みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

垂れた胸におすすめのブラの選び方|垂れを予防して見た目年齢を若く

f:id:m-danjyo:20180917081548j:plain

垂れた胸におすすめのブラの選び方と垂れ胸予防法

年齢を重ねるごとに、バストの位置が下がってきたと感じることはありませんか? 実は、20代後半くらいから、胸の垂れが気になっている女性が多いようです。

 

まだ垂れていない女性でも、将来バストが垂れることを気にしている女性は、なんと8割を超えるんだとか。多くの女性の悩みである「胸の垂れ」への対策は、ブラの選び方がとても重要になってきます。

 

そこで今回は、垂れた胸におすすめのブラの選び方をご紹介します。また、垂れ胸を予防する方法についても併せてご紹介しますね。

 

垂れ胸を改善できればキレイなバストラインになり、見た目年齢が若くなりますよ!

 

胸の垂れを予防して見た目年齢を若く保つ!

バストの位置が下がるのは、「老けバスト」の典型的なパターンです。胸の垂れは、誰しも経験することですが、できる限り予防したいですよね。そのためには、バストのアンチエイジングも必要です。

 

女性のバスト悩みは「垂れ」がダントツ!

女性が抱えているバストの悩みで多いのは、「垂れ」がダントツです。現在バストの垂れで悩んでいる人と、これからのバストが垂れないか心配している人の数は、なんと8割以上になるというアンケート結果が出ています。

 

実際にバストが垂れてくる年齢は、20代後半くらいからが多いようです。意外と若くて驚きますよね。バストの垂れには出産も関係しているので、20代で出産を経験した人は20代後半くらいから垂れが気になるようです。

 

バストのアンチエイジングで垂れを防ぐ

これだけ多くの女性がバストの垂れを気にしているのに、ほとんどの女性は「垂れを防ぐ対策」を何もしていないのが現実です。それは、どのような対策をすれば良いかわからないからなのでしょう。

 

胸の垂れを防ぐには、気づいたときから早めにバストのアンチエイジングケアをすることが大切です。バストは年齢とともに変化していくので、それを食い止めるためにもアンチエイジングが必要。お肌だけでなく、バストもアンチエイジングしていきましょう。

 

ブラ選びで見た目年齢が若くなる

では、具体的にはどのような対策をすれば、垂れ胸を防げるのでしょうか? もっとも有効な手段は、「効果的なブラを使うこと」です。正しいブラを選び、正しいブラのつけ方をすれば、それだけでバストラインがきれいになり、見た目年齢が若くなります。そのため、垂れ胸を予防・改善するには、ブラの選び方がとっても重要なんです。

 

胸が垂れる原因とは?

では、そもそも胸が垂れる原因とは何なのでしょうか? ブラが合っていないことも大きな原因ですが、その他にもいくつかの原因があります。まずは、なぜ胸が垂れてしまったのか見ていきましょう。

 

加齢によるバストの変化

残念なことですが、バストの形は加齢とともに変化していきます。10代の頃は弾けそうなくらいにハリのあった胸が、20代後半くらいから形が崩れたり、垂れてきたりするのです。

 

これはすべての女性に訪れる変化なので、あなただけではありません。これを予防するには、今回ご紹介する「ブラの選び方」がとても重要になります。

 

クーパー靭帯の伸び

胸が垂れる原因は、「クーパー靭帯」の伸びが考えられます。クーパー靭帯とは、胸を正しい位置に支えている「コラーゲン繊維」のこと。弾力のあるクーパー靭帯が伸びると、胸を支えられなくなり、垂れてしまうのです。

 

では、クーパー靭帯が伸びてしまう原因とは、いったい何なのでしょうか?

 

  • ノーブラで寝る
  • 普通のブラジャーでスポーツをする
  • 家ではノーブラで過ごしている
  • ブラジャーではなく、楽ちんインナーを着ている

 

クーパー靭帯は、このような原因によって伸びたり、切れたりしてしまいます。そして、一度損傷したクーパー靭帯は、元には戻らないと言われているのです。

 

これ以上バストが垂れないためにも、今すぐ「あなたに合ったブラ」をつけることが大切です。

 

バストの皮膚のたるみ

クーパー靭帯は伸びていなくても、バストの皮膚のたるみによって、胸が垂れてしまうことがあります。これは、加齢によってバストの皮膚にハリがなくなり、胸の脂肪を支えられなくなることが原因です。

 

また、ダイエットのリバウンドや妊娠などによって、急激に太ったり痩せたりすると、胸の皮膚が伸びてたるんでしまうことがあります。

このような体型や年齢の変化などによって皮膚がたるむと、胸が垂れてしまうのです。

 

