みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

食べたらすぐ太る原因とは?食べても太らない体質になる方法

f:id:m-danjyo:20180729143741j:plain

食べたらすぐ太る原因は体質?ちょっと意識するだけで痩せ体質に変えられます!

たくさん食べているわけでもないのに、ちょっと食べただけですぐに太ると悩んでいませんか? ダイエットをしてせっかく痩せたのに、すぐに体重が増えてしまいショックを受けている人もいるかもしれません。

 

運動をしたり、食べる量に気をつけている人でも、すぐに太ってしまう原因とは何なのでしょうか? 体質が原因になっている場合が多いのですが、その体質はちょっと意識を変えるだけで「痩せ体質」に変えられます。

 

そこで今回は、食べたらすぐ太る原因と、食べても太らない体質になる方法をご紹介します。無理に食べるのを我慢しなくても、上手に食べれば体質を変えることも可能です。簡単で効果があって、続けるほどキレイに痩せていく方法をご紹介しましょう。

 

ちょっと食べただけですぐ太ると悩んでいませんか?

暴飲暴食をしているわけでもないし、普通に過ごしているだけなのにすぐ太ると悩んでいませんか? むしろ普通よりも頑張っているのに痩せないと感じている人もいることでしょう。ちょっと食べただけですぐ太るのは、太りやすい体質になっているのかもしれません。

 

運動しているのに痩せない

痩せようと思って運動しているのに、なかなか痩せなくて悩んでいませんか? 食べる量だって減らしているし、運動も頑張っているのになぜ痩せないのでしょうか? それは代謝が低下している可能性があります。

 

代謝が低下する理由は色々ありますが、少し運動しただけで疲れてしまう人は加齢や筋肉量の減少、栄養不足が関係しているかもしれません。その過酷な状況で運動を続けても、つらいだけで痩せない可能性があります。

まずは必要な栄養を摂り、自分に合った運動量で継続するようにしましょう。

 

食べる量を減らして我慢しているのに痩せない

今すぐ痩せたいと思う人ほど、食べる量を極限まで減らしてしまうことってありますよね。食べる量が減れば摂取カロリーが減るので、本当なら痩せていくはずです。それなのに、なかなか痩せないのには原因があります。

 

それは摂取カロリーが少なすぎるからです。摂取カロリーが消費カロリーよりも少なくなれば、その分だけ痩せていくのが本来のメカニズムですが、摂取カロリーがあまりにも少なくなると人間の体は体重を温存しようとするのです。

 

そのため体重が落ちなくなり、食べていないのに痩せないという状況に。しかも、その時点であきらめて食べてしまうと、ちょっと食べただけでもすぐに太ってしまう可能性が高くなります。だから食べる量を減らしすぎてもダメなのです。

 

痩せたのにリバウンドしてしまった

ダイエットが順調に進んで痩せたのに、ちょっと食べただけでリバウンドしてしまったという経験はありませんか? 食べる量を減らしてダイエットに成功した人は、上記で説明したような状況になっているかもしれませんし、運動をして痩せた人は、運動をやめたことで太ってしまったのかもしれません。

 

または、痩せたと思っていたけど、それは体重が減っただけで脂肪が落ちたわけではないのかもしれません。体重が減っても脂肪を落とさなければ痩せ体質にはなれませんし、むしろ太りやすい体質になってしまうので気をつけましょう。

 

すべての原因は、基礎代謝が低下しているから

普通なら、ちょっと食べただけで太ることは考えられません。でも、ちょっと食べただけで太ると感じているなら、基礎代謝が低下していることが大きな原因です。または、痩せたと思っていたけど本当は水分などの重さが減っただけなので、食べたらすぐに太ってしまったという可能性もあります。

 

このままではいくら痩せても痩せ体質にはなれないので、もう少し詳しく太る原因について見ていきましょう。毎日の生活の中で、太りやすい体質を作っているのかもしれません。

 

食べたらすぐ太る原因とは?

では、食べたらすぐ太る原因をもっと具体的に見ていきましょう。普段の生活の中で、こんな心当たりはありませんか?

