みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

睡眠が美肌をつくる!寝不足で肌が荒れてしまう理由と対処法

f:id:m-danjyo:20181102214547j:plain

寝不足で肌荒れする理由と美肌になる睡眠法

仕事やプライベートで忙しくしている女性は、どうしても睡眠時間を削りがちになってしまいますよね。しかし睡眠不足は美肌の大敵なので、どんどん肌は荒れる一方に……。

 

美肌には睡眠が大事だとわかっているけど、「どうしても睡眠時間を確保できないときはどうすればいいの?」と思っている人のために、今回は寝不足で肌が荒れてしまう理由と対処法、そして睡眠の質の高めて美肌をつくるコツなどについてご紹介します。

 

短い時間でも睡眠の質を高めれば、つやつやの美肌をつくることは可能です。寝不足による肌トラブルを解消して、輝く美肌を取り戻しましょう!

 

寝不足は美肌の大敵!

家事や仕事、プライベートなどで忙しい女性は、つい夜更かししてしまう日もあることでしょう。そんな夜更かしをした翌日は肌荒れを起こしたり、メイクのノリが悪かったりして、朝からブルーな気分になってしまいますよね。

 

美肌は眠っている間につくられるため、寝不足は美肌の大敵なのです! では、寝不足になるとどのような肌トラブルを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

  • シミ
  • シワ
  • ニキビ
  • 毛穴が開く
  • 乾燥

 

これはもう、すべての肌トラブルといっても過言ではありません。では、なぜ寝不足になると肌荒れを起こしてしまうのか、美肌と睡眠の関係について見ていきましょう。

 

なぜ寝不足になると肌荒れするの?

睡眠不足が肌荒れの原因になることは知っていても、なぜ肌荒れしてしまうのか、具体的な理由は知らない人もいるかもしれません。そこで、なぜ寝不足になると肌荒れするのか、その理由をご紹介します。

 

「成長ホルモン」の分泌が減り、肌を修復できない

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は、美肌をつくる上でとっても大切な存在。成長ホルモンは別名「若返りホルモン」とも呼ばれていて、損傷した肌細胞を修復して、美肌をつくる効果があります。

 

ところが寝不足になると、成長ホルモンが十分に分泌されないことで肌を修復する効果が弱まり、肌の乾燥や肌荒れなどを引き起こしてしまうのです。シミやシワなどのエイジングサインも悪化しやすくなり、肌老化が進行してしまいます。

 

美肌をつくる「女性ホルモン」のバランスが崩れる

美肌をつくるには、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が必要です。しかし、寝不足になると女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンの分泌が減少することで肌荒れを起こしやすくなります。

 

寝不足になると、男性ホルモンの分泌が増加したり、男性ホルモンと似たはたらきをする「黄体ホルモン」などの分泌が増え、皮脂の分泌が増えることでニキビなどの肌荒れが起きやすくなるのです。

 

そんな肌トラブルを改善するには、女性ホルモンのバランスを整えることが大事。ホルモンバランスを整えるには、質の良い睡眠をとることが重要なのです。

 

ターンオーバーが乱れて、あらゆる肌トラブルの原因に

美肌はターンオーバーによってつくられます。ターンオーバーが正常に行われることで肌の修復をして、美肌へと導いてくれます。そのターンオーバーは睡眠中に行われるため、寝不足になると肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

ターンオーバーの乱れによって起こる肌トラブルは、乾燥肌やニキビだけでなく、シミやシワなどのエイジングサインの悪化も含まれます。ターンオーバーの乱れは、あらゆる肌トラブルの原因になるため、美肌を保つには十分な睡眠をとることが必要なのです。

 

睡眠の質を高めて美肌をつくるコツ

美肌にとって必要不可欠な睡眠。とはいえ、ただ長い時間寝るだけでは意味がありません。しっかり眠っているはずなのに肌荒れしてしまう人は、睡眠の質が悪いのかもしれません。そこで、睡眠の質の高めて美肌をつくるコツをご紹介します。

 

ぬるめのお風呂で体の芯まで温まる

睡眠の質を高めるには、シャワーで済ませるのではなく、お風呂で体を温めることが大切です。ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることでリラックス効果が高まり、睡眠の質を高めることができます。

 

また、湯船にゆっくり浸かることで全身の血行が良くなり、発汗することで毛穴づまりの解消にも効果的です。美肌をつくるには、お風呂で体の芯まで温まることが大切です。

 

寝る前の1時間は照明を暗くする

睡眠の質を高めて美肌をつくるには、寝る前の1時間は照明を暗くすることが大事。寝る直前まで蛍光灯の下にいると、明るさの刺激を受けて、睡眠の質が悪くなることがあります。

 

寝る時間に合わせて蛍光灯を消し、間接照明に切り替えると良いでしょう。オレンジ色の電球色の灯りでリラックス効果が高まり、スムーズに入眠することができますよ。

 

スマホやパソコンを寝る直前まで見るのはNG

寝る直前までスマホやパソコンを見ていると、ブルーライトの刺激によって安眠を妨げてしまいます。そのため、寝る1時間前にはスマホとパソコンの使用を終了し、リラックスして過ごすようにしましょう。

 

仕事や勉強を頑張っている人も多いと思いますが、寝る直前にはゆったりとした気分で過ごすことが大切ですよ。本を読んだり、音楽を聴いたりして過ごすと良いでしょう。

 

夕方くらいにウォーキングなどの運動をする

睡眠の質を高めて美肌をつくるコツは、適度な運動を取り入れるのがオススメ。夕方くらいにウォーキングなどの軽めの運動をすると、適度な疲労感があり、夜の眠りの質が高まります。