乳腺の脂肪化

胸は「乳腺」と「脂肪」でできています。乳腺が発達すると、その周りに脂肪がつき、胸のボリュームが大きくなります。乳腺が発達していると胸にハリがありますが、授乳後や加齢によって乳腺が徐々に衰えていくと、乳腺が脂肪に変わることでハリのないバストになってしまうのです。

 

脂肪が多くなるとバストはやわらかくなり、その結果、胸が垂れやすくなってしまうのです。

 

合わないブラをつけている

サイズや形の合わないブラをつけていると、胸がつぶれたり、しっかり支えられずにバストの組織が損傷してしまいます。それが胸の垂れにつながります。

 

また、自分ではサイズが合っているつもりでも、意外とジャストフィットのブラをつけている人が少ないことをご存知でしょうか? しばらくサイズを測り直していなかったり、ブラを買い替えていない人は、ブラが体にフィットしていない可能性があります。

そのため、サイズをしっかり測り直すとともに、バストの形を整える育乳ブラなどを使うのが効果的です。

 

ブラジャーをつけるメリット

そもそもブラジャーをつけるメリットは何なのか、改めて見直してみましょう。

 

バストの揺れを防ぐ

バストが激しく揺れると、クーパー靭帯が引っ張られることで徐々に伸びていき、胸の垂れにつながります。ブラジャーは、そんなバストの揺れを防ぎ、きちんと正しい位置に胸を固定してくれます。そのため、胸の垂れや型崩れを予防し、美しいバストをキープできるのです。

 

垂れた胸の形を整える

ブラジャーは、垂れてしまった胸の形を整えてくれるメリットがあります。垂れた胸は、何もしないとさらに垂れていきますが、しっかりとブラジャーで支えることによって、胸の形を整えることができるのです。

 

垂れやすい胸を支えて垂れ予防

胸は、出産後や加齢によって垂れやすくなります。出産後、赤ちゃんに授乳すると乳腺が発達しますが、授乳が終わると乳腺が戻り、胸の大きさも元の状態に戻っていきます。このときにバストにハリが無くなり、胸が垂れやすくなります。また、加齢による大胸筋の衰えなどによって、胸が垂れやすくなります。

 

ブラジャーは、このような垂れやすい胸を支えて、胸の垂れを最小限に抑えてくれる役割があります。そのため、垂れ予防としても大活躍してくれるのです。

 

垂れた胸におすすめのブラの選び方

垂れた胸には、正しいブラ選び方が重要です。では、どのようなポイントに気をつけてブラを選べば良いのか見ていきましょう。

 

自分のサイズに合ったブラ

垂れた胸には、ブラの選び方が重要です。その中でもとくに重要なのは、自分のサイズに合ったブラを選ぶこと。ブラが小さくて締めつけられたり、楽なブラが欲しくて大きめサイズを選んだりすると、胸の垂れを止められません。

 

もし1年以上サイズを測り直していないのなら、きちんとショップで測ってもらったり、試着してからブラを選ぶことが大切です。

 

年齢別のバストの形に適したブラ

加齢とともに垂れやすくなる胸は、年齢に合ったブラを選ぶこともポイントになります。同じサイズでも、年齢別でバストの形に適したブラがあるのです。20代の女性には合うブラでも、それが40代の女性にも合うとは言い切れません。

 

胸のやわらかさや形は、加齢とともに変化していくため、年齢に合ったブラを選ぶことも大切なのです。ショップで採寸してもらえば、適したブラを用意してくれます。その用意してくれたブラの中から、気に入ったブラを選べば大丈夫でしょう。

 

バストを持ち上げる「ホールド力」のあるブラ

垂れた胸におすすめなのは、ホールド力のあるブラです。バストの位置を高くキープできるブラなら、クーパー靭帯が伸びるのを防ぐことができます。

 

美胸の条件とされているバストの正しい位置は、鎖骨の中心と左右のバストトップを結ぶラインが、正三角形になること。これを「ゴールデントライアングル」と呼びます。ゴールデントライアングルをつくれるブラで、垂れ胸を予防しましょう。

 

また、バストの位置が高くなると、服の上からでもバストがツンと上向きになり、見た目年齢がグッと若くなります。そのため、機能性の高いブラジャーを選ぶことは大切ですよ。

 

締めつけがきつくないブラ

垂れた胸を改善したいからといって、あまりにも締めつけがきついブラはおすすめできません。しっかりとバストメイクができるブラは、決して苦しいものではないのです。

 

締めつけのきついブラをつけていると、胸の血行が悪くなり、バストダウンの原因にもなりかねません。そのため、締めつけがきつくないブラを選ぶことがポイントです。本当にフィットしているブラは、つけていることを忘れるくらい自然なつけ心地なんですよ。

