みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

乾燥肌におすすめのブースターの効果と使い方

f:id:m-danjyo:20181014221842j:plain

乾燥肌におすすめ! ブースターの効果と使い方

化粧水に乳液、保湿クリームまで使ってスキンケアをしているのに、なぜか乾燥肌が治らないと悩んでいませんか?

 

乾燥肌に保湿ケアは必須ですが、もうワンステップ加えるだけで、保湿効果がグンとアップするのです。それが「ブースター化粧品」。

 

そこで今回は、ブースターの効果と使い方をご紹介します。乾燥肌におすすめのブースターで、保湿力をグ~ンとアップさせましょう。

 

ブースターとは?

最近よく聞くようになった「ブースター化粧品」ですが、使っている人はあまりいないかもしれません。そもそもブースターとは何なのか見ていきましょう。

 

化粧水の前につける「導入液」のこと

ブースターとは、導入という意味。化粧品でいうと、化粧水の前につける「導入液」のことを言います。洗顔後に、最初につける化粧品のことです。ブースターは、ほかにもいろいろな呼び方があります。

 

  • ふき取り化粧水
  • プレ化粧水
  • ブースターセラム
  • 導入美容液

 

ブースターは、呼び方だけでなく、それぞれに違った効果があります。肌質や肌悩みによって、使うタイプを変えるのがオススメです。ちなみに、「ふき取り化粧水」と「プレ化粧水」は、同じものを指しています。

 

このほかにも「オイルタイプ」や「洗顔料」などのブースターもあります。基本的には、化粧水の浸透力をアップさせる効果がブースターの役割です。

 

ブースターはこんな人におすすめ!

では、ブースターはどんな人におすすめなのでしょうか? エイジングケアにおすすめというイメージがありますが、実際には以下のような人におすすめです。

 

  • 化粧のノリが悪くなってきた
  • 化粧水があまり浸透していないような気がする
  • ターンオーバーが乱れ、角質がたまっている
  • 乾燥により、肌が硬くなってきた
  • 毛穴づまりがあり、ニキビができやすい

 

このような肌質や肌悩みを持っている人に、ブースターはおすすめです。ブースターを使うと肌がつるんとなり、とても気持ちいいので、手放せなくなる人も多いようです。

 

化粧水タイプ・美容液タイプが主流

ブースター化粧品は、化粧水タイプや美容液タイプが主流です。その他にも、「オイルタイプ」や「乳液タイプ」などもあり、それぞれに効果や目的が違うのが特徴です。

 

乳液タイプはブースターセラムと呼ばれることもあり、肌が敏感な人にも使えるタイプになります。このように、肌質や肌悩みによって使い分けると良いでしょう。

 

乾燥肌におすすめのブースターの効果とは?

では、ブースターの効果をご紹介していきます。乾燥肌におすすめの理由も見ていきましょう。

 

化粧水の浸透を良くして保湿力アップ

乾燥肌におすすめのブースターの効果は、化粧水の浸透を良くして、保湿力をアップしてくれることです。肌の表面に皮脂があると、化粧水がうまく浸透しないことがありますよね。それでは肌の内部を保湿することができないので、ブースターを使うことで保湿効果がアップします。

 

30~40代に多い「インナードライ肌」を保湿するのにもおすすめ。インナードライ肌は大人ニキビができやすく、肌の表面が皮脂でベタついているのが特徴です。でも肌内部はカサカサに乾燥しているので、ブースターで皮脂を取り除いてから肌の奥まで保湿することができます。

 

角質を取り除き、肌を柔らかくするピーリング効果

ブースターの効果は、角質を取り除き、肌を柔らかくするピーリング効果があります。年齢とともにターンオーバーが乱れがちになると、古い角質がたまって肌がゴワついてしまうこともありますよね。

 

角質が硬くなってしまうと、保湿ケアをしても肌の内部までしっかり浸透させることができなくなります。でもブースターを使えば、古い角質を取り除くことができるので、保湿効果が高まりますよ。使い続けることで角質が除去され、肌の奥までグイグイ浸透させることができます。

 

これはおもに「ふき取り化粧水」「プレ化粧水」の効果ですが、刺激が強いのがデメリットです。乾燥がひどい人や敏感肌の人は、「乳液タイプ」や「導入美容液」を使うと良いでしょう。

 

美容液タイプは保湿効果が高いので乾燥肌におすすめ

美容液タイプのブースターの効果は、保湿力が高いことです。そのため乾燥肌の人には、美容液タイプをおすすめします。「導入美容液」とも呼ばれています。

 

