みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

太っているのに胸がない理由と対処法|今しかできない胸を大きくする方法とは?

f:id:m-danjyo:20180716135309j:plain

太っているのに胸が小さいのはなぜ?大きくする方法は?

「太っている人は胸が大きいはずなのに、なぜ私の胸は小さいの?」

「太れば胸が大きくなると聞いて太ったのに、胸が大きくならない」

そんな悲しい現実に直面している人はいませんか?

 

その一方で、「太ったら胸が大きくなった!」という人もいるのに、なぜ大きくならない人がいるのか不思議ですよね。

 

そこで今回は、太っているのに胸がない理由と対処法をご紹介します。

このまま痩せても、胸まで小さくなってしまう恐れがあるので、正しいバストアップ方法をここで習得してくださいね。

 

太っている人は胸が大きいはずなのに……

「太っている人は胸が大きい」という一般的なイメージが定着していて、悲しい思いをしている人はいませんか? 太っている上に胸が小さいと、体型に自信が持てなくてコンプレックスになってしまいますよね。

 

彼氏から「なんで太ってるのに胸がないの?」と言われたら、ショックのあまり立ち直れないことも……。そんなこと聞かれても、その答えを誰よりも知りたいのは、あなたのはず。

 

たしかに、胸のほとんどは脂肪なので、太れば胸が大きくなるというのも一理あります。では、なぜ太っているのに胸がない人がいるのでしょうか? その理由を見ていきましょう。

 

太っているのに胸がない理由とは?

太ったら胸が大きくなった人もいるのに、なぜか小さいままの胸。その違いとは、いったい何なのでしょうか? 太っているのに胸がない理由を見ていきましょう。

 

脂肪に対して、乳腺の割合が少ない

太っているのに胸がない理由は、脂肪に対して乳腺の割合が少ないからかもしれません。一般的に胸は、「9割が脂肪」で「1割が乳腺」だと言われています。乳腺が発達することで、その周りに自然と脂肪がついていくのが、胸が大きくなるメカニズム。

 

つまり、太って脂肪を増やしても、もともと乳腺が発達していない人は、胸が大きくならない可能性があるのです。太ったら胸が大きくなったという人は、乳腺が発達していて、脂肪を待っていた状態なので胸が大きくなったと考えられます。

 

「じゃぁ、乳腺の割合が少ない人は、胸を大きくできないの?」と、あきらめるのは早いです。乳腺の割合が少ないのなら、乳腺を発達させれば良いのです。

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの分泌を増やすこと。そしてホルモンバランスを整えれば、乳腺が発達しやすくなります。

 

血行が悪く、女性ホルモンが胸に届かない

太っているのに胸がない理由は、バストの周りの血行が悪く、女性ホルモンが胸に届いていない可能性があります。バストアップ方法で「血行を良くするのが効果的」と言われるのは、胸の成長に必要な栄養を届けるため。

 

血行に加えて「リンパの流れ」も良くすることで、胸に必要な栄養や女性ホルモンを、しっかりと胸に届けることができるのです。

 

姿勢が悪く、胸にハリがない

太っているのに胸がない理由は、脂肪が流れてしまっていることが原因かもしれません。脂肪が流れてしまうと、胸が大きくなるどころか、バストの形が崩れてしまいます。この状況をつくってしまう原因は、ズバリ「姿勢が悪いこと」です。

 

姿勢が悪いと胸にハリがなくなり、胸が小さく見えてしまうのです。これも血行が悪いことが関係しています。

 

乳腺を発達させるのが一番の解決策!

太っているのに胸がない理由をご紹介しましたが、解決策としては、「乳腺を発達させること」がもっとも効果的です。乳腺を発達させるには、女性ホルモンを活性化させることが大切です。

では、女性ホルモンを活性化させる方法を見ていきましょう。

 

良質な睡眠で成長ホルモンの分泌を促す

乳腺を発達させるには、良質な睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌を促すことが大事です。睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンの分泌を促し、胸が大きくなる機能が活動しやすくなるそうです。

 

とくに22~2時はゴールデンタイムと呼ばれ、この時間に安眠できていると、成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。成長ホルモンの分泌が増えると、その受け皿となる「ラクトゲン受容体」との相乗効果で胸を大きくしてくれます。

 

ラクトゲン受容体を活発にするには、大豆・イカ・チーズなどの「アルギニン」、シジミ・マグロなどの「オルニチン」、バナナ・すじこ・タラコなどの「トリプトファン」を摂ると良いと言われています。

 

成長ホルモンの分泌が活発になれば、自律神経が整うことで、女性ホルモンのバランスも整います。そのため乳腺を発達させることができ、胸を大きくすることができるのです。

 

