みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌がつっぱる原因|洗顔後のつっぱりを解消する方法と保湿のポイント

f:id:m-danjyo:20181206190809j:plain

正しい洗顔と保湿で「つっぱり肌」を解消する方法

洗顔でサッパリしたと思ったら、肌のつっぱりを感じたことはありませんか? 急いで化粧水をつける人も多いと思いますが、肌のつっぱりを放置すると大変なことになるかもしれません。

 

そこで今回は、肌がつっぱる原因と解消法をご紹介します。肌がつっぱるのは、「洗顔」と「保湿」に何らかの原因がある場合が多いです。

 

洗顔後の不快なつっぱり感を解消し、正しい保湿ケアでキメの整った潤い肌を目指しましょう。

 

肌がつっぱる原因とは?

「お風呂上がり」や「洗顔後」に、肌のつっぱりを感じたことはありませんか? 肌がつっぱる原因は、ずばり「乾燥」です。洗顔後は、肌の水分が急激に蒸発して、肌がつっぱりやすい状態になっています。では、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

洗顔による乾燥が大きな原因

肌がつっぱるのは、洗顔による乾燥が大きな原因になっています。

 

とくに、以下のような洗顔をしていると、肌がつっぱることが多いです。

  • 洗顔料の刺激が強すぎる
  • 洗顔の時間が長すぎる
  • 熱いお湯で洗顔する
  • 硬いタオルでゴシゴシ拭く

 

洗顔後に肌がつっぱるのは、「洗顔料の強い刺激」「洗顔時間が長い」「熱いお湯で洗う」などによる乾燥が原因です。このような洗顔方法では、必要な皮脂まで流してしまうので肌の乾燥を招き、つっぱり肌の原因になります。

 

また、洗顔後に硬いタオルでゴシゴシ拭くのもNG。なるべく刺激を与えないように、柔らかいタオルでやさしく拭くことが大切です。洗顔方法を見直して、なるべく刺激与えないようにしましょう。

 

間違ったケアがつっぱり肌の原因に

洗顔以外でも、以下のようなケアが原因で肌がつっぱることがあります。

  • 顔のテカリ予防に「あぶらとり紙」を頻繁に使う
  • ミスト化粧水をメイクの上から使う

 

肌のつっぱりは、メイクの上からしているケアが原因になっていることもあります。たとえば、顔のテカリを抑えるためにあぶらとり紙を頻繁に使うと、皮脂を吸い取りすぎたり、水分まで一緒に奪ったりすることで、乾燥が悪化します。

 

また、乾燥を感じたときにミスト化粧水を吹きかけている人は、一時的には保湿された感じがしても、化粧水が蒸発するときに肌の水分まで奪います。そのため、つければつけるほど肌が乾燥して、肌のつっぱりが日常化してしまうことがあります。

 

「あぶらとり紙」や「ミスト化粧水」の使いすぎに注意して、洗顔後の保湿でしっかりと肌に潤いを与えるようにしましょう。肌に潤いがあれば、顔がテカることも少なくなり、あぶらとり紙が不要になりますよ。

 

では、肌のつっぱりを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

洗顔後の肌のつっぱりを解消する方法

では、肌のつっぱりを解消する方法をご紹介します。大切なのは「洗顔方法」。そして、洗顔後の保湿ケアにもつっぱり肌を解消するポイントがあります。順番に見ていきましょう。

 

皮脂を取りすぎない洗顔料を使う

洗顔後に肌がつっぱる人は、洗顔料が合っていないのかもしれません。洗浄力が強い洗顔料を使うと、必要な皮脂まで取りすぎてしまうので、肌がつっぱる原因になります。

 

そのため、なるべく肌にやさしい洗顔料を使うことが、つっぱり肌を解消するポイント。とくに洗顔フォームには肌に刺激を与える「界面活性剤」が含まれているので、固形石鹸に変えてみると、つっぱり感が改善される場合もありますよ。

 

1日に何度も洗顔料を使わない

1日に何度も洗顔料を使って洗顔している人は、肌が乾燥する原因になります。むやみに洗いすぎると肌がつっぱる原因になるので、洗顔料を使うのは朝晩2回までにしましょう。

 

それでも肌がつっぱる場合は、夜だけ洗顔料を使い、朝はぬるま湯だけで洗顔することをオススメします。ほどよく皮脂を残すことで肌の潤いを保てるので、肌のつっぱりを防ぐことができます。

 

ぬるま湯で洗顔する

肌のつっぱりを解消するには、ぬるま湯で洗顔することが大事。ぬるま湯で洗顔すれば、肌にある皮脂や保湿成分を落とし過ぎることなく、肌を乾燥から守ってくれます。

 

