みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

40代の乾燥肌に効く化粧水の選び方|肌に潤いを与えるエイジングケア

f:id:m-danjyo:20181019161405j:plain

40代の乾燥肌に効果のある化粧水の選び方

40代は大きなお肌の曲がり角。肌悩みが急激に増える時期ですよね。その中でも、肌が十分に保湿できていない気がして、乾燥が気になる人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、40代の乾燥肌に効く化粧水の選び方をご紹介します。40代くらいから気になる数々の肌悩みを解消するには、保湿がいちばん大事なのです。その理由も併せてご紹介しますので、日々のスキンケアの参考にしてみてくださいね。

 

40代の肌はどんな状態?

40代になると、さまざまな肌悩みが出てきますよね。そんな40代の肌は、いったいどんな状態になっているのでしょうか?

 

加齢により肌内部の水分・油分が減少して乾燥する

40代になると、肌が急激に乾燥すると感じる人も多いのではないでしょうか? その理由は、加齢によって肌内部の水分・油分が減少してしまうからです。肌にはもともと保湿成分が存在していますが、それは加齢とともに減少してしまうのです。

 

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

 

これらの成分は化粧品に配合されているのを良く見かけると思いますが、もともと肌に存在している成分です。ところが加齢によって肌は変化していき、これらの成分が減少してしまうのです。これが40代の肌が乾燥してしまう原因です。

 

ターンオーバーが遅れがちで肌悩みが解消されにくい

40代におとずれる肌の変化は、保湿成分の減少だけではありません。肌の新陳代謝である「ターンオーバー」が遅れがちになり、さまざまな肌悩みがあらわれてくるのです。

 

  • 紫外線などによる「シミ」ができやすい
  • 乾燥による「シワ」ができやすい
  • 皮膚がおとろえて「たるみ」ができやすい
  • インナードライ肌で「大人ニキビ」が治りにくい

 

これらの肌悩みは、いわゆる「エイジングサイン」と呼ばれるもの。そして、これらすべての肌悩みに大きくかかわっている原因が、ずばり「乾燥」なのです。

 

なぜ40代の肌は乾燥してしまうの?

では、なぜ40代の肌は乾燥してしまうのでしょうか? 肌にもともとあった保湿成分が減少することが具体的な原因ですが、毎日の生活の中にも乾燥を招く原因があります。40代特有の乾燥肌の原因を見ていきましょう。

 

昔と同じスキンケアを続けている

肌の状態は加齢とともに変化していきます。それなのに昔と同じスキンケアを続けていると、肌に合わなくなってくることがあります。そのため十分に保湿できなくなり、肌が乾燥してしまうことが多いのです。

 

昔は肌に合っていた化粧水が、年齢を重ねても肌に合うとは限らないのがアラフォーのスキンケアのむずかしいところ。メンタルや体調によっても肌状態は変化するので、毎日自分のお肌としっかり向き合ってチェックすることが大切です。

 

食事や生活習慣の影響が出やすい

40代の肌が乾燥する原因は、食事や生活習慣の影響が肌に出やすいからです。たとえば以下のようなことが原因で、肌は乾燥しやすくなります。

 

  • 6時間未満の睡眠で疲れが取れない
  • 太りやすくなったので過度なダイエットをしてしまう
  • 仕事などのストレスが多い
  • 体が冷えやすく、免疫力が低下する
  • エストロゲンの分泌が減り、ホルモンバランスが乱れる

 

睡眠不足やストレスは、肌トラブルの大きな原因になります。睡眠不足やストレスによって引き起こされるのが、美肌を保つエストロゲンの分泌の減少です。女性ホルモンの分泌は加齢とともに減少するので、ホルモンバランスが乱れやすくなるのも乾燥の原因になります。

 

