みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

プロテインのバストアップ効果|胸が大きくなったと実感している人多数!

f:id:m-danjyo:20180712133728j:plain

プロテインでバストアップできるって本当?

あなたは、「プロテインにはバストアップ効果がある」と聞いたことはありますか?

プロテインダイエットは流行っているけど、バストアップ効果があるというのは、初耳の人もいるかもしれません。

 

「そもそもプロテインって、筋肉をつけるために飲むものじゃないの?」というイメージを持っている人が多いようでが、じつはプロテインには、女性にうれしいバストアップ効果が秘められていたのです。

 

そこで今回は、プロテインのバストアップ効果についてご紹介します。胸が大きくなったと実感している人が多数いるようなので、ぜひその効果をチェックしてみてくださいね。

 

プロテインって、そもそも何?

プロテインのイメージは、やはり「筋肉を増やす飲み物」というイメージが根強いようです。ハードなトレーニングをしている男性が、ムキムキになるために飲んでいると思っている女性は多いことでしょう。

でも最近では、モデルなどのキレイな女性でもプロテインを飲んでいる人が増えているのです。

 

プロテインとは「タンパク質」のこと

体型に気をつかっているモデルも愛飲している「プロテイン」。美ボディのために飲んでいるのだから、ムキムキになりたいわけではないはずですよね。では、プロテインには何が含まれていて、どんな効果があるのか?

 

じつは、プロテインとは「タンパク質」のことなのです。タンパク質といえば、肉や魚などに含まれている栄養素で、人間のカラダになくてはならないものです。つまり、栄養補給のために飲んでいるというわけです。

 

でも、なぜ肉を食べるのではなく、プロテインを飲むのか? それは、良質なタンパク質が含まれているからなのです。

 

良質なタンパク質である「必須アミノ酸」が摂れる

人間のカラダに必要な栄養素である「タンパク質」。その中でも「良質なタンパク質」と呼ばれるのは「必須アミノ酸」のことです。人間のカラダの2割はアミノ酸でできていて、タンパク質もその一種です。

 

アミノ酸には、「非必須アミノ酸」と「必須アミノ酸」に分かれていて、必須アミノ酸は体内で作り出すことができない栄養素です。つまり、食べ物から摂らなければいけないのです。

 

プロテインには、その必須アミノ酸が含まれているので、必要な栄養を効率よく摂取できる飲み物なのです。

 

食事だけでは足りない栄養を効率よく摂取できる

タンパク質は、毎日毎食で摂らなければいけない栄養素です。でもダイエット中や、ジャンクフードばかりの食生活では、必要なタンパク質を摂ることができません。プロテインは、そんな乱れがちな現代人の食生活をサポートしてくれる役割もあります。

 

栄養バランスを考えた食事をしている人でも、必要量のタンパク質を摂るのは意外と大変なのです。タンパク質は、わりと高カロリーの食べ物に含まれているので、場合によっては太ってしまうことも。

 

そんなリスクを軽減しながら、食事だけでは足りない栄養を効率よく摂取できる飲み物が「プロテイン」なのです。

 

プロテインのバストアップ効果とは?

プロテインには、タンパク質や必須アミノ酸が含まれていることがわかりました。栄養価が高いことは理解できたものの、「それがバストアップとどう関係があるの?」と思っている人もいるかもしれません。

そこで次に、プロテインのバストアップ効果について、具体的に見ていきましょう。

 

胸を高い位置にキープする大胸筋の強化

プロテインのバストアップ効果は、年齢とともに垂れやすくなる胸を、高い位置にキープしてくれることです。胸を高い位置でキープするためには、大胸筋を鍛える必要があります。この大胸筋を強化してくれるのが、プロテインのバストアップ効果なのです。

 

プロテインを飲むと、効率的に筋肉量を増やすことができるので、バストアップに関係のある「大胸筋」を強化してくれるというわけです。その結果、バストが下垂れするのを防いでくれるのです。

 

ハリのあるふっくらバストになる

プロテインのバストアップ効果は、胸を構成している「タンパク質」や「脂肪」を増やしてくれることです。バストアップに必要な栄養が足りなくなると、胸はハリがなくなり、しぼんだようになってしまいます。

 

そこで、体に吸収しやすいプロテインを飲むと、ハリと弾力のある「ふっくらしたバスト」を手に入れることができます。栄養を摂っても、バストまで届けることができなければ、胸が大きくなることはありません。

その点プロテインなら、肉や魚でタンパク質を摂るよりも、体に吸収しやすく、バストに必要な栄養を届けてくれるのです。

 

