みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

女性の髪が細くなる原因|髪の毛を太くするための正しいケア方法

f:id:m-danjyo:20190220084946j:plain

髪が細くなる原因と、細くなった髪を太くする方法

以前はもっと太かったのに、髪が細くなってきたと感じたことはありませんか? 髪がペタンとしてハリやコシがなくなってくると、ふんわりとしたボリュームがなくなってしまうので、うまくヘアアレンジができないこともありますよね。

 

そこで今回は、女性の髪が細くなる原因と、細くなった髪を太くする方法をご紹介します。髪の成長には頭皮の状態が深く関わっているので、頭皮環境を良くして健康で美しい髪を育てていきましょう!

 

髪が細くなるのは薄毛の前兆!?

「最近、髪が細くなってきた」「抜け毛が増えてきた気がする」「何となく頭皮が目立つようになったかも……」このような悩みはありませんか?

 

髪が細いと薄毛に見られてしまったり、これからもっと髪が薄くなるのではないか、と心配になってしまいますよね。「美しい髪」は女性の象徴ともいえるので、髪が細くて毛量が少なく見えると、自信を失くしてしまうこともあると思います。

 

もともと髪が細い人ではなく、以前よりも髪が細くなったと感じている人は要注意。それは、薄毛の前兆かもしれません。このままでは、薄毛になってしまう可能性が高くなります。

でも、大丈夫! 安心してください。

 

そもそも髪が細くなってしまう原因は、生活習慣の乱れによるものがほとんどなので、今日から毎日の生活習慣を改善していけば、薄毛を未然に防ぐことができますよ。

 

では、髪が細くなってしまう原因とは何なのでしょうか? 「最近、髪が細くなってきた」と感じている人のために、その原因を解明し、髪の毛を太くする改善方法をご紹介していきます。 

 

女性の髪が細くなる原因

髪が細くなってしまう原因は、頭皮の血行が悪くなり、髪に栄養が届かないことです。ヘアケアや生活習慣の乱れなどによって髪に栄養が届かなくなると、次第に細い髪が生えてきてしまうのです。

では、髪が細くなる具体的な原因について見ていきましょう。

 

紫外線・パーマ・カラーによる刺激

紫外線・パーマ・カラーなどによる刺激は、髪だけでなく頭皮にも負担がかかっているので、頭皮環境が悪くなり、髪が細くなる原因になります。紫外線やパーマ、カラーなどによって一度ダメージを受けると、自力で復活することができないため、手をかけてケアしてあげないと髪のダメージを回復できなくなってしまいます。

 

また、紫外線やパーマ、カラーなどによって刺激を受けると、ダメージがどんどん広がり、これから生えてくる髪にまで悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

髪や頭皮がダメージを受けた後は、しっかりとヘアケアをするとともに、頭皮環境も回復させてあげることが大切です。もし髪が細くなってきたと感じたら、できるだけ髪や頭皮がダメージを受けないようにしてあげましょう。

 

栄養バランスの偏った食生活

暴飲暴食や過度なダイエットなどで食生活の栄養バランスが偏ると、髪に必要な栄養が届けられず、元気な髪を育てることができなくなってしまいます。とくに、脂肪分の多い「高カロリーの食べ物」ばかり食べていると血液がドロドロになり、頭皮に栄養が行き渡らないことで髪が細くなってしまいます。

 

さらに、ファストフードやカップ麺などのジャンクフードばかり食べていると、髪の成長に欠かせないビタミンやミネラルが不足して、健康な髪を育てることができなくなってしまいます。

 

過度なストレス

過度なストレスを受けると新陳代謝が低下して、頭皮が健康な状態を保てなくなることで、髪が細くなってしまうことがあります。新陳代謝が低下すると血行不良を引き起こし、髪への栄養補給が滞ることで髪を細くしてしまうのです。

 

また、ストレスはホルモンバランスを乱す原因にもなるので、女性ホルモンの働きが低下し、美しくコシのある髪を育てることができなくなってしまいます。

 

