みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

乾燥肌におすすめのクレンジングの選び方|肌に負担をかけず潤いを逃がさない

f:id:m-danjyo:20181029160146j:plain

乾燥肌におすすめのクレンジングで潤いを逃がさない!

しっかり保湿しているのに、洗顔後は肌がつっぱるし、肌がカサカサする……。そんな悩みを抱えているなら、クレンジングが原因かもしれません。

 

クレンジングはスキンケアの中で最も刺激が強いので、クレンジングの選び方を間違えると、いくら保湿ケアをしても乾燥肌が改善されなくなってしまいます。

 

そこで今回は、乾燥肌にも使えるクレンジングの選び方をご紹介します。もしクレンジングが乾燥の原因になっているなら、クレンジングを見直すだけで改善されるかもしれませんよ。

 

その乾燥肌、もしかしてクレンジングが原因かも

乾燥肌の人は、保湿クリームなどで念入りにスキンケアをしていることでしょう。それなのに、もし次のような症状があるならクレンジングが乾燥肌の原因かもしれません。

 

  • 洗顔後に肌がつっぱる
  • 皮膚がめくり上がり粉を吹いている
  • 肌がベタついて大人ニキビができやすい

 

しっかり保湿をしているのに、洗顔後に肌がつっぱったり、粉を吹いたりするのはクレンジングが原因の場合があります。また肌がベタつき気味で大人ニキビができる人は、クレンジングによる乾燥が原因かもしれません。

 

スキンケアの中で、クレンジングがもっとも肌に刺激を与えます。だからといって、メイクをしているのにクレンジングをしないわけにはいきませんよね。

 

そこで今回は、「乾燥肌の人でも刺激の少ないクレンジングの選び方」をご紹介します。まずは、乾燥肌を引き起こすNGクレンジングから見ていきましょう。

 

乾燥肌になるNGクレンジングとは?

乾燥肌を引き起こすNGクレンジングとは、どんなことなのでしょうか? クレンジング剤やクレンジングの仕方に原因があるかもしれません。

 

落ちにくいメイクにご注意

そもそも落ちにくいメイクをしている人は、メイクを落とすために刺激の強いクレンジングを使っている可能性があります。

 

  • リキッドファンデーション
  • ウォータープルーフの日焼け止め

 

これらは洗浄力の強いクレンジングを使わないと、なかなか落とすことができません。そのためクレンジングで肌に刺激を与えてしまい、乾燥肌を引き起こしている可能性があるのです。

 

乾燥肌がなかなか治らない人は、まずはメイクから見直してみると良いかもしれません。落ちやすいメイクに変えれば、洗浄力の強いクレンジングを使う必要がなくなり、乾燥から肌を守ることができます。

 

洗浄力の強いNGクレンジングが乾燥肌の原因かも

洗浄力の強いクレンジングとは、以下のようなものです。これらを使っているなら、今すぐクレンジングを見直したほうが良いでしょう。

 

  • オイルクレンジング
  • シートクレンジング
  • リキッドクレンジング
  • ポイントメイクに合わせたクレンジング

 

クレンジング剤の中で、オイルクレンジングがもっとも洗浄力が強く、落ちにくいメイクもスッキリ落とすことができます。そのぶん、肌への刺激も強いのが特徴です。リキッドクレンジングも人気ですが、刺激が強いので乾燥肌の人は使わないほうが良いでしょう。

 

さらにシートクレンジングにはアルコールが含まれていることが多く、肌が乾燥しやすくなります。シートで肌をこするので、それも肌に刺激になります。

 

また、ポイントメイクに合わせたクレンジングで顔全体を洗っているなら、そのクレンジングが乾燥肌の原因になっているのかもしれません。マスカラなどのポイントメイクを落とすには、専用のリムーバーを使うようにして、顔全体のクレンジングとは別にすると良いでしょう。

 

肌をこするスキンケアをしている

乾燥肌が悪化する原因は、普段のスキンケアで肌をこすっているのかもしれません。乾燥肌はバリア機能が低下している状態なので、刺激にとても敏感です。次のようなスキンケアをしていませんか?

 

  • ピーリング洗顔
  • ダブル洗顔
  • ゴシゴシ肌をこする

 

洗顔の回数が多ければ、それだけ肌をこする頻度が多くなります。そのため、クレンジング後に洗顔もする「ダブル洗顔」は、乾燥肌を悪化させる原因になります。もちろん洗顔料が刺激になっている場合もあり、とくに毛穴までスッキリ落とせる「ピーリング洗顔」は、乾燥肌の人にはオススメできません。

 

スキンケアでゴシゴシ肌をこするのもNG。たとえば洗顔後に顔をタオルで拭くときや、ファンデーションを塗るときに知らずにこすっているかもしれません。心当たりがあるなら、今すぐ見直してみると良いでしょう。

 

昔ながらのコールドクリームも、ティッシュなどで拭き取るときに肌をこすります。そのため、あまりおすすめできません。

 

乾燥肌の原因は他にも色々ありますが、もしクレンジングが原因なら、クレンジングを変えるだけで乾燥肌を改善できるかもしれませんよ。もちろん、クレンジング後の保湿も忘れずに。

 

乾燥肌におすすめのクレンジングの選び方

では、乾燥肌にも使えるクレンジングの選び方をご紹介します。なるべく肌に刺激を与えずに、キレイにメイクを落とせるクレンジングを見ていきましょう。

 

