みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

実はバストアップに逆効果!マッサージ・食べ物・筋トレのNGな方法とは?

f:id:m-danjyo:20180714151822j:plain

バストアップ効果ないの?逆効果になるNGな方法

胸を大きくするために、バストアップ効果のある食べ物を食べたり、マッサージを頑張っている女性は多いですよね。でも、期待していたバストアップ効果が実感できなくて、あきらめかけている人もいるのではないでしょうか?

 

「結局バストアップなんて、無理なのよ」とあきらめる前に、正しいバストアップ方法を実践できているかチェックしてみましょう。もしかしたら今のやり方では、バストアップに逆効果になっているのかもしれません。

 

そこで今回は、バストアップマッサージ・バストアップに効く食べ物・バストアップ効果のある筋トレが、逆効果になるNGな方法をご紹介します。

 

せっかく頑張っているのですから、最大限に効果を引き出すバストアップ方法を実践していきましょう!

 

実はバストアップに逆効果だったNGな方法って?

バストアップ方法は数多くありますが、あなたが実践しているバストアップ方法は何ですか? バストアップマッサージも、バストアップに効く食べ物も、バストアップ効果のある筋トレも、正しくおこなえばどれもバストアップ効果が実感できる方法です。

 

もし、あなたがバストアップ効果を実感できていないのなら、それは逆効果になるNGな方法をしているのかもしれません。女性のバストはとてもデリケートなので、やり方を間違えると逆効果になってしまうことも多いんですよ。

 

そこで今回は、逆効果になるNGな方法をチェックして、効果のある「正しいバストアップ方法」に改善するためのお手伝いができればと思います。あなたのひたむきな努力をムダにしないためにも、ぜひここでチェックしてみてくださいね。

 

バストアップに逆効果のマッサージ方法

バストアップ効果のある方法として欠かせないのは、「バストアップマッサージ」ですよね。血行を促進したり、リンパの流れを良くして、バストアップ効果が期待できる方法です。

 

また、乳腺を刺激したり、女性ホルモンを活性化させることで、胸の大きくすることが可能になるバストアップマッサージですが、やり方を間違えると逆効果になってしまうことがあるのです。

 

力いっぱいのバストマッサージは逆効果

真面目な女性ほど、つい一生懸命やってしまう「バストアップマッサージ」。毎日頑張っているのに、効果が出ないと思っているあなたは要注意です。バストマッサージの方法は正しくできていたとしても、もしかして力いっぱいマッサージしていませんか?

 

バストアップマッサージは、残念ながら、強くやれば高い効果があるわけではありません。強くやればやるほど、リンパや乳腺を傷つけてしまい、逆効果になってしまうのです。もし心当たりがあるなら、やさしくマッサージをしてみましょう。

 

女性の胸は、やさしく扱ってあげないと、バストアップ効果は得られないのです。

 

揉み過ぎると脂肪が減ってしまう

あなたのバストアップマッサージは、長時間かけて、揉み過ぎていませんか? バストアップマッサージは、長時間やるよりも、毎日継続することがいちばん大切です。もし揉み過ぎているなら、胸の脂肪が減って、逆効果になってしまうかもしれませんよ。

 

胸のほとんどは、脂肪でできています。その胸を念入りにマッサージすると、血行は良くなるのですが、脂肪が燃焼されてしまう恐れがあるので気をつけましょう。バストアップマッサージのほとんどは、胸そのものではなく、胸の周りのマッサージが多いです。

 

胸自体のマッサージは、クリーム・ジェルを塗らないと逆効果

胸自体をマッサージするなら、何もつけないで揉むのは逆効果になります。何も塗らないと力が入りやすくなってしまうので、乳腺を傷つけたり、クーパー靭帯やリンパを損傷してしまうこともあるかもしれません。

 

そのため、胸自体をマッサージするなら、バストアップクリームやジェルを塗るようにしましょう。バストアップクリームには、塗った場所の脂肪を増やす「ボルフィリン」という成分が含まれているものがあり、今注目のバストアップ方法です。

 

バストアップマッサージだけしても効果はない

バストアップマッサージが逆効果になるNGな方法をご紹介しました。バストアップマッサージは、ぜひオススメしたい効果的なバストアップ方法なので、あきらめずに続けてほしいと思います。

そこで、バストアップマッサージの効果を最大限に高める方法をご紹介しましょう。

 

正直なところ、バストアップマッサージだけをしても、あまり効果がありません。バストアップマッサージだけでなく、「食事による栄養補給」「ホルモンバランスを整える睡眠」「胸の血行を良くする」といった、いろいろな方法を組み合わせるのが効果的です。

 

また、いくらバストアップマッサージをしても、「胸の脂肪が足りない」「女性ホルモンの分泌が悪い」という状況だと、期待しているようなバストアップ効果は見込めません。

 

痩せ型さんで胸の脂肪が足りないなら、「プロテイン」や「栄養バランスの良い食事」、「タンパク質」や「良質な脂質」を摂ることで、胸を大きくする材料がそろいます。もしくは「ボルフィリン」配合のバストアップクリームを使ってマッサージするのも効果的でしょう。