また、40代は代謝が低下して太りやすくなる時期。そこで慌てて過度なダイエットをすると、栄養不足で肌がカサカサ・スカスカに乾燥してしまうのです。代謝が低下する原因に、体の冷えもあります。すると免疫力が低下して体調を崩しやすくなり、肌の状態も悪くなりやすいです。

 

スキンケアや紫外線などの刺激を受けやすい

乾燥しがちな40代の肌は、外部からの刺激を受けやすい状態です。肌が乾燥するとバリア機能が低下して、刺激を受けやすくなってしまうのです。

 

たとえばスキンケアで肌をこすってしまったり、肌に刺激を与える化粧品を使ってしまったりすると、その刺激によってシミができやすくなります。ターンオーバーが遅れがちな40代の肌は、保湿が十分にできていないことが原因でメラニンを排出しきれずシミが増えてしまうのです。

 

また、肌老化の原因でいちばん多いのが「紫外線」による光老化です。紫外線は肌を乾燥させ、シミやシワを増やす原因になります。肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れてしまうので、保湿ケアをしても十分に浸透できずに、乾燥が改善されない状態が続きます。

 

この負の連鎖を断ち切るには、40代の肌に合った化粧水を選ぶことが大事。これ以上乾燥を悪化させないために、そして乾燥肌を改善するために効果的な化粧水でスキンケアをしていきましょう。

 

40代の乾燥肌に効く化粧水の選び方

では、40代の乾燥肌に効く化粧水の選び方はどうすれば良いのでしょうか? 乾燥肌を治す基本的な化粧水の選び方に加えて、40代にとくにオススメする化粧水選びのポイントをご紹介します。

 

肌の奥まで浸透しやすい成分を選ぶ

そもそも化粧水の役割とは何でしょうか? もちろん「保湿」が大きな役割ですが、化粧水だけで保湿することは不可能です。では化粧水の役割とは何か。それは、肌の奥まで保湿成分を浸透させることです。

 

とくに40代の肌は、肌内部の水分・油分が減少してしまう時期なので、足りない成分をしっかりと補うことが大事。そのため、肌の奥まで浸透しやすい成分が配合されている化粧水を選ぶのがポイントです。

 

保湿効果の高い成分を選ぶ

40代の乾燥肌に効く化粧水を選ぶなら、保湿効果の高い成分が配合されていることは絶対条件です。では、どんな保湿成分が40代の乾燥肌に効くのでしょうか?

 

  • コラーゲン
  • セラミド
  • プラセンタ
  • エラスチン

 

これら4つの成分は、保湿効果が高いことで知られている成分です。とくにセラミドは高保湿成分の代表格なのでオススメです。セラミドは細胞間脂質といって、水分を挟み込んで離さない効果があります。そのため肌を保湿するというよりも、肌の保水力を高める効果があります。

 

その他の保湿成分も、加齢とともに減少する成分を補い、肌のハリを取り戻す効果があります。いつまでも若々しく、弾力のある肌へと導いてくれます。

 

乾燥肌ならアルコールフリーの化粧水を選ぶ

多くの化粧水に含まれている添加物にアルコール(エタノール)があります。アルコールは肌に刺激を与えるだけでなく、肌にある水分を蒸発させてしまう作用があります。そのため乾燥肌が悪化する原因になります。

 

洗顔後や化粧水をつけた後など、肌が濡れた後は乾燥しやすくなるのですが、アルコールが含まれているとその作用を高めてしまうのです。そのため40代の乾燥肌を治すなら、アルコールフリーの化粧水を選ぶことをオススメします。

 

乾燥以外の肌悩みは「美容液」で解決

40代の肌は、さまざまな肌悩みがあると思いますが、乾燥以外の肌悩みは化粧水ではなく「美容液」で解決しましょう。たとえばシミやニキビに効く化粧水は、肌に刺激を与えて乾燥しやすくなる成分が含まれていることが多いです。

 

そのため40代の乾燥肌に効く化粧水は、保湿効果に特化したものにするのがオススメ。シミやニキビを改善するなら、その効果のある美容液をスキンケアに取り入れてみましょう。

