みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方|鳩胸のメリットとデメリットとは?

f:id:m-danjyo:20180917084543j:plain

鳩胸のデメリットと悩みはブラで解消できる!

鳩胸なのがコンプレックスで、目立たないように猫背になってしまう人は意外と多いのではないでしょうか? もともと胸の骨がせり出していて胸板が厚く見えてしまったり、実際よりも胸が大きく見えることがコンプレックスの人も多いと思います。

 

そこで今回は、鳩胸で悩む女性に向けて、きれいなバストをつくる方法をご紹介します。鳩胸にはデメリットしかないように感じるかもしれませんが、実はメリットもあります。

 

きれいなバストをつくるためには、鳩胸の悩みを解消するブラの選び方と、鳩胸さん向けのバストアップ法を実践することがポイントです。わたしも鳩胸気味なので、悩みを共有しながら進めていきますね。

 

鳩胸のメリットとは?

鳩胸は、じつは男性のほうが多いと言われていますが、女性でも悩んでいる人が多いと思います。でも鳩胸にもメリットはあるんですよ。どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

胸が大きく見える

鳩胸のメリットは、実際よりも胸が大きく見えることです。でも本人としては、それがまさにコンプレックスだと思っている人も少なくないはずです。ほかの人からすればメリットでも、本人にしかわからない悩みもありますよね。

とくに脱いだときに、実際のバストサイズが小さくて、男性にガッカリされるのはイヤなものです。だから猫背になってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

これを本当のメリットに変えるには、自分にぴったりのブラを選ぶことが大切です。姿勢を正してキレイなバストラインをつくれば、デコルテがガリ痩せの人よりも魅力的ですよ。

 

姿勢を正せば、きれいなボディラインになる

鳩胸のメリットは、姿勢を正せば、とってもきれいなボディラインになることです。デコルテになだらかな傾斜があり、バストがせり出しているので、とても姿勢が良く美しく見えます。

 

わたしもよく「姿勢がいいね」と言われるのですが、自分ではそれほど姿勢を意識したことはありません。自然にしているだけで、姿勢がよく見えるのはメリットです。人と違うことをすべてデメリットと考えるのではなく、人にはないメリットを見いだすことも大事ですよ。

 

鳩胸のデメリットとは?

では悩みの種である鳩胸のデメリットとは何でしょうか? ここで一度デメリットを再確認をして、その悩みを解消する方法を見つけていきましょう。

 

見た目よりも胸が小さいことが多い

鳩胸のデメリットといえば、やはり見た目よりも胸が小さいことですよね。中には、鳩胸でさらにバストも大きい女性もいますが、どちらかといえばバストサイズが小さい人が多いです。

 

「だったら初めから大きく見えないほうがいい」と思うのが自然ですが、それを隠すために猫背になると、ますますバストは小さくなってしまいます。だからまずは、姿勢を正すことから始めてみませんか?

 

左右の胸が離れているので谷間ができにくい

鳩胸のデメリットは、左右の胸が離れていることです。バストが左右に引っ張られる形状になっているので、頑張って寄せても谷間ができにくいのが悩みですよね。わたしは自分が鳩胸だという認識がなかったので、「なんで左右の胸が遠いんだろう?」とずっと思っていました。意外とボーっとした性格なので……。

 

理想的なバストは、顔の幅と同じくらいの位置にバストトップがあることだそうです。でも鳩胸の人は、顔の幅よりも外側にバストトップがあることが多いので、しっかり寄せても谷間ができにくいのです。とはいえ、鳩胸だって谷間をつくることはできますよ。そのためにはブラの選び方が重要になってきます。

 

垂れやすいので予防するブラが必要

鳩胸のデメリットは、加齢とともに垂れやすくなることです。その理由は、バストが離れていることでクーパー靭帯が引っ張られてしまうからです。クーパー靭帯とは、バストを支えているコラーゲン繊維のこと。

 

クーパー靭帯が一度伸びてしまうと、なかなか元に戻すのがむずかしいと言われています。では垂れやすい胸をどうすれば予防できるのでしょうか。それもやはりブラが助けになってくれます。

 

胸板が厚いのでガタイがよく見える

鳩胸のデメリットは、胸板が厚いのでガタイがよく見えてしまうことです。女性なのにガタイがよく見えてしまうのは、やはり悩みの種になりますよね。わたしの場合は鳩胸に加えて肩幅も広く、しかもイカリ肩なので救いようのないガタイの良さです。初対面の人から「水泳部でしょ!」と自信満々に言われることには、もう慣れました(笑)。

 

華奢ではかない印象の女性にどんなに憧れても、到底わたしには真似できません。だからデメリットをメリットに変えるため、ナイスバディの振りをしていました。でも本当のナイスバディになるためには、ブラの選び方がかなり重要ですよ。

 

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方

鳩胸さんは胸が垂れやすいので、ブラ選びを間違えると、将来大変なことになります。そこで、鳩胸の悩みを解消するブラの選び方をご紹介します。

 

育乳効果のある「寄せて盛れるブラ」を選ぶ

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方は、育乳効果のあるブラを選ぶことです。とくに「寄せて盛れるブラ」が鳩胸さんにオススメ。鳩胸さんは胸が垂れやすいので、バストをしっかり支えてホールドしてくれるブラが必要です。それが将来の「垂れ予防」になります。

 

育乳効果のあるブラを使えば、左右のバストが離れているデメリットも改善できるかもしれません。谷間もキレイにつくることができますよ。

 