 

シーンに合ったブラ

毎日つけているブラですが、シーンによって使い分けていますか? ブラジャーは、シーンに合ったものを選ぶことが大切です。たとえば、寝るときはバストの横流れを防ぐ「ナイトブラ」を着用し、スポーツをするときには胸が揺れない「スポーツブラ」をつけることが必要なのです。

 

また、自宅でのリラックスタイムには、ワイヤーブラは外して、快適なブラにつけ替えることが大切です。それをしないと胸を支えられなかったり、胸を締めつけて血流が悪くなったりしてしまうので、しっかりとシーンに合ったブラジャーを使い分けるようにしましょう。

 

垂れた胸のバストサイズの測り方

自分に合ったサイズのブラジャー選びが重要だと言われても、垂れた胸はどうやって測れば良いのかわからない人もいるかもしれません。そこで、垂れた胸のバストサイズの測り方についてご紹介します。

 

腰を90℃に曲げてバストサイズを測る

垂れた胸の場合、直立した状態では正しいバストサイズを測ることができません。そのため、腰を90℃に曲げた状態で測るのが正解です。

 

また、自然にバストを持ち上げてくれる「パッドなしブラ」をつけて測る方法もあります。目安としては、肘の中間の位置にバストトップが来るように肩紐を調整するのがポイントです。

 

どちらの測り方でもOKですが、ノーブラで腰を90℃に曲げて測るほうをおすすめします。アンダーバストを測るときには、直立した状態で大丈夫です。

 

バストトップの一番下がっている部分に合わせて周囲を測る

下を向いたときに、バストトップが一番下がっている部分にメジャーを合わせます。このときに、鏡を見ながらメジャーが床と垂直になっているのを確認することが大切です。ずれていると、正しいサイズを測れなくなるので注意しましょう。

 

バストトップの部分は、メジャーを軽く押さえる程度で測ります。締めつけ過ぎると、正しいサイズを測れなくなるので注意しましょう。

 

垂れた胸を戻す正しいブラのつけ方

垂れた胸を戻すには、正しいブラのつけ方が重要です。「どんなつけ方をしても一緒でしょ」と思うかもしれませんが、実は、全然ちがうんです。正しくつければ、ブラの効果を最大限に引き出すことができ、垂れた胸を改善することができます。

では、垂れた胸を戻す正しいブラのつけ方をご紹介します。

 

  1. まずは、ブラジャーのストラップを肩にかけます。
  2. 少し前かがみになり、ブラのアンダー部分をバストの下に当てます。
  3. そのままホックを留めます。
  4. 脇からバストをカップの中にしっかり入れ、反対側も同様にカップに入れます。
  5. 鏡で見て、アンダーベルトが真っすぐになるように調整します。背中側は肩甲骨の下くらいになり、前側は少し上げ気味にすると良いでしょう。
  6. 最後にストラップの長さを調整します。

 

バストが垂れている人は、ブラの前側を少し上げ気味にすることで、バストメイクがきれいにできます。また、横に流れるバストをしっかりカップに入れるのも大切なポイントですよ。

 

胸が垂れやすくなるNGブラに注意!

ブラジャーには色々な種類がありますが、ブラジャーの種類が悪かったり、シーンに合ったブラジャーをつけないと、胸が垂れやすくなります。そこで、胸の垂れを助長する「NGブラ」や「NG習慣」について見ていきましょう。

 

ブラトップ・カップ付インナー

胸が垂れやすくなるNGブラは、「ブラトップ」や「カップ付インナー」です。ブラの締めつけ感が苦手な人は、楽ちんで快適なブラトップやカップ付インナーを愛用しているかもしれません。しかしこれこそが、胸が垂れやすくなる原因なんです。

 

これらのブラは、アンダー部分のホールド力がほとんどなく、カップの中にバストをきれいに入れ込むことができません。そのためバストの脂肪が、脇や背中などに流れやすいのです。快適なだけのブラでは、きれいな胸をつくることはできないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

スポーツブラをつけずに運動をする

胸の垂れを防ぐには、シーンに合ったブラジャーをつけることが大切です。その中でも、もっとも胸が垂れやすくなるNG習慣は、スポーツブラをつけずに運動をすること。

 

普通のブラジャーで運動をすると、胸が激しく揺れてクーパー靭帯が伸びたり、切れたりする原因になってしまいます。クーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりすると戻らないので、胸が垂れる原因になってしまうのです。

そのため、運動をするときは、必ずスポーツブラをつけるようにしましょう。スポーツブラはホールド力が高いので、運動中の胸の揺れを軽減してくれます。

 

