みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

エラ張りを隠してシャープな輪郭に見せる小顔メイク術

f:id:m-danjyo:20180927203209j:plain

エラ張りの小顔メイクはチークとシェーディングがコツ

どんなメイクを試してみても、思い通りのイメージにならないと悩んでいませんか? エラが張っているベース顔さんは、輪郭が角ばっていたり、頬骨が出っ張っているので、がっしりとした男顔に見られてしまうことが多いのではないでしょうか?

 

そんなエラ張りベース顔さんの悩みを解消する、小顔メイクのコツをご紹介します。ポイントは、「チーク」と「シェーディング」の入れ方。このコツさえつかめば、顔の輪郭を別人のように変えることができますよ。

 

またポイントメイクでは、女らしい柔らかさがテーマ。ポイントメイク次第では怖い印象に見えてしまうこともあるので、エラ張りさんは色っぽさと可愛らしさの絶妙なバランスが大事なんですよ。では、順番に見ていきましょう。

 

エラ張りベース顔さんは、男っぽく見えてしまうのがデメリット

エラ張りベース顔さんは、顔が角ばっているので男っぽく見えてしまうのがデメリットです。そのデメリットを解消するには、女らしく柔らかい印象のメイクにするのがコツです。

 

エラ張りベース顔さんにNGのメイクは、まつ毛をバチっと立ち上げたり、リップを濃いめにすること。眉山を角ばらせるのも、男っぽく見えてしまうのでNGです。

 

眉山はゆるやかなカーブにして、まつ毛やリップは自然な感じに仕上げるのが、エラ張りベース顔さんの小顔メイクのコツです。アイシャドウやリップの色にも注目してみてくださいね。

 

では、エラ張りベース顔さんの小顔メイクの肝である「チーク」と「シェーディング」の入れ方を見ていきましょう。

 

エラ張りベース顔の小顔メイク|チーク・シェーディングの入れ方

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、チークとシェーディングの入れ方がとっても重要です。ここで顔の形のデメリットを解消しておくことが大切なので、ベースメイクのやり方をしっかりチェックしてみてくださいね。

 

エラの部分にシェーディングを入れるのは絶対条件

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、エラの部分にシェーディングを入れるのは絶対条件です。最大のデメリットは、シェーディングで解決できます。フェイスラインに沿ってシェーディングを入れ、顔の内側に向かってぼかしていきましょう。

 

顔の大きさが気になる人は、フェイスライン全体にシェーディングを入れます。エラ張りがとくに気になる人は、エラの部分だけ濃いめのシェーディングにするのがポイントです。

 

頬骨サイド・額サイドにシェーディングを入れるのもOK

ベース型で四角顔に見えてしまう人は、額の横から頬骨にかけて「く」の字にシェーディングを入れるのもOKです。頬骨が横に広がり、顔がのぺっと見えてしまう人は、チークにツヤ感のあるものをプラスするのもオススメです。

 

頬骨より外側、耳の近くにチークを入れる

エラ張りベース顔の小顔メイクは、頬骨より外側にチークを入れるのがポイント。耳の近くまで届くように楕円に入れるか、三角に入れるのがオススメ。頬骨のところに角が来るような三角にすると、シェーディングのような効果があります。

 

丸く入れてもOKですが、頬骨のいちばん高い位置だけにチークを入れるのはNG。頬骨にかかるけど、ちょっと外側にチークを入れるのがエラ張りさんのポイントです。

 

エラ張りベース顔を小顔にするメイク術

エラ張りベース顔を小顔にするチークとシェーディングのコツをご紹介しました。つぎに、ハイライトやポイントメイクのコツをご紹介していきます。

 

鼻筋にハイライトを入れて立体的に

エラ張りベース顔さんは、鼻筋にハイライトを入れることで、外人のような立体的な小顔をつくることができます。鼻筋の横にもシェーディングを入れれば、鼻が高く見えます。

 

目の下にハイライトを入れてしまうと、頬骨の高さが目立ってしまうので、目の下にはハイライトを入れないほうが良いでしょう。

 

眉尻は長めにして、ゆるやかなカーブをつける

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、眉尻を長めにして、眉山にゆるやかなカーブをつけるのがポイント。眉山を角ばらせると、エラの角ばりが目立ち、男っぽく見えてしまうのでNGです。

 

また眉毛をゆるやかなアーチ眉にすることで、柔らかい女らしさを演出することができますよ。

 

眉毛の色は濃すぎないブラウンベージュ系で

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、眉毛の色を濃くしすぎないこと。ブラウンベージュ系で、ナチュラル感を出したほうが柔らかい印象になります。かといって、ぼんやりとした眉では、顔がのぺっと見えてしまうので、眉毛の淵はペンシルではっきりさせたほうが良いでしょう。

 

アイシャドウはベージュ系でアイホール、ブラウン系を目の際にオン

エラ張りベース顔さんのアイメイクは、女らしい色っぽさを演出すると良いでしょう。アイシャドウはアイホール全体にベージュ系の自然な色味を入れ、目の際にブラウン系のアイシャドウを乗せてグラデーションをつけるのがオススメ。

 

あまり「アイシャドウをつけてます!」みたいに強調せずに、できる限りナチュラルに仕上げるのがコツです。

目の下は、目尻側の際に少しだけホワイトや薄いピンクを乗せておくと、目が明るく見えます。

 

アイラインは目尻よりやや長めに描く

エラ張りベース顔さんは、アイラインを目尻よりもやや長めに描くと良いでしょう。といっても、アイラインが長すぎるのもNG。目尻よりも5ミリくらい長くする程度でOKです。

 

またアイラインをつり上げると怖い印象になってしまうことがあるので、ストレートか下がり気味にするのがエラ張りベース顔さんの小顔メイクのコツです。

 

まつ毛は立ち上げすぎず自然な仕上がりに

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、まつ毛を立ち上げすぎないこと。まつ毛を立ち上げすぎると、怖い印象に見えてしまうことがあるので、自然な仕上がりにすることが大切です。

 

まつ毛が下を向いている人はビューラーを使っても良いですが、まつ毛がわりと上向きの人は、ビューラーなしでもOK。マスカラで立ち上げるくらいで十分です。

また下まつ毛にも、しっかりマスカラをつけて、コームでとかしましょう。

 

リップは口角を上げて女らしく

エラ張りベース顔さんの小顔メイクは、口角を上げるようにリップをつけるのがポイント。口角を上げることで表情が柔らかく見えるので、女らしさがアップします。

 

リップの色は赤ではなく、ピンクなどの少し薄めの色がオススメ。でも、ぼんやりとし過ぎず、発色の良いリップのほうが良いでしょう。イメージ的には、ローズピンクがオススメです。

 

エラ張りベース顔は女らしく柔らかいメイクがテーマ

エラ張りベース顔さんの小顔メイクのコツをご紹介しました。男っぽく見られがちなエラ張りさんは、女らしい柔らかさがメイクのテーマです。アイメイクは色っぽさも演出しながら、リップは可愛らしさを残した絶妙なバランスに仕上げるのがオススメですよ。