女性ホルモンの分泌を促し、乳腺を発達させる

プロテインのバストアップ効果は、間接的にも大きな役割を果たしてくれます。バストアップ効果を得るためには、女性ホルモンの分泌を活発にする必要があります。なぜなら、女性ホルモンの分泌を促すことで、乳腺を発達させることができるからです。

 

バストは「9割が脂肪」で「1割が乳腺」でできています。しかも、乳腺を発達させることで、そのまわりに脂肪がつきやすくなり、胸が大きくなるという仕組みになっているのです。

乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えることが大切です。そのためには、プロテインが効果的だというわけです。

 

女性の悲願!ダイエットとバストアップが同時に叶う

多くの女性の願い……それは、「キレイに痩せる」ことと「胸を大きくする」ことではないでしょうか? この2つが同時に叶ったら、それほど嬉しいことはありません。でも心のどこかで、「痩せると胸が小さくなる」とあきらめていませんか?

 

プロテインのバストアップ効果を利用すれば、なんと「ダイエット」と「バストアップ」を同時に叶えることができるのです!

 

ダイエットで胸が小さくなってしまう理由は、とっても単純です。それは、食事制限をすることによって、胸の成長に必要な栄養が足りなくなってしまうからです。これを見事に解決してくれるのが、プロテインなのです。

これでもう、胸が小さくなる心配をせずにダイエットができますね。

 

ソイプロテイン・ホエイプロテインどっちが効果的?

プロテインにバストアップ効果があることはわかったけど、「どんなプロテインを飲めばいいんだろう?」と迷っているあなたへ、バストアップに効果的なプロテインの種類をご紹介します。

 

プロテインといっても、じつはいくつか種類があります。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

の3つが代表的です。この中でも良く飲まれているのが、動物性の「ホエイプロテイン」と、植物性の「ソイプロテイン」です。では、バストアップ効果があるのは、どっちのプロテインなのでしょうか?

 

体に吸収しやすく、胸を大きくする効果があるのは「ホエイプロテイン」

ホエイプロテインとは、動物性タンパク質のことで、体に吸収するスピードが速く、素早く栄養補給ができるメリットがあります。吸収しやすいということは、すぐに必要な役割を果たしてくれるので、胸を大きくする効果が期待できます。

 

適度に脂肪を増やしながら、ふんわり柔らかいバストを作ってくれます。とくに痩せ型さんには、ホエイプロテインのほうがオススメです。

 

女性ホルモン様作用によって胸を大きくする効果があるのは「ソイプロテイン」

ソイプロテインとは、植物性タンパク質のことで、大豆を原料としています。大豆といえば、女性ホルモンと似たような働きをする「イソフラボン」が含まれていることは、ご存じの人も多いはず。

そのため、女性ホルモンのはたらきをサポートすることで、胸を大きくする効果が期待できます。ソイプロテインなら、ハリのある女性らしいバストを作ってくれるでしょう。

 

どちらのプロテインにもバストアップ効果が期待できるので、あえて、どちらかのプロテインと決めるのではなく、両方バランスよく摂るのもオススメです。

 

痩せる効果も欲しいなら、実践しているダイエット方法によって選ぶ

では、先ほどご紹介したように、ダイエット効果とバストアップ効果を同時に手に入れるなら、どっちのプロテインが効果的なのでしょうか? それは、あなたが実践しているダイエット方法によって変わってきます。

 

もし、有酸素運動や筋トレ・エクササイズなどを取り入れたダイエットをしているなら、効率的に筋肉量を増やせる「ホエイプロテイン」がオススメです。筋肉量が増えることで痩せやすくなるので、より効果的なダイエットが可能になります。

 

あるいは、運動を取り入れていても、ごく軽めの運動や、ほとんど運動をしていない人なら、「ソイプロテイン」がオススメです。ソイプロテインは、体への吸収がゆるやかなので、太りにくく満腹感もあるのがメリットです。

そしてホエイプロテインよりも低カロリーなので、カロリーオーバーになる心配も防げます。

 

肉・魚・大豆よりプロテインを飲むメリットとは?