洗浄力がマイルドなクレンジングがオススメ

乾燥肌におすすめのクレンジングの選び方は、洗浄力がマイルドなものが良いでしょう。乾燥肌はバリア機能が低下しているので、刺激に敏感な状態です。そのため、なるべく肌に負担をかけないクレンジングを選ぶことが重要です。

 

  • 肌がしっとりする「ミルクタイプ」
  • 摩擦を防ぐ「水性のジェルタイプ」
  • 肌に密着する「クリームタイプ」

 

クレンジングにはいろいろな種類がありますが、ミルクタイプやクリームタイプが肌に刺激を与えにくいです。とくにミルクタイプが一番マイルドで、洗い上がりがしっとりした感じがします。

 

またジェルタイプのクレンジングでも、水性のものがおすすめ。摩擦を防ぐことができるので、肌に刺激を与えにくいですよ。

 

肌に負担になる成分が含まれていない

クレンジングは少なからず肌に負担をかけるスキンケアですが、その中でもなるべく肌に負担になる成分が含まれていないものを選びましょう。クレンジングの多くには界面活性剤が含まれていますが、石油系の合成界面活性剤は肌に刺激を与え、乾燥を招きます。

 

界面活性剤が含まれていないクレンジングを探すのがベストですが、肌に刺激を与えにくい「天然の界面活性剤」のクレンジングを選ぶと良いでしょう。天然の界面活性剤の成分には、以下のようなものがあります。

 

  • レシチン
  • サポニン
  • カゼイン

 

これらは植物由来の成分なので、肌の刺激になりにくいです。他にも「アミノ酸系の界面活性剤」には、ココイルグルタミン酸などがあり、さらに「非イオン系界面活性剤」には、ラウリン酸やオレイン酸などがあります。

 

ただし、天然の植物由来の界面活性剤だからといって、必ずしも肌に刺激にならないとは言い切れません。肌に合う合わないがあるので、実際に使ってみて乾燥肌が悪化するようなら変えたほうが良いでしょう。

 

ダブル洗顔不要の無添加クレンジング

クレンジングには、さまざまな添加物が含まれています。香料や防腐剤、アルコールや着色料などです。添加物は肌に刺激になることが多いので、できるだけ「無添加のクレンジング」を使うことをおすすめします。

 

またクレンジングによって使い方が異なり、クレンジングの後に洗顔料で洗顔しないといけないタイプは避けたほうが良いでしょう。クレンジングの後に洗顔料で洗顔することを「ダブル洗顔」と言いますが、これは肌に負担をかけるスキンケア方法です。乾燥肌の人はやらないほうが良いでしょう。

 

保湿成分配合かどうは、それほど気にしなくて良い

乾燥肌におすすめのクレンジングで、保湿成分が配合されているものが推奨されていますが、基本的にはクレンジングに保湿効果はありません。クレンジングは落とすものなので、肌に成分を与える保湿はできないのです。

 

だから、保湿成分配合のクレンジングかどうかは、それほど気にすることはありません。多少は含まれていたほうが乾燥を防げるのかもしれませんが、肌に潤いを与えるほどの保湿ケアまではできません。

 

保湿成分をチェックするよりも、肌に刺激になる成分が含まれていないかをチェックしたほうが良いでしょう。

 

肌の潤いを逃がさないクレンジング方法

では、肌の潤いを逃がさないクレンジング方法はどうすれば良いのでしょうか? 乾燥肌の人は、肌に負担をかけないことが大切ですよ。

 

帰ったらすぐにクレンジングをする

メイクをしている状態は、少なからず肌に負担がかかっている状態です。そのため家に帰ったら、すぐにクレンジングをすることが大切です。メイクをしている時間をできるだけ短くすることが大切なのです。

 

クレンジングはできるだけ短く1分で終了!

乾燥肌に負担をかけず、肌の潤いを逃がさないクレンジング方法は、1分間で終わらせること。クレンジングは、念入りに時間をかけてやると肌に負担をかけてしまいます。

 

クレンジング剤が肌に長時間触れているだけで、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。クレンジングの時間はできるだけ短くして、なるべく1分以内に終了するようにしましょう。

 

Tゾーンから先に落としていく

肌の潤いを逃がさないクレンジング方法は、Tゾーンから先にメイクを落としていくことです。Tゾーンは皮脂が多く、クレンジングをしっかりやらなければ毛穴がつまってしまいます。それに比べて頬は皮脂が少なく、乾燥しやすいパーツです。

 

そのため長時間クレンジング剤を乗せたままにするのはNG。Tゾーンから先に落とし、最後に顔全体のメイクを落としましょう。

 

ぬるま湯で洗い流す

肌の潤いを逃がさないクレンジング方法は、ぬるま湯で洗い流すことが大事。熱いお湯で洗ってしまうと、顔の皮脂がとれ過ぎてしまい、乾燥肌が悪化してしまいます。できれば30~35℃くらいのお湯で洗い流すことが大切ですよ。

 

乾燥肌にも使えるクレンジングで潤い肌を取り戻そう!

乾燥肌におすすめのクレンジングの選び方をご紹介しました。できるだけ肌に負担をかけずに潤いを逃がさないためには、クレンジング剤を厳選する必要があります。正しく選べばクレンジングで肌に負担をかけることも少なくなりますよ。潤い肌を取り戻して、快適なスキンケアをしてみてくださいね。