みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

有酸素運動をしても痩せない理由|間違ったやり方を改めて効率的にダイエット

f:id:m-danjyo:20180818162358j:plain

有酸素運動をしても痩せない人は間違ったやり方が原因

「毎日運動をしているのに、想像していたほど痩せられない」

「毎週末に半日くらい運動をしているのに痩せない」

このように頑張って有酸素運動をしているのに、想像していたほど痩せられないと思ったことはありませんか? それは、有酸素運動のやり方や運動前後の過ごし方が間違っているのかもしれません。

 

せっかく頑張って運動しているのですから、その効果を最大限に引き出したいですよね。そこで今回は、有酸素運動をしても痩せない理由と、効率的に痩せる方法をご紹介します。

 

運動による消費カロリーをいかに増やせるか、どうしたら脂肪を効率よく燃焼できるか、などを中心に見ていきましょう。ダイエット効果が格段にアップしますよ。

 

有酸素運動をしても痩せない理由・間違ったやり方とは?

頑張って有酸素運動を続けているのに、なぜか痩せない人はやり方が間違っているのかもしれません。では、有酸素運動をしても痩せない理由を見ていきましょう。

 

食事量を減らしすぎている・栄養が偏っている

有酸素運動をしても痩せない理由は、食事量を減らしすぎているのかもしれません。もしくは栄養が偏っていることも痩せない原因の1つとなります。ダイエット中に食事制限をするのは当然のことですが、「食事を減らせば痩せる」というほど人間の体は単純ではありません。

 

食事の栄養バランスが偏っていると、体が正常な機能を果たせなくなり、代謝が低下したり、満腹を感じられずに食べ過ぎたりしてしまいます。また食事量を減らしすぎると飢餓状態になり、脂肪をため込みやすい体になることで、かえって太ってしまうこともあるのです。

 

その状態で有酸素運動をしても、代謝が低下しているので思ったほど痩せられなくなります。体がエネルギー不足なので、脂肪が燃焼しにくくなったり、低血糖状態で倒れてしまうこともあります。

ダイエットにおいて食事は重要なポイントですが、むやみに減らせば良いわけではないので気をつけましょう。

 

運動後に食べ過ぎている

有酸素運動をしても痩せない理由は、逆に食べ過ぎている場合もあります。有酸素運動で消費するカロリーは、思っている以上に少ないのです。

 

でも体は最高潮に疲れているので、「これだけ運動すれば、ちょっとくらい食べ過ぎても大丈夫」と勘違いしてしまうことが痩せない原因なのです。下手すれば、逆に太ってしまうこともあります。

 

有酸素運動しかしていない

有酸素運動をしても痩せない理由は、有酸素運動しかしていないからかもしれません。ウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼する運動で、筋トレなどの無酸素運動は筋肉を増やす運動です。

 

早く痩せたい人は、脂肪を燃焼させたいから有酸素運動をしていると思いますが、有酸素運動しかしていないと筋肉量が増えないので代謝がアップしにくいのです。とくに今まで運動不足だった人は、代謝が低下している状態で運動をしても劇的に脂肪を燃焼させることはできないのです。

 

夜に有酸素運動をしている

昼間は仕事をしているから、朝から有酸素運動をするのはむずかしい人も多いかもしれません。でも夜に有酸素運動をしても、実はあまり痩せられないのです。その理由は、夜は代謝が低下している時間帯だからです。夜は副交感神経が優位になり、リラックスモードになる時間。その状態だと脂肪が燃焼しにくいのです。

 

運動をするなら、交感神経が優位になり、やる気モードになっている朝から昼にかけてがベスト。同じ運動量でも脂肪燃焼率が高いので、効率が良いでしょう。 

 

有酸素運動のつもりが、いつの間にか無酸素運動になっている

頑張り屋さんは早く成果を出したくて、一生懸命に有酸素運動をしていることでしょう。それなのに痩せない理由は、いつの間にか無酸素運動になっているのかもしれません。

 

同じウォーキングでも、ゆっくり歩くよりも速く歩くほうが消費カロリーが多くなります。でも、スピードが速すぎると有酸素運動ではなくなってしまうのです。

有酸素運動とは、酸素を充分に体内に取り込む運動のこと。心拍数でいうと、その人の肺活量などによっても違うのですが、だいたい110~130くらいの範囲です。それ以上の心拍数になると、無酸素運動になってしまいます。

