをオススメします。足首で血流が滞っている場合も多いので、これがむくみの原因になっていることがあります。

 

  1. 片足ずつ、手でつかんで足首を回します。
  2. できるだけ大きく、ゆっくりと回すのがコツです。
  3. 10~20回ずつ回します。
  4. 「くるぶし」と「アキレス腱」の間を、親指で揉みほぐします。痛みが強い場合は、あまり無理せずおこないましょう。

 

忘れがちな「スネ」も大事なポイント

短期間で脚を細くするマッサージは、スネも忘れてはいけません。脚がむくんでいる人は、スネを親指で10秒くらい強く押すと、ヘコんだ状態になります。これは、すぐに改善しないといけません。

 

  1. 足首側から膝に向かって、スネの骨の横を、順番に親指で指圧します。
  2. 5回くり返したら、こぶしの第二関節で、足首から膝まで滑らせます。(クリーム必須)
  3. 何回おこなっても良いですが、10回くらい流せばOKです。

 

「膝まわり」の老廃物を流す

膝まわりには、老廃物がたまりやすいので、しっかりとマッサージしていきましょう。

 

  1. 膝の上にある脂肪をつまみ、揉みほぐします。痛みがあると、老廃物がたまっている証拠です。痛みが強い場合は、あまり無理せずおこなってください。
  2. 膝の皿のまわりを揉みほぐします。
  3. 膝の裏を四本指で指圧します。あまり強くやらないでください。

 

ふくらはぎを細くするマッサージ

ふくらはぎは、先ほど説明した「血流のポンプの役割」をする場所です。でも筋肉量が少ない女性は、マッサージで改善していきましょう。

もしくは、ふくらはぎが筋肉太りになっている人は、筋肉をほぐすことが大切です。

 

  1. こぶしの第二関節で、足首側から膝に向かって滑らせます。
  2. ふくらはぎの外側・内側・後ろ側をそれぞれ10回ずつ滑らせましょう。
  3. クリームなどで滑りを良くしておこなってください。

 

太ももを細くするマッサージ

短期間で脚を細くするマッサージは、太ももが一番手ごわいです。脂肪や筋肉で硬くなっている場合が多いので、しっかりとほぐしていきましょう。

 

  1. 太ももを、両手でつかむようにします。
  2. 両手の親指の腹で、膝から付け根に向かって、太ももの前側・外側を滑らせます。
  3. 滑らせるラインをずらしながら、10回ずつおこないます。
  4. 膝を曲げて、太ももの内側を同じように10回滑らせます。

 

太ももの前側が筋肉で張っている人は、両手の親指の腹で指圧してほぐしましょう。筋肉が硬い状態だと、脚が細くならないので重要なポイントですよ。

 

足の付け根のリンパマッサージ

短期間で脚を細くするマッサージの最後は、足の付け根のリンパマッサージです。足の付け根には「リンパ節(リンパが集まっている場所)」があるので、ここをマッサージしないとリンパが流れてくれません。

 

  1. 床に座り、脚を90℃くらいに開いた状態で、力を抜きます。
  2. 手のひらで、付け根をこするように滑らせましょう。
  3. 親指の腹で、軽く指圧してもOKです。

 

リンパは、強くマッサージするのはNGなので、「弱すぎず強すぎず」くらいの適度な強さでマッサージしてください。

 

脚を細くするマッサージ効果をアップするコツ

ひと通りのマッサージ方法をご紹介したので、次に、このマッサージ効果をアップするコツをご紹介します。

 

すぐに元に戻るので、継続が大事!

脚のむくみを解消するマッサージは、たった1日で細くすることもできるくらい即効性があります。でも、すぐに元に戻ってしまうので、継続することが大事です。

 

そもそも「むくみ体質」を改善しなければ、また脚がむくんでしまうため、体質改善も視野に入れてダイエットすることが大切です。

むくみ体質を改善するには、食べ物に気をつけることも効果的ですよ。

 

脚やせ食「カリウム・食物繊維」は必ず摂る

マッサージ効果をアップし、むくみ体質を改善するためには、必ず摂りたい食べ物があります。それは、「カリウム」と「食物繊維」です。

 

カリウムは、体内にたまった水分や塩分を排出する利尿作用があるので、むくみ解消に効果的です。また食物繊維は、便秘を解消したり、コレステロールを排出することで、血流をアップさせる効果があります。