 

脂質と糖質のセットがもっとも太る原因

脂質と糖質をセットで食べるのが、もっとも太る原因だと言われています。代表的な例でいえば、みんな大好きな「焼肉と白いご飯」ですよね。この上なく美味しいこの組み合わせ、実はこれがもっとも太る原因なのです。

 

たまのご褒美やチートデイに食べるなら良いですが、何の計画もなく脂質と糖質を摂り続けると、おデブ街道まっしぐらで痩せられなくなってしまいます。

 

タンパク質である「お肉」や「乳製品」はダイエット中こそ摂らないといけない食品ですが、タンパク質にはセットで脂質が含まれていることが多いです。そのため、どんなタンパク質を摂るか考えなければいけません。

 

腸内環境を良くしてくれる発酵食品でもある「納豆」なら、毎日食べるのにオススメの植物性タンパク質です。またタマゴは太ると言われた時期もありますが、タマゴには良質な動物性タンパク質が含まれている上に意外とカロリーは高くありません。とくに「ゆで卵」にすると腹持ちも良くてオススメですよ。

 

カロリーだけを気にしすぎると太りやすくなる

食べ物を買うときに、カロリー表示をチェックするのがクセになっていませんか? 栄養の知識があって、しっかりカロリー管理と栄養バランスが取れているなら問題はありませんが、カロリーだけを気にしすぎると間違った食材を選んでしまう可能性があります。

 

それが結果として太りやすい体質を作ってしまうことがあります。カロリーを気にするということは、それだけ自分の体に敏感で頑張っている証拠。せっかく頑張っているのですから、間違った方向に行かないようにしましょう。

 

いくら1日の摂取カロリーを管理しても、栄養バランスが悪ければ代謝が低下して痩せにくい体質になってしまいます。大切なのは、カロリーよりも「栄養バランス」です。

 

早食いすると知らないうちに食べ過ぎる

少ししか食べていないつもりでも、早食いがクセになっていると知らないうちに食べ過ぎてしまっていることが多いです。早食いすると満腹感を感じにくくなるので、腹八分目のつもりだったのに少し時間がたつと「お腹いっぱい」と遅れて感じるのが特徴です。

 

いくらセーブしているつもりでも、早食いをしている限り「痩せ体質」になることはできないので、食べ方から改善したほうが良いかもしれません。とくに若い頃はいくら食べても太らなかった人で、最近は運動不足になっているという人はこれが原因かもしれません。

 

外食や買い食いをすることが多い

たとえ低カロリーやヘルシーなメニューを選んでいても、外食や買い食いをすると意外とカロリーを摂取してしまいます。しかも糖質や調味料など、むくみを引き起こしやすい材料を使っていることが多いです。

 

むくみ体質になってしまうと、さらに痩せにくくなり、本当に少ししか食べていなくても痩せなくなります。これは究極まで代謝が低下してしまった証拠です。早く何とかしなければ、このままでは肥満体質になってしまうかもしれません。

 

食べても太らない体質になる方法

太りやすい体質は、生活習慣や食生活に気をつければ「痩せやすい体質」に変えることができます。続けることが大切なので、簡単で効果のある方法が良いですよね。しかも続けるほどキレイに痩せていく方法をご紹介します。食べないで痩せるのではなく、食べても太らない体質になることが目標です。

 

糖質の摂り方に注意

お腹が空いていると、真っ先に白いご飯が食べたくなりますよね。でも実は、これこそが太りやすくなる食べ方なのです。空腹の状態で糖質を摂ると、血糖値が急激に上がってインスリンが大量に分泌されます。

 

インスリンは血糖値を下げるために分泌されるのですが、インスリンの分泌が増えるほど脂肪がつきやすくなり、結果的に太ってしまうのです。そのため糖質の摂り方に注意することが、食べても太らない体質になる方法です。

 

原因のところでお話したように、脂質と糖質を一緒に摂らないことも大切ですが、糖質を食べる順番がいちばん重要です。まずはお腹がふくらむ「食物繊維」を食べてから糖質を食べると、血糖値が上昇しにくくなります。

 

タンパク質をしっかり摂ることで代謝の低下を防ぐ

タンパク質を摂らないと筋肉量が減ってしまい、代謝が低下して太りやすくなります。とくに日頃から運動をしない人は、このままでは肥満体質になってしまうかもしれません。肥満になると色々な病気の心配も出てきますから、今のうちに体質を改善しておくことが大切です。

