みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

猫背だと胸が垂れる!バストアップ効果のある姿勢改善ストレッチ

f:id:m-danjyo:20180819085633j:plain

猫背が原因で胸が垂れる! ストレッチでバストアップ

「ツンと上向きのバストになりたい!」というのは女性の願いですが、加齢とともに胸は垂れやすくなります。そのため、色々なバストアップ方法を試している人は多いと思いますが、実は、胸が垂れてしまう原因は「猫背」も関係しているのです。

 

スマホやパソコンなど、現代の生活では猫背になる習慣が多く、若い女性でも垂れ乳に悩まされている場合も少なくありません。そこで今回は、猫背で胸が垂れる理由バストアップ効果のある姿勢改善ストレッチをご紹介します。

 

簡単なストレッチを毎日の習慣にするだけで、キレイなバストをつくるサポートをしてくれますよ。美しい姿勢を保ち、美しいバストをキープしていきましょう!

 

猫背だと胸が垂れるって本当?

女性の胸は、加齢とともに垂れやすくなってしまうもの。だからこそ、重力に負けずに垂れない胸をつくりたいと思っている女性は多いのではないでしょうか?

 

しかし、胸が垂れる原因は、それだけではないんです。スマホを長時間使っている人は、気づかないうちに「猫背」になっている人が多いと言われています。猫背になると胸が縮こまり、胸まわりの血行が悪くなってしまいます。すると、胸のハリが失われ、胸が垂れる原因になってしまうのです。

 

また、猫背は垂れ乳だけでなく、バストが小さくなってしまう原因にもなりかねないので、早めに猫背を改善することが大切です。では、なぜ猫背になると胸が垂れてしまうのか、その理由を見ていきましょう。

 

猫背だと胸が垂れる理由とは?

猫背は見た目が美しくないのはもちろんのこと、胸が垂れる原因になってしまいます。加齢とともに胸が垂れやすくなることに加えて、猫背によるWパンチで垂れやすくなってしまうのです。

 

また加齢とは関係なく、若い女性でも胸が垂れていることに悩んでいる人が増えています。その理由は、まさに猫背が原因だと考えられます。では具体的に、猫背で胸が垂れる理由を見ていきましょう。

 

肩甲骨が硬くなり、胸が圧迫される

猫背になると、肩が丸まって内側に入る姿勢になりますよね。そうなると、胸が圧迫されて、バストの血流が悪くなります。また、肩甲骨が固定された状態になり、硬くなることで血流が悪くなります。

バストや肩甲骨の血行が悪くなると、胸に十分な栄養が届かなくなり、ハリや弾力が失われ、胸が垂れやすくなってしまうのです。

 

大胸筋が衰えて、胸が垂れやすくなる

猫背になると胸がゆるんだ状態になり、筋肉を使っていないため、大胸筋が衰えてしまいます。大胸筋は胸を支える筋肉なので、それが衰えてしまうと胸が垂れる原因になります。

 

血行が悪くなり、胸に栄養が届かなくなる

猫背だと胸が垂れる理由は、肩甲骨や胸まわりの血行が悪くなることで、胸に必要な栄養が届かなくなるからです。バストアップのためには、「女性ホルモン」や「栄養」を胸まで届ける必要がありますが、これらは、血流に乗って胸まで運ばれていきます。その血行が悪くなってしまっては、女性ホルモンや栄養を運ぶことができないのです。

 

また、胸の血行が悪くなると、胸の垂れの原因になるだけでなく、胸が小さくなってしまう恐れもあります。

 

乳腺が衰えて、胸にハリがなくなる

猫背だと胸が垂れる原因は、胸を大きくする効果のある「乳腺」が衰えるからです。乳腺は、女性ホルモンによって発達しますが、猫背によって血行が悪くなると、胸に女性ホルモンが届かないことで乳腺が衰えてしまうのです。

すると、胸にハリがなくなり垂れてしまったり、バストダウンしてしまう恐れもあります。

 