 

バストアップマッサージだけすれば胸が大きくなる、というのは間違った考え方です。

 

バストアップに逆効果の筋トレ方法

年齢とともに垂れやすくなる胸は、大胸筋の筋トレでバストアップができると言われていますよね。もちろん、これも正しいバストアップ方法です。ただし、マッサージ以上に注意が必要なバストアップ方法なので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

 

大胸筋の筋トレは乳腺の発達を妨げる場合がある

大胸筋が衰えて、胸の位置が下がってしまうという現象は、残念ながら誰にでも起こり得ることです。何もしなければ、年齢とともに筋肉が衰えるのは止められませんから、バストが垂れてしまうのは良くあることです。

 

これを阻止するために、大胸筋の筋トレをしている女性が多いと思います。でも、胸の筋肉を鍛えすぎると、胸を大きくするキーポイントである「乳腺の発達」を妨げてしまう場合があります。

 

また、大胸筋を鍛えると、胸が硬くなってしまう恐れもあり、血行不良になることでバストアップに逆効果になってしまいます。バストアップ効果を高めるために筋トレをするなら、少ない回数できつくない程度にとどめておきましょう。

 

やり過ぎると「肩」や「腕」が鍛えられてしまう

垂れない胸をつくるための大胸筋の筋トレは、やり過ぎると「肩」や「腕」が鍛えられてしまいます。そうなると、肩幅がガッチリとしてきて、視覚効果で胸が小さく見えてしまう恐れがあります。

 

胸の位置を高くすることが目的だったはずなのに、肩と腕がガッチリしたら、バストアップには逆効果ですよね。大胸筋の筋トレをするときは、腕に負荷がかかりすぎない回数でとどめておくと良いでしょう。

 

胸の脂肪が燃焼されてしまう恐れがある

ダイエットのメカニズムを知っている人は、筋肉が増えるほど代謝がアップし、脂肪が燃焼されることをご存じですよね。大胸筋の筋トレをするということは、これと同じ現象が胸で起こる可能性があります。

 

胸の筋肉が増えると、胸の脂肪が減ってしまう恐れがあり、バストアップに逆効果になってしまうかもしれません。胸が垂れるのは、何としても阻止したいことですが、大胸筋はくれぐれも鍛え過ぎないように注意しましょう。

 

バストアップ効果のある食べ物のNGな食べ方とは?

マッサージ、筋トレとご紹介しましたが、バストアップ効果のある食べ物はどうでしょう? いくらバストアップ効果のある食べ物とはいえ、食べ方がNGでは逆効果になってしまいますよ。

 

イソフラボンの摂りすぎはNG

バストアップ効果のある食べ物の代表格は、「イソフラボン」です。大豆製品に含まれている成分で、豆乳やきな粉、納豆などを食べることで簡単に摂取できます。安くて手軽に食生活に取り入れられるので、意識して摂っている女性も多いと思います。

 

でも、イソフラボンには摂取量上限が決められていて、たくさん摂れば胸が大きくなるとは言えないのが逆効果になるポイントです。イソフラボンの摂取量上限は、75mgだと言われています。

 

納豆なら1日2パック、200mlの豆乳なら1本、豆腐なら1丁までが適量です。それ以外にイソフラボンのサプリを飲んでいるなら、上限を超えてしまう恐れもあります。多くのバストアップサプリには、イソフラボンが含まれています。

 

日本食にはイソフラボンが含まれている食べ物が多いので、サプリでの摂取量上限は30mgに設定されています。大豆製品が特別嫌いな人でない限り、あえてイソフラボンだけのサプリを飲む必要はないでしょう。

 

もしイソフラボンの過剰摂取になると、エストロゲンのはたらきが活発になり過ぎて、女性特有の病気にかかってしまうリスクもあるので気をつけましょう。

 

ボロン摂取のためキャベツ1個は食べ過ぎ

イソフラボンの他に、バストアップ効果があることで知られているのが「ボロン」という成分です。これはキャベツやリンゴ、アーモンドやブロッコリーなどに含まれています。キャベツがいちばん手軽に食べられるので、積極的にキャベツを食べている女性も多いかもしれません。

 

ボロンにも摂取量目安があり、1日に3mgが適量だと言われています。これはキャベツ約200g程度、1/4個の量なので、1日にキャベツを丸ごと1個食べてしまったら、明らかに食べ過ぎです。

 

テレビタレントが「キャベツを毎日1個食べたら胸が大きくなった」と言ったことで話題になったようですが、根拠のない情報を鵜呑みにするのではなく、しっかりと本当の効果を調べてから実行するようにしてくださいね。

 

ボロンは加熱に弱いので、生で食べないと効果ない

ボロンは女性ホルモンのはたらきを活発にして、バストアップ効果があると言われる成分ですが、加熱に弱い性質があります。そのため、キャベツは生で食べないと、バストアップの効果がなくなってしまいます。

 

キャベツを大量に食べることでバストアップ効果を期待していた人は、加熱するとカサが減るので、茹でて食べていた人もいるかもしれません。でもそれではバストアップ効果がなくなってしまうので、生で食べるようにしましょう。

