みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

夜食べても太らない食べ物|空腹を我慢できない時の夜食選びのコツ

f:id:m-danjyo:20180817083639j:plain

ダイエット中に夜食べても太らない食べ物とは?

ダイエットをしていると、食事量を少なくしているせいか夜にお腹が空いてしまうことってありますよね。そんなときは我慢して寝たほうが良いとは思いつつも、どうしてもお腹が空いて眠れなくなることもあるでしょう。

 

翌朝、罪悪感に押しつぶされそうになるとしても、どうしても食べたい。でも太りたくはない。そこで今回は、夜食べても太らない食べ物をご紹介します。

 

ダイエットを成功させるためにも、空腹を我慢できない時の夜食選びのコツを知っておきましょう。そうすれば、無駄に太ることもないし、罪悪感に押しつぶされることもなくなりますよ。

 

そもそも、なぜ夜食べると太るの?

そもそも、なぜ夜食べると太ると言われているのでしょうか? まずは、夜食べると太る原因を見ていきましょう。

 

代謝機能が低下するから

夜食べると太る原因は、夜になると代謝機能が低下するからです。代謝が低下しているところに食べ物を入れると、脂肪がつきやすくなります。

 

夜は、自律神経である「副交感神経」が優位になっているので、体が活動モードから休止モードに切り替わっています。休止モードのときは体がリラックスしている状態なので、新陳代謝も低下して太りやすくなっているのです。

 

夜はエネルギーを消費しないから

朝は、これから1日体を使って活動しますよね。だからエネルギーをどんどん消費しますが、夜は寝るだけなのでエネルギーを消費する機会がないのです。だから食べ物でエネルギーを摂りすぎてしまうと、消費しきれずに太ってしまうのです。

 

本当は、夕食で栄養をしっかり摂って、あとは寝るまで食べないのが理想です。でも、どうしてもお腹が空いてしまう時があると思いますので、今回はそんな時に食べても太らない食べ物をご紹介していきます。

 

睡眠中は消化活動が弱まり、お腹に食べ物が残る

夜食べると太ると言われている理由は、睡眠中は消化活動が弱まるので、お腹に食べ物が残ってしまうことが多いからです。お腹の中に長時間食べ物が残っていると脂肪になりやすく、太りやすくなります。

 

また睡眠中は消化活動が弱まっているとはいえ、食べ物が残っている限り消化を続けています。すると安眠の妨げになり、満腹ホルモンである「レプチン」の分泌が減り、満腹感を感じにくくなって太るパターンが多いのです。

腸内環境が悪化して便秘になるため、太りやすくなるということも考えられます。

 

空腹を我慢できない時の夜食選びのコツ

そうはいっても、夜にお腹が空いてどうしても何か食べたくなることがありますよね。そんな時は、何を食べれば良いのか迷ってしまう人も多いと思います。では、空腹を我慢できない時の夜食選びのコツを見ていきましょう。

 

消化が良く、胃腸に負担がかからない食べ物を選ぶ

空腹を我慢できない時の夜食選びのコツは、消化の良い食べ物がベストです。とにかく寝るまでの間に消化を終わらせたいので、できるだけ胃腸に負担がかからない食べ物のほうが太りにくいです。

 

◆痩せる食材の代表「食物繊維」は夜はNG!

ダイエット中は積極的に摂っている人が多い「食物繊維」は、痩せる食材の代表ですよね。でも夜食べるのはNGです。それは消化が悪いから。

 

海藻類やキノコ類なら少しはOKですが、ゴボウなどの根菜類はオススメできません。またレタスやキャベツなどの葉物野菜は、思っているよりも食物繊維が少ないので、夜食べても大丈夫でしょう。ただし体が冷えて安眠の妨げになったり、ドレッシングのカロリーにも注意が必要です。

 

脂質が少なく、低カロリーの食べ物がポイント

空腹を我慢できない時の夜食選びのコツは、「脂質が少ない」ことと「低カロリー」であることがポイントです。この条件をクリアした食べ物であれば、夜食べてもそれほど太らないと考えられます。

 

◆ナッツは脂質が多いので夜はNG

アンチエイジング効果があり、ダイエット中のおやつとしても重宝するナッツですが、夜食べるのはあまりオススメできません。ナッツは脂質が多いので、意外と高カロリーなのです。

昼間のおやつとして食べるならOKですが、夜はなるべく控えましょう。

 

