みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌代謝を上げてシミを薄くする方法|セルフケアでもシミは薄くなる

f:id:m-danjyo:20190121151041j:plain

シミを薄くするには肌代謝をアップさせるのが鍵!

30代を過ぎた頃から気になりはじめるシミ。レーザー治療をやってみたいとは思うものの、お金も時間もかかるし、できることなら自宅でのセルフケアで何とかしたいですよね。

 

セルフケアでシミを薄くするには、美白化粧品を使うのが効果的ですが、実は、肌代謝を上げることも効果的です。そのためには、「スキンケア」と「生活習慣」が重要なポイントになります。

 

そこで今回は、肌代謝を上げてシミを薄くする方法をご紹介します。本来、シミは自然と消えていくものなので、自宅ケアで改善することも不可能ではありません。

 

では、まずはシミができる原因から見ていきましょう。シミができる原因を見れば、肌代謝を上げるポイントがわかってきますよ。

 

シミができる原因とは?

そもそもシミとは、何でしょうか? シミとは、メラニン色素が肌の表面に蓄積している状態のことを言います。メラニン色素とは、シミの原因になる色素のこと。本来、シミは自然と消えていくものですが、ある原因によってメラニン色素が肌に蓄積されてしまうとシミができるのです。

では、シミができる原因について見ていきましょう。

 

紫外線によるメラニンの蓄積

シミの原因は、ほとんどが紫外線によるものです。

紫外線を浴びると、肌を守るために「活性酸素」が発生し、この活性酸素が増えることでシミの原因になります。活性酸素はもともと肌を守る役割がありますが、増え過ぎるとシミの原因になってしまうのです。

 

では、なぜ活性酸素が増えるとシミになってしまうのでしょうか?

活性酸素が増え過ぎると細胞を傷つけてしまうことがあり、今度は、活性酸素から肌を守るために「メラニン色素」が発生します。メラニン色素は、肌の奥にある「メラノサイト」という細胞から司令が出されて発生しますが、この「メラニン色素」が増え過ぎると肌の表面に蓄積されて、それがシミになってしまうのです。

 

つまり、「活性酸素」も「メラニン色素」も肌を守る役割がありますが、増え過ぎるとシミの原因になってしまうというわけです。

 

このようなメカニズムで発生するシミを薄くするには、肌代謝を上げることが大事です。肌代謝とは、いわゆる「ターンオーバー」のことなので、ターンオーバーを活発にさせることでシミを薄くすることができます。

 

生活習慣などによるターンオーバーの乱れ

紫外線以外にシミの原因となるのは、生活習慣の乱れです。生活習慣が乱れると血行が悪くなり、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」が乱れてしまいます。

ターンオーバーとは、簡単にいうと「肌代謝のサイクル」のことです。このサイクルが乱れることでメラニン色素が排出されにくくなり、メラニン色素が肌表面に蓄積されると、それがシミになってしまうのです。

 

◆ターンオーバーについて解説!

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことです。肌は、約28日のサイクルで生まれ変わりますが、年齢とともにこのサイクルが遅れがちになり、肌表面に古い角質がたまってシミやシワの原因になります。

 

肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層構造になっています。さらに、肌の一番表面にある「表皮」は、四層構造になっています。

 

表皮は四層構造になっていて、肌の表面に近いところから

  • 角質層
  • 顆粒葬(かりゅうそう)
  • 有棘層(ゆうきょくそう)
  • 基底層(きていそう)

という層に分かれています。

 

基底層で生まれた新しい細胞は、だんだんと肌の表面に押し上げられていき、最終的には角質層で「古い角質(アカ)」となって剥がれ落ちていきます。これがターンオーバーのメカニズムです。

 

◆ターンオーバーは加齢によって乱れる

ターンオーバーは加齢によってサイクルが遅れがちになり、肌の表面に古い角質がたまりやすくなります。そうなると、メラニン色素も一緒に蓄積されてしまうので、シミができやすい肌状態になってしまうのです。

 

ターンオーバーがだんだんと遅れがちになるのは、だいたい30代くらいから。そのため、30代くらいからシミが気になり始める人が多いのです。

 

◆ターンオーバーは生活習慣によって乱れる

ターンオーバーは加齢だけでなく、生活習慣によっても乱れます。ターンオーバーが乱れる原因になるのは、以下のような生活習慣です。

 

  • タバコ
  • アルコール
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足

 

これらの生活習慣は、すべて血行不良につながります。血行が悪くなると代謝が低下して、ターンオーバーが正常に働かなくなることでシミができやすくなってしまうのです。

 