この2つをできるだけ毎日の食生活に取り入れて、むくみを解消していきましょう。

 

そして、もう1つ大切なことは、「塩分を摂りすぎないこと」です。塩分を摂り過ぎることが、そもそもむくみの原因なので、塩分ひかえめの食習慣にすることを心がけてください。

 

マッサージローラーを使えば簡単に効果アップ

短期間で脚を細くするなら、マッサージ器具を使えば簡単に効果をアップすることができます。本当は手でマッサージするのが一番良いのですが、意外と力が必要なので、器具を使うと効果的です。

 

どんなマッサージ器具を使うかというと、クルクル回る「マッサージローラー」がオススメです。顔やせに使うようなローラーでも良いですし、棒状のローラーも使いやすいですよ。

 

めん棒(麺を伸ばす棒)やテニスボールも効果的ですが、使いやすさで考えると、マッサージローラーがオススメです。力を入れなくても、簡単にマッサージすることができます。

 

前夜に着圧ソックスで引き締めるのもアリ

脚のむくみを解消するダイエットグッズとして、「着圧ソックス」が女性に人気があります。即効性があるので、デートの前夜などに履いたまま寝ると、翌朝には脚がシュッと細くなっていると話題です。

 

ただし着圧ソックスは、毎日使い続けるのはNGです。着圧ソックスは、強制的にリンパと血流を押し上げ、脚のむくみを解消するグッズです。そのため、自力でむくみを解消する機能が低下する恐れがあります。

 

たまに使うならOKなので、脚のだるさが強い日や、翌日までに脚を細くしたい日だけの使用にとどめましょう。

 

血行促進なら運動!歩き方を変えるだけでもOK

ここまで、短期間で脚を細くするマッサージ効果についてご紹介してきましたが、脚の血行を促進するなら、じつは運動のほうが効果的です。なんて言うと、身もふたもないのですが、私たちは毎日歩いているので、その歩き方を変えるだけでもOKです。

 

血行を良くするには、運動よりも効果的な方法はありません。マッサージも効果的ですが、正直なところ、運動にはかないません。でも、運動をすると筋肉を使うので、今度は筋肉をほぐさないと硬くなってしまいます。

 

そのため、運動とマッサージを併用するのが、もっとも効果的な脚やせ方法と言えるでしょう。

 

毎日の通勤や買い物で歩く時は、ぜひ歩き方にも気をつけてみてください。

モデルみたいな歩き方で足痩せダイエット|通勤だけで太ももとふくらはぎが細くなる

 

短期間で脚を細くするマッサージの注意点

短期間で脚を細くするマッサージ方法をご紹介しましたが、いくつか注意点があるので、最後にご紹介しておきます。

 

リンパは強く揉まない

脚のむくみを解消する「リンパマッサージ」は、決して強く揉まないことです。リンパは皮膚のすぐ下にあるので、強く揉むと内出血してしまう恐れがあります。私もセルフケアとしてリンパマッサージをしているのですが、何度か内出血したことがあります。

 

アザのようになって目立つので、くれぐれもリンパは強く揉まないように気をつけてくださいね。

 

下から上へ順番にマッサージする

脚のむくみを解消するには、脚を下から上に向かってマッサージすることが大切です。脚にたまっている血流を心臓へ戻すことが目的なので、下から上へ順番にマッサージしていきましょう。

 

脚を上に上げて、ある程度の血流を戻しておくのも効果的です。脚がだるくて、むくんでいるときは、一日の終わりに脚を上げてリラックスすると良いでしょう。

 

発熱・体調不良のときはマッサージしない

短期間で脚を細くするマッサージは、体調不良のときはやらないように注意しましょう。熱があるとき、生理中、妊娠中などもマッサージはNGです。

 

また食後すぐや、アルコールを飲んだ後もNGです。体調がいい日のリラックスタイムに、ストレス解消もかねてマッサージを楽しんでくださいね。

 

痩せない脚を細くしてコンプレックスをなくそう!

ダイエットしてもなかなか痩せない脚を、短期間で細くするマッサージ方法をご紹介しました。脚が細くならないことがコンプレックスの人もいると思いますが、今回ご紹介した方法なら、即効性があり、脚やせに効果的です。

コンプレックスがなくなれば、自信を持って脚を出すことができますね。可愛いスカートも、スリムパンツも、自在に着こなせるようになるでしょう!