みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

アミノ酸シャンプーの選び方|髪と頭皮にやさしいシャンプーでヘアケア

f:id:m-danjyo:20181218142707j:plain

アミノ酸シャンプーで髪と頭皮をやさしく守る!

アミノ酸シャンプーが、髪や頭皮に良いということは知っていても、「具体的には、どのような効果があるのか?」「一般的なシャンプーとは何が違うのか?」詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

 

アミノ酸シャンプーは、髪のパサつきに悩んでいる人はもちろん、頭皮トラブルで悩んでいる人にもおすすめのシャンプーなのです。

 

そこで今回は、アミノ酸シャンプーのメリットや選び方をご紹介します。アミノ酸シャンプーで髪を洗うメリットを知り、すこやかな頭皮と美しい髪を守るヘアケアをしていきましょう!

 

アミノ酸シャンプーとは?

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分に「アミノ酸系の界面活性剤」を使用しているシャンプーのことで、低刺激なのが特徴です。他の一般的なシャンプーに比べて洗浄力がマイルドなので、髪や頭皮をやさしく洗い上げてくれます。

 

低刺激のアミノ酸シャンプーには、肌(頭皮)や髪を保湿する効果のある「アミノ酸」が含まれているので、肌や髪にうるおいを与え、乾燥から守ってくれます。

 

では、アミノ酸系の洗浄成分にはどのようなものがあるのでしょうか? 具体的に、いくつかのアミノ酸系の成分をご紹介します。

 

・グルタミン酸系……ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na、など。

アミノ酸シャンプーの中でも洗浄力が控えめで、しっとりした使用感が特徴です。

 

・アラニン系……ココイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、など。

わりと泡立ちが良く、適度な洗浄力でさっぱり感があります。

 

・グリシン系……ココイルグリシンNa、ココイルグリシンK、など。

洗浄力や泡立ちが良く、さっぱりとした使用感が特徴です。ややきしみを感じることも。

 

・タウリン系……ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、など。

きめ細かい泡立ちで適度な洗浄力があり、泡切れがよくさっぱりとした使用感が特徴です。

 

ここまで見るとわかるように、アミノ酸系の洗浄成分には、「ココイル」や「ラウロイル」という言葉がついていることが多いので、アミノ酸シャンプーを見分ける際の参考にしてみてください。

 

アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

アミノ酸シャンプーの成分がわかったところで、アミノ酸シャンプーにはどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

 

アミノ酸シャンプーのメリット

f:id:m-danjyo:20181218142758j:plain

アミノ酸シャンプーのメリットは、髪や頭皮を保湿できることです。アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸は、髪をつくる「タンパク質」の材料になり、さらに、頭皮の水分量を保つ「保湿成分」の材料にもなります。そのため、髪や頭皮に必要な栄養を補給することで、髪と頭皮をうるおすことができるのです。

 

もし、洗浄力の強い一般的なシャンプーで洗ってしまうと、頭皮の皮脂を落とし過ぎて乾燥してしまうことがあります。頭皮が乾燥してしまうと、その乾燥をうるおそうとして過剰な皮脂が分泌され、頭皮や髪がベトベトしてしまうことも。皮脂が過剰に分泌されると、さらに頭皮環境が悪化して、フケや抜け毛の原因になることもあります。

 

このような悪循環を防ぐには、アミノ酸シャンプーで適度な皮脂を残しながら、頭皮にやさしい洗髪をすることが大切です。そうすればフケやかゆみを改善し、頭皮環境を整えることで薄毛対策にもなります。

 

アミノ酸シャンプーのデメリット

アミノ酸シャンプーのデメリットは、一般的なシャンプーに比べて洗浄力が弱いことです。そのため、汚れや皮脂、整髪料などを落としきれないことがあります。

 

洗浄力が弱くて保湿効果が高いのはメリットですが、髪に皮脂が残ってしまうと、さっぱり感がないことに物足りなさを感じるかもしれません。

 

さらにもう1つのデメリットは、他のシャンプーに比べて価格が高いこと。アミノ酸系の界面活性剤は、他の一般的な界面活性剤よりも高価なので、どうしても価格が高くなってしまうのです。とはいえ、髪や頭皮トラブルで悩んでいる人には、メリットのほうが大きいのではないでしょうか?

 

アミノ酸シャンプーの選び方

では、アミノ酸シャンプーの選び方はどうすれば良いのでしょうか? 購入するときに気をつけたいチェックポイントをいくつかピックアップしてご紹介します。

 

アミノ酸系成分の配合量をチェック

アミノ酸シャンプーを選ぶときは、アミノ酸系の洗浄成分の配合量をチェックしましょう。というのも、「アミノ酸シャンプー」と謳っていても、実際にはアミノ酸系の成分が少ししか入っていない場合があるからです。

 

配合量をチェックする方法は、成分表のどの位置にアミノ酸系成分の表記があるかを確認することが大切です。成分表には、含有量の多い順に記載するように決められているので、アミノ酸系成分の名前が最初のほうに書かれているシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

「石油系界面活性剤」入っていないシャンプーを選ぶ

f:id:m-danjyo:20181218142909j:plain

アミノ酸成分が少ししか入っていないシャンプーの中には、洗浄力の強い「石油系界面活性剤」が含まれているものもあります。石油由来の界面活性剤は泡立ちが良いため、アミノ酸シャンプーのデメリットである「洗浄力の弱さ」をカバーできるのです。

 

しかしこれは、高級アルコール系シャンプーに使われる「ラウレス硫酸~」や「ラウリル硫酸~」などの場合が多く、髪や頭皮に刺激を与えて乾燥させてしまう成分です。これらの成分の含有量が多くなると、もはやアミノ酸シャンプーではなくなります。

