みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

日焼け止めと化粧下地は両方必要?UVカット化粧下地のメリット・デメリット

f:id:m-danjyo:20180725113406j:plain

日焼け止めと化粧下地は両方塗ったほうがいいの?

「化粧下地にもUVカット効果があるのに、日焼け止めと両方塗らないといけないの?」と思っている人は多いのではないでしょうか?

たくさん塗れば時間がかかるし、厚塗りになるとメイクが崩れやすくなってしまいますよね。

 

そこで今回は、「そもそも日焼け止めと化粧下地は両方必要なのか?」という疑問を解決し、両方塗るメリットやデメリット、UVカット化粧下地のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

 

日焼け止めと化粧下地は両方必要なの?

まず知りたいことは、日焼け止めと化粧下地は両方必要なのか、ということですよね。結論からいうと「両方必要」です。

 

日焼け止めと化粧下地を別々に塗るのがベスト

朝の時間がないときに、日焼け止めと化粧下地を両方塗るのは大変です。どっちか1つでOKなら、それに越したことはありませんよね。

 

残念ながら、日焼け止めと化粧下地は両方必要です。そして1番良い方法は、「日焼け止めと化粧下地を別々に塗ること」です。

しかし両方塗ることのメリット・デメリットもあります。

 

両方塗るメリットは?

日焼け止めと化粧下地を両方塗る1番のメリットは、日焼け止めの効果が高まることです。しっかりと別々に塗る手間をかければ、紫外線をしっかり防げるのです。

また日焼け止めの後に化粧下地を塗ることで、日焼け止めが白浮きしにくいというメリットもあります。メイクの仕上がりもキレイになり、化粧下地の効果も最大限に発揮されます。

 

両方塗るデメリットは?

ベストな方法とはいえ、日焼け止めと化粧下地を両方塗るデメリットもあります。手間がかかるのはもちろんデメリットの1つですが、重ね塗りすることで、見た目的にも厚塗り感が出てしまうことです。

これを解決する方法もご紹介していきますが、基本的には両方塗るのがオススメです。

 

日焼け止めと化粧下地には、それぞれ効果の違いがある

日焼け止めと化粧下地が両方必要な理由は、それぞれの効果に違いがあるからです。もし両方塗らずに、どっちか1つだけ塗った場合にはどうなるのでしょうか?

 

日焼け止めしか塗らないとどうなる?

もし日焼け止めしか塗らなかった場合、ファンデーションが伸びにくかったり、ファンデーションがキレイに塗れないことが多いです。化粧下地の効果は、肌の凹凸をなくしてキレイに見せたり、ファンデーションの付きが良くなることです。そのためメイクの仕上がりを重視する人は、日焼け止めだけでは満足できないかもしれません。

 

化粧下地しか塗らないとどうなる?

一方、化粧下地しか塗らなかった場合は、言うまでもなく日焼け止めの効果がほとんどありません。化粧下地の効果で肌をキレイに見せてくれますが、日焼け止めにはならないので注意しましょう。

メイクの仕上げに「パウダーファンデーション」を塗るなら、多少のUVカット効果はありますが、それほど高い日焼け止め効果はないでしょう。

 

両方の効果がある化粧品なら時短メイクが可能に

日焼け止めと化粧下地を両方塗るのがどうしても面倒という人は、両方の効果がある化粧品を使えば時短メイクができます。

 

  • 日焼け止め効果のある化粧下地
  • 化粧下地の効果がある日焼け止め

なら1本塗るだけなので簡単だし、両方の効果が手に入りますね。でも、ここでも残念なお知らせがあります。

 

両方の効果がある化粧品には、デメリットもあるのです。では、「日焼け止め効果のある化粧下地」と「化粧下地の効果がある日焼け止め」のそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

UVカット化粧下地のメリット・デメリット

まずは「日焼け止め効果のある化粧下地」のメリット・デメリットを見ていきましょう。最近はUVカット効果のある化粧下地が増えているので、ほとんどの人はこのような化粧品を使っているかもしれません。

 

SPF50でも日焼け止め効果はあまりない

UVカット効果がある化粧下地のデメリットは、日焼け止め効果が劇的に落ちてしまうことです。たとえSPF50と書かれた化粧下地を使っても、日焼け止めの効果はあまりないと思ったほうが良いでしょう。

 

普段の通勤だけとか、室内で過ごす休日などに使うならOKですが、屋外で過ごすレジャーのときには、しっかりと両方塗ることをオススメします。

 

重ね塗りをしてもSPFは足し算できない

よくある勘違いは「SPFの数字は足し算できるのでは?」と思ってしまうことです。どういうことかというと、たとえばSPF20の日焼け止めを塗って、その上にSPF10の化粧下地を塗ると、合計してSPF30の効果があるのではないかという認識です。

 

これは間違っています。SPFの数値が一番高いものが優先されるので、この場合はSPF20の効果があると考えられます。

 

保湿効果や肌をキレイに見せる効果は高い

UVカット化粧下地のメリットは、保湿効果や肌をキレイに見せる効果が比較的高いことです。日焼け止めと化粧下地を重ね塗りすると「ヨレ」や「厚塗り感」が出てしまうのが両方塗るデメリットですが、これらを防ぐことができます。

 

下地効果がある日焼け止めのメリット・デメリット 

では、下地効果がある日焼け止めのメリット・デメリットは何か見ていきましょう。

 

日焼け止め寄りなので肌をキレイに見せる効果はあまりない

基本的に、両方の効果がある化粧品はそれぞれの効果が中途半端なので、期待しているような効果を発揮してくれないことが多いです。とくに下地効果のある日焼け止めは、どちらかというと「日焼け止め寄り」なので、肌をキレイに見せる効果はあまりありません。

