みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

運動しても食事制限しても痩せない!痩せるダイエット3つのポイント

f:id:m-danjyo:20180820103056j:plain

運動しても食事制限をしても痩せない意外な原因!

「運動しているのに痩せない」

「食事制限をキッチリ守っているのに痩せない」

そんなもどかしさを感じたことはありませんか?

 

ストイックなダイエットをしている人も、ゆるーくダイエットしたい人も、ちょっとした間違いを犯してしまうと痩せなくなってしまうのです。

 

そこで今回は、運動しても食事制限をしても痩せない理由と、痩せるダイエット方法をご紹介します。ポイントはたったの3つだけ。これさえ守ればどんどん痩せやすい体になり、ダイエットが楽になりますよ。

 

運動しても痩せない! 食事制限をしても痩せない! その原因は?

ダイエットのために「運動」や「食事制限」をする人は多いですが、痩せる人と痩せない人がいるのはなぜなのでしょうか? その原因をこれからご紹介していきます。

 

筋肉量が減ると痩せない

運動しても食事制限をしても痩せない原因は、筋肉量が減っているのかもしれません。筋肉量が減る原因として考えられるのは、以下のような場合です。

 

  • 食事を減らしすぎている
  • 有酸素運動しかしていない

 

早く痩せたくて食事を減らしすぎてしまうと、体が飢餓状態になり代謝が低下します。すると食べていないの痩せない状態になってしまうのです。また「ダイエット停滞期」にも入りやすくなるので、食事を減らしすぎるのは効率のよいダイエット方法とは言えません。

 

運動をしていても有酸素運動しかしていない場合、やはり場合によっては筋肉量が減ってしまうこともあるのです。有酸素運動はウォーキングなどの軽めの運動が多いですが、それだけでは筋肉量が増えるどころか、運動をするためのエネルギーが足りなくなり、筋肉を分解してしまう恐れがあります。

効率的にダイエットをするには、筋トレなどで筋肉量を増やすことが大切です。

 

体重を気にしているから痩せない

運動しても食事制限をしても痩せない原因は、体重を気にしすぎているのかもしれません。ダイエットなので体重が気になるのは当然のことですが、体重がちょっと増えたり減ったりすることに振り回されていませんか?

 

体重が減っていない時にやりがちなNG行動

  • 体重が減っていないと食事や水分を減らす
  • 痩せたくてハードな運動をしすぎる

 

痩せたのに体重が減らない原因

  • 筋肉量が増えると体重が増える
  • 脂肪が減っても体重が変わらない場合もある

 

ダイエットのために運動していると筋肉量が増えるので、体重が増えることがあります。体重を気にしすぎると、体は引き締まっているのに、体重が増えることが気になって食事を減らしてしまう人もいるかもしれません。

でも食事量を減らしすぎると痩せにくくなるので、逆効果になってしまう場合もあります。またエネルギー不足になり、運動しても痩せなくなってしまう場合もあります。

 

痩せたくてさらにハードな運動をしても痩せなくなったり、体に必要な栄養や水分を摂らなくなると、痩せないどころか病気になってしまうことも。このような過度なダイエットをすると、確実に「痩せない体」へと変化してしまうので気をつけましょう。

 

不思議な現象としては、脂肪が減ったのに体重が変わらない場合です。ダイエットの目的は、体重ではなく脂肪を減らすこと。脂肪が減ればダイエットは成功だと言えますが、体重が減らないのは筋肉量が増えたか、筋肉中の水分量が増えただけの場合があります。

 

体重を気にしていると、この「ダイエット成功」という状態にもかかわらず食事を減らして、痩せにくい体に逆戻りしてしまう場合があります。体が引き締まり、ウエストサイズが減っていれば体重が変わらなくてもダイエットは成功です。この認識を忘れずに。

 

運動の消費カロリーは少ないから痩せない

運動しても痩せない原因は、運動していることで安心して食べ過ぎている場合もあるかもしれません。運動による消費カロリーは、微々たるもの。痩せると言われる有酸素運動でも、1回で消費されるエネルギーは、ご飯お茶椀1杯程度です。

