みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

産後に垂れた胸のバストアップ方法|授乳後にしぼんだバストは元に戻せるの?

f:id:m-danjyo:20180829210340j:plain

産後に胸が垂れる理由とキレイな胸に戻すバストアップ法

10ヶ月間お腹の中で育てた我が子との対面は、なにものにも代えられない大切な体験ですよね。子どもの寝顔を見て幸せな気分になるものの、鏡に映る自分の胸を見て、別人のように垂れていたら悲しい気持ちになってしまうことでしょう。

 

何とかして元のキレイな胸に戻したいと思いつつも、どうしたら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、産後に垂れた胸のバストアップ方法をご紹介します。

 

ママだって女性ですから、いつまでも美しくありたいと願うのは当然のこと。あきらめる必要なんてありません。産後に胸が垂れる理由と、キレイな胸に戻すバストアップ法を見ていきましょう。

 

授乳後にしぼんだバストは元に戻せるの?

産後の胸の垂れは、おもに授乳後に起こります。授乳後にしぼんでしまったバストは、元に戻せるのでしょうか?

 

妊娠中は、普段よりも2カップくらい大きくハリのあるバストになり、出産後に少しずつ元のバストに戻ります。そして授乳が終わる頃、つまり産後1年くらいで、基本的には元の大きさに戻ると言われています。

 

でも、妊娠前と1つだけ違うのは、胸の形が変わってしまう可能性があることです。垂れて、しぼんだようなバストになってしまうのです。胸が垂れるとハリがなくなり、小さくなったように見えます。

 

このような授乳後のバストは、完全には元には戻らないと言われています。でも、元の大きさに戻すのは可能ですし、形をキレイに整えることもできます。

 

授乳しなくても産後は胸が垂れる

そもそも産後は、授乳しなくても垂れると言われています。これは、卒乳後に多くの女性が感じるバストの変化です。その原因の1つは、女性ホルモンバランスの急激な変化によるもの。

 

妊娠中から出産にかけて女性ホルモンの分泌が多くなり、産後は急激に元の状態に戻ろうとします。ホルモンバランスの変化は、バストの変化だけでなく、メンタルにも影響を与えます。このときに起こりやすいのが「産後うつ」です。心の変化とバストの垂れは、多くの女性の悩みの種となっています。

 

では、産後に胸が垂れる理由について、詳しく見ていきましょう。産後のバストの変化に悩む女性は多いですが、ハリのあるバストにする方法はあるので安心してくださいね。

 

産後に胸が垂れる理由とは?

そもそも産後に胸が垂れる理由とは何なのでしょうか?

 

大きくなった胸の重みでクーパー靭帯が伸びる

妊娠中は普段のサイズよりも2カップくらい大きくなる女性も多く、胸が大きくなると重くなります。胸が重くなると、胸を支える役割のある「クーパー靭帯」が伸びてしまうのです。クーパー靭帯は、一度伸びると元に戻らないと言われているので、胸の大きさが戻ってもバストを支えられずに垂れてしまうのです。

 

大きくなった胸のハリで皮膚が伸びる

胸が大きくなると、バストの体積が増えます。すると、バストの皮膚がパンパンに張ってしまい、それが長期間続くと皮膚が伸びてしまうのです。たとえ産後に胸の大きさが元に戻っても、伸びてしまった皮膚は簡単には戻りません。伸びた皮膚ではバストを支えられないため、胸が垂れてしまうのです。

 

子育て中の姿勢の悪さ

産後に子育てが始まると、赤ちゃんのオムツを替えたり、抱っこをしたり、前かがみの姿勢になることが多いです。つまり、猫背になってしまうんですね。猫背になると胸が圧迫され、バスト周辺の血行が悪くなります。

 

バスト周辺の血行が悪くなると、バストに必要な栄養が届きにくくなり、胸のハリが失われ垂れてしまうのです。

 

ワイヤーブラが合わなくなり、楽なブラをつける

産後は妊娠前に使っていたワイヤーブラが合わないと感じる女性が多いようです。カップの中にバストを入れてワイヤーで支えても、すぐにズレてカップがカポカポになってしまうのです。

 

それに加えてワイヤーがわずらわしく感じてしまい、より快適なブラを選んでしまう人が多いのです。育児に追われる中、ワイヤーブラで寄せて上げるより、より快適で楽なブラをつけてしまうのですね。

 

するとバストをしっかりとホールドできないため、離れ乳やバストダウン、バストの垂れにつながります。

 

❤産後の垂れた胸にNGなブラジャーとは?
  • カップ付きキャミソール
  • ブラトップ
  • ノンワイヤーブラ
  • スポーツブラ

 

カップ付きキャミソールやブラトップは、今女性の間でとっても人気ですよね。ブラジャーのように窮屈な感じがしないので、快適にすごせます。でも残念なことに、これらのブラジャーは胸を支える機能がなく、更なる胸の垂れを引き起こしてしまいます。

