みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

シミに効果的な石鹸の選び方|シミへの効果と正しい洗顔方法

f:id:m-danjyo:20181204132716j:plain

シミのないキレイな肌になるための洗顔石鹸の選び方

いつの間にかできて、なかなか消えないシミ。すぐに消すのは無理だと知っていても、効果的に改善したいですよね。

 

シミケアには「紫外線対策」や「美白ケア」が必要ですが、実は、毎日の洗顔がとっても大事! 毎日やる洗顔だからこそ肌への影響は大きく、シミを悪化させてしまうこともあるんです。

 

そこで今回は、シミに効果的な石鹸の選び方をご紹介します。石鹸でシミは消せるのか、どんな石鹸を使うと効果的なのかを見ていきましょう。

 

シミに効果的な石鹸で正しく洗顔すれば、シミのないキレイな肌を手に入れられますよ!

 

石鹸でシミは消せるの?

石鹸だけですぐにシミを消すことはできませんが、シミに効果的な石鹸で洗顔すれば、少しずつシミを薄くしていくことは可能です。では、なぜ洗顔フォームではなく、石鹸のほうが良いのでしょうか?

 

洗顔フォームより石鹸のほうが効果的な理由

多くの人は洗顔フォームを使っていると思いますが、シミケアには石鹸のほうが効果的です。その理由は、洗顔フォームより石鹸のほうが、肌への刺激が少ないからです。

 

ほとんどの洗顔フォームには「界面活性剤」が入っていて、肌を乾燥させたり、肌に刺激を与えたりします。洗顔後に肌がつっぱる感じがするのは、まさに界面活性剤による刺激。洗顔フォームを使うと、界面活性剤が肌に少し残ってしまうので、肌に刺激を与えてしまいます。

 

シミができている肌は刺激に弱いため、できるだけ刺激を少なくしてあげることが大切です。そのため、肌への刺激が少ない石鹸のほうが、シミを改善しやすい肌状態に整えることができます。

 

石鹸のシミへの効果とは?

石鹸のほうが刺激が少ないのはわかりましたが、シミを改善する効果はあるのでしょうか? 1番知りたいのは「石鹸のシミへの効果」ですよね。実際のところ、石鹸だけでシミを消すことはできませんが、シミを改善しやすい肌状態にすることは可能です。

 

「石鹸のシミへの効果」は、以下の2つです。

  • ターンオーバーを整える
  • 美白化粧品の浸透が高まる

 

石鹸で洗顔してみるとわかりますが、洗顔フォームを使ったときよりもサッパリとした感じがします。これは、石鹸のほうが「余分な皮脂」や「古い角質」をしっかり落とせるからです。

 

肌がまっさらな状態になると「ターンオーバー」が整い、「メラニン」の排出を促すことでシミを改善しやすくなります。これが、石鹸のシミへの効果です。

 

もう1つの効果は、肌がまっさらな状態になることで「美白化粧品」の浸透が良くなり、シミを改善しやすくなることです。 

 

このように、洗顔はシミケアにとって大切なステップなので、効果的な石鹸を選び、正しい洗顔方法を実践していきましょう。

 

シミに効果的な石鹸の選び方

では、シミに効果的な石鹸の選び方をご紹介します。どのような石鹸で洗顔すれば、シミの改善に効果的なのでしょうか?

 

美肌成分が含まれている石鹸

シミの改善には、ターンオーバーを正常にする必要があります。ターンオーバーを正常にするには、肌本来の健康な状態に戻してあげることが大切です。そのため、コラーゲンやプラセンタエキスなどの「美肌成分」が含まれている石鹸がオススメ。

 

コラーゲンには細胞の新陳代謝を高める効果があり、ターンオーバーを活発にしてシミを予防・改善してくれます。またプラセンタエキスには、アミノ酸やミネラルなどあらゆる栄養分が含まれていることから、シミをはじめとしたエイジングケアに効果的です。

 

保湿成分が配合されている石鹸

ターンオーバーを活発にしてシミを薄くするには、保湿成分が配合されている石鹸を選ぶことも大事。シミを薄くするために汚れを落とすことばかり考えると、肌が乾燥しやすくなります。

 

肌に潤いがなくなるとターンオーバーが乱れたり、紫外線のダメージを受けやすくなるので、シミが悪化する原因になります。シミを改善するには、保湿成分が配合された石鹸を選び、肌を乾燥から守ることも大切です。