 

ただし、寝る直前に筋トレなどの激しい運動をするのはNG。交感神経が優位になり、興奮して眠れなくなってしまいます。時間的にも、運動強度としても、夕方くらいにウォーキングをするのがちょうど良いのです。会社帰りに、ひと駅歩いてみるのも良いでしょう。

 

カフェインの摂取は午後2時まで

カフェインには眠気を覚ます効果があることはご存知だと思いますが、その効果が持続するのは5~8時間程度だと言われています。そのため、夜の睡眠を邪魔しないためには、午後2時以降にはカフェインを摂らないようにしましょう。

 

午後2時以降の飲み物は、コーヒーなどのカフェイン飲料の代わりに、ハーブティーなどをチョイスしてみてはいかがでしょうか? 水分補給にはミネラルウォーターがオススメです。

 

アロマや音楽でリラックス

睡眠の質を高めるためにも、美肌をつくるためにも、リラックスすることが大切です。リラックスすることで副交感神経が優位になり、寝つきや睡眠の質が良くなります。

 

リラックス効果を高めるには、アロマの香りで癒されたり、リラックスできる音楽を聴くのがオススメ。ストレス解消にも効果的なので、1日の終わりにぜひ試してみてください。

 

寝る3時間前までに夕食を済ませる

睡眠の質を高めるには、寝る3時間前までに夕食を済ませることが大切です。寝る直前に食べてしまうと、胃腸が活発にはたらくことで睡眠の質が下がってしまうのです。

 

また、消化が終わらないうちに眠ると消化不良を起こしやすく、翌朝胃もたれなどを引き起こす原因になります。さらに、胃腸に食べ物が残った状態が続くと、腸内環境が悪化して、肌荒れの原因になります。

 

このように、寝る直前の食事は良いことがないため、寝る前の3時間は固形物をなるべく食べないようにしましょう。どうしてもお腹が空いたら、ココアなどの温かい飲み物を飲んで、空腹をまぎらわせるのがオススメ。体も温まるので、安眠効果がアップしますよ。

 

寝具を清潔にする

枕カバーや布団のシーツなどは、小まめに洗濯していますか? 直接肌に触れる寝具を清潔にしていないと、シーツなどに雑菌が繁殖し、肌荒れの原因になります。最低でも週に1~2回は洗濯するようにして、つねに清潔な寝具を使うようにしましょう。

 

寝不足で肌荒れしたときの対処法

睡眠が美肌をつくるとわかっていても、どうしても忙しくて寝不足になってしまうことってありますよね。そんな寝不足による肌荒れの対処法をご紹介します。

 

短時間でも質の高い睡眠をとるように心がける

美肌をつくるために必要な睡眠時間は、7~8時間がベストだと言われています。6時間未満の睡眠不足が5日以上続くと、肌荒れが起きやすくなるそうです。そうはいっても、忙しくて睡眠がとれない人もいますよね。その場合には、たとえ短時間でも質の高い睡眠をとるように心がけることが大事。

 

短時間でも質の高い睡眠をとるポイントは、以下の3つを守ること。

  • 入眠から3時間は熟睡できる環境を整える
  • できるだけ22~2時のゴールデンタイムに眠る
  • 5日以上は寝不足を連続しないようにする

 

美肌をつくる「成長ホルモン」は、入眠から3時間後に分泌がピークになると言われています。また、22~2時の間が成長ホルモンの分泌が活発になるため、美肌のゴールデンタイムとも呼ばれています。そのため、できるだけこの時間帯には眠るようにして、眠ったら3時間は起きないようにしましょう。

 

そして、睡眠不足が5日以上続かないように気をつけることも大事。睡眠は美肌をつくるだけでなく、太りにくい体をつくったり、疲れにくい体をつくる効果もあります。体の調子は美肌と深い関係があるため、美容と健康のためにも質の高い睡眠をとるように心がけましょう。

 

保湿ケアを重視する

寝不足になると肌のターンオーバーが乱れ、肌の乾燥によってあらゆる肌トラブルを引き起こします。実は、あらゆる肌トラブルの原因になるのは「乾燥」なのです。そのため、美肌を保つには「保湿ケア」を重視することが大切です。

 

お風呂上がりは肌が水分をグングン吸収しやすい状態なので、保湿ケアの絶好のタイミング。肌悩みに合った美容液を使ったり、保湿効果の高い「セラミド」を補給したり、肌にたっぷりと栄養を与えるスキンケアをして、しっとりモチモチの肌をキープしていきましょう。

 

食事の栄養バランスを考える

美肌に欠かせないもの。それは栄養です。食べた物は肌の栄養になるため、肌荒れを起こしやすい人は栄養が足りていない可能性があります。寝不足で肌荒れを起こしてしまったときも、食事から十分に栄養を補給することが大事。

 

たとえば肌荒れを解消する「ビタミンB群」や、美白や美肌をつくる「ビタミンC」、皮膚の新陳代謝を活発にするタンパク質やミネラルなどをバランスよく摂りましょう。

 

睡眠が美肌をつくる!

寝不足で肌荒れする理由と対処法、安眠するコツなどについてご紹介しました。美肌をつくるには、睡眠時間を長くすることだけでなく、短くても質の良い睡眠をとることが大事。また、寝不足で肌荒れを起こしたときは、保湿ケアや食生活の改善などで対処していきましょう。日頃から良質な睡眠を心がけるとともに、スキンケアや食べ物で輝く美肌をつくっていきましょう!