導入美容液は、一般的な美容液とは役割が違います。一般的な美容液は、肌に必要な栄養を与えてくれる効果がありますが、導入美容液は化粧水の浸透を良くする効果になります。そのため導入美容液と美容液は、目的によって使い分けるようにしましょう。

 

乳液タイプは低刺激なので敏感肌にもやさしい

ブースターは比較的肌への刺激が強めなのが特徴ですが、乳液タイプなら低刺激なので、敏感肌にもやさしいのが特徴です。ブースターは基本的に肌の表面をまっさらな状態にする効果があるので、刺激が強いこともあるのです。

 

乾燥がひどくて肌が敏感になっている人には、乳液タイプをおすすめします。肌状態をしっかりチェックして、効果的なブースターを選びましょうね。

 

乾燥肌に効果的なブースターの使い方

では、乾燥肌に効果的なブースターの使い方をご紹介します。肌をキレイな状態にして、化粧水をグイグイ浸透させていきましょう。

 

洗顔後にすぐブースター化粧品をつける

乾燥肌に効果的なブースターの使い方は、洗顔後にすぐブースターをつけることです。洗顔料タイプのブースターもありますが、それ以外は化粧水や美容液などのタイプなので、洗顔後にすぐつけましょう。

 

手でやさしくハンドプレスするのが基本の使い方

ブースターをつけるときは、パッティングをしないことが大切です。肌に刺激を与えてしまうことがあるので、手でやさしくハンドプレスするのが基本の使い方です。コットンではなく、手でつけることをおすすめします。肌をこすらないように気をつけてくださいね。

 

ふき取り化粧水だけはコットンを肌に滑らせて使う

ブースターの使い方は、ふき取り化粧水のときだけはコットンでつけるようにしましょう。ブースター化粧水にはピーリング効果があるので、コットンでやさしく肌を滑らせて、古い角質を取り除いていきます。

 

肌に刺激を与えるブースターの1つなので、強くこすらないように注意してくださいね。使い終わった後は、肌がつるんとして気持ちいいですよ。

 

ブースター化粧品が浸透したらすぐ化粧水をつける

ブースターの使い方は、すぐに化粧水をつけることです。ブースターが肌に浸透したら、すぐにいつもの化粧水をつけましょう。時間が空くと、ブースターの効果が半減してしまうことがあります。

 

またブースターをつけた状態で放置すると、肌が乾燥しやすくなるので気をつけてください。化粧水タイプはピーリング効果があるので、そのままにすると刺激に弱い状態にもなってしまいます。

 

基本ステップは同じ。ブースターの後は化粧水・乳液(美容液)・クリーム

ブースターの使い方をひと通りご紹介しましたが、ほかのスキンケア化粧品の使い方は同じです。ブースターの後に化粧水をつけて、乳液もしくは美容液、そして保湿クリームを使うという基本ステップは同じです。

 

つまり、いつものスキンケアの前にワンステップ加えるだけで、保湿効果がグンとアップするということですね。保湿ケアがうまくいかなかった人は、化粧水や美容液などを買い替えようと考えているかもしれませんが、まずはブースターを使ってみると良いかもしれません。

 

プチプラのブースターもあるので、高い化粧品をたくさん買わなくても、1つ買い足すだけで肌の状態がおどろくほど変わるかもしれません。

 

乾燥肌の人がブースターを使うときの注意点

乾燥肌に効果的なブースターの使い方をご紹介しましたが、注意点が1つだけあります。すでにご紹介しましたが、ふき取り効果のあるブースターは刺激を与えることがあるので、敏感肌や乾燥がひどい人にはあまりおすすめできません。

 

肌質に合ったブースターを使うことで、効果的に肌悩みを改善することができます。化粧水タイプのブースターは、ニキビに悩んでいる人やオイリー肌の人におすすめです。

 

乾燥肌には、乳液タイプや美容液タイプがおすすめです。やさしく肌を保湿してくれるブースターを選びましょう。ブースターの後は、必ず化粧水や乳液、保湿クリームで保湿することが大切ですよ。

 

ブースター化粧品を上手に使って乾燥肌を保湿しよう!

乾燥肌におすすめのブースターの効果と使い方をご紹介しました。保湿力がグンとアップするので、上手に使って乾燥肌を改善していきましょう。肌の奥まで保湿することができれば、ぷるんとした潤い肌を取り戻すことができますよ。また乱れがちなターンオーバーを正常にし、シミやシワなどのエイジングサインを改善することも期待できるでしょう。