温かい食べ物なら安眠効果アップ

空腹を我慢できない時の夜食選びのコツは、温かい食べ物を食べることです。温かい食べ物で体が温まれば、安眠効果がアップします。ダイエット中は安眠することも大事なポイントです。

 

安眠すると眠っている間に「レプチン」というホルモンが分泌され、満腹中枢を刺激して満腹感を感じやすくなります。そのため食べ過ぎを防止することができ、太りにくくなるのです。このレプチンを分泌するためにも、安眠は大事ですよ。

 

◆とくにオススメなのは「スープ」

夜食べても太らない温かい食べ物なら、「スープ」がオススメです。スープは水分が多いので、固形物が少ないのに満腹感を感じやすい食べ物の1つ。消化が良く、体も温まるので、夜食べても太らない食べ物と言えるでしょう。

 

スパイスは交感神経が優位になり安眠を妨げるのでNG

スパイス系の刺激の強い食べ物は、夜食べるにはオススメできません。唐辛子などの辛い食べ物や、香辛料をたくさん使っているカレーやアジア料理などのスパイシーな食べ物はあまりオススメできません。

 

スパイス系は自律神経である「交感神経」が優位になり、興奮状態を引き起こします。すると安眠の妨げとなり、結果的に太りやすくなってしまうのです。寝る前に食べるなら、刺激物はなるべく避けましょう。

 

夜食べても太らない食べ物

では夜食べても太らない食べ物とは、具体的にどんなものなのでしょうか?

 

夜食べても太らないお菓子

寝るまでにあまり時間がないのに、どうしても小腹が空いてしまう日もありますよね。そんなときはお菓子が食べたくなる人も多いと思います。以下のようなお菓子なら低カロリーなので、夜食べても比較的太りません。

 

  • ゼロカロリーのゼリー
  • 味付け海苔……3gで5キロカロリー
  • 茎ワカメ……30gで5キロカロリー
  • おからクッキー……10gで35キロカロリー
  • スルメ……10gで9キロカロリー

 

ゼロカロリー食品はダイエット中でもあまりオススメできないのですが、どうしても夜お腹が空いたときは助けになってくれます。またお酒のおつまみとして何か食べたいと思うなら、個人的には「味付け海苔」がオススメです。

海苔は軽くてカサばるので、それほど量は食べられないですよね。しかも味付け海苔なら味がついているので、意外と満足できるんです。わたしは小腹が空いたときも、よく海苔をバリバリ食べたりしています。

 

夜食べても太らない果物

夜食べても太らない果物としては、グレープフルーツがオススメです。その理由は、柑橘系のフルーツは朝食べるとシミができやすくなるので、食べるタイミングとしては夜しかないのです。

 

ダイエットをしている女性なら、美容のことも気にしていることが多いと思いますので、グレープフルーツは夜に食べましょう。ちなみにグレープフルーツは、ニオイを嗅ぐだけでも空腹感がまぎれると言われています。

 

  • バナナ
  • リンゴ
  • スイカ
  • イチゴ
  • グレープフルーツ

 

グレープフルーツ以外では、以上のような果物なら夜食べても太らないと言われています。バナナは速攻でエネルギーになるので、どちらかと言えば朝のほうがオススメですが、かなり空腹感はおさまります。

 

コンビニで買える夜食べても太らない食べ物

夕食を食べたのに、どうしてもお腹が空いてコンビニに行った場合、どのような食べ物を選べば太りにくいのか気になりますよね。コンビニで買えて、夜食べても太らない食べ物は、以下のものがオススメです。

 

  • ゆで卵
  • ところてん
  • ヨーグルト
  • キムチ
  • サラダチキン

 

サラダチキンは、夜食べるにしてはそれほど低カロリーではないのですが、低カロリーのタンパク質という意味ではダイエット中にもオススメです。タンパク質を摂るなら、サラダチキンよりもゆで卵のほうが低カロリーです。

 

キムチは香辛料が使われているので、夜はあまり大量に食べないほうが良いでしょう。ところてんは低カロリーですし、ヨーグルトは腸内環境を整えてくれるので、夜食べてもOKです。

 

外食で夜食べても太らない食べ物

外食で夜食べても太らない食べ物は、食事として食べるなら「おかゆ」や「雑炊」ならセーフです。それ以外の食事系なら、できるだけご飯の少ないもので、ソースなどの味付けが薄いものが良いでしょう。

