みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

痩せているのに胸が大きい人の特徴|細いのに胸がある秘密は習慣だった

f:id:m-danjyo:20181217071811j:plain

痩せているのに胸が大きい人の習慣を真似してバストアップ

痩せているのに胸が大きい女性って、まさに理想のナイスバディですよね。「豊胸しているんじゃない?」という疑惑も湧いてきますが、そのような羨ましい体型の女性も実在します。

 

でも、胸は脂肪だから痩せていれば胸も小さくなるはずなのに、なぜ細いのに胸が大きい人がいるのでしょうか? そこで今回は、痩せているのに胸が大きい人の特徴をご紹介します。

 

その秘密がわかれば、痩せても胸だけ大きくすることができます。憧れのナイスバディを手に入れるために、その秘密に迫ってみましょう!

 

細いのに胸がある秘密は「思春期」の習慣だった!

胸の大きさは、遺伝だと思っていませんか? 実は、遺伝によって胸の大きさが決まる確率は30~40%くらいだと言われています。意外と少ない確率に、おどろいた人も多いのではないでしょうか? 

 

とはいえ、育った環境が胸の大きさに影響を及ぼすのも事実です。育った環境によって日々の習慣が違うので、それが胸の大きさを左右します。とくに、胸が徐々に育っていく「思春期」の習慣が大きく関係しています。

 

「じゃぁ、もう胸の大きさは変えられないの?」とガッカリしないでください。習慣によって体質は変わるので、今からでも習慣を変えていけば大丈夫ですよ。

では、胸が大きくなりやすいのは、どんな思春期を送ってきた人なのでしょうか?

 

バストの大きさは「女性ホルモン」の分泌量によって決まる

バストの大きさを決めているのは「乳腺」と「脂肪」です。このうち、「乳腺の発達」は、女性ホルモンの分泌量によって決まります。乳腺の発達には遺伝も関係していますが、幼い頃から栄養バランスの良い食生活をしていれば、女性ホルモンの分泌量が多くなり、その結果バストが大きくなる傾向があります。

 

「胸を揺らさない運動習慣」があれば胸が大きくなりやすい

子どもの頃から運動をしているほうが胸が大きくなると言われていますが、激しい運動では逆効果になる場合があります。その理由は、胸が激しく揺れてしまうと、クーパー靭帯が損傷してバストダウンにつながるからです。

 

とくに「縄跳び」などのジャンプする運動で、胸が上下に揺れることが多いと、クーパー靭帯が損傷することで、将来的に胸が小さくなる可能性があります。

 

胸を激しく揺らさないように気をつけて、適度な運動を習慣にすれば、全身の血行が良くなり、バストに栄養が届きやすくなります。バストの成長期である思春期に、たっぷりと栄養を胸に届けておけば、将来的に胸が大きくなる確率が高くなります。

 

痩せているのに胸が大きい人の特徴

痩せているのに胸が大きい人の特徴にも、やはり習慣が大きく関わっています。小さい頃から胸が大きくなる習慣が身についている人は、大人になってもその習慣を続けていることが多いですよね。だから、痩せているのに胸が大きくなる可能性が高いのです。

 

では、痩せているのに胸が大きい人には、どのような特徴(習慣)があるか見ていきましょう。

 

体を温める習慣があり、冷え体質ではないことが多い

痩せているのに胸が大きい人は、日頃から体を温める習慣があり、冷え体質ではないことが多いです。「冷房で体が冷える」という声をよく耳にしますが、痩せているのに胸が大きい人は、夏も冬も冷え対策がしっかりできていることが多いです。

 

冷えは自律神経の乱れにつながり、その結果、胸を大きくする「女性ホルモンのバランス」も崩れてしまいます。自律神経と女性ホルモンは、司令を出す器官が同じなので、連動してバランスを崩すことが多く、冷えが原因の1つになっています。

逆に、ホルモンバランスや自律神経が乱れることで冷えが起こり、バストダウンにつながることも。そのため、両面からのケアがバストアップには必要なのです。

 

体が冷えると「エストロゲン(女性ホルモン)」の分泌が減り、乳腺の発達が妨げられることでバストダウンにつながります。また、冷えによって血行が悪くなると、栄養が胸に届きにくくなるため、胸の成長を妨げます。

 

では、痩せているのに胸が大きい人は、どのような習慣で体を温めているのでしょうか?