鳩胸さんには「ナイトブラ」が必須

ナイトブラを使いはじめている女性が増えていますが、鳩胸さんには必須です。バストは寝ている間にもっとも形が崩れやすく、クーパー靭帯が引っ張られて伸びやすくなっています。

 

鳩胸さんは、ブラで胸を支えることがクーパー靭帯を守るために大切なので、なるべくノーブラで過ごす時間を減らしましょう。だからナイトブラは必須です。

 

「ハーフカップブラ」か「3/4カップブラ」を選ぶ

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方は、ハーフカップブラか、3/4カップブラを選ぶことです。鳩胸さんのバストが、1番キレイに見えるブラだからです。ハーフカップブラは、ブラ上部がオープンなので締めつけがなく、3/4カップブラはバストをしっかり支えてくれます。

 

逆に、鳩胸さんにNGのブラは、「フルカップブラ」と「ワイヤーブラ」です。フルカップブラだと、カップの形とバストがフィットしにくく、ブラの上の部分がきつく感じることが多いです。またワイヤーブラだと余計にガタイがよく見えてしまうことや、ワイヤーがバストに当たって痛いことも多いです。

 

下から持ち上げるパッドを利用する

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方は、パッドを上手に利用することです。とくにオススメなのは、バストを下から持ち上げてくれる「レモンパッド」です。厚みがある小さめのパッドをバストの下の部分に入れることで、谷間をつくることもできますよ。

 

またバストを下から持ち上げてくれれば、クーパー靭帯に負担がかかりにくくなり、垂れを予防してくれる効果も期待できます。

 

必ず試着してからブラを購入する

鳩胸の悩みを解消するブラの選び方は、必ず試着してからブラを購入することです。鳩胸といっても、人によって特徴が違います。バスト下の「あばら骨の部分」が出っ張っている人や、デコルテが盛り上がっている人など様々です。

 

そのためフィットするブラが少ないのは大変ですが、ちゃんとしたショップで店員さんに相談すれば、きっと素敵なブラを見つけてくれますよ。正しいサイズを測ってもらうことも大事です。

 

通販でブラを購入する場合には、必ず「サイズ交換無料」のショップを選びましょう。万が一サイズが合わなかった場合に、無理して使い続けることは避けてくださいね。バストの形が崩れる原因になってしまいます。

 

鳩胸さん向けのバストアップ法とは?

脱いでもキレイなバストをつくるために、鳩胸さん向けのバストアップ法をご紹介します。効果的なのは、「マッサージ」と「ストレッチ」です。

 

胸の血行を良くする「バストアップマッサージ」

鳩胸の人は、猫背になりやすいのが特徴です。そのため胸の血行が悪くなりやすく、バストアップの妨げになることが多いです。また胸が垂れやすいデメリットもあるので、胸の血行を良くすることは大切なポイントとなります。そのために効果的なのは、バストアップマッサージです。

 

お風呂上がりにマッサージすることで、バストアップ効果が高まります。胸の脂肪を増やす効果のある「バストアップクリーム」を使えば、さらに効果的ですよ。

 

❤デコルテマッサージ

お風呂の浮力を使って、デコルテ(胸の上部を含む)を手のひらでマッサージします。鳩胸の人はデコルテがふくらんでいるものの、実際には胸郭(きょうかく)のふくらみであることが多いですよね。だからリンパの流れを良くするマッサージをすれば、本当にふっくらとしたデコルテが完成します。

 

❤リンパマッサージ

リンパマッサージでバストアップするなら、わきの下から胸に向かってさするのが効果的。胸を寄せるようなイメージで、バスト上部とバスト下部へ向かってさすりましょう。最後に、鎖骨リンパ節を左右にさすります。鎖骨を指で挟むようにして、鎖骨の上部と下部をさすりましょう。

 

❤ツボ押しマッサージ

バストアップ効果を狙うなら、「女性ホルモンを活発にするツボ」と「乳腺を刺激するツボ」をツボ押しするのが効果的です。

 

「女性ホルモンを活発にするツボ」は、バストの中間、左右のバストトップを結ぶラインのちょうど真ん中にあります。

「乳腺を刺激するツボ」は、バストの外側、胸と体の境目あたりにあります。少しくぼんだ場所がツボの位置です。

 

この2つのツボを刺激して、バストアップを目指しましょう。ツボの押し方は、5秒押して5秒離すのを、3~5回くり返すのがオススメです。

 

猫背になりやすい人は「猫のポーズ」でバストストレッチ

 

  1. 四つん這いになり、おへそを見るようにして、ゆっくりと背中を丸めます。
  2. 次に、ゆっくりと背中を反らし、天井を見上げます。
  3. 片足を後ろに伸ばし、天井を見上げます。
  4. そのまま膝をおでこに近づけます。
  5. 反対足も同じようにやりましょう。

 

猫のポーズにプラスαがついているストレッチです。胸と背中をしっかりとストレッチすることで、バスト周辺の血行とリンパの流れが良くなります。猫のポーズは、猫背を改善する効果もあるので、鳩胸で猫背になりやすい人にオススメですよ。

 

鳩胸のコンプレックスはブラで解消できる!

鳩胸のメリットとデメリット、また鳩胸の悩みを解消するブラの選び方をご紹介しました。鳩胸さんはデメリットをメリットに変えることもできるので、キレイなバストラインをつくるために「ブラの選び方」は慎重にしたほうが良いでしょう。これから先のバストを守るために、今からできるバストメイクをしましょうね。