 

また運動強度が高くなり過ぎると、翌日に疲労が残ってしまい、場合によっては代謝が低下して痩せにくくなることがあります。

 

運動量は多いけど、運動する頻度が少ない

有酸素運動をしても痩せない理由は、運動する頻度が少ないのかもしれません。たとえば平日は仕事で疲れるから運動をしていないけど、週末に3時間くらいウォーキングをしているという場合、あまり有酸素運動の効果がありません。

 

有酸素運動は、小まめに続けることが痩せるコツです。週末に1日だけ3時間の運動をするよりも、毎日20分のウォーキングをしたほうが痩せる確率が高くなるでしょう。

 

有酸素運動の後に体重が減っても痩せたとは言えない!?

ダイエット中は体重が気になるので、運動後に体重計に乗る人が多いと思います。そのときに体重が減っていると嬉しいですよね。でもそれは、単なる「デトックス」にすぎません。つまり、ダイエット効果として痩せたわけではないということ。

 

「運動やサウナで汗をかくと痩せる」と思っている人も多いと思いますが、それは体内の水分が抜けただけです。水は1リットル1キロなので、汗が出れば体重が減るのは当然のこと。でもダイエットで落とさなくてはいけないのは「脂肪」です。

脂肪を落とすためには、継続的に運動をすることが大切です。一時的に体重が減っても、残念ながらそれは痩せたとは言えないのです。

 

サウナスーツを着て運動をする人も多いかもしれませんが、サウナスーツの役割は脂肪燃焼ではありません。サウナスーツが脂肪燃焼に役立つとすれば、早く体が温まる効果があること。サウナスーツを着ると早く体が温まり、早い段階で脂肪が燃焼しやすくなります。

 

有酸素運動をして短期間で痩せたらリバウンドするの?

ダイエットをしている人の多くは、短期間で痩せたいと思っている人が多いですよね。短期間で痩せようとする人の多くは、体重重視のダイエットをしていることが多いです。目標体重をクリアして、晴れてダイエットを終了しても、そのすぐ後にリバウンドしてしまった経験はありませんか?

 

短期間で体重が減った場合、それは「脂肪」が減ったわけではないのです。では体重が減った理由は何でしょうか? それは「筋肉」と「水分」が減った可能性が高いです。

 

有酸素運動は筋トレと違って、それほど筋肉が増える運動ではありません。筋肉が増えるどころか、食事量を減らしすぎるなどの間違った食事制限をしていると、筋肉が減ってしまうことが多いのです。その理由は、有酸素運動で使うエネルギーが不足してしまうため、筋肉を減らしてエネルギーとして消費してしまうからです。

 

筋肉量が減った状態でダイエットを終了してしまうと、リバウンドして以前よりも脂肪が多くなってしまうことが多いのです。そのため有酸素運動は長期的におこなうことが大切です。 

 

有酸素運動で効率的にダイエットする方法

では、有酸素運動で痩せるにはどうすれば良いのでしょうか? 間違ったやり方を改めて、効率的に痩せる方法をご紹介します。

 

効率的に痩せるには「筋トレ」が必須

長期的にダイエットを続けることが大前提で、そのためには筋トレで筋肉を増やしておくことが大切。筋肉が少ない状態で有酸素運動をしても、痩せにくい上にムダに疲れるだけ。まずは筋肉量を増やして代謝を高めておくことが大切です。

 

筋肉量が増えて代謝がアップした状態をキープできれば、リバウンドすることもなくなります。また加齢とともに代謝が低下してくるので、できれば一生続けられる有酸素運動のメニューを考えましょう。

 

タンパク質を中心に栄養バランスの良い食事をする

間違ったやり方を改めて効率的にダイエットをするには、食事の栄養バランスが大事。筋肉量を増やすためには、肉や魚、卵などのタンパク質をしっかりとることが大切です。

 

また野菜を多めに摂ることで、ダイエット中に多い「便秘」を防ぐことができます。野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、血糖値の上昇を防ぎ、脂肪がたまりにくくなる効果もあります。

 

運動前には「糖質」か「アミノ酸」を摂っておく

空腹状態で運動したほうが痩せると思っている人も多いですが、実はエネルギーが不足している状態で運動するほど効率が悪いやり方はありません。「糖質」は脂肪燃焼の着火剤のような役割があるので、運動前に摂っておくと痩せやすくなります。

