みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

アームカバーのUVカット効果と選び方|日焼け対策に便利な夏の必需品

f:id:m-danjyo:20180719114727j:plain

アームカバーはUVカット効果で選ぶ

顔や首には日焼け止めを塗っているのに、意外と軽く考えてしまう手や腕の日焼け。

気がつくと「こんがり小麦色」になっていて、後悔したことはありませんか?

 

日頃から車の運転をしたり、自転車に乗ったりすることが多い人は、腕が日焼けしやすいですよね。でもアームカバーはちょっとオバサン臭いし、暑そうだから使いたくないという人も多いのではないでしょうか?

 

それが最近では、おしゃれで可愛いアームカバーも多く、中高生でも使っている人が多いんだとか。カラーやデザインも豊富で、コーディネートしやすくなっているので、ダサいイメージはだいぶ減ったようです。

 

そこで今回は、アームカバーのUVカット効果と選び方についてご紹介します。日焼け対策以外にもメリットがある夏の必需品なので、便利な使い方についてもチェックしてみてくださいね。

 

UVカット効果が高いアームカバー選びのコツ

どうせ使うなら、UVカット効果が高いアームカバーを使いたいと思いますよね。どんなアームカバーなら日焼けしないのか、選び方のコツをご紹介します。

 

UVカット効果が高い「色」

イメージとして、地味で濃い色のほうが紫外線をカットしてくれそうな気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

おしゃれを楽しみたい人は、できればその日のファッションに合った色のアームカバーを使いたい人もいるはず。でも紫外線もしっかり防ぎたい。そんなときは何色を選べば良いのでしょうか?

 

  • UVカット効果が高い色……黒・青・茶・黄・赤

 

ある研究では「黄色」がいちばんUVカット効果が高いと言われていて、一般的な意見では「黒」がダントツです。その他にも、上記の色はUVカット効果が高いと言われているので、これらの色を選ぶのがオススメです。

 

あまりUVカット効果がないのは「白」などの薄い色。やっぱり濃い色のほうがUVカット効果が高いようです。

 

UVカット加工・日光を通さない「遮光性」

UVカット効果が高い色をご紹介しましたが、実はUVカット加工されていれば、色はそれほど関係ないんだとか。せっかく色のお話をしたのに、「何でもいいんじゃん」という結果に。それなら好きな色を選べますね。

 

ただし、なるべく白は選ばないほうが良いかもしれません。やはり日焼けしやすい色だと言われていますし、黒と白では実際にUVカット効果が違うようです。

もっと大切なのは、光に透かして見たときに日光を通さない「遮光性」があるかどうか。いくらUVカット加工されていても、光が透けるということは紫外線も通りぬける可能性が限りなく高いです。

 

UVカット効果が高い「素材」

では、素材についてはどうでしょう? UVカット効果が高いアームカバーの素材は「ポリエステル」です。ちょっと意外かもしれませんね。汗を吸いとる素材である「綿」もUVカット効果が高いと言われています。

 

できるだけ厚みのある生地のほうが日光を通さないので、UVカット効果が高いとも言われています。でも厚手のアームカバーなんて着けたら、暑くてたまりませんよね。だからUVカット加工されているアームカバーを選ぶほうがオススメです。

 

今すぐ使いたくなるアームカバーの選び方

紫外線から肌を守ってくれるアームカバーには、ロングタイプや手袋タイプなど色んな種類があります。種類が多すぎて迷ってしまいますが、どんなアームカバーを選べば良いのか選び方のポイントをご紹介します。

そもそも暑いから使いたくない、蒸れるのがイヤという人も、今すぐ使いたくなる機能がたくさんありますよ。

 

涼しい・UVカット効果などの「機能性」

アームカバーのデメリットは、何といっても暑苦しいこと。せっかく半袖やノースリーブを着ているのに、アームカバーをしたら全然涼しくないですよね。でも最近のアームカバーは機能性が高く、涼しさを追究した商品も多いです。

 

  • 吸汗性
  • 通気性
  • 冷感
  • UVカット効果
  • 着圧・伸縮性

  

夏はたくさん汗をかくので吸汗性にすぐれているアームカバーや、蒸れにくいメッシュ素材で通気性のよいアームカバー、さらにはひんやりとした冷感のあるアームカバーまで、涼しいアームカバーが増えています。

 

UVカット効果の高いアームカバーは、言うまでもなく必須条件のひとつ。着け心地のよい伸縮性もあると尚良いですね。

そしてアームカバーにはスポーツタイプもあり、着圧ソックスのような段階着圧タイプのものまであります。この着圧機能は、二の腕を細く見せてくれる効果も1つですが、腕の筋肉のブレを防ぎ、スポーツ時の疲労を軽減してくれるんだとか。

 

日常使いの人には関係のない機能ですが、色んなタイプのアームカバーがあることをご紹介しておきました。あなたが欲しい機能性のアームカバーを選んでくださいね。

 

おしゃれでコーディネートしやすい「ファッション性」

今までのアームカバーは、オバサン臭くてダサいイメージがあったと思いますが、最近のアームカバーは、おしゃれで服とコーディネートしやすいファッション性の高いものも多いです。

