みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

お風呂上がりに顔が乾燥する原因|保湿効果を高める乾燥対策

f:id:m-danjyo:20181017130623j:plain

お風呂上がりに顔が乾燥する原因と効果的な保湿ケア

お風呂上がりは肌がうるおってモチモチなのに、あっという間に乾燥してしまうことはありませんか? 洗顔後や入浴後は、肌がつっぱった感じになることも多いですよね。

 

実はこれが乾燥しているサイン。しかもお風呂上りの肌は、とても乾燥しやすい状態なのです。

 

そこで今回は、お風呂上がりに顔が乾燥する原因をご紹介します。保湿ケアの基本ステップを守っているのに乾燥してしまう人は、とくに必見ですよ。乾燥を防ぐための入浴やスキンケアのコツを見ていきましょう。

 

お風呂上がりに顔が乾燥する原因

お風呂上がりの肌は、言ってみれば「無防備な状態」。だからとっても乾燥しやすいのです。

でも、保湿ケアの基本ステップをしっかり守っている人は、それでも肌が乾燥してしまうのが不思議ですよね。お風呂上がりに顔が乾燥する原因を見ていきましょう。

 

お風呂の温度が熱いと皮脂が溶けてしまう

お風呂上がりに顔が乾燥する原因は、お風呂の温度が熱いからかもしれません。お風呂の温度が熱いと肌の皮脂が溶け出してしまい、顔が乾燥しやすくなってしまいます。

 

直接お湯に浸かっていなくても、蒸気の熱で皮脂が溶けてしまうので、あまり熱いお風呂に入るのはオススメできません。ぬるめのお湯に浸かるほうが、体の芯から温めることもできますよ。

 

長風呂すると肌の保湿成分が流れ出る

お風呂上がりに顔が乾燥する原因は、長風呂しているからかもしれません。ダイエットや冷え性改善のために、半身浴をしている人も多いと思いますが、あまり長時間お風呂に入っているのはオススメできません。

 

長くお風呂に浸かっていると皮膚がふやけて、保湿成分が流れ出てしまうのです。保湿成分とは、肌にもともとあるセラミドなどのこと。セラミドなどの保湿成分は加齢とともに減少していくので、とくに長風呂はNG。乾燥を防ぐためには、長風呂しすぎないようにしましょう。

 

お風呂上がりにすぐ保湿していない

お風呂上がりに顔が乾燥する原因は、お風呂上がりにすぐ保湿していないからかもしれません。しっかりと保湿ケアのステップを守っていても、入浴後時間がたってから保湿ケアをするのでは効果が半減してしまうのです。

 

お風呂上がりに顔が乾燥するのを防ぐには、入浴後のスキンケアまでの時間をできるだけ短くすることが大切です。乾燥を防ぐ保湿ケアは、時間との勝負だと覚えておいてくださいね。

 

スキンケアに問題がある

お風呂上がりに顔が乾燥する原因は、そもそもスキンケアに問題があるのかもしれません。もしかしたら、次のようなスキンケアをしていませんか?

 

  • 化粧水しか使っていない
  • ベタつき・ニキビ予防のために念入り洗顔
  • ピーリング・スチーム美容のしすぎ
  • 保湿クリームしか塗っていない

 

乾燥が気になるけど、肌のベタつきも気になる人は、インナードライ肌になっている可能性が高いです。ニキビ予防のために念入りに洗顔していたり、ピーリングやスチーム美容を毎日しているなら今すぐストップ。洗顔で肌をこすりすぎるのもNGです。洗顔は泡でやさしく洗うことで、乾燥を防ぐことができますよ。

 

そもそもインナードライ肌は、落とすことよりも、保湿することのほうが重要です。乾燥を防ぎ、保湿がしっかりできていれば、自然と肌のベタつきやニキビも改善されます。

 

また、スキンケアは「化粧水だけ」「保湿クリームだけ」で終わらせていませんか? 化粧水だけだと肌の水分が蒸発しやすく、乾燥が悪化してしまいます。保湿クリームだけだと、角質層に必要な保湿成分を補給できていないので、肌が乾燥しやすくなります。

顔の乾燥を防ぐには、化粧水・美容液(乳液)・保湿クリームの基本ステップは必須ですよ。

 

保湿効果を高めるお風呂上がりの乾燥対策とは?