 

下地効果があるファンデーション(BBクリーム)のほうがオススメ

下地効果がある日焼け止めを塗るよりも、日焼け止めの後にBBクリームを塗るほうがオススメです。BBクリームとは、化粧下地・ファンデーション・コンシーラーなどの効果を兼ね備えた化粧品のこと。場合によっては乳液や美容液の保湿効果や、くすみなどをカバーする効果も含まれているものがあります。

 

これを日焼け止めの後に塗るほうが、下地効果のある日焼け止めを塗るよりもオススメです。ファンデーションを別で塗るとどうしても厚塗り感が出てしまうので、BBクリームで済ませるほうが自然な仕上がりになるでしょう。

その後にパウダーをつければOKです。

 

ちなみに日焼け止め効果のあるBBクリームも多いですが、日焼け止めを先に塗るならこの効果は無視してOKです。BBクリームの日焼け止め効果よりも、日焼け止めによる日焼け止め効果のほうが高いので、BBクリームはSPFが低いものでOKです。

 

ただし、これにもデメリットがあります。BBクリームは保湿力に優れているものの、落ちやすいのがデメリットです。普段使いなら大丈夫ですが、レジャーの際には日焼け止めと化粧下地を別々に塗るほうが、メイクが崩れにくいのでオススメです。

 

日焼け止めと化粧下地を混ぜるのはOKなの?

どの塗り方にもメリット・デメリットがあり、なにを優先させれば良いのか混乱している人もいるかもしれません。そこで1つのアイデアが浮かぶ人もいるのではないでしょうか?

 

それは、「日焼け止めと化粧下地を混ぜてもいいの?」ということ。それならメイク時間を短くできるし、両方の効果が得られそうですよね。

 

でも残念ながら、この塗り方はNGです。

肌にはとくに悪影響はないようですが、日焼け止めと化粧下地それぞれの効果が半減してしまうそうです。日焼け止めには肌を均一にカバーする効果があり、混ぜることでその効果がなくなったり、玉になってしまうことがあるんだとか。

 

ここまでご説明したことを考慮して最終結論を出すとすれば、やはり「日焼け止めと化粧下地を別々に塗る」ことが1番の方法ではないでしょうか?

屋外にほとんど出ないのであれば、「日焼け止め効果のある化粧下地」でも良いでしょう。

 

塗る順番にもメリット・デメリットがある

日焼け止めの効果が充分に発揮されて、メイクの仕上がりもキレイなのは、日焼け止めと化粧下地を両方塗るという結論を出しました。では、塗る順番はどちらが先なのでしょうか? 実は塗る順番によってもメリット・デメリットがあります。

 

UVカット効果が高いのは日焼け止めが先

「日焼け止めを後(外側)に塗ったほうが効果が高くなる」という見解もあるようですが、基本的には日焼け止めを先に塗ったほうが日焼け止め効果が高いと言われています。基本的な塗り方としても、この順番を推奨している人がほとんどです。

 

肌に近い場所に日焼け止めを塗ることで肌に均一に伸ばすことができ、しっかりと肌をカバーしてくれるからです。でも汗をかくと落ちやすいというデメリットがあるので、化粧下地を先に塗るほうを推奨している人も少数ですがいるようです。

 

敏感肌の人は化粧下地を先に塗ると肌への負担が少ない

日焼け止めは肌への刺激が強いことがデメリットです。日焼け止め効果が高いほど、肌への負担が大きくなります。そのため敏感肌の人は、化粧下地を先に塗るほうが良いでしょう。

 

化粧下地を先に塗ることで、肌をベールで包んだようになり、その後に日焼け止めを塗れば肌への負担が少なくなります。ただし、ファンデーションの伸びが悪くなるなどのデメリットはあります。

 

両方塗ると、塗り直しが面倒になるのがデメリット

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直さないと効果がなくなってしまうと言われています。でも塗り直しって面倒ですよね。両方塗ると、塗り直しやメイク直しが面倒になるのがデメリットです。

 

重ね塗りするほど塗り直しが面倒になる

しっかりと日焼け止めを塗り直す場合、乳液などでベースメイクをすべて落としてから、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションやパウダーなどを塗っていきます。そのため多くの化粧品を重ね塗りするほど、塗り直しが面倒になるのです。

 

簡単塗り直しなら、パウダーとスプレーの日焼け止め

「どうしても塗り直している時間がない」という人は、簡単に塗り直す方法もあります。それはパウダータイプとスプレータイプの日焼け止めを使う方法です。

 

まず皮脂や汗などをティッシュで押さえて吸い取ります。その後にパウダータイプの日焼け止めを塗り、メイク直しの代わりにします。最後にスプレータイプの日焼け止めを吹きかけて、手で押さえれば簡単な塗り直しができます。

 

パウダーもスプレーも日焼け止め効果は低いので、屋外で過ごすときにはオススメできません。またスプレーはSPF50のものも多いですが、ムラになるのであまり過信しないほうが良いでしょう。

 

日焼け止めと化粧下地は両方必要!どの方法にもデメリットがあるので自分に合った対策を見つけよう

日焼け止めと化粧下地は両方必要なのか、UVカット化粧下地のメリット・デメリットなどをご紹介しました。塗る順番や塗り直し方にもメリット・デメリットがあるので、最終的には自分に合った方法を見つけることが大切です。

また使うシーンによっては、両方の効果がある化粧品を使い分けるのも良いでしょう。毎日同じ方法でやる必要はないので、どうしても焼きたくない時だけは両方塗ることをオススメします。