「プロテインとはタンパク質のことだ」と言いましたが、そもそも肉・魚・大豆などの食べ物を食べるのではなく、あえてプロテインを飲む理由とは何なのでしょうか? 食べ物よりも、プロテインを飲むメリットを見ていきましょう。

 

食材を食べるよりも低カロリー

食べ物ではなくプロテインを飲むメリットは、ずばり低カロリーだからです。食べ物でタンパク質を摂ろうとすると、タンパク質量の多い肉を食べるのが効率的です。でもお肉はカロリーが高く、たくさん摂ろうとするとカロリーオーバーになってしまう恐れがあります。

 

そのためタンパク質量が多く、しかも低カロリーの「プロテイン」を飲むメリットは大きいのです。

 

カラダに吸収しやすい

食べ物よりもプロテインを飲むメリットは、カラダに素早く吸収できるからです。肉は消化が悪く、カラダに吸収されるまでに時間がかかります。大豆も比較的消化が悪いので、すぐに効果を発揮できないのです。

 

でもプロテインなら、カラダに吸収しやすいので、効率的にバストアップ効果を高めてくれます。低カロリーで吸収しやすいというのが、プロテインを飲むメリットなのです。

 

必要な栄養を効率よく摂取できる

食べ物よりもプロテインを飲むメリットは、必要な栄養だけを効率よく摂取できるからです。もし肉を食べた場合、タンパク質だけでなく脂質も多く摂取することになります。ビタミンA・B・Eなど、さまざまな栄養が含まれているのは良いのですが、高カロリーになるのは避けたいですね。

 

プロテインの種類によっては、ビタミンも含まれていますが、必要な栄養だけを効率よく摂取できるので、とてもメリットがある飲み物と言えるでしょう。

 

プロテインで胸が大きくなったと実感している人多数!

プロテインにバストアップ効果があると知って、多くの女性がバストアップにチャレンジ中のようです。そして、「胸が大きくなったような気がする」とか、彼氏や旦那さまに「胸が大きくなったんじゃない?」と言われる人もいるそうです。

 

どうやらプロテインでバストアップできるというのは、理論上だけのことではなく、実感している人が多数いるようですよ。そう言われたら、ぜひ試してみたくなりますね。

 

とはいえ、何も考えずにただプロテインを飲めば良いわけではありません。正しい飲み方をしなければ、効果的に胸を大きくすることはできませんよ。では、どんな飲み方が効果的なのでしょうか?

 

バストアップに効くプロテインの飲み方

プロテインでバストアップするには、どのような飲み方をすれば効果的なのでしょうか? 飲む時間帯やタイミング、どんな飲み方をすれば良いのか見ていきましょう。

 

数回に分けて飲む

プロテインでバストアップ効果を得るためには、1日に1回飲むのではなく、数回に分けて飲むのがオススメです。タンパク質は、1度に大量に摂っても排出されてしまうので、効果的に胸を大きくすることができません。

 

そのため、プロテインを小まめに飲むことで、バストアップ効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

 

飲むベストタイミングは「寝る前」

バストアップのためにプロテインを飲むなら、ベストタイミングは「寝る前」です。といっても、寝る直前に飲むと胃腸に負担がかかるので、厳密には寝る1時間前くらいに飲んでおくと良いでしょう。

 

プロテインが体に吸収されるまでには時間がかかるので、ちょうど眠って「成長ホルモン」が分泌される時間帯に合わせてプロテインが活躍できるように調整するのが目的です。このタイミングでプロテインを飲むと、眠っている間の女性ホルモンの働きが活発になり、効果的にバストアップができると考えられます。

 

運動の前後に飲むと筋肉強化に役立つ

プロテインでバストアップするには、運動の前後に飲むのもオススメです。バストアップのために、大胸筋の筋トレをしているなら、その前後30分以内に飲むことで、筋肉強化に役立ちます。

 

どちらかといえば、運動後に飲むほうがオススメです。痩せ型さんは、運動前にも飲んでおくと良いでしょう。1回で飲む量を少なめにして、回数を増やすのもオススメです。プロテインに記載されている摂取量を目安にしてください。

 

豆乳に溶かして飲むと効果的

バストアップに効果的なプロテインの飲み方は、豆乳に溶かして飲むことです。プロテインは、水や牛乳に溶かして飲むのが一般的ですが、バストアップ効果を狙うなら、イソフラボンが含まれる「豆乳」で溶かすのが効果的です。

 

ただし、イソフラボンの1日あたりの摂取量上限を上回らないように気をつけましょう。イソフラボンの摂りすぎは、場合によっては副作用が起きることがあります。

 

プロテインでバストアップ効果を狙う際の注意点

プロテインがバストアップに効果的だという理由を、いろいろとご紹介してきました。では、プロテインを飲む際の注意点は何かあるのでしょうか?