バストアップ効果のある姿勢改善ストレッチ

では、バストアップ効果のある姿勢改善ストレッチをご紹介していきます。胸や肩甲骨のストレッチをすることで血行が良くなり、バストアップ効果が期待できます。

 

姿勢改善なら「ヨガストレッチ」がオススメ

姿勢を改善してバストアップするなら、ヨガストレッチがオススメ。ヨガは、ゆっくりとした動きで体のストレッチを行うため、日頃運動をしていない人や、体が硬くなっている人にも効果的ですよ。

また、ヨガはリラックス効果もあるので、女性ホルモンのバランスが整い、バストアップ効果が高まります。

 

では、ヨガポーズを4つご紹介しましょう。姿勢を改善するとともに、胸のハリを取り戻していきましょう。

 

❤魚のポーズ

 

  1. 仰向けになり、両手をお尻の下に入れます。手のひらを床につけます。
  2. 頭ではなく腕の力で上体を起こしながら、頭の位置をずらしていきます。(ゆっくりやらないと危ないです)
  3. できれば頭頂部(頭のてっぺん)が床に着くようにして、胸と首をストレッチします。
  4. なるべく肘同士を近づけるようにして、肩甲骨をくっつけるイメージです。
  5. ゆっくりと元の体勢に戻ります。

 

魚のポーズは首に負担がかかるので、頭で体を支えるのではなく、腕の力で体を支えるようにしましょう。日頃はあまり伸ばさない場所のストレッチができて、気持ちいいですよ。

 

❤コブラのポーズ

 

  1. 床にうつ伏せになり、胸の横に両手を置きます。
  2. 脇を閉めて、顔と胸だけを床から離します。
  3. 3回呼吸したら、一度体を床に戻し、今度は腰を反らせていきます。
  4. 顔は天井を見ましょう。
  5. 3回呼吸したら、ゆっくりと床に戻ります。

 

これは腰のストレッチですが、お腹も伸びているのを感じると思います。普段から猫背の人は、お腹が縮こまった状態になってしまうので、しっかりとお腹もストレッチしましょう。

 

❤らくだのポーズ

 

  1. ひざ立ちの状態になり、両手をかかとに置きます。
  2. 胸を開いて、天井を向きます。
  3. 上体を反らし、そこからゆっくりと起き上がります。

 

らくだのポーズは、胸と腰、肩甲骨のストレッチに効果的です。姿勢改善の効果があるので、毎日のリラックスタイムにゆったりとした気持ちでやってみてくださいね。

 

❤弓のポーズ

 

  1. 床の上でうつ伏せになり、両手で足首をつかみます。
  2. 息を吸い込んだら、吐きながら頭と胸と足を持ち上げます。
  3. 3回呼吸してからゆっくりと戻ります。
  4. これを3セットくり返しましょう。

 

ヨガマットや布団、じゅうたんなどの柔らかい場所で行いましょう。また、腰を反りすぎると終わってから腰が痛くなるので、体全体を反らすような感じでストレッチしましょう。

 

胸の血行を良くするなら「大胸筋ストレッチ」

  1. 壁が横に来るように立ち、壁側の手を肘から手のひらまでベッタリつけます。肘がちょうど胸と同じ高さになるようにしましょう。
  2. 手の位置はそのまま固定して、壁側の足を一歩前に出します。
  3. 胸が伸びているのを感じます。そのまま10秒キープ。
  4. 反対側も同じようにやりましょう。

 

胸が垂れるのを防ぐには、大胸筋のストレッチが効果的です。胸の血行が良くなれば、胸にハリがでてきますよ。肩が内側に入ってしまう猫背の人は、毎日このストレッチをすることで姿勢の改善に効果的です。

 

肩甲骨の血行促進なら「肩甲骨ストレッチ」

  1. 両手を上に伸ばし、上から引っ張られているように伸びをします。腰やあばら骨などの1本1本を離すようなイメージです。
  2. 右の肘を曲げて頭の後ろに持っていき、左手で右肘を持ちます。
  3. 左手で右肘を少し下に押し、気持ちいいところで止めます。反対も同じようにやります。
  4. 手を下ろし、両手を後ろで組みます。
  5. 胸を張って、肩甲骨をくっつけるイメージで10秒キープします。
  6. 今度は両手を前で組み、背中を丸めながら肩甲骨を開くようにストレッチします。
  7. 最後に、肩を前後に10回ずつゆっくりと回しましょう。