 

また持久力をつける「アミノ酸」も脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、運動前にアミノ酸飲料を飲んでおくと良いでしょう。水分補給としても効果的です。

 

水分補給で体の循環を良くしておく

有酸素運動の前後に水分補給をするのはもちろん必要ですが、1日を通して小まめに水分補給をすることが大切です。水分を摂ると体の循環が良くなり、むくみを予防・改善することができます。

 

水分を摂ると血行が良くなるので、冷え性を改善することもできます。女性は冷え性の人が多いですが、体が冷えていると代謝が低下して運動をしても痩せにくくなります。ダイエット中はとくに1日1.5リットルくらいの水分を摂るようにしましょう。

 

使った筋肉はほぐして血行不良を防ぐ

血行が悪くなると、代謝が低下して痩せにくくなります。有酸素運動でも足の筋肉をそれなりに使っているので、使った筋肉をほぐさないと血行が悪くなります。筋肉を使うと収縮して硬くなるので、そのままでは血行が悪くなってしまうのです。筋肉太りになる可能性もあります。

 

効率的にダイエットをするには、使った筋肉をほぐす「マッサージ」や「ストレッチ」を取り入れると良いでしょう。運動後にストレッチをして使った筋肉を伸ばし、入浴後にマッサージをするのがオススメです。

 

有酸素運動の前に筋トレをする

有酸素運動で効率的に痩せる方法は、有酸素運動の前に筋トレをすることです。筋トレをして筋肉を温めておくことで、有酸素運動での脂肪燃焼率がグンとアップします。でも有酸素運動の前に筋トレをやり過ぎると、有酸素運動でエネルギー不足になるので気をつけてください。

 

有酸素運動の前にやる筋トレは、ごく軽いものでOKです。スクワットを20回、腹筋を30回、ヒップアップの運動を30回くらいで良いでしょう。それだけでもだいぶ違います。

 

日中に有酸素運動をする

有酸素運動で効率的に痩せる方法は、日中に有酸素運動をすることです。脂肪の燃焼は自律神経と深く関わっていて、交感神経が優位になると脂肪燃焼率がアップするという特徴があります。

 

交感神経が優位になるのは、朝から夕方にかけて。それ以降は夜になると副交感神経が優位になり、脂肪燃焼率が低下してしまいます。体が活動モードになっている日中に有酸素運動をすると痩せやすくなりますよ。

 

睡眠をしっかりとる

効率的にダイエットする方法は、睡眠をしっかりとることです。睡眠がダイエットに関係している理由はたくさんあります。たとえば「レプチン」というホルモンは、睡眠をしっかりとることで分泌されます。レプチンは「もう満腹だよ」という指令を出す役割があるので、食事での食べ過ぎを防いでくれます。

 

また有酸素運動をすると体が疲れますので、しっかりと睡眠をとって休息することが大事。疲れが翌日まで残っていると、代謝が低下してしまうことがあります。また筋肉疲労は眠っているときに回復されていくので、筋肉痛を予防する効果もあります。

 

有酸素運動は最低でも3ヶ月は続けよう!

有酸素運動で効率的にダイエットをするなら、最低でも3ヶ月は続けることが大事。短期ダイエットはリバウンドしやすくなるので、ダイエットする意味がありません。それ以前に、そもそも体重が減っても、ダイエットに成功したとは言えない状態なのです。

 

そのため有酸素運動は3ヶ月くらいは続けて、3ヶ月後のスタイルをチェックしてみてください。確実にスタイルが良くなっているのを感じられますよ。もっと言うなら、一生続けられる有酸素運動のメニューを考えるのがベストです。

 

これから年齢を重ねていくと、誰でも代謝が低下して太りやすくなります。でも、今から継続的に有酸素運動を続けていれば、スタイルをキープすることができるのです。もちろん健康にも良い効果があり、加齢とともに多くなる「高血圧」や「糖尿病」の予防にもなります。まさに良い事づくしと言えるでしょう。

 

有酸素運動で効率的に痩せて、ダイエット効果アップ!

有酸素運動をしても痩せない理由と、効率的にダイエットする方法をご紹介しました。ダイエットは長期的に続けることが大前提で、それに適度な食事制限と無酸素運動を取り入れることがポイントです。

有酸素運動で効率的に痩せて、ダイエット効果をアップさせていきましょう。