生活習慣以外にも、「ストレス」が原因になることもあります。ストレスがたまると血行不良を引き起こし、ターンオーバーを乱す原因になります。

ストレスといっても、イライラするような「精神的ストレス」だけでなく、「身体的ストレス」も含まれます。

 

  • 精神的ストレス(イライラ・緊張・不安など)
  • 身体的ストレス(体の冷え・疲労の蓄積など)

 

一般的なストレスである「精神的ストレス」については、イメージできますよね。身体的ストレスとは、「部屋が寒い」「仕事が忙しくて疲れがたまっている」といった状態によって感じるストレスのこと。つまり、体に負担がかかっているので、ストレスを感じるのです。

 

このように、紫外線以外の原因としては、加齢や生活習慣、ストレスによるターンオーバーの乱れが、シミの原因になります。

 

ターンオーバー(肌代謝)を活発にすればシミは薄くなる!

ここまでの内容をまとめると、シミの原因は……

  • 紫外線によるメラニン色素の蓄積
  • 加齢や生活習慣によるターンオーバーの乱れ

であることがわかります。紫外線によるメラニン色素の蓄積も、結果的にはターンオーバーを活発にすれば改善されます。

 

つまり、ターンオーバーを活発にすれば、シミは薄くなるという結論になりますね。シミの境界線がぼんやりしていて、まだそこまで濃くない初期のシミであれば、セルフケアでも十分に薄くすることが可能なのです。

 

では、ターンオーバーを活発にするには、どのような方法があるのでしょうか? 肌代謝を上げてシミを薄くする方法をご紹介していきます。 

 

肌代謝を上げてシミを薄くする方法

シミを薄くするには、肌代謝を上げることがポイントです。自宅でのシミケアの方法は色々ありますが、今回は肌代謝を上げることに注目してご紹介していきますね。

 

美白化粧品で肌代謝を上げる

シミケア・美白ケアをするなら、美白化粧品でのスキンケアは欠かせません。美白化粧品の中には、肌代謝を上げる成分が配合されているものもあります。その美白成分で代表的なのが、以下の4つです。

 

肌代謝を上げる美白成分

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • アルブチン
  • コウジ酸

 

ほとんどの美白化粧品には、このいずれか、もしくは複数の成分が配合されています。これらの成分は細胞を活性化させる効果があるので、肌代謝のアップにつながります。

メラニンの生成を抑える効果のある成分でもあるので、これからできるシミを予防し、シミのない美肌を目指すことができますよ。

 

ただし美白成分には、紫外線の刺激によってシミができやすくなる成分もあるため、夜のスキンケアで使うことをオススメします。使用方法は、化粧品の指示に従ってください。また、敏感肌の人は肌の刺激になる成分もあるので、パッチテストを行ってから使用してください。

 

ピーリングで肌代謝を上げる

肌代謝を上げるには、ピーリングもオススメ。ピーリングとは、おもに酸の力で古い角質を柔らかくし、剥がれやすくするスキンケア(おもに洗顔)のことです。といっても、無理やりたくさんの角質を剥がせば良いわけではありません。角質を剥がし過ぎると、まだ若くて弱い肌が表面に出てきてしまうので、バリア機能が十分に機能してくれなくなります。

 

バリア機能が正常に働かないということは、紫外線のダメージを受けやすくなり、シミができやすくなってしまうということです。そのためピーリングは毎日やるのではなく、週に2回くらいまでにしておきましょう。

 

保湿ケアで肌代謝を上げる

肌代謝を上げてシミを薄くするには、保湿ケアをすることも大切です。保湿と肌代謝にはあまり関係がないように感じますが、実はとても深い関係があります。保湿ケアをすることで肌のバリア機能を高め、肌本来の機能が正常になり、ターンオーバーを促してくれるのです。

 

保湿効果のある成分は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどがあります。美白効果のある成分と一緒に、保湿効果のある成分でのスキンケアにも力を入れましょう。

 

生活習慣の改善で肌代謝を上げる

肌代謝を上げてシミを薄くするには、シミの原因になる生活習慣を改善することが大切です。では、どのように生活習慣を改善すれば良いのか見ていきましょう。

 

◆栄養バランスの良い食事&シミケアに効く食べ物

f:id:m-danjyo:20190121151702j:plain

シミを薄くするには、栄養バランスの良い食事をすることは大前提です。何を食べるかよりも、バランス良く色々な栄養を取り入れることがもっとも重要なのです。とはいえ、シミを薄くする効果が期待できる食べ物もあります。