注意点! 絶対に熱いお湯を使わない。

熱いお湯で洗顔すると「必要な皮脂」や、セラミドなどの「肌の保湿成分」を根こそぎ洗い流してしまい、乾燥しやすくなります。そのため、肌のつっぱりを解消するには「ぬるま湯洗顔」を徹底することが大切です。

 

化粧水は洗顔後すぐにつける

洗顔後の肌のつっぱり感は、数分後から始まるそうです。そのため、洗顔後はできるだけ早く化粧水をつけることがポイント。化粧水をつけるまでの時間が長くなるほど、肌の水分が蒸発して乾燥が悪化します。

 

肌のつっぱりを感じる前に化粧水をつけるのがベストなので、お風呂場で洗顔をしている人は、脱衣所に出たらすぐに化粧水をつけることでつっぱり感を防げます。乾燥がひどいなら、化粧水を二度塗りするのも良いでしょう。

 

化粧水の後はクリームでフタをする

水分が蒸発して肌がつっぱるのは、肌が濡れたタイミングで起こります。つまり、化粧水をつけた後も、水分が蒸発しやすい状態ということ。そのため、化粧水の後はすぐに次のスキンケアをすることが大切です。

 

一般的なスキンケアの手順は、化粧水→美容液→乳液→クリームです。化粧水の後は、できるだけ早くクリームまで塗ってフタをすることが大事。油分である「クリーム」でフタをしないと、水分である「化粧水」はどんどん蒸発してしまいます。

 

また、クリームでフタをしないと、化粧水と一緒に肌の水分まで奪ってしまうので、さらなる乾燥を招くことになります。そのため、くれぐれも化粧水だけでスキンケアを終わらせないようにしてください。

 

肌のつっぱりを解消するためには、クリームでフタをするステップまでしっかりとスキンケアするようにしましょう。

 

保湿しても肌がつっぱる「NGケア」とは?

きちんと保湿ケアをしているのに、肌がつっぱると感じる人は、間違ったスキンケアをしているかもしれません。肌のために「良かれと思ってやっているケア」が、実は「NGケア」の場合もあるのです。

 

では、肌を乾燥させてつっぱり肌の原因になるNGケアを見ていきましょう。

ちなみに、「肌がつっぱる原因」の項目でご紹介した「あぶらとり紙」と「ミスト化粧水」もNGケアの1つなので、なるべく使わないようにしましょう。

 

美容オイルだけの保湿は乾燥がひどくなる

ホホバオイルやアルガンオイルなどで保湿している人も多いと思いますが、美容オイルだけの保湿はNG。かえって乾燥がひどくなる場合があります。オイルは肌に膜をつくる役割があるだけで、オイルで水分補給はできません。しっかりと化粧水で保湿してから、オイルでフタをするようにしましょう。

 

さらにもう1つ、オイルには肌細胞に潤いを与えるような「保湿成分」が含まれていないので、オイルだけ塗っても保湿ケアにはなりません。あくまでも化粧水などの美容成分を閉じ込めておくフタの役割なので、十分な保湿をしてから最後にオイルを使うようにしましょう。

 

ピーリングで角質を取りすぎている

古い角質が肌に残っていると、効果的なスキンケアができません。そのため、ピーリングで角質ケアをしている人もいるかもしれませんが、やり過ぎは禁物。ピーリングも効果的なスキンケア方法ですが、やり過ぎると肌を痛めてしまいます。

 

ピーリングをやり過ぎると、角質を取りすぎて肌が薄くなります。肌が薄いと水分を保持できないので、乾燥するのはもちろん、「ビニール肌」になり肌がつっぱる原因になります。

 

ビニール肌とは?

ビニール肌とは、キメがなくテカテカした状態の肌のこと。正常な肌はキメが細かく整っているのですが、ビニール肌は皮膚が薄すぎてツルンとしているので、光って見えます。

簡単にいうと、「保湿機能」や「バリア機能」を失った状態なので、そのまま放置すると危険です。スキンケアをやり過ぎないように注意して、必要な角質は残しておくようにしましょう。

 

肌には、ある程度の「皮脂」や「角質」が必要なので、スキンケアを頑張りすぎないようにすれば、つっぱらない肌に改善することができます。

 

肌がつっぱるなら「洗顔」と「保湿」に気をつけよう

肌がつっぱる原因と解消法をご紹介しました。肌がつっぱる原因は、「乾燥」です。洗顔が乾燥の大きな原因になっていますが、間違った保湿ケアも気をつけたいポイント。正しい保湿は、水分を与えた後に油分でフタをすることなので、洗顔やスキンケアを見直して、つっぱり肌を解消していきましょう。