 

では、なぜ有酸素運動は痩せると言われているのか。それは、運動することで血行が良くなり、汗を出すことで新陳代謝がアップするからです。1回の消費カロリーはそれほど多くはありませんが、続けることで余計な脂肪が燃焼されて、体が絞れてくるのです。

 

それにプラスして食事の食べ方に気をつけると、効果的な痩せるダイエットができます。食事や運動のポイントは、後ほど「痩せるダイエットの3つのポイント」でご紹介します。

 

睡眠不足や疲労がたまっていると痩せない

運動しても食事制限をしても痩せない原因は、睡眠不足や疲労がたまっているからかもしれません。睡眠不足になると、食べ過ぎを防ぐホルモンが分泌されなくなり、知らないうちに食べ過ぎてしまう場合も。

また体が疲れていると、以下のような理由から痩せなくなることがあります。

 

  • 疲れているときは代謝が低下して痩せない
  • そもそも運動できる体力が残っていない

 

体が疲れていると代謝が低下してしまうので、運動しても痩せないことがあります。せっかく疲れた体にムチを打って運動をしたとしても、その努力が水の泡になってしまう場合があるのです。

また疲れていると、そもそも運動できる体力が残っていない場合がありますよね。そんな状態で運動をすると、適当にやってしまい、痩せる効果が半減することもあります。

 

ダイエットには、睡眠不足や疲労が大敵。体の疲れがたまっているときは運動をお休みして、体の栄養になるものを食べて休息しましょう。もちろんドカ食いやお酒の飲み過ぎは厳禁。適度な食事量で、栄養バランスの良い食事をすることが大切です。

そしてリラックスして体を休ませ、ストレスを解消することも大切ですよ。

 

腸内環境が悪いと痩せない

運動しても食事制限をしても痩せない原因は、腸内環境が悪化しているのかもしれません。腸内環境が悪いと便秘になるのはもちろん、体が疲れやすくなったり、血行が悪くなって代謝が低下してしまう場合もあります。

 

腸内環境を整えることは、ダイエットでは必須条件。便秘をするだけで痩せにくくなってしまうので、便秘をしないことは大前提となります。腸内環境が整うと免疫力もアップするので、体の調子が良くなり、運動をすることで痩せやすい状態になります。

 

夜に運動してもあまり痩せない

運動をしても痩せない原因は、運動をする時間帯に関係があります。日中に仕事をしている人は、仕事が終わってから夜に運動をしている人も多いかもしれません。でも夜は自律神経のはたらきで体が休息モードになっているので、あまり脂肪が燃焼されません。

 

一方、朝に運動をすると体が活動モードになっているので、効率よく脂肪を燃焼してくれます。しかも運動後も代謝がアップした状態が続くので、痩せやすい状態を持続することができます。もし朝に運動できる生活リズムの人であれば、夜よりも朝に運動することをオススメします。

 

ダイエットを短期間でやめてしまうから痩せない

世の中には様々なダイエット方法があふれています。目新しいダイエット方法を見つけるとすぐに挑戦してみるものの、すぐに成果が出ないとやめてしまっていませんか?

 

本来ダイエットは、1週間や2週間で結果が出るものではありません。美しいボディの持ち主であるハリウッド女優も、映画に出ていない時期は驚くほど太っていますよね。そして撮影に合わせてまた短期間で痩せるのです。それはリバウンドしやすい痩せ方をしているからです。

 

食事制限だけのダイエットはとくにリバウンドしやすいですが、運動を取り入れたダイエットでもリバウンドすることがあります。それは、今まで続けていた運動をやめてしまうこと。運動を始めて順調に痩せていた人も、運動をやめてしまうと太ることがあります。だから続けられる運動を選ぶことがポイントです。

 

それに、運動をしても短期間で痩せることはできません。運動の目的は、痩せやすい体質に変えることです。運動を続けることで体質が改善され、その体型をキープできるのです。痩せやすい体質になるまでには、最低でも3ヶ月くらいはかかるでしょう。