加齢

髪が細くなる原因の1つに、加齢があります。年齢を重ねると血管が老化し、血流が悪くなることで「栄養」や「酸素」を頭皮に運ぶことができなくなります。血流が悪くなると体の隅々まで血液を運ぶことができなくなるので、低体温や冷え性になりやすく、女性ホルモンの働きまで低下してしまいます。

 

このような血行の悪さは、体の端にある頭や髪に現れやすく、髪の成長に必要なタンパク質やミネラル、酸素などが運ばれないことで髪が成長しにくくなってしまいます。髪が成長できないということは、元気のない細い髪が生えてくる原因となり、やがて抜け毛につながってしまうこともあります。

 

細くなった髪の毛を太くする方法

髪が細くなる原因はわかりましたが、どのような対策をすれば髪の毛を太くすることができるのでしょうか? 原因を見て気づいている人も多いと思いますが、頭皮の血行を良くし、髪の毛に栄養を届けることが重要なポイントとなります。

では、細くなってしまった髪の毛を太くする方法を見ていきましょう。

 

正しいシャンプー方法で髪を洗う

髪を太くするためには、頭皮の血行を促し、頭皮環境を整えることが大切です。頭皮環境を整えるには、正しいシャンプー方法で髪を洗い、頭皮を清潔に保つ必要があります。

正しいシャンプーの手順は、以下の通りです。

 

  1. まずはシャンプー前にブラッシングをして、髪についたフケやホコリを取っておきます。
  2. 38~40℃のぬるま湯で、頭皮や髪の汚れを洗い流します。
  3. シャンプーを手のひらで泡立たせたら、髪を包み込むように乗せます。
  4. 頭皮をやさしくマッサージするようなイメージで、洗っていきましょう。
  5. 最後に、シャンプーをしっかり洗い流します。頭皮のヌルヌルが落ちるまでしっかりすすぎましょう。

 

シャンプー後のタオルドライは、髪をこすらずに水分をしっかり吸い取ります。タオルドライが済んだら、すぐに髪を乾かします。ドライヤーは、髪から20センチほど離して当てることが、髪や頭皮を傷めないコツです。

 

頭皮にやさしいシャンプーを選ぶ

正しいシャンプーの手順をご紹介しましたが、シャンプー選びにも髪を太くするためのポイントがあります。髪を太くするには、頭皮への刺激を抑え、頭皮環境を良くすることが大切です。そのためには、頭皮にやさしいシャンプーを使うのがオススメです。

 

頭皮にやさしいシャンプーは、洗浄力が強すぎず、頭皮を保湿する効果もある「アミノ酸系シャンプー」がオススメ。アミノ酸系シャンプーは髪に適度な皮脂を残すことで頭皮を乾燥や刺激から守り、頭皮環境を良好に保つことができるシャンプーです。

 

「髪が細くなってきた」「抜け毛が増えてきた」と悩んでいる人は、頭皮にやさしいシャンプー選びが大切です。アミノ酸系シャンプーで頭皮環境が良くなれば、美しい髪を取り戻すことができますよ。

 

育毛剤で頭皮環境を整える

太くて健康な髪をつくるには、育毛剤で頭皮に直接栄養を与えることも効果的です。育毛剤のイメージは、すでに薄毛の人が使うものと思っているかもしれませんが、実は、薄毛になる前から使ったほうが効果があると言われています。

 

育毛剤には血行を促進する成分が含まれていることが多く、頭皮の血行を促し、髪に栄養をしっかり届けることができます。そのため育毛剤には、これから生えてくる髪を健康で太くする効果があります。

 

頭皮マッサージで血行を良くする

頭皮の血行を良くし、髪の毛に十分な栄養を与えるには、頭皮マッサージが効果的です。頭皮マッサージは、直接的に頭皮を刺激し、頭皮の血行を促すことができます。

 

頭皮マッサージをするタイミングは、まず正しいシャンプー方法で頭皮を清潔にし、入浴後の血行が良くなっている状態で頭皮マッサージをするのがベストです。育毛剤をつけて頭皮マッサージをすれば、髪を太くする効果がグンと高まりますよ。

 

◆頭皮マッサージのやり方
  1. 頭皮全体を包むように、両手の指の腹を当てます。やさしく揉みほぐしましょう。
  2. 前髪の生え際から頭頂部に向かって、指の腹で指圧していきます。
  3. 頭皮を持ち上げるようなイメージで、指の腹でマッサージします。
  4. 両手のひらで頭全体を持ち、やさしく円を描くようにマッサージします。