 

夜食べると言えば、居酒屋などでおつまみとして食べることが多いですよね。お酒の肴にするなら、以下のような食べ物が太りにくいのでオススメです。

 

  • 湯豆腐
  • おでん
  • 砂肝
  • 枝豆

 

豆腐は夜食べても太らない食べ物なので、「豆腐サラダ」や「冷や奴」でも良いのですが、体を冷やさないためには「湯豆腐」がベストです。また砂肝や枝豆は、おつまみとしては最高ですよね。ただし消化があまり良くないので、食べ過ぎないようにしましょう。

 

夜食べも太らないアイス

夜食べても太らないアイスは、「かき氷」です。とはいえアイスは冷たいので、夜食べると体を冷やしてしまい、胃腸に負担がかかったり、安眠できなくなったりします。

 

またアイスクリームに関しては、残念ながら太りやすいので夜食べるのはNGです。アイスクリームは脂質と糖質が多いので、できれば夜は控えたいところ。つまり、夜食べるならかき氷ですが、できれば夜は控えたほうが良いということです。

 

夜食べても太らない方法

夜食べても太らない食べ物がわかったので、夜食べても太らない方法をご紹介します。太らない食べ物でも、食べ方によっては太ってしまうので気をつけましょう。

 

よく噛んで食べる

夜食べるなら、とにかく消化の良い食べ物がオススメ。おかゆなら、ほとんど噛まないで食べられるので消化が良く、夜食べてもOKなのです。だから夜に何か食べるなら、必ずよく噛んで食べるようにしましょう。それが太らないためのコツです。

 

200キロカロリーまでに抑える

いくら夜食べても太らない食べ物とはいえ、量が多くなればカロリーも高くなります。そのため夜食べるなら200キロカロリーまでに抑えましょう。それ以上食べてしまうとエネルギーを消費しきれなくなるので、結果的に太ってしまいます。

 

寝る2時間以内には食べない

夜食べても太らないとはいえ、寝る直前に食べるのはオススメできません。消化が終わらないうちに寝ると、お腹に食べ物が残って脂肪がつきやすくなってしまいます。

そのため夜食べるなら、寝る2時間以内には食べないように気をつけましょう。太りにくい食べ物を寝る2時間前までに食べるならセーフです。

 

夜食べても太らない効果のあるサプリでサポート

夜食べても太らない方法は、サプリの力を借りるのも良いでしょう。夜食べても太りにくくしてくれる効果のあるサプリは、たとえば以下のようなものです。

 

糖質をカットできるサプリ

糖質は夜食べると太ると言われているので、糖質をカットできるサプリなら夜食で太りにくくなるサポートをしてくれるでしょう。また加齢とともに糖代謝が低下してくるので、加齢とともに太りやすくなった人にもオススメのサプリです。

 

脂質の吸収を抑えるサプリ

脂質の多い食べ物は高カロリーなので、夜食べると太ります。でも脂質の吸収を抑えるサプリなら、多少はサポートになってくれるでしょう。

 

トクホ商品でも「脂肪の吸収を抑える」と言われている飲み物がありますよね。夜食べるなら、そのような飲み物と一緒に食べるのもサポートになってくれるかもしれません。とはいえ、夜は脂質を摂らないことがベストです。

 

脂肪燃焼系サプリは夜はオススメできない

ダイエットの強い味方になってくれる脂肪燃焼系サプリですが、夜はオススメできません。脂肪燃焼系サプリのメカニズムとして、自律神経である「交感神経」を刺激する成分が含まれているため、興奮状態になって安眠できなくなるのです。

 

脂肪燃焼系サプリは、昼間に飲むことをオススメします。夜は脂肪燃焼モードではないので、運動するのも昼間がオススメです。そのほうが消費カロリーも格段に多くなります。

 

夜はできるだけリラックスして過ごし、お腹が空いたら太りにくい食べ物を少量だけ食べ、ゆっくりと安眠することがダイエット効果を高めます。

 

夜食べても太らない食べ物で空腹を乗りきる!

夜食べても太らない食べ物と、夜食選びのコツをご紹介しました。ダイエット中は、空腹を我慢できない時に気持ちが折れそうになりますよね。そんな空腹感を太らない食べ物で乗り切りましょう。上手に食べれば、夜おそくに食べても太りにくいですよ。