 

保湿効果のある成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

 

これらの保湿成分が含まれた石鹸を使うことで、肌をやさしく守りながら汚れを落とすことができます。

 

肌に刺激を与えない石鹸

肌に刺激を与える石鹸を使うと、シミが悪化してしまう場合があります。肌に刺激を与える成分とは、界面活性剤などの添加物のこと。できるだけ低刺激の石鹸を選ぶなら、「無添加」の石鹸がオススメです。

 

天然成分から作られている石鹸や、保湿成分が含まれている石鹸を使えば、肌への刺激を抑えられます。とくに、乾燥肌や敏感肌の人は、低刺激の石鹸を選ぶことでシミを改善しやすくなります。

 

モチモチに泡立つ石鹸

肌への刺激を抑えてシミを改善するには、モチモチに泡立つ石鹸がオススメ。濃密で弾力のある泡が肌に密着して、毛穴の奥の汚れや古い角質を落とすことができます。

 

泡立ちが悪いと、肌をこすって刺激を与えることがありますし、泡に弾力がないとしっかり角質を落とすことができません。シミを改善するには、きめ細かくて弾力のあるモチモチ泡で洗うことが大切です。

 

美白成分が配合されている石鹸

シミを予防・改善する効果のある石鹸は、美白成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。絶対に必要な条件ではありませんが、より効果的にシミを改善するには、美白成分が配合された石鹸がオススメ。

 

効果的な美白成分

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタエキス

 

これらの美白成分が配合されている石鹸で洗顔をすれば、効果的にシミを改善することができます。また、これらの美白成分は、化粧水や美容液に含まれていることが多いので、洗顔後の美白ケアで使ってもOKです。

 

シミを改善する正しい洗顔方法

シミの改善に効果的な石鹸を選んでも、正しい洗顔方法ができていないと意味がありません。効果的にシミを改善するためにも、正しい洗顔方法を確認しておきましょう。

 

泡の弾力だけで洗い、肌に刺激を与えないようにする

シミを改善する洗顔方法は、肌に刺激を与えないことが大事。泡の弾力だけで洗い、肌に手が触れないようにすることがポイントです。肌をこするのではなく、泡を押すようにして洗うのが正しい洗顔方法。

 

肌への摩擦をなくすことで、効果的にシミを改善できます。弾力のある泡をつくるには、洗顔ネットを使えば比較的カンタンに泡立ちますよ。

 

ちなみに、シミが濃くなるNG洗顔は、「熱いお湯で洗う」「ゴシゴシこする」「洗顔時間が長い」「1日に何度も洗顔する」などです。思い当たる人は、洗顔方法を見直してみましょう。

 

正しい洗顔方法を地道に続ける

シミを改善するには、正しい洗顔方法を地道に続けることです。いくら「シミに効果的な石鹸」で「正しい洗顔方法」をしても、続けなければ意味がありません。

 

シミの予防や改善には、正しいケアを長期的に続けることが大切です。白く美しい肌を手に入れるためにも、根気よく、地道に正しい洗顔を続けていきましょう。

 

洗顔後は美白化粧品をつける

正しい洗顔方法で肌をまっさらな状態にすると、美白化粧品が浸透しやすくなります。そのため洗顔後は、美白化粧品で美白ケアをすると効果的にシミを予防・改善できます。オススメは「美白化粧水」と「美白美容液」です。

 

化粧水は肌の奥まで浸透しやすいため、美白成分をしっかりと奥まで届けてくれます。また美容液には、美白成分がたっぷりと含まれているので、シミを改善する効果が高いのが特徴です。

 

さらに、美白ケアの後には、保湿クリームでしっかりと保湿することも忘れないでくださいね。保湿ケアができていれば、ターンオーバーが整い、シミを改善しやすい肌状態になります。

 

シミに効く石鹸と正しい洗顔方法で白い美肌に!

シミに効果的な石鹸の選び方をご紹介しました。シミを見つけたときはショックですが、地道に続けていけば白い美肌に近づくことは可能です。シミを改善するには、「美白ケア」や「紫外線対策」をするとともに、「石鹸選び」と「洗顔方法」を見直して、シミのない白い美肌を手に入れましょう!