みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ヨーグルトパックの美肌効果|自宅で簡単にできるパックの作り方とやり方

f:id:m-danjyo:20190225122203j:plain

ヨーグルトパックを使ったスキンケアで美肌になる!

ヨーグルトには便秘を改善する効果があり、健康や美容のために食べている人も多いですよね。そんなヨーグルトでパックをすると、「美肌になれる」と話題になっているのをご存知でしょうか?

 

ヨーグルトはコンビニでも買えるし、作り方も簡単なので、その手軽さから人気を集めています。高価な化粧品にはなかなか手を出せないけど、ヨーグルトなら数百円で買えるので、圧倒的なコスパの良さもうれしいポイントですよね。

 

そこで今回は、ヨーグルトパックの美肌効果と作り方・やり方をご紹介します。ヨーグルトパックには、どのような美肌効果があるのか期待が高まりますね!

 

自宅で簡単に作れて、やり方も簡単な「ヨーグルトパック」で、透明感のある美肌を目指しましょう!

 

ヨーグルトパックの美肌効果

ヨーグルトパックの美肌効果は、乳酸菌をはじめとした「ヨーグルトに含まれる豊富な栄養」が、様々な肌トラブルを改善してくれることです。では、具体的にどのような肌トラブルを改善してくれるのか、ヨーグルトパックの美肌効果についてご紹介します。

 

シミを防ぐ美白効果

シミやそばかす、黒ずみの原因は、肌の奥でメラニン色素が生成されて、そのメラニン色素が肌にたまってしまうことで起こります。

 

ヨーグルトには、メラニンの働きを抑える「乳清」という液体が入っています。ヨーグルトを開けたとき、上澄みにたまっている液体を見たことがあると思いますが、あれが乳清です。乳清は「ホエイ」とも呼ばれ、豊富な栄養がぎっしり詰まっています。

 

乳清には、「メラニン色素」を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑え、メラニン色素が肌に沈着するのを防ぐ働きがあるため、ヨーグルトパックには、シミやそばかす、黒ずみを防ぐ美白効果が期待できるのです。

 

ニキビを予防する効果

ニキビは雑菌の繁殖が原因で起こり、それが炎症を起こすことで悪化します。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、ニキビの原因となる雑菌の繁殖を防ぎ、肌を清潔な状態に保ってくれます。そのためヨーグルトパックは、ニキビなどの肌荒れを予防・改善する効果があり、美肌をつくることにつながります。

 

毛穴をキレイにする効果