 

レースがついていて清楚なイメージのものから、肌ざわりがよく高級感のあるシルク製のもの、豊富なカラーから選べるものまであります。アームカバーの選び方は、毎日つけたくなるデザインを選ぶのもポイントかもしれませんね。

 

ずり落ちにくさで選ぶなら「スポーツタイプ」のフィット感

アームカバーの選び方は、素材やデザインなどを重視しがちですが、意外と盲点なのが「ずり落ちやすい」ことです。ゴムがきつくて血が止まってしまうのも困りますが、知らないうちにずり落ちていると、そこだけ部分日焼けをしてしまうことも。

 

そんな機能性を重視したいなら、スポーツタイプのアームカバーを選ぶのも1つの方法です。スポーツタイプのアームカバーはフィット感があり、着くずれを気にせず使えるのがうれしいポイント。

 

また肌にピタっと密着していると、意外と暑くないという声もあるようです。一般的なファッションとは釣り合わないかもしれませんが、黒ならそれほど気にならないのではないでしょうか?

 

日焼け以外にも便利なアームカバーの使い方

アームカバーのUVカット効果は、つけるのとつけないのとではかなり差が出ます。これは実体験に基づくわたしの感想です。ではアームカバーには、日焼け以外にも何かメリットがあるのでしょうか? 便利な使い方についてご紹介します。

 

日焼け止めとの併用がベスト

アームカバーの使い方は、日焼け止めと併用するのが効果的です。「なんだ、アームカバーだけじゃダメなの? だったら日焼け止めだけ塗ればいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

 

実は日焼け止めだけでは、完ペキな日焼け対策にはならないと言われています。それはアームカバーだけでも同じこと。だから絶対に焼きたくない人は、両方を併用するのが効果的です。

 

コンパクトなので、冷房の寒さ対策にも重宝する

冷房で冷えすぎた室内にいると、寒くてたまらないときってありますよね。そんなときのために、カーディガンなどの羽織り物を持ち歩いている人も多いと思います。ただ、カバンの中に入れてあると意外とかさばって邪魔になりませんか?

 

アームカバーならカーディガンよりもはるかにコンパクトなので、持ち歩いても邪魔になりません。そもそも暑い屋外でつけているので、寒い室内での着脱の手間もありません。

 

アームカバーは腕全体を覆って、手首までカバーしてくれます。これは体を冷やさないための基本なのですが、寒いときは「首」のつく場所を温めると良いと言われています。足首・手首・首のことです。

手首まで覆われているアームカバーは、カーディガンを羽織るよりも寒さ対策に重宝しますよ。

 

手の甲・指の日焼けにはどう対処する?

色んなタイプのアームカバーがありますが、手の甲や指の日焼けには、どう対処すれば良いのでしょうか? 腕は日焼けを防止できても、手の甲だけ黒くなってしまうのも困りますよね。

そんなときはどうすれば良いのか見ていきましょう。

 

手袋タイプのアームカバーを使う

手の甲や指まで絶対に日焼けしたくないという人は、手袋タイプのアームカバーを使うと良いでしょう。手の甲だけでなく、指まで覆ってくれるので、万全な日焼け対策ができます。

 

手袋の指の部分に滑り止めがついているタイプもあるので、運転もしやすいです。ただし何かをするときには、わざわざ全部外さないといけないので、ちょっと不便かもしれませんね。

 

手袋をあえて別々にすると便利

たとえばトイレに行くとき、手を洗うとき、指紋認証をするときなど、手袋を外さなければいけないシーンに出くわすことがあります。 

手袋をしていると手が滑ってうっかり物を落としてしまったり、スマホを操作できなかったり。そんなときに手袋タイプのアームカバーだと、わざわざ外すのが意外と面倒なのです。

 

そのため手袋だけ別々になっていると、サっと外せて便利なのでオススメですよ。手袋の部分だけ汚れやすいので、別々に洗濯できるのもメリットです。

 

紫外線は乾燥の元!夏もハンドクリームで保湿する

手の甲や指の日焼けを防ぐには、手の肌バリア機能を高めておくことも大切です。しっかり保湿できていれば、日焼けによる紫外線ダメージを受けにくいです。紫外線は乾燥肌の原因になるので、夏でもしっかりとハンドクリームで保湿することをオススメします。

 

美白化粧品でスキンケアするのもオススメ

それでも紫外線を浴びてしまった場合には、夜のスキンケアのときに手にも美白化粧品を塗っておくと良いでしょう。手の甲は紫外線ダメージを受けやすい場所なので、本気で美白を目指したい人は、これくらい入念なケアが必要です。

 

アームカバーは日焼け対策に便利な夏の必需品

アームカバーのUVカット効果と選び方についてご紹介しました。色んな機能性があり、おしゃれで涼しいアームカバーを選びたいですね。アームカバーは日焼け対策はもちろん、それ以外の便利な使い方もできる夏の必需品なので、1つ持っておいて損はないでしょう。場合によっては1年中使えて持ち運びにも便利なので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?