 

シミを薄くするには、代謝を上げる効果のある「タンパク質」と「亜鉛」は欠かせません。タンパク質は肌をつくる成分の1つで、亜鉛は細胞の生まれ変わりに関わる栄養素です。タンパク質は肉・魚類をはじめ、乳製品や卵などに多く含まれています。亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれていますが、苦手な人はサプリで補うのも良いかもしれません。

 

また、美肌・美白成分である「ビタミンC」や「ビタミンE」も肌代謝アップに効果的。ビタミンCはメラニンの生成を抑える効果があるため、シミの予防・改善に効果的です。ただし、すぐに体外に排出されてしまう成分のため、小まめに摂取することが大事。ビタミンCのサプリを1日に数回摂ると、簡単に補給できますね。

 

またビタミンEは、若返りのビタミンと呼ばれるほどアンチエイジング効果の高いビタミンです。美肌や美白をはじめ、エイジングケアには欠かせない栄養なので、ぜひ食生活に取り入れるようにしましょう。ビタミンEが含まれる食べ物は、アーモンドやアボカドなどです。

 

さらに、アンチエイジングやシミケアに効果的なのが「アスタキサンチン」や「リコピン」、「βカロチン」などです。これらの栄養はシミだけでなく、シワやたるみなども改善してくれる効果があるので、エイジングケアの強力なサポートをしてくれます。

アスタキサンチンが含まれる食べ物はエビやカニなど、リコピンが含まれる食べ物はトマトやスイカなど、βカロチンが含まれる食べ物はニンジンやかぼちゃなどがあります。

 

◆お風呂で温まり、体を冷やさない

肌代謝を上げるには、体を冷やさないことが大切です。体が冷えると血行が悪くなるので、肌代謝だけでなく、全身の代謝も低下して太りやすい体になってしまいます。そのため、体が冷えない服装をしたり、毎日お風呂で体を温めたりする習慣をつけると良いでしょう。

 

体を冷やさないためには、シャワーで済ませずに、必ずお風呂に浸かって体を温めること。オススメの入浴法は、体の芯まで温まり、湯冷めしにくい効果のある「半身浴」です。

とはいえ、ルールを気にせず、とにかく体が温まるまでお風呂に浸かることが大事。ふつうに10分くらい肩まで浸かって、体が温まったなと感じたらOKですよ。

 

◆睡眠をしっかりとる

肌代謝、つまりターンオーバーは、眠っている間に行われます。そのため「美肌は寝ている間につくられる」なんて言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

22~2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれていて、この時間にしっかり眠っていることで成長ホルモンの分泌が促され、ターンオーバーが活発に行われます。成長ホルモンとは美肌に欠かせないホルモンですが、美肌以外にも疲労回復やストレスの軽減、ケガや病気を回復させる効果まであります。

 

成長ホルモンは、質の良い睡眠をとらないと十分に分泌されないので、睡眠時間を確保するだけでなく、安眠効果を高めることも大切なポイントですよ。そうすれば肌代謝がアップして、シミを薄くする効果が高まるでしょう。

 

◆ストレスをできるだけためない

シミができる原因のところでもお話したように、肌代謝を上げるには、ストレスも大敵です。そのため、できるだけストレスをためないようにすることも大事。ストレスがたまると血行不良を引き起こし、肌代謝の低下につながるためシミができやすくなってしまうのです。

 

また、ストレスをためないメリットとしては、睡眠の質が高まるというオマケもあります。ストレスをためないことで睡眠の質も高めてくれるので、肌代謝が上がってシミを薄くすることができます。

 

もし仕事中などにストレスを感じたら、その場を離れて「深呼吸」をしてみましょう。少しは心が落ち着き、ストレスがたまりにくくなりますよ。また、物理的にも深呼吸は肌代謝に関係しています。

深呼吸をすると、酸素を細胞の隅々まで行きわたらせることができ、細胞が活性化されて肌代謝のアップにつながるのです。ストレスの軽減と肌代謝アップのためには、深呼吸も効果的です。

 

肌代謝をアップすればセルフケアでもシミは薄くなる!

肌代謝を上げてシミを薄くする方法をご紹介しました。肌代謝(ターンオーバー)を高めれば、メラニンの蓄積を抑えて排出を促すことができ、シミを薄くしていくことが可能です。そのためにはスキンケアをはじめ、生活習慣の改善も大切なポイント。毎日のセルフケアでシミを薄くしていきましょう!