 

でも「大人ニキビ」だけは別。大人ニキビを根本的に改善するには、肌の奥まで保湿することが大切です。そもそも大人ニキビの原因はインナードライ肌なので、肌内部が乾燥しているのです。これこそ保湿が大事。保湿が十分にできれば肌のベタつきがなくなり、大人ニキビができにくくなりますよ。

 

40代の乾燥肌を治すスキンケアのコツ

化粧水の選び方がわかったので、次に40代の乾燥肌を治すスキンケアのコツご紹介します。忘れてはいけないことは、肌をこすったり刺激を与えないことが大前提です。

 

洗顔はぬるめのお湯を使う

40代の乾燥肌を治すなら、洗顔ではぬるめのお湯を使うことが大事。熱いお湯で顔を洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなります。また熱いお湯は肌に刺激を与える原因にもなるので、ぬるめのお湯で洗顔することが乾燥肌を治すコツです。

 

洗顔後は1秒でも早く化粧水をつける

40代の乾燥肌を治すなら、洗顔後の化粧水は1秒でも早くつけることが大事。洗顔後は肌が非常に乾燥しやすい状態なので、最低でも5分以内に化粧水をつけるようにしましょう。

 

肌が濡れた後は、肌にもともとある水分を一緒に蒸発させてしまうので、とくに注意が必要ですよ。ということは、ほとんどが水分でできている化粧水をつけた後のスキンケアも、1秒でも早くやることが大切。乳液や美容液は、化粧水をつけた後すぐにつけましょう。

 

40代の保湿ケアは「乳液」で終わらせない

40代の保湿ケアは、化粧水だけで終わらせるのは論外です。でも、乳液で終わらせるのもNG。乳液は肌に保湿成分を補給するはたらきがあり、水分と油分が半々くらい配合されています。

 

40代保湿ケアは、油分でフタをするところまでやらないといけないので、乳液の後に「保湿クリーム」を塗ることがスキンケアのコツです。シアバター配合の保湿クリームなら、肌に浸透することはありませんが、フタをする効果が高いのでオススメです。

 

また、大人ニキビが悩みのインナードライ肌の人は、肌がベタつくのがイヤで乳液を使っていない人も多いかもしれませんが、化粧水の後に乳液をつけるのは必須です。そして保湿クリームまで塗れば、肌が十分に保湿されて不思議と肌のベタつきがなくなりますよ。

 

40代のエイジングケアに保湿が大事な理由

40代の肌悩みは、「シミ」「シワ」「たるみ」「大人ニキビ」がメインでしたよね。これらのエイジングケアには、保湿がもっとも大事なのです。なぜ保湿がそこまで大事なのか。その理由は、すべての肌悩みを保湿が解決してくれるからです。

 

シミを改善するには、ターンオーバーを活発にして、シミのもとを排出することが大事。ターンオーバーを活発にするには、保湿が大事なのです。また、シワ・たるみを改善するには、たっぷりの保湿が大事。さらに、大人ニキビの原因であるインナードライ肌を改善するには、肌内部まで保湿することが大事。このように、すべての肌悩みは保湿ケアで解決できるのです。

 

そもそも40代でさまざまな肌悩みが現れてくる原因は、保湿不足による「乾燥」なのです。加齢により変化していく肌に対応していくためには、肌に合った化粧品で保湿ケアをすることが大切ですよ。

 

40代の乾燥肌を治す化粧水で肌に潤いを与えるエイジングケアを!

40代の乾燥肌に効く化粧水の選び方をご紹介しました。乾燥しやすい40代の肌は、保湿を十分にすることで、その他のエイジングサインも解決できることがわかりましたね。乾燥肌さえ改善できれば、40代のすべての肌悩みは解消されますよ。とくに夜のスキンケアでしっかりと保湿して、翌朝のもっちり肌を実感しましょう。