 

気持ちいいと感じる強さでマッサージしましょう。

 

◆ブラッシングで頭皮の血行促進

頭皮マッサージ以外にも、頭皮の血行を良くするには、ブラッシングも効果的です。ブラッシングで頭皮を適度に刺激することで、頭皮の血行が良くなり、頭皮全体に栄養が行き渡りやすくなります。

 

正しいブラッシング方法は、以下の3ステップです。

  1. 前髪の生え際から頭頂部に向かってブラッシングします。
  2. 耳の上から側頭部を通り、頭頂部に向かってブラッシングします。
  3. 頭を下げて、うなじから後頭部を通り、頭頂部に向かってブラッシングします。

 

頭皮を強く刺激しすぎず、気持ちいいと感じる程度の力でブラッシングするのがコツです。また、頭皮を傷つけないヘアブラシを選ぶことも大切です。

 

栄養バランスの良い食事を摂る

髪の健康状態は、普段食べている物が大きく関係しています。そのため、栄養バランスの良い食事を摂ることが、髪の毛を太くすることにつながります。髪の毛を太くするには、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養が必要なので、毎日の食事で積極的に摂るようにしましょう。

 

◆タンパク質

髪の毛は「ケラチン」というタンパク質でできているので、毎日の食事でタンパク質を補う必要があります。タンパク質を多く含む食べ物を摂るなら、鶏のささみ、大豆製品・卵・乳製品などがオススメです。

 

◆ビタミンB群

ビタミンB群は頭皮の新陳代謝を促し、頭皮環境を整えることで髪を太くする栄養素です。ビタミンB群は、皮脂の分泌をコントロールする働きがあり、頭皮環境を良好にしてくれます。

ビタミンB群を多く含む食べ物は色々ありますが、うなぎや玄米、ナッツ類や葉物野菜などがオススメです。

 

◆亜鉛

亜鉛はミネラルの一種で、髪の主成分であるケラチンの合成をサポートする働きがあります。その他にも、新陳代謝を促したり、頭皮や髪を健康に保ったりする働きがあるので、髪を太くするには必要な栄養素と言えるでしょう。亜鉛を多く含む食べ物は、貝類やうなぎ、アーモンドなどがオススメです。

 

ストレスを発散する

ストレスを感じると血流が悪くなり、頭皮の血行が悪くなってしまうので、自分に合った方法でストレスを発散することが大切です。ストレスを発散することで、細くなった髪を健康的に太くすることができます。

 

ストレスを発散するには、体を動かしてリフレッシュしたり、好きな音楽を聴いたり、趣味に没頭したりするのがオススメ。

 

できれば、なるべくストレスをためないような生活を心がけ、リラックスして過ごすことが髪を太くすることにつながりますよ。

 

適度な運動と十分な睡眠

適度な運動は全身の血行を促し、頭皮の血行も促すことによって、髪を太くする効果があります。また、適度な運動はストレス発散にもつながるので、髪を太くするためには適度な運動を日課にするのがオススメです。ウォーキングやヨガなどの軽めの運動でも効果がありますよ。

 

また、睡眠不足は髪の成長に必要な「成長ホルモン」の分泌を減らしてしまうため、髪を太くするには睡眠不足を解消し、質の良い睡眠をとることが大切です。

質の良い睡眠をとるには、寝る直前までスマホやパソコンを見るのをやめ、寝る前の時間をリラックスして過ごすことが大事。成長ホルモンは入眠から3時間後に分泌がピークになると言われているので、すんなりと熟睡モードに入れるように、寝る前にスマホやパソコンを見るのをやめましょう。

 

髪が細くなったら生活習慣を改善し、太く美しい髪へ!

女性の髪が細くなる原因と、細くなった髪を太くする方法をご紹介しました。細くなった髪をそのままにしていると、薄毛になってしまう可能性がありますが、適切なケアをすれば、太く美しい髪を取り戻すことができます。毎日の生活習慣を改善して、美しい髪を手に入れましょう!