お風呂に入ると、肌の外側から水分を吸い込むのでモチモチにうるおった気がしますが、濡れた後の肌は水分が蒸発しやすいので乾燥しやすい状態です。

 

これを防ぐには、お風呂上がりの保湿ケアが大事。どのような入浴法や保湿ケアをすれば、肌の乾燥を防ぐことができるのでしょうか?

 

入浴はぬるめのお湯で15分以内

まずはお風呂の入り方から。お風呂上がりの乾燥を防ぐ入浴法は、ぬるめのお湯で15分以内にすること。ぬるめのお湯とは、夏なら38℃くらいで、冬なら39℃くらいです。

 

半身浴をしている人は、つい長風呂してしまいがちですが、15分を超えると肌の皮脂や保湿成分が流れてしまうので気をつけましょう。

 

15分入れば体の芯まで温まるはずですが、もし体が温まっていないと感じるなら、最初の5分は首までお湯に浸かるのがオススメ。首には頸動脈があり、血流の多い場所。そこを温めると全身がポカポカになります。

 

シャワーを顔に当てない

お風呂上がりの顔の乾燥を防ぐ対策は、シャワーを顔に当てないことです。せっかく肌をこすらないように洗顔しても、シャワーの水圧で肌に刺激を与えてしまうからです。洗顔するときはシャワーを直接当てるのではなく、手ですくったお湯で洗顔しましょう。

 

もちろんそのときも、ぬるめのお湯で洗うことが大切。熱いお湯だと、顔の皮脂を落とし過ぎてしまうので乾燥しやすくなります。

 

お風呂上がりは5分以内に化粧水をつける

お風呂上がりに顔が乾燥するのを防ぐには、入浴後すぐにスキンケアをすること。お風呂上がりは5分以内に化粧水をつけるようにしましょう。洗面所に化粧水を置いておき、体を拭いたらすぐにつけるのも良いですね。

 

髪を乾かす前に保湿スキンケアを完了する

部屋に戻ったら、髪を乾かす前に保湿スキンケアを完了するのがポイント。化粧水はすでに塗ってありますが、もう一度つけても良いでしょう。そして美容液もしくは乳液、保湿クリームまでのステップを終わらせます。

 

スキンケアの順番も大事なので、テクスチャーのゆるいものから丁寧に塗っていきましょう。肌をこすらないように、手でやさしくハンドプレスして浸透させることが大切です。

 

乳液やクリームは「セラミド」配合がベスト

お風呂上がりに顔が乾燥するのを防ぐには、肌にもともとある保湿成分である「セラミド」配合がオススメ。化粧水はプチプラでもOKですが、乳液やクリームは「セラミド」配合のものを選びましょう。

 

セラミドは化粧水に配合されていることもありますが、高い保湿効果を発揮するには油分の多い化粧品のほうが相性が良いです。そのため乳液や保湿クリームにセラミドが配合されているスキンケア化粧品を選ぶのがオススメです。

 

保湿の最後に「ワセリン」や「シアバター」を塗る

乾燥を防ぐには、乳液やクリームでセラミドを肌に補給することがオススメ。普通ならここまでの保湿ケアで十分ですが、乾燥がひどい人はクリームもしっかり閉じ込めておきたいところ。そこで、保湿クリームの後に「ワセリン」か「シアバター」を塗ると蒸発を防いでくれます。

 

  • シアバター……水分の蒸発を防ぐ植物性油脂
  • ワセリン……肌をコーティングして蒸発を防ぐ

 

ワセリンは塗りすぎると肌に刺激を与えたり、余計に乾燥してしまうことがあります。ワセリンは密閉度が高すぎるので、蒸発を防ぐ効果は高いのですが、皮膚が呼吸できないほどに塞いでしまうこともあるので気をつけましょう。

 

ワセリンは、適量をうすく伸ばすのが正しい使い方です。適量は「米粒1つ程度」なので、ほんの少量を伸ばすイメージですね。オススメは、純度の高い「白色ワセリン」です。

 