 

40代になると運動しても思ったほど痩せない理由

40代くらいになると、ダイエットのために運動をしても思ったほど痩せないと感じていませんか? それは以下のような理由があります。

 

  • 基礎代謝の低下
  • 運動による代謝の低下
  • 筋肉量が減っている
  • 血行が悪くなっている

 

つまり、ほとんどは「代謝の低下」が原因です。年齢とともに代謝が低下するので、昔と同じ運動をしても痩せなくなるのです。「じゃぁ、もっとハードな運動をすれば痩せるの?」という考えが浮かびますが、ただやみくもに運動量を増やしても痩せません。

 

40代は食事制限だけでは痩せない

とくに40代が絶対にやってはいけないダイエットは、「食事制限だけのダイエット」です。40代は代謝が低下して、筋肉量が減っています。その状態で食事制限だけで痩せようとすると、かえって太りやすくなり、この先どんどん痩せにくくなってしまいます。

 

40代のダイエットの基本は、糖質を少し控えめにして運動をすること。運動は筋トレと有酸素運動のセットが必要です。また生活習慣にも気をつけて、まずは体を健康にすることが痩せやすくなるコツです。

 

女性はホルモンバランスが崩れることも痩せない原因

40代になると、女性ホルモンの分泌が減ることでホルモンバランスが崩れやすくなります。すると太りやすい体質になり、同じ食生活を続けていても、どんどん太ってしまうことがあります。

 

またストレスや更年期障害などの影響によって自律神経のバランスを崩し、痩せにくくなることもあります。ストレスは血行を悪くして体をむくみやすくし、代謝の低下を招きます。効率的に痩せるためには、やはり筋肉量を増やして代謝をアップさせることが効果的です。

 

運動しても下半身が痩せない理由

ダイエットをしても、なかなか痩せないのが下半身ですよね。とくに女性の場合は足がむくみやすく、脚やせしにくいと言われています。下に行くほど痩せにくくなるので、まず落ちるのは胸の場合も多いでしょう。

 

すると重心が下に下がり、たとえ体重が減っても昔のようなスタイルにはなれません。若い人でも男性でも、比較的下半身が痩せにくいと感じている人は多いのではないでしょうか? その理由は血行が悪くなりやすいパーツだからです。

 

血行が悪いということは、冷えやすく代謝が悪いということ。このような場所には脂肪がつきやすくなる性質があるのです。だからちょっとした運動をしても、なかなか痩せられないのです。

 

下半身痩せをするためには、下半身の筋肉量を増やすことが1番効果的。筋トレでふくらはぎや太ももなどの筋肉量を増やしていきましょう。そして血行が悪い状態なので、ストレッチやマッサージも必須。とにかく血行を良くしてあげることが大切です。

 

そして、もう1つ理由があるとすれば「骨格の歪み」です。X脚やO脚、骨盤の歪みなどによって下半身の血行が悪くなり、むくみやすくなっていると考えられます。これを改善するには、正しい姿勢をすることが1番のポイント。そして骨格の歪みを解消するストレッチも効果的です。

 

痩せるダイエットの3つのポイント

では、痩せるダイエットはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか? そのポイントは、たった3つだけです。その3つのポイントさえ気をつければ、効果的に痩せるダイエットが実現しますよ。

 

「タンパク質+糖質」よりも野菜を1.5倍食べる

痩せるダイエットに必要なことは、食事です。そもそも栄養バランスの良い食事をしていれば、ムダに太ってしまうことはありません。どんどん太ってしまう理由や、なかなか痩せられない理由は、栄養バランスが悪いことが1番の原因です。では、どのような栄養バランスがベストなのでしょうか?