 

肩甲骨を動かすことは、ダイエットや肩こり解消にも効果的なので、ぜひ毎日やりたいストレッチです。姿勢が悪いと疲れやすくなることも多いので、リフレッシュタイムにも試してみてください。

 

寝ながらできる「ツイストストレッチ」

  1. 床に仰向けになり、両手を真横に広げます。肘は伸ばします。
  2. 右足の膝を曲げて、体の左側に持っていき、腰をひねります。
  3. 息を吐きながら、さらに腰をひねりましょう。
  4. ゆっくりと戻したら、反対側も同じようにやります。

 

寝ながらできるストレッチなので、簡単だしとっても気持ちいいですよ。腰や背中、胸のストレッチ効果があり、胸まわり全体の血行が良くなります。朝起きたときにベッドの上でやるのもオススメ。

ただし腰痛の人がやると、かなり痛いかもしれません。痛い場合には無理をしないでくださいね。毎日やっていれば、少しずつ体が柔らかくなっていきますよ。

 

そもそも猫背になる理由って何?

猫背を改善することは大切ですが、そもそも猫背になる理由とは何なのでしょうか?

 

運動不足で「腹筋」と「背筋」が衰えている

猫背になってしまう原因は、日頃から運動不足で「腹筋」と「背筋」が衰えていることが考えられます。腹筋と背筋が衰えていると、そもそも正しい姿勢をすることがつらいはずです。そのため、正しい姿勢をすると疲れてしまうので、ついつい猫背になってしまうのです。

 

スマホやパソコンを使う姿勢が猫背になりやすい

現代人は猫背の人が多いと言われていて、その理由はスマホやパソコンを使う姿勢が猫背になりやすいからです。スマホやパソコンを使う姿勢は、前かがみになりやすく、首が前に出ることで猫背になってしまうのです。

 

骨格のゆがみで猫背になりやすい

足を組んで座ったり、片足重心で立ったりするクセがある人は、骨盤や股関節、背骨などの骨格にゆがみが生じやすいです。骨格がゆがむと、正しい姿勢を保てなくなり、猫背になりやすいのです。

また、女性は出産などの影響で骨盤がゆがみやすく、猫背になりやすいと言われています。

 

バストアップ効果のある「正しい姿勢」のつくり方

では、正しい姿勢とは、どのような姿勢なのでしょうか? 猫背を解消し、バストアップするための、正しい姿勢のつくり方をご紹介します。

 

  1. 目線は真っすぐに前を見て、顎を軽く引く。
  2. 手は体の側面につける。(手が体の前に来ないようにする)
  3. 足をそろえて、膝をしっかり伸ばす。
  4. 上から引っ張られているイメージで体を伸ばす。
  5. お腹を軽くヘコませて、腰が反らないように真っすぐにする。

 

今まで猫背だった人は、はじめは正しい姿勢を継続するのがすごく疲れると思います。でも、正しい姿勢をすることで、今まで衰えていた筋肉が鍛えられ、少しずつ楽になりますよ。

 

正しい座り方

正しい座り方のポイントは、骨盤が後傾したり、前傾したりしないように、しっかりと立てることです。骨盤を立てると背筋がまっすぐになり、正しい姿勢を保つことができます。

 

下腹部に軽く力を入れると、お腹と背中の筋肉を適度に鍛えることができますよ。今まではつらかった正しい姿勢も、楽にできるようになっていきます。

 

猫背を改善するストレッチでバストアップ!

猫背だと胸が垂れる理由や、バストアップ効果のある猫背改善するストレッチをご紹介しました。ぜひ毎日やってみてくださいね。また猫背を改善することは、胸の垂れを防ぐだけでなく、美容やダイエットにも効果的なので、ぜひストレッチを続けてみましょう。