 

そのため、アミノ酸シャンプーを選ぶなら、「石油系界面活性剤」が入っていないものを選びましょう。 

 

フケやかゆみがあるなら薬用シャンプーを選ぶ

フケやかゆみが気になる人は、有効成分が配合された「薬用シャンプー」を選ぶと良いでしょう。乾燥だけが原因のフケやかゆみならアミノ酸シャンプーで改善できますが、雑菌の繁殖による頭皮トラブルの場合は、抗菌成分が含まれている「薬用シャンプー」のほうが効果的です。

 

ちなみに「薬用」という言葉は、有効成分が配合されている「医薬部外品」にしか使えないので、効果が認められている商品であることを表しています。頭皮トラブルを改善して頭皮環境を良くするためには、薬用のアミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

男性用ならスカルプケアシャンプーがおすすめ

アミノ酸シャンプーの選び方は、男性なら男性用・女性なら女性用をそれぞれ選ぶことをおすすめします。頭皮環境は男女で違いがあり、男性の場合は皮脂が多く、ベタつきやすい特徴があります。

 

 

男性用なら、おもに「スカルプケアシャンプー」がおすすめ。皮脂が多い男性の頭皮環境を良好にして、抜け毛や薄毛を予防してくれるでしょう。

 

女性用なら保湿効果の高いシャンプーがおすすめ

女性用のアミノ酸シャンプーを選ぶなら、保湿効果の高いシャンプーがおすすめです。女性は男性よりも皮脂の量が少ないので、頭皮が乾燥しやすい特徴があります。

 

すでに頭皮が乾燥している場合は、頭皮が敏感な状態になっているため、低刺激で肌にやさしいシャンプーがとくにおすすめ。そのため、敏感肌にも使えて保湿効果の高いアミノ酸シャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

アミノ酸シャンプーのデメリットをカバーする洗い方

アミノ酸シャンプーにはたくさんのメリットがありますが、唯一のデメリットである「洗浄力が弱い」ことをカバーできる洗い方をご紹介しましょう。

 

シャンプー前にブラッシングで汚れを落とす

「洗浄力が弱い」というデメリットをカバーするには、シャンプー前にブラッシングをして、あらかじめ汚れを落としておくとキレイに洗うことができます。ブラッシングすることで頭皮の汚れを浮かせたり、髪の毛に絡まっている汚れを落とすこともできます。

 

シャンプー前に汚れを落としておけば、シャンプーの泡立ちも良くなり、汚れをすっきり落とすことができるでしょう。

 

お湯だけの予備洗いをしっかりする

いきなりシャンプーをつけて洗うよりも、まずはお湯だけで予備洗いをするほうが、格段にキレイな洗い上がりになります。ぬるま湯でしっかりと頭皮まで洗っておけば、その時点で汚れの8割くらいが落ちると言われています。

 

その後のシャンプーの泡立ちも良くなり、アミノ酸シャンプーのデメリットである「洗浄力が弱い」ことを見事に克服できるでしょう。

 

◆頭浸浴もおすすめ

人気モデルが実践していることで話題になった「頭浸浴」には、頭皮の汚れを浮かせる効果があるのでおすすめです。頭皮の毛穴を開くことで、汚れがすっきりと落ちやすくなりますよ。

 

小顔になれる「頭浸浴」とは?心も体もキレイになる入浴法

 

手の上でシャンプーを泡立ててから髪につける

美しい髪を保つためには、シャンプーをしっかり泡立ててから髪につけることが大事。シャンプーをそのまま髪につけて、髪の上でワシャワシャ泡立てると、髪同士がこすれて傷みやすくなります。

 

髪がこすれるとキューティクルが剥がれ、パサパサに乾燥してしまうことも。せっかく髪にやさしい「アミノ酸シャンプー」を使うなら、手の上でしっかりと泡立ててから髪につけるようにしましょう。

 

すすぎをしっかりする

髪や頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーでも、しっかり洗い流さないと頭皮トラブルを起こすことがあります。アミノ酸シャンプーは頭皮に残りやすい性質があるので、頭皮の毛穴をふさいでしまうことがあるのです。

 

また、すすぎをしっかりしないと髪が重くなり、洗髪後の爽快感を得られません。そのため、数分かけて念入りにすすぎ、しっかりと洗い流すようにしましょう。

 

髪や頭皮を守る乾かし方

アミノ酸シャンプーのメリットを活かすには、乾かし方も大切です。髪や頭皮を守るために、なるべく刺激を与えない乾かし方をしましょう。

 

乾かし方のポイントは、以下の4つです。

  • すぐに乾かす
  • 根元から乾かす
  • ドライヤーを髪や頭皮に近づけすぎない
  • 最後は冷風を当ててキューティクルを閉じる

 

洗髪後はすぐに乾かしましょう。濡れたままでいると雑菌が繁殖して、頭皮環境が悪くなる場合があります。また、早く乾かすためには根元から先に乾かし、最後は冷風を当ててキューティクルを閉じれば髪が傷みにくくなります。そして、ドライヤーを髪や頭皮に近づけすぎないように注意すれば、髪と頭皮をドライヤーの刺激から守ることができるでしょう。

 

アミノ酸シャンプーで髪と頭皮にやさしいヘアケアを!

アミノ酸シャンプーの選び方をご紹介しました。効果のあるアミノ酸シャンプーを見分けることで、髪と頭皮にやさしいヘアケアができます。さらに、洗い方のポイントにも気をつければ、すこやかでうるおいに満ちた髪をキープすることができるでしょう。