 

人間が必ず摂らなければいけない栄養素は「タンパク質・脂質・炭水化物(糖質)」です。このどれかが欠けると痩せなくなります。この3つにプラスして「ビタミン・ミネラル」を入れると五大栄養素になります。このバランスが大切なのです。

 

タンパク質と糖質は、3:1の割合がベスト。タンパク質をしっかり摂らないと、筋肉量が増えずに代謝が低下してしまいます。もっといえば、タンパク質が足りなくなると筋肉が落ちて脂肪に変わり、脂肪の量がどんどん増えるハメになってしまいます。

 

このタンパク質と糖質をプラスした量の1.5倍の野菜を食べれば、栄養バランスの良い食事になります。野菜に含まれる栄養はビタミンとミネラルです。野菜の中には、キノコ類や海藻類なども含まれます。

 

有酸素運動はお休みしても、筋トレは毎日やる

痩せるダイエットには運動が必須です。運動なしで健康的に痩せることはありません。運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、有酸素運動はウォーキングやジョギングのこと、無酸素運動は全力疾走や筋トレのことです。

 

痩せるダイエットのポイントは、できれば有酸素運動を毎日続けたいですが、疲労が残っている場合にはお休みしてもOKです。その代わり筋トレは毎日やりましょう。有酸素運動なら、30分~1時間くらいのウォーキングが良いでしょう。

 

筋トレといっても、本格的な筋トレではありません。もちろん本格的な筋トレをするのは、ダイエットにも健康にも効果的です。ただし、その場合は週3回くらいにしておきましょう。ここでいう筋トレは、毎日できる軽い筋トレのことです。

 

たとえば以下のようなメニューを1日の中で数回に分けてやってみましょう。

 

  • スクワット50回
  • バックキック(足を後ろに上げる運動)左右100回ずつ
  • プランク(腕立て伏せのような体勢で静止する体幹トレーニング)2分

 

有酸素運動は毎日やらなくてもOKですが、通勤のときに少し遠回りして歩く程度は続けたいところ。上記のような筋トレは、朝や夕食前後などにやりましょう。

でも寝る前に筋トレをするのはNGです。安眠できなくなる効果があり、自律神経が乱れることで痩せにくい体になることがあります。

 

便秘は厳禁! つねに体をデトックスする

痩せるダイエットで大切なことは、便秘をしないこと。つねに体をデトックスすることが、痩せるダイエットでは重要なポイントになります。腸内環境を整えるための食材を毎日食べて、便秘をしない体づくりをしてみましょう。

 

運動をして、食事の栄養バランスに気をつけていれば、便秘しにくくなります。便秘は血行の妨げになり、代謝が低下する原因になります。このような「痩せない理由」を排除することが、痩せるダイエットのポイントです。

 

水分を多めに摂ることも、便秘解消や代謝アップのためには大切です。朝起きたときに必ずコップ1杯の水を飲み、1日で1.5リットルを目安に飲みましょう。デトックス効果が高まります。

 

【おまけ】自律神経のバランスを整える生活をする

以上が痩せるダイエットの3つのポイントですが、おまけとして、もう1つだけご紹介しておきます。それは自律神経のバランスを整えることです。自律神経のバランスが崩れると、便秘や代謝の低下、睡眠不足や冷え性などさまざまな不調を引き起こします。

 

痩せるダイエットでは、痩せやすい体質をキープすることがメインの目的になりますが、自律神経のバランスが乱れることで、逆に太りやすい体質になってしまうのです。

 

では自律神経のバランスを崩す原因になるのは何でしょうか? その大きな原因は「ストレス」です。何かとストレスがたまりやすい世の中ですが、極力ストレスをためないようにすることが痩せるダイエットのコツです。

また生活リズムを整えることも、自律神経のバランスを整えるためには大切です。

 

運動と食事制限で痩せないダイエットを痩せるダイエットへ!

運動しても食事制限をしても痩せない理由と、痩せるダイエットのポイントをご紹介しました。頑張っているのに今まで思うように痩せられなかった人は、今日から痩せるダイエットを実行していきましょう。今すぐに劇的に変化することはありませんが、本当に効果的なダイエットなら、3~6ヶ月後くらいに実感できますよ。