みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

目を大きくする方法|メイクなしでもぱっちりデカ目になるには?

f:id:m-danjyo:20181216183507j:plain

目を大きくして可愛くなりたい! 大きな目は女の子の憧れ

パッチリとした大きな目は、女の子の憧れですよね。目が大きいほうが可愛くて、異性からモテやすいです。でも、メイクでしか大きな目をつくれないと、彼氏とのお泊りのときに困りますよね。

 

そこで今回は、メイクなしで目を大きくする方法をご紹介します。日頃のケア次第で、自然と目を大きくすることができますよ。

 

目を大きくする方法はある?

「もう少し目を大きくしたい」と思っても、「整形やメイクなしで目を大きくする方法なんてあるの?」と思っていませんか? 実は、あるんです。目が小さく見えるのは、目のむくみやたるみで腫れぼったくなっている場合が多いので、それを解消すれば目を大きくすることができます。

 

目のむくみが解消されれば、垂れ下がっているまぶたが引き上がるので、目がパッチリと大きく見えるというわけですね。目のマッサージやエクササイズで目のまわりの血行を良くし、目のむくみを解消すれば目が大きくなるでしょう。

 

また、頭皮のたるみも目が小さくなる原因になっているかもしれません。頭皮と顔はつながっているので、頭皮がたるむと顔もたるみ、目の皮膚まで垂れ下がって目が小さくなってしまいます。目を大きくするには、目のマッサージとともに、頭皮マッサージも取り入れてみると良いでしょう。

 

メイクなしでぱっちりデカ目になる方法

メイクなしで目を大きくするには、いったいどんな方法があるのでしょうか? メイクなしでデカ目をつくる方法をご紹介していきます。

 

蒸しタオルで目の血行促進

目を大きくするには、目の疲れを解消して、目のまわりの血行を促進することが大切です。目のまわりの血行を良くすることで老廃物が流れ、目の疲れが回復して目が大きくなります。

 

目の血行を良くするには、温かい蒸しタオルを乗せて、しばらくゆっくりするのも良いですが、冷たいタオルと温かいタオルを交互に当てるのもオススメ。温冷を交互にやれば血行が良くなり、すっきりとむくみが解消されて、目が大きくなるでしょう。

 

目を大きくするマッサージ

目を大きくする方法は、目のマッサージが効果的です。目のまわりの血行を良くし、目の疲れを回復させれば目を大きくすることができます。

 

これからご紹介するマッサージは、肌を傷つけないようにオイルやクリームを塗ってやると良いでしょう。また、仰向けの状態でやると余計な力が入らなくて、やりやすいですよ。

 

◆額のマッサージ
  1. 両手の中指と薬指を額に当てます。
  2. ゆっくりと大きな円を描くように動かします。
  3. おでこの筋肉をほぐすようなイメージでやさしくマッサージしましょう。

 

◆眉毛・上まぶたのマッサージ
  1. 眉頭の上に中指の腹を当てます。
  2. 小さな円を描きながら、クルクルを回して眉尻までマッサージします。
  3. 次に、人差し指を曲げて、第二関節を眉頭の下に当てます。
  4. 眉下のくぼみの部分を、骨に沿って、眉頭から眉尻まで滑らせていきます。

 

◆こめかみのマッサージ
  1. 手をグーにして、第二関節をこめかみに当てます。
  2. 目尻から引き上げるように、グイっと引っ張ってつり目をつくりましょう。
  3. 次に、こめかみの部分をグリグリと押しほぐします。
  4. 老廃物が流れて、まぶたがスッキリするでしょう。

 

◆頭皮マッサージ
  1. 5本指の腹を前髪の生え際に当てます。
  2. 頭皮を動かすようにして、クルクルと押し回しましょう。
  3. こめかみの周辺や、頭頂部までマッサージするのがオススメ。
  4. 耳のまわりのリンパを流すマッサージも効果的です。
  5. 頭皮全体を気持ちいいと感じる程度にマッサージしてみましょう。

 