 

タンパク質の摂りすぎに注意

プロテインの飲み方の注意点は、タンパク質の摂りすぎに注意することです。タンパク質は一度に大量に摂っても、体に吸収されずに排出されてしまいます。

それだけではなく、肝臓や腎臓に負担がかかることもあるので、摂りすぎには注意しましょう。

 

プロテインによって、タンパク質量やカロリー、その他の栄養などが違うので、プロテインに記載されている容量を守って飲むのはもちろん、1日あたりのタンパク質摂取量目安も参考にしてください。年齢や性別によって、摂取量目安が異なります。

 

飲み方次第では太る可能性も

プロテインの飲み方次第では、太ってしまう可能性もあるので注意しましょう。プロテインを大量に飲んでも、急激に胸が大きくなるわけではありません。適量を守り、小まめに飲むことで、プロテインのバストアップ効果を発揮できるのです。

 

イソフラボンの摂りすぎにも注意

プロテインのバストアップ効果を期待して、ソイプロテインを飲む人は、大豆イソフラボンの摂りすぎにも注意する必要があります。大豆イソフラボンも、1日あたりの摂取量目安が決められていて、およそ75mgになっています。イソフラボンを摂り過ぎると生理周期が乱れたり、副作用として女性特有の病気を発症する場合もあります。

 

そのため、ソイプロテインを豆乳と混ぜて飲むなら、イソフラボンの含有量に気をつけてください。その他、納豆やきな粉などの食品のイソフラボンも考慮してくださいね。

 

カルシウム不足になる恐れがある

プロテイン=タンパク質を過剰摂取すると、肝臓で分解しきれなくなり、体外へ排出されます。体外へ排出される際には血管を通り、そのときにカルシウムを消費してしまいます。

そのためプロテインを摂り過ぎると、カルシウム不足になる恐れがあるのでご注意ください。

 

腸内環境が悪化する恐れがある

プロテインを摂り過ぎると、体に吸収されなかった分が、腸へ送られます。腸へ送られたタンパク質は、悪玉菌のエサになるため、腸内環境を悪化させ、便秘や下痢などを引き起こす恐れがあります。

 

腸内環境が悪化すれば、体臭や口臭がきつくなったり、痩せにくくなったりします。さらに血行が悪くなり、女性ホルモンが胸に届きにくくなるので、バストアップのさまたげにもなってしまうのです。

 

タンパク質の摂りすぎは、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあるので、適量のプロテインを効果的に摂るようにしましょう。

 

プロテインとバストアップ筋トレを併用するのが効果的

プロテインによるバストアップ効果を高めるには、筋トレを併用するのが効果的です。バストアップ効果のある筋トレといえば、「腕立て伏せ」や「合掌のポーズ」が代表的ですね。

 

大胸筋の筋トレなら「プッシュアップ」

バストアップ効果のある筋トレは、腕立て伏せです。「プッシュアップ」とも呼ばれていますね。あまり強度の高いプッシュアップをすると、胸の筋肉が硬くなり、血行が悪くなることでバストアップ効果のさまたげになります。

 

あまり負荷をかけ過ぎないように、適度な筋トレを心がけましょう。膝をついた状態でプッシュアップする程度がちょうど良いです。回数は、10~20回くらいで充分です。

 

いつでもどこでもできる「合掌のポーズ」

いつでもどこでもできるバストアップ筋トレといえば、「合掌のポーズ」ですね。胸の前で手を合わせ、両手を押し合いながら頭の位置までゆっくり上げて、ゆっくり戻す筋トレ方法です。

 

テレビを観ているときや、ちょっとした休憩時間などにやってみてください。胸の筋トレをした後は、軽くマッサージしておくと良いですよ。

 

プロテインの効果を高めるには、ビタミンB6を摂る

プロテインでバストアップ効果を狙う際の効果的な飲み方や、注意点をご紹介しました。では、プロテインの効果を最大限に高めるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

プロテインはタンパク質のことですが、タンパク質をアミノ酸に分解するには「補助酵素」が必要になります。この補助酵素として働くのが「ビタミンB6」です。ビタミンB6が不足すると、タンパク質をうまく分解できなくなり、タンパク質のはたらきを活かすことができなくなります。

 

そのため、ビタミンB6が不足しないように摂ることが大切です。ビタミンB6が含まれる食べ物は、大豆・まぐろ・鮭・鶏肉・バナナなどがあります。プロテインとビタミンB6のコラボで、効果的にバストアップを目指しましょう。

 

胸が大きくなるなら飲んでみたいプロテイン!

プロテインのバストアップ効果についてご紹介しました。効果的な飲み方や注意点などもご紹介したので、プロテインの効果を最大限に引き出す飲み方を実践してみてくださいね。

プロテインは筋肉を増やす効果だけでなく、胸にハリを持たせる効果もあるので、ぜひ飲んでみたいですよね。痩せ型さんのバストアップには、とくにオススメですよ。