 

ノンワイヤーブラは種類によりますが、量販店で売っているようなブラだと胸のホールド力が足りないものが多いです。「だったらスポーツブラなら大丈夫でしょ?」と思って使っている人もいるかもしれませんが、スポーツブラもNGです。

 

たしかにバストの揺れを防いで胸をホールドしてくれるのですが、締めつけ過ぎて胸の血行が悪くなってしまいます。運動時には必須のブラですが、日常的に使うのはオススメできません。産後のバストアップ法では、快適かつホールド力の高いブラをつけるのがオススメです。

 

産後に垂れた胸のバストアップ方法

産後に垂れてしまった胸は、完全には元の状態に戻らないとしても、ハリを取り戻すことはできます。では、どのようなバストアップ方法があるのか見ていきましょう。

 

胸をしっかりと支えてくれる「ブラジャー」を選ぶ

産後に垂れた胸のバストアップ方法は、胸をしっかりと支えてくれるブラジャーをつけることが1番大切です。ブラジャーの選び方によって、女性のバストの形は大きく変わってしまうからです。

 

いくら快適でも、バストケアの面で考えると「ホールド力」が何よりも大事。ホールド力のないブラジャーをつけ続けると、今以上に胸が垂れてしまうことも少なくありません。締めつけ過ぎるのも良くないので、快適かつホールド力の高いブラジャーを選びましょう。もちろん自分にピッタリ合ったサイズを選ぶことは大前提ですよ。

 

伸びたクーパー靭帯の代わりになる「大胸筋」を鍛える

妊娠中に大きくなった胸の重みで伸びてしまったクーパー靭帯は、元に戻すのがむずかしいです。では何が胸を支えてくれるのでしょうか? クーパー靭帯の代わりになるのは、「大胸筋」です。そのため大胸筋を鍛えれば、垂れてしまった胸を持ち上げてバストアップしてくれますよ。

誰でも簡単にできて、時間もかからない「大胸筋エクササイズ」を3つご紹介します。

 

❤バストアップエクササイズ①合掌のポーズ

 

  1. 足を肩幅に開いて立ち、両手を合わせます。
  2. 脇を開いて肘を上げた状態で、両手を押し合います。
  3. そのまま左右に腰をひねりましょう。 

 

大胸筋を鍛えるバストアップエクササイズですが、くびれも同時につくることができます。産後のママは、ウエストまわりも気になりますよね。簡単なのでいつでもできるのがメリット。スキマ時間に試してみてくださいね。

 

❤バストアップエクササイズ②ダウンドッグ

 

  1. 両手両足を床につき、お尻を高く持ち上げます。
  2. 手からお尻までが一直線になるように、背中を伸ばします。
  3. かかとを床につけるのが理想ですが、つらい場合はかかとが浮いてもOKです。

 

ダウンドッグはヨガのポーズで、肩甲骨と胸のストレッチに効果的です。バストアップは胸の血行を良くすることが大切ですが、肩甲骨の血行を良くすることも大切です。そのためダウンドッグは一石二鳥のエクササイズなのでオススメです。

 

かかとを床につければ足のストレッチもできますが、今回はバストアップ法なのでかかとは浮いてもOKです。

 

❤バストアップエクササイズ③プッシュアップ

 

  1. 床で四つん這いになり、手と足の距離を少し遠めにします。
  2. 脇を開き、肘を外側に曲げるように意識します。
  3. このときにお尻も一緒に動かしましょう。お尻を固定すると、負荷が少なすぎます。
  4. つま先を床から離すと、より負荷が大きくなります。10~15回やります。

 

バストアップエクササイズは、負荷が強すぎたり、回数をやり過ぎると胸が硬くなる恐れがあるので気をつけてください。10~15回くらいがベストです。

 

バストアップには「マッサージ」と「ストレッチ」も必要

産後の垂れた胸をバストアップするためには、大胸筋を鍛えるだけでなく、マッサージやストレッチで胸の血行を良くすることも大切です。

 

❤垂れた胸にハリを出すバストアップマッサージ

お風呂で温まっているときや、お風呂上がりの血行が良くなっているときにマッサージするのがオススメ。お風呂上がりにやるなら、クリームなどで滑りを良くしてマッサージしましょう。

 

  1. 左の脇の下を右手でプッシュします。脇の下を上に持上げるように押します。
  2. 脇の下から手のひらで胸を寄せるように、胸の上部まで滑らせていきます。
  3. 胸の外側からバスト下のラインに沿って手を滑らせ、谷間を上にさすり上げます。
  4. それぞれ5回くらいずつ繰り返しましょう。
  5. 反対側も同じようにマッサージします。

 