 

♥体を温める習慣とは?

痩せているのに胸が大きい人は、日頃から体を温める習慣があります。たとえば、温かい飲み物を飲んだり、暖かい服装をしたりして体を冷やさないように気をつけているのです。

 

これは寒い時期に限らず、一年を通してこのような体を温める習慣がある人は、痩せていても胸が大きい傾向があります。

 

ストレスが少ない・発散するのが上手

ストレスを感じていない人を探すほうが大変なくらい、多くの人がストレスを抱えながら生活していますよね。でも、痩せているのに胸が大きい人は、ストレスが少なかったり、発散するのが上手でストレスをあまりため込んでいない特徴があります。

 

なぜストレスがバストアップの邪魔になるかというと、血行が悪くなることで胸に栄養が届きにくくなり、胸の成長を妨げてしまうからです。これは、体の冷えによってバストダウンしてしまう理由と同じですね。

 

ストレスをためないようにするのはかなり大変かもしれませんが、イライラしてきたら深呼吸をするなどして、適度に休息をとるように心がけましょう。また、適度な運動はストレス解消に役立つので、ウォーキングなどを始めてみるのもオススメですよ。

 

お肉をよく食べる

痩せているのに胸が大きい人は、お肉をよく食べる人が多いです。胸を大きくするには食習慣も大事なポイントで、とくに「タンパク質」は、大きな胸をつくるための栄養になります。

 

また胸は、ほとんどが脂肪でできているので、お肉に含まれる「脂質」も大きな胸をつくる栄養素になります。ダイエットで無理な食事制限をしてしまう人は、体だけでなく胸まで痩せてしまうことが多いので、食事の栄養バランスには気をつけたいですね。

 

真似すると胸が大きくなる習慣とは?

痩せているのに胸が大きい人の習慣を真似すれば、細くても胸を大きくすることができます。では、どんな習慣を真似すれば胸が大きくなるのでしょうか?

 

「タンパク質」と「糖質」で上手に胸の脂肪を増やす

痩せていても胸を大きくするには、胸の栄養になる「タンパク質」を摂る食習慣は欠かせないポイントです。それに加えてバストの脂肪を増やすには、「脂質」だけでなく、「糖質」も必要です。

 

ただしこれらの食べ物は、摂り過ぎると太ってしまうので、「何を食べるか」が重要なポイントになります。

 

痩せているのに胸だけ大きくするには、「鶏肉」と「白米」のセットがオススメ。できるだけ低カロリーの動物性タンパク質を摂ることが、太らずに胸に栄養を与えるポイントです。また、日本人が摂る炭水化物(糖質)の代表といえば、白米ですよね。

この2つを上手に摂って、効率的にバストアップを目指しましょう。

 

ちなみに、「脂質」と「糖質」のセットは究極に太りやすい組み合わせなので要注意。痩せているのに胸が大きい人を目指すには、太ったら意味がないので「低カロリーのお肉」と「ごはん」のセットがベストです。

ごはんは白米ではなく玄米もオススメ。糖質量はほぼ同じなのに、ビタミンやミネラルが白米よりも豊富なので、栄養バランスが良くなります。

 

♥栄養バランスも考えた食事をしましょう

いくらお肉とごはんがバストアップに効果的だからといって、野菜などのビタミン・ミネラルが不足してしまうのはNG。しっかりと栄養バランスを考えた食事をしましょう。

 

ビタミン類は血行を良くする効果があるので、バストに栄養が届きやすくなります。ミネラル類は女性ホルモンの分泌を活発にしたり、体の機能を正常にする効果があります。

 

いろいろな物をバランスよく食べて、偏った食生活を改善することも胸を大きくするために必要ですよ。

 

冷え対策をしっかりする

胸を大きくするには女性ホルモンが必要ですが、「冷え」はホルモンバランスが乱れる大きな原因でしたよね。そのため、冷え対策をしっかりすることが胸を大きくするポイントです。

 

効果的な冷え対策は、体の外側からと、体の内側からの両面から温めること。では、具体的な冷え対策をそれぞれ見ていきましょう。

 

♥内側の冷えには「体を温める食べ物」

女性の大敵である「冷え性」を改善するには、体の内側から温めることが大事。内側の冷え対策には、体を温める食べ物を食べると良いでしょう。たとえば、ネギや生姜、ニンニクやゴボウなどが体を温める食べ物にオススメです。