 

なるべく外食はひかえて、自分でご飯を作ってみましょう。自炊するのがどうしても大変なら、サラダチキンや納豆などを取り入れると簡単に低カロリーのタンパク質を摂ることができます。タンパク質をしっかり摂っていれば、代謝が低下するのを防ぐことができます。

 

体重の増減に惑わさない

食べたらすぐに太ったと思うのは、「体重が増えただけ」の可能性があります。そしてほとんどの場合、体重が増えたのは脂肪が増えたのではなく、「水分が増えただけ」だと考えられるのです。

逆も同じです。体重が減って「痩せた!」と思ったら、それは水分が減っただけで脂肪が減ったわけではありません。

 

ちょっとした体重の増減に惑わされていると、代謝アップに必要な水分を減らしてしまったり、タンパク質を摂らずに筋肉が減ってしまったりして太りやすい体質になります。体重の増減に惑わされず必要な栄養を適量摂ることが、食べても太らない体質になるコツです。

 

体を温める調味料で味付けする

調味料のほとんどは添加物が大量に含まれているので、体がむくみやすく、太りやすい体質を作ってしまいます。そのため体を温める調味料を覚えておけば、積極的にそれを使って味付けすれば代謝をアップさせることができます。代謝をアップさせるためには、体を冷やさないことが大切なのです。

 

体を温める調味料は、生姜・山椒・ニンニク・カレー粉・シナモン・味噌などです。ちなみに体を冷やす調味料には砂糖やマヨネーズなどがありますが、その中で「酢」だけは血行を促進して代謝を高めるはたらきがあるので、たまに摂るようにしましょう。

 

◆唐辛子は体を温めるのか?冷やすのか?

唐辛子がたっぷり含まれた食べ物を食べると、体がポッポして汗をだくだくかきますよね。そのことから唐辛子は体を温める食べ物と言われていますが、逆に「汗をかくことで体の熱を発散し冷やすのでは?」という意見があります。

確かに暑い夏こそ熱中症予防のために辛いものを食べることが推奨されたりしますが、実際には体を温める効果も冷やす効果も両方あると考えられます。

 

あまりにも冷え性がひどくて夏でも寒い人は、唐辛子の即効性で体を温めることが有効です。でも「最近太ってきたから代謝アップのために体を温めよう」という人は、上記でご紹介した調味料のほうが良いかもしれません。

 

テレビを観ながら筋トレ&ストレッチを日課にする

筋トレといっても、テレビを観ながらできるくらい簡単で続けやすい方法なので安心してください。そしてカラダの巡りを良くするためにも、ストレッチは欠かせないポイントです。毎日テレビを観ながら、気持ちいい程度に体を動かすことを日課にしましょう。

 

筋トレにオススメなのは、「スクワット」と「バックキック」です。下半身の筋肉を鍛えると痩せやすくなるので、毎朝の日課にするのがオススメです。スクワットはご存じの人が多いと思いますので、バックキックだけ簡単にご紹介します。

 

  1. 床に四つん這いになり、片足だけ伸ばしたら、そのまま天井に向かって上げます。
  2. 足は下ろさずに、一番限界の高さで上げ下げをくり返しましょう。動く範囲は小さくてOK。
  3. お尻に効いているのを感じながら、片足30~50回ずつやりましょう。

 

ストレッチは夜のお風呂上がりにやるのがオススメ。お肌のお手入れが終わった後に、ゆったりとした気分でストレッチをしましょう。絶対にやりたいストレッチは、「開脚ストレッチ」と「足首回し」です。

 

テレビを観ながらでも良いですし、好きな音楽を聴きながらでも良いので、気持ちいいと感じる程度に体の柔軟体操をしてみましょう。安眠効果もアップして痩せやすくなりますよ。

 

「食べたらすぐ太る体質」から「食べても太らない体質」へ

食べたらすぐ太る原因と、食べても太らない体質になる方法をご紹介しました。原因がわかれば対策がとりやすくなりますよね。心当たりがあった人は、今日から食べても太らない体質になるために、毎日の生活をちょっとだけ変えてみましょう。

食べたいのを無理に我慢してもあまり痩せられないので、効果的に痩せ体質になる方法を実践してみてくださいね。