 

食べるだけでバストアップ効果があるわけではない

バストアップ効果のある食べ物は、食べ方によって逆効果になることがわかりました。でも、本当に大切なことは、バストアップ効果のある食べ物を食べることではありません。どういうことなのか説明しますね。

 

栄養バランスの良い食事がいちばん大事

バストアップ効果のある食べ物はいくつかありますが、それを食べるだけでバストアップ効果があるわけではありません。そこを勘違いして、特定の食べ物だけ食べることは、バストアップには逆効果になります。

 

バストアップに必要なことは、女性ホルモンのバランスを整えること。そのためには、栄養バランスの良い食事を摂ることが何よりも大切なのです。

 

イソフラボンやボロンを意識して摂る程度がベスト

食べ物でバストアップ効果を高めるには、基本の栄養をバランスよく摂り、その上でバストアップ効果のある「イソフラボン」や「ボロン」を意識して食べる程度がベストです。

 

マッサージだけではバストアップできないのと同じように、イソフラボンやボロンを摂るだけではバストアップはできないのです。むしろ逆効果になることのほうが多いです。必要な栄養をバランスよく摂り、その上でバストアップマッサージをすれば、相乗効果でバストアップ効果が高まりますよ。

 

まだある!バストアップに逆効果な方法って?

マッサージ・筋トレ・食べ物が逆効果になるNGポイントをご紹介しましたが、他にも逆効果になる方法があります。効果的な面と、逆効果になる面の両方が考えられるので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

 

小さいサイズのブラをつけるのは逆効果

小さいサイズのブラをつけると、視覚効果で胸が大きく見える裏ワザがあるのですが、そもそもサイズの合わないブラをつけることは、バストアップに逆効果です。離れ乳の人にとっては、谷間が作りやすくなるというメリットもあるのですが、毎日つけるのはオススメできません。

 

とくにアンダーがきついと血行やリンパの流れが悪くなり、バストアップに逆効果になってしまいます。血行が悪くなると、女性ホルモンのはたらきが悪くなり、さらに老廃物が溜まることで、バストに必要な栄養が届かなくなってしまいます。

 

締めつけの強い矯正下着・補正下着は逆効果

脇に流れてしまう脂肪を寄せ集めてくれる矯正下着や補正下着は、締めつけが強すぎるので、バストアップには逆効果になる恐れがあります。毎日つけることで、脂肪が胸に戻ってくれると言われていますが、それは締めつけ過ぎないブラの場合です。

 

いくら寄せてくれる効果があっても、アンダーを締めつけ過ぎたり、バストを圧迫してしまうようなブラでは、血行が悪くなり、バストアップには逆効果になってしまいます。

 

では、ナイトブラをつけて寝ることは逆効果になるのかといえば、それはバストアップに効果的です。寝ている間に胸が横に引っ張られることで、クーパー靭帯が伸びてしまい、垂れ乳になる恐れがあります。

 

また、バストの形が崩れるいちばんの原因は、ナイトブラをつけないで寝ることだと言われています。キレイな形を保つためにも、締めつけ感のない「自分に合ったナイトブラ」を探しましょう。

 

矯正下着・補正下着は美バストの形成が目的

矯正下着や補正下着は、そもそも脂肪を寄せ集めることがメインの役割なので、胸を大きくする効果はあまり期待できません。流れてしまう脂肪をキープすることで、「胸のかたちを良くすること」が目的です。

 

もちろん、ブラをつけているときは脂肪を集めているので、胸が大きく見える効果はありますが、実際のカップサイズが大きくなるかどうかは人によるでしょう。ブラ以外のバストアップ方法によって、効果は変わってきます。

美バストを形成するためには、矯正下着・補正下着は効果的です。

 

バストアップ効果の妨げになるNG行動も再確認!

バストアップに逆効果になるNGな方法をひと通りご紹介しました。最後に、バストアップ効果の妨げになるNG行動も、ここで再確認しておきましょう。

 

  • タバコ……ビタミンCが失われ、女性ホルモンのはたらきが悪くなる
  • 冷え……ホルモンバランスが乱れがちになる
  • 過度なダイエット……そもそも脂肪が減るとバストアップできない
  • 猫背……胸郭が縮まるとバストトップの位置が下がってしまう
  • コーヒー……1日3杯以上飲むと、ビタミン・ミネラルが排出されてしまう

 

バストアップに良くないと言われる行動の中で、代表的なものをご紹介しました。このようなNG行動をしないように気をつけて、正しいバストアップ方法を実践していきましょう。

 

マッサージ・食べ物・筋トレは正しい方法でバストアップ!

バストアップに逆効果のマッサージ・食べ物・筋トレのNGな方法をご紹介しました。毎日頑張っていたのに、それが逆効果になっていたと知った人はショックですよね。でも、これから改善して正しいバストアップ方法をすれば大丈夫です。

そして、いちばん大切なことは、1つではなく色々な方法を並行して実践すること。その相乗効果によって、効果的なバストアップが実現できますよ。