 

体を温める食べ物の特徴は、土の中で育つ物、寒い季節に採れる物、寒い地方で栽培される物などです。これらは食物繊維が豊富な食べ物が多いので、便秘を解消することで血行を促進し、体を温める効果が期待できるでしょう。

 

♥外側の冷えには「防寒対策」

体の外側から温めるには、防寒対策をすることが大事。とくに、首や手首、足首などを温めると全身が温まりやすく、冷えを解消できます。マフラーや手袋、靴下などを取り入れて、冷えから体を守りましょう。

 

また、締めつけのきつい下着や服は、血行が悪くなることで体の冷えにつながります。胸にしっかりと栄養を届けるためにも、自分に合ったサイズの下着や服選びが大切ですよ。

 

良質な睡眠や規則正しい生活をする

胸が大きくなる習慣は、睡眠をしっかりとることが大事。良質な睡眠をとることでホルモンバランスが整い、バストアップ効果が高まります。また、胸を大きくするには「成長ホルモン」の分泌も大切なポイントで、22~2時のゴールデンタイムに眠っていると成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

さらに、規則正しい生活を心がけることも胸が大きくなる習慣の1つで、ホルモンバランスや自律神経を整えることにつながります。早寝早起きをして心身ともに健康になれば、代謝がアップして痩せやすくなるとともに、バストアップ効果も高まるでしょう。

 

適度な運動を習慣にする

バストアップには、適度な運動も大切です。ウォーキングなどの軽い有酸素運動をすると全身の血行が良くなり、胸に栄養が届きやすくなります。また、適度な運動にはストレス解消の効果もあるので、自律神経やホルモンバランスを整える効果があります。

 

適度な運動を習慣にすれば、心身ともに健康になり、胸がグングン成長しちゃいますね。「運動しなきゃ!」と思うとストレスになるので、気軽に運動習慣を身につけてみましょう。

 

プラスαでやると効果的なバストアップ法

胸が大きくなる習慣をご紹介しましたが、さらにプラスαでやると効果的なバストアップ法をご紹介します。毎日の習慣にプラスして、効率的にバストアップを目指しましょう。

 

アンダーを細くする

痩せているのに胸が大きい人を目指すなら、アンダーを細くすることがポイントです。アンダーが細くなれば、バストトップとの差ができるので、カップサイズが大きくなりますよね。アンダーを細くする方法は、以下の2つのポイントを意識しましょう。

 

♥お腹の脂肪を落とす

バスト下の「腹部」の脂肪を落とすことで、アンダーを細くすることができます。お腹に脂肪があると、トップとアンダーの差が出にくくなり、胸が小さく見えてしまいます。そのため、適度な筋トレでお腹を鍛えれば、脂肪が落ちやすくなってアンダーが細くなりますよ。

 

♥正しいサイズのブラを選ぶ

正しいブラのサイズを選ぶことは基本中の基本。バストを正しい位置にキープできれば、バストアップ効果が高まります。また、流れた脂肪を寄せ集めることでアンダーとトップの差が出るので、胸が大きく見えるポイントになりますよ。

自分に合ったブラをつけることは、胸を大きくする習慣の中でも大切です。

 

お風呂で温まりながらバストマッサージ

胸を大きくする習慣にプラスしたいのが、バストマッサージです。とくに、お風呂で体が温まっているときにバストマッサージをすると、効果絶大。バストまわりのリンパの流れが良くなり、胸に栄養が届きやすくなることでバストアップできます。

 

お風呂で体が温まった後の「お風呂上がり」にマッサージしてもOKです。バストアップクリームを塗ってマッサージすれば、さらに効果アップ。バストマッサージを習慣にすれば、胸にハリが出てきて垂れ胸予防にも効果的ですよ。

 

痩せて胸が大きくなればナイスバディに!

痩せているのに胸が大きい人の特徴をご紹介しました。胸が大きい人の特徴は、毎日の習慣が大きく関わっているので、生活習慣を見直してバストアップを目指しましょう。胸が大きくなる習慣を続ければ体質が変わり、細いのに胸が大きい人の仲間入りができます。これで、憧れのナイスバディを手に入れられますね。