「イソフラボン」でエストロゲンの働きを活性化

 胸を大きくするには、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の働きを活性化させることが大切です。そのサポートをしてくれるのが、大豆製品に含まれている「イソフラボン」です。イソフラボンは、エストロゲンと似たような働きをすることで、バストアップを強力サポートしてくれます。

 

ただし、いくらでも摂れば良いというわけではなく、1日に75mgが摂取量上限です。納豆なら2パックまで、豆腐なら1丁まで、豆乳なら1本までが適量です。

 

乳腺を刺激するツボ押し

乳腺を発達させて胸を大きくするには、乳腺を刺激するツボ押しが効果的です。お風呂などで体が温まり、血行が良くなっている状態でやると効果的です。乳腺のツボを刺激することで、乳腺が発達しやすくなります。

 

  1. バストの外側、乳首の延長線上にある「脇の下あたりのツボ」が乳腺のツボです。
  2. ここを左右同時に、胸を寄せるようにして、指で押しましょう。
  3. 5秒押して5秒離すを3回くらい繰り返します。

 

少し痛みがあり、くぼんでいる所が乳腺のツボです。毎日お風呂に入ったときに、刺激してみてください。

 

女性ホルモンの分泌を促すツボ押し

乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌を促すことが大切です。女性ホルモンの分泌を促すツボもあるので、毎日刺激してみてください。乳腺のツボ押しをするときに、ついでに女性ホルモンのツボ押しもしちゃいましょう。

 

  1. これもお風呂で温まっている時が効果的です。
  2. 胸の谷間部分、左右の乳首を結んだちょうど真ん中が、女性ホルモンの分泌を促すツボです。
  3. ここを5秒押して5秒離すを3回くらい繰り返しましょう。

 

女性ホルモンの分泌を促すツボも、やはり少し痛みがあります。親指でグーっと押して刺激しましょう。

 

体を冷やさないことがバストアップの鍵

女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えるには、体を冷やさないことが大切です。バストアップの鍵を握るのは、体を温めること。冷えは女性の大敵なのです。

 

朝起きたら白湯を飲んだり、寒い時期は腹巻をしたり、ストレッチで血行を良くすることも効果的です。また、運動で体温を上げれば血行が良くなり、代謝もアップするので、適度に痩せることができるでしょう。

 

ただし、運動をするときは、胸が揺れないようにすることが大事。スポーツブラをして、しっかりと固定して運動することで、胸が小さくなるのを防ぐことができます。

 

太っているのに胸がない人の対処法

ここまでは、いちばん大事な「乳腺を発達させる方法」をご紹介してきましたが、他にも方法はあります。では、太っているのに胸がない人の対処法をもっとご紹介しますね。

 

ナイトブラで胸の形を整える

太っているのに胸がない理由は、姿勢が悪かったり、血行が悪いことで、胸の形が崩れていることも1つの原因です。でも、胸の形が崩れる1番の原因は、寝ている間に胸が横に流れてしまうことだと言われています。

 

ブラは苦しいから、寝るときはノーブラ派の人もいるかもしれませんが、バストアップのためにはナイトブラは必須アイテムです。まだ使っていない人は、ぜひこの機会にナイトブラデビューをしてみましょう。

 

血液とリンパの流れを改善するバストアップマッサージ

太っているのに胸がない人の対処法は、バストアップマッサージをすることです。先ほどは、乳腺の発達と、女性ホルモンの分泌を促すツボをご紹介しました。そして今度は、血液とリンパの流れを改善するバストアップマッサージをご紹介しましょう。

 

いくら食べ物で栄養を摂っても、バスト周辺の血流が悪くなっていたら、胸まで栄養が届かないのです。これが太っているのに胸が大きくならない理由の1つです。

このバストアップマッサージも、入浴中にやると効果的です。

 

  1. 左の脇の下に、右手を当てます。
  2. 脇を持ち上げるように刺激しながら、バストの上部へ手を滑らせていきます。
  3. バスト上部も、手のひらで軽く押すような感じでマッサージしましょう。
  4. 左右10回くらいずつ行います。

 

リンパはとてもデリケートなので、くれぐれも力を入れてマッサージしないように注意しましょう。バストアップマッサージの基本は、やさしくマッサージすることです。強くやると、リンパが損傷して、バストアップに逆効果になってしまいます。

 

アンダーバストとトップの差を大きくする

太っているのに胸がない人の対処法は、アンダーバストとバストトップの差を大きくすることです。そもそも胸が小さく見える理由の1つに、胸とアンダーが同じくらいの高さになっていることが考えられます。