あまり強い力をかけず、やさしくマッサージするのがコツです。強くマッサージすると、胸のリンパや乳腺を傷つける恐れがあるので気をつけてください。

 

❤胸の血行を良くするバストアップストレッチ

胸の血行を良くするとバストアップ効果があるので、ストレッチも効果的です。血行を良くすることで、胸にハリを持たせることができます。

 

  1. 壁を横にして立ち、壁側の手を肘から手のひらまでベタっと壁につきます。
  2. 壁側の足を一歩前に出し、胸の上部が伸びているのを感じましょう。
  3. そのまま20秒くらいキープします。
  4. 反対側も同じようにやります。

 

バストアップには、バスト周辺の血行を良くすることが大切です。肩のストレッチ効果もあるので、肩こりの改善にも役立ちます。赤ちゃんを抱っこすると肩こりになることも多いので、ぜひ試してみてくださいね。気持ちいいですよ。

 

伸びてしまった皮膚のハリを取り戻すには「ターンオーバー」を活発にする

産後に胸が垂れるのは、皮膚が伸びてしまうことが原因の1つでしたね。伸びた皮膚は、顔のたるみと似たような状態です。たるんだ肌にハリを取り戻すには、ターンオーバーを活発にすることが効果的。

 

コラーゲンやエラスチンなどの成分が配合されたバストアップクリームを塗って、バストアップマッサージをするのもオススメです。また、ターンオーバーを活発にするには、睡眠をしっかりとることが大切です。お肌は、寝ている間に生まれ変わります。

 

キレイな胸をつくるためには「女性ホルモン」のバランスを整える

キレイな胸をつくるためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大事。ホルモンバランスを整えるには、生活習慣を整える必要があります。とくに大事なのは、「食事」と「睡眠」です。この2つに気をつけることでホルモンバランスが整い、皮膚のターンオーバーも活発になりますよ。

 

❤垂れた胸にハリを出す食生活

垂れた胸にハリを出すには、栄養バランスの良い食生活が大事。その中でもとくに摂りたい栄養が、以下の4つです。

 

  • 女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」
  • 肌にハリを与える「ビタミンA」
  • コラーゲンの生成を促し、肌の弾力を取り戻す「ビタミンC」
  • アンチエイジング効果のある「ビタミンE」
  • 体を構成している「タンパク質」

 

バストアップに欠かせない栄養は、「大豆イソフラボン」です。女性ホルモンと似たような働きをするため、バストアップ効果を高めてくれます。

また、肌にハリを取り戻す栄養は、ビタミンA・C・Eの3つ。この3つを「ビタミンエース」と言います。美肌やアンチエイジングに欠かせない栄養素で、バストにハリを取り戻すにも効果的です。

 

さらに、忘れてはいけないのが「タンパク質」。バストをつくる栄養素であると同時に、体をつくる栄養素でもあります。髪や爪、筋肉など体のあらゆる場所にタンパク質が必要です。

 

これらの栄養素を日頃の食生活に取り入れて、バストにハリを取り戻しましょう。女性ホルモンのバランスが整うとともに、体が健康になりますよ。

 

❤良質な睡眠がターンオーバーを活発にする

垂れた胸にハリを取り戻すには、良質な睡眠をとることが大事。良質な睡眠をとることでターンオーバーが活発になり、肌にハリを取り戻すことができます。ターンオーバーをより活発にするには、22~2時のゴールデンタイムに眠っていることが大切です。

 

また、十分な睡眠をとることでホルモンバランスが整い、バストアップ効果が高まるため、バストのハリを取り戻すことができますよ。

 

❤ストレス解消もホルモンバランスを整えるために大事

可愛い我が子とはいえ、育児に追われるママはストレスもたまりますよね。ストレス解消には適度な運動が効果的ですが、なかなか運動をする時間をとるのはむずかしいかもしれません。

 

自宅でできる簡単なエクササイズなら、育児の合間にもできますよね。気分のリフレッシュにも効果的なので、ぜひ試してみてください。スクワットやプランクなどの軽い筋トレもオススメですよ。

でも、たまには息抜きも兼ねて、外でウォーキングなどをしてみてはいかがでしょうか? 歩いて買い物に行くだけでもリフレッシュになりますよ。

 

適度な運動はストレス解消に効果的で、その結果ホルモンバランスを整える効果も期待できます。また、適度な運動をすることで血行が良くなり、バストアップ効果も高まります。メンタルと体の両面に良い適度な運動で、効果的にバストアップしていきましょう。

 

キレイなママでいるために産後のバストケアは必須!

産後に胸が垂れる理由と、垂れた胸のバストアップ方法をご紹介しました。女性のバストは、加齢とともに形が変わっていきます。産後の垂れたバストをそのままにしていると、どんどん形が崩れてしまう原因になりかねません。いつまでもキレイなママでいるためにも、できる限りのバストケアしていきましょうね。