シアバターは、水分の蒸発を防ぐ植物性油脂のこと。長時間にわたって保湿効果が持続するので、睡眠前のスキンケアに最適です。

 

でも、ワセリンやシアバターは肌をコーティングするだけで、保湿成分が含まれているわけでありません。そのため、その前にセラミドなどでしっかりと保湿成分を補給することが大切。肌に与えた保湿成分を閉じ込める効果が高いワセリンやシアバターは、利用法を間違えないように気をつけてくださいね。

 

保湿クリームにセラミドとシアバターが配合されているものでもOKですが、セラミドは角質層まで届けることが大切なので、もう少しゆるいテクスチャーのほうがオススメです。

 

お風呂以外でも乾燥する生活していませんか?

お風呂上がりに顔が乾燥する人は、入浴法やスキンケア以外でも乾燥する生活をしていることが原因かもしれません。肌の乾燥が悪化すると改善するまでに時間がかかるので、できるだけ早めに対処することが大切ですよ。

 

生活の中にひそむ乾燥の原因

お風呂上がりに顔が乾燥するのは、毎日の生活の中に乾燥の原因がひそんでいるのかもしれません。たとえば以下のようなことに心当たりはありませんか?

 

  • 睡眠不足・ストレス過多
  • エアコンによる乾燥
  • 運動不足による血行不良

 

睡眠不足やストレスが多い生活をしていると、肌のターンオーバーが乱れて乾燥しやすくなります。またオフィスのエアコンも、乾燥肌になる大きな原因の1つ。でもエアコンを避けることはできないので、冬は加湿器を使うなどで対処すると良いでしょう。

 

また、デスクワークの人は1日中座りっぱなしで、さらに運動する習慣もないと血行不良になってしまいます。血行不良になると新陳代謝が低下すると同時に、肌のターンオーバーも乱れがちに。そのため肌が乾燥しやすくなるのです。

 

仕事で疲れて運動をする時間も体力もない人は、日頃の生活の中で体を動かす習慣をつけましょう。帰りの通勤でひと駅歩いてみたり、バスを徒歩に変えてみたり、歩きで買い物に行ってみたり、ちょっとした工夫で運動を取り入れることができますよ。

 

食事の栄養バランスの偏り

お風呂上がりに顔が乾燥するのは、食事の栄養バランスが偏っているのかもしれません。顔の乾燥を防ぐには、肌の外側からの保湿ケアも大切ですが、体の内側からの栄養補給も大切です。もし以下のような食生活に心当たりがあるなら、今すぐ改善することをオススメします。

 

  • ビタミン・ミネラルが足りない
  • タンパク質をあまり食べない
  • 脂質は太るから控えている
  • むくむから水分をあまり飲まない

 

体がむくみやすい人は、あまり水分を摂らないようにしているかもしれません。でもそれはむくみが悪化する原因になりますし、体に水分が足りなくなると肌が乾燥しやすくなります。適度に水分を補給することは、体の機能的にも、保湿の面から考えても大切です。

 

また野菜をあまり摂らない人は、ビタミン・ミネラルが不足している可能性があります。ビタミン・ミネラルはむくみを解消する効果があるので、水分を飲んでもむくみにくくなります。便秘を解消する効果もあるので、体内の老廃物を排出して血行を良くしてくれます。

血行が良くなれば新陳代謝が活発になり、肌がみずから保湿する効果が高まりますよ。

 

さらにダイエットをしている人は、お肉や乳製品などのタンパク質や、油である脂質を控えているかもしれません。確かにこれらはカロリーが高いので太りやすい栄養ですが、体には絶対に必要です。

 

野菜ばかり食べてタンパク質や脂質を摂らないと、肌がカサカサに乾燥してしまいますよ。1番大事なのは栄養バランスなので、いろいろな食べ物をバランスよく摂るようにしましょう。

 

お風呂上がりの顔の乾燥を防ぎ、うるおい肌を取り戻そう!

お風呂上がりに顔が乾燥する原因をご紹介しました。入浴法と保湿ケアの方法がポイントなので、改善できることから試してみてくださいね。また毎日の生活でできる方法もご紹介したので、少しずつ改善していけばうるおい肌を取り戻すことができますよ。体の内側と外側の両面から、乾燥を防いでいきましょう。