目を大きくするエクササイズ

目を大きくするには、目のまわりの筋肉を鍛えて、たるみを解消することが大切です。目のエクササイズで目のまわりの筋肉を鍛えれば、たるみが引き締まることで目が大きく見えます。加齢によってまぶたが垂れ下がってきた人にもオススメです。

 

  1. ウィンクをするように、片目ずつギュッと閉じてパッと開きます。
  2. 左右交互に10回ずつくり返します。
  3. 次に、黒目を上下左右に動かします。顔は固定して動かないようにするのがポイント。
  4. 最後に、両目をギュッと閉じたら、今度はパッと大きく開いて戻します。

 

アイテムを使って目を大きくする方法

目を大きくする方法をご紹介しましたが、次に、アイテムを使って目を大きくする方法についてもご紹介しておきましょう。

 

メイクで目と眉毛を近づける

f:id:m-danjyo:20181216183640j:plain

目を大きく見せるには、目と眉毛の距離を近づけるメイクがオススメ。目と眉毛の距離が広くなると何となく間延びして見えますが、目と眉毛の距離を近づけるとキリっと引き締まった印象になります。

 

たったこれだけで目が大きく見え、さらに若々しい印象にもなるので、目元のメイクはとっても重要ですね。目と眉毛を近づけるには、眉頭を目に近づけてアイブロウを描くか、アイプチで二重にする方法があります。

 

アイプチで二重にクセづけする

「一重まぶた」を「二重まぶた」にするアイテムとして超有名なのが「アイプチ」ですよね。まぶたに折り目をつくって、専用の接着剤でくっつける方法です。このままクセがつけば、自然な二重になれると言われています。

 

黒目を大きく見せるコンタクトをつける

目を大きく見せる方法は、カラーコンタクトレンズをつけて黒目を大きく見せる方法です。縁取りが強調されているコンタクトレンズなら、黒目が大きく見えることで目全体が大きく見える効果があります。

 

目を小さくするNG習慣にご注意を!

目を大きくするには、目を小さくするNG習慣を改善することも大切です。では、目を小さくするNG習慣とは何なのか見ていきましょう。

 

目をこする

目がかゆいとき、目が疲れたとき、眠いとき、目がゴロゴロするときなど、目をこすってしまうことはありませんか? 目のまわりの皮膚はとても薄いので、少し引っ張っただけで伸びてしまうことがあります。皮膚が伸びるとたるみを招いてしまうので、できるだけ目はこすらないようにしましょう。

 

また、アイメイクを落とすときにも注意。目のまわりを強くこすってメイク落としをしないように気をつけてください。また、なるべく刺激の少ないメイク落としを使うようにしましょう。

 

PCやスマホで目が疲れすぎている

PCやスマホを使うことが多い人は、目を酷使することで疲れすぎているのかもしれません。PCやスマホからは「ブルーライト」という光が出ていて、それを浴びすぎると血行不良になり、眼精疲労やシワ・たるみなどによって目が小さくなります。

 

さらに、まばたきが減ったり、目のまわりにコリが生じることで血行が悪くなり、目が小さくなってしまうこともあります。疲れがたまったら目を休ませるなどして、目を酷使しすぎないように注意しましょう。

 

睡眠不足

睡眠不足になったり、睡眠の質が悪くなると、血行不良によりくすみが生じ、目が小さくなってしまいます。寝る前にはPCやスマホを使わないようにして、ブルーライトの刺激を受けないように気をつけましょう。

 

良質な睡眠を取るためには、メラトニンというホルモンを分泌させて、安眠することが大事。安眠できれば目がスッキリするので、目が大きく見えます。睡眠の質を高めるには、自律神経のバランスを整えて、メラトニンの分泌を促しましょう。

 

目に合わないメガネやコンタクトを使っている

度が合っていないメガネやコンタクトを使っていると、目を細めて物を見てしまうので、筋肉が緊張して目が小さくなる原因になります。

 

メガネやコンタクトは度の合ったものを使い、遠くのものを見るときは、なるべく目を細めないようにしましょう。

 

目を大きくして可愛いモテ顔に!

自力で目を大きくする方法をご紹介しました。メイクなしで目を大きくできれば、すっぴんにも自信が持てますね。明日から実践して、可愛いモテ顔を目指しましょう。