ただし、スポーツブラは締めつけが強く、長時間つけたままにすると血行が悪くなる原因になります。スポーツが終わったら、普通のブラにつけ換えるようにしましょう。

 

ナイトブラをつけずに寝る

寝ているときは、思っている以上に胸が動いているので、クーパー靭帯に負担がかかり、胸が垂れやすくなります。そのため、ナイトブラをつけずに寝るのは、オススメできません。

 

また、ワイヤーブラなど昼用のブラをつけて寝るのもNG。寝ているときの姿勢は、起きているときと違うため、眠っている間のバストをしっかりと支えられないのです。

さらに、昼用ブラは、アンダー部分などの締めつけがきつめなので、バストまわりの血行が悪くなる恐れがあります。そのため、寝るときには夜専用のナイトブラをつけることをオススメします。

 

垂れ胸の予防法

では、垂れ胸を予防するには、どのような方法があるのでしょうか? そこには、日頃の生活が大きく関わってきます。

 

ホルモンバランスを整える

垂れ胸を予防するなら、ホルモンバランスを整えることが大事。加齢とともに女性ホルモンの分泌が減ってくると、ホルモンバランスが崩れやすくなり、バストのハリが失われていきます。

 

女性ホルモンは、胸の形をキレイに保つ働きがあるため、ホルモンバランスを整えることは垂れ胸予防の大事なポイントなんです。

 

とくにストレスは、女性ホルモンのバランスを乱す原因になるため、できるだけため過ぎないようにしましょう。自分なりのストレス解消法を見つけて、心おだやかに過ごしていくことが、垂れ胸の予防につながります。

 

姿勢を良くする

猫背になると胸の血行が悪くなり、バストに栄養が届かなくなることで、胸が垂れやすくなります。そのため、垂れ胸を予防するには、日頃から姿勢を良くするように心がけることが大事。

 

また、姿勢を良くすると胸が開き、バストがツンと前に出ることで胸が大きく見えます。バスト周辺の血行も良くなり、垂れ胸予防につながりますよ。

 

体を冷やさない

冷たいものばかり摂ったり、薄着をしたりしていると、体が冷えて血行が悪くなります。すると、姿勢が悪いのと同様に垂れ胸の原因になります。とくに女性は冷え性の人が多いため、体を冷やさないようにしましょう。

 

大胸筋を鍛える

垂れ胸を予防するには、大胸筋を鍛えるのが効果的。大胸筋はバストの土台にあり、それが衰えるとバストが下がってしまいます。そのため、大胸筋の筋トレで鍛えることが大切なんです。

 

大胸筋を鍛える筋トレで代表的なのが「腕立て伏せ」。膝をついた状態で、つま先を上げてやるのでそれほどつらくありませんよ。膝から頭まで一直線に保ち、10~20回を目安にやってみましょう。

 

また、壁を使った腕立て伏せもあります。両手を胸の前あたりにつき、かかとから頭まで一直線に保ち、10~20回を目安にやってみましょう。

 

食事と睡眠で育乳生活をする

胸の垂れを予防するには、「食事」と「睡眠」に気をつけて、育乳生活をすると良いでしょう。これは、女性ホルモンのバランスを整えるうえでも、重要なポイントになります。

 

栄養バランスの良い食生活をするのはもちろん、女性ホルモンの働きを活発にする「イソフラボン」を食べると効果的。イソフラボンは、納豆や豆乳などの大豆製品に多く含まれているので、毎日の食生活に取り入れてみましょう。

 

また睡眠は、ただ長く寝るのではなく、質の良い睡眠を心がけたいところ。寝室の「温度」や「湿度」を管理したり、肌ざわりの良いパジャマや寝具を使ったりすることが、質の良い睡眠につながります。その結果、ホルモンバランスが整い、垂れ胸を予防することができるのです。

 

◆うつぶせで寝ない

質の良い睡眠を取っても、うつぶせで寝たらバストがつぶれてしまいます。バストが圧迫されると、胸の組織や靭帯などを損傷し、その結果、垂れ胸になってしまうことも。そのため、寝るときはできるだけ仰向けで寝るようにしましょう。

 

垂れた胸を戻すブラで見た目年齢が若くなる!

垂れた胸におすすめのブラの選び方と、垂れ胸を予防する方法についてご紹介しました。垂れた胸を戻すブラをつければ、見た目年齢が若くなりますよ。生活習慣などにも気をつけて育乳生活を送れば、垂れ胸を予防することができます。バストマッサージなどの他のバストアップ法と並行しながら、いつまでもキレイな胸をキープしていきましょう!