 

これを解決するには、アンダー部分を細くすれば良いのです。では、胸の脂肪は今のまま残し、アンダーバストを細くする方法をご紹介していきましょう。

 

胸を残してアンダーバストを細くする方法

今より胸を大きくする方法は、すでに色々な方法をご紹介しましたね。そこで、せっかく今ある脂肪を残したまま、アンダーバストだけ細くする方法をご紹介したいと思います。

 

胸を残してアンダーバストを細くするエクササイズ

胸の脂肪はそのままに、アンダーバストだけ細くするには「エクササイズ」が効果的です。アンダーからお腹にかけて、脂肪がたっぷりとついているなら、筋肉量を増やして脂肪を燃焼させれば良いのです。

 

大胸筋を鍛えることは、胸の位置を高くするバストアップには効果的ですが、胸のサイズを大きくする効果は期待できません。そのため、大胸筋ではなく、アンダーを細くするエクササイズを実践しましょう。

 

❤腹筋の上部を鍛えてアンダーバストを引き締める

 

これは腹筋運動である「クランチ」もしくは「トランクカール」と呼ばれる筋トレエクササイズです。脚を上げて行うので、「レッグアップ・トランクカール」といいます。

 

  1. 足を閉じ、ひざを90℃にして上げます。
  2. 両手を頭の後ろで組み、肩甲骨が床から離れるくらいまで上体を起こします。
  3. 10~20回ゆっくりとエクササイズしましょう。

 

効果をアップするコツは、以下のことを意識することです。

  • 起き上がった状態で数秒間、静止する
  • 反動をつけないで起き上がること
  • 起き上がるときに息を吐くこと

 

胸を残してアンダーバストだけ細くするマッサージ

胸の脂肪はそのままに、アンダーバストだけ細くするには、アンダーからお腹にかけての脂肪を揉みほぐすことです。脂肪を揉むと血行が良くなり、燃焼しやすくなります。先ほどのエクササイズと組み合わせて行うことで、より効果がアップします。

 

  1. お風呂で浴槽に浸かっているときなど、体が温まっている時にやると効果的です。
  2. 胸のすぐ下、アンダーバストの部分をつかむようにして揉みほぐします。
  3. 中央部分からサイドまで、まんべんなく揉みほぐしていきます。
  4. 余裕があれば、そこから下も順番にマッサージしていきましょう。

 

脂肪は、冷えて血行が悪くなっている場所につきやすい性質があります。そのため体を温めることと、マッサージで血行を良くすることが効果的です。

 

マッサージの注意点は、内臓をつかまないこと。表面にあるタプタプの脂肪だけをマッサージするように注意してください。内臓を刺激してしまうと、痛みや吐き気が起きる場合があるので、くれぐれも気をつけましょう。

 

今しかできない!胸を大きくする「とっておきの方法」

ここまで頑張れば、だいぶ改善されてくるはずです。でも最後に、今しかできないとっておきの方法をご紹介します。

 

太っている人のメリットは「寄せる脂肪」があること

太っているのに胸がないことをコンプレックスに感じていると思いますが、じつはメリットもあるんですよ。痩せ型で胸が小さい人には、決して真似できない対処法です。

 

太っている人の場合、胸が小さいと言っても、まわりには「寄せる脂肪」があります。「ナイトブラ」や「矯正下着」などを使って、その脂肪をめいっぱい寄せ集めるのです。すると少なくともバストの形はキレイになりますし、うまくいけば、脂肪が胸に定着してくれる可能性があります。

 

これは、今しかできないバストアップ方法と言えるでしょう。エクササイズやマッサージと併用すると、かなり効果が期待できると思いますよ。ただし矯正下着は、血行が悪くなる可能性があるので、毎日つけるのはオススメできません。ナイトブラなら毎日つけることで効果がアップします。

 

いろいろなバストアップ方法の相乗効果を狙おう!

太っているのに胸がない人は、何か1つを実践すれば解決できるわけではありません。今回ご紹介した、いろいろなバストアップ方法を実践して、その相乗効果によって胸を大きくすることができます。

 

基本的な生活習慣を見直して、健康的なライフスタイルにすることも大切なポイントです。食事も栄養バランスを考えて摂り、ジャンクフードなどの余計なものを食べないことも意識しましょう。

 

太っているのに胸がないとは、もう言わせない!

太っているのに胸がない理由と対処法をご紹介しました。意外なメリットもわかり、少し自信が湧いてきたのではないでしょうか? この機会にコンプレックスを解消して、悩みを吹き飛ばしましょう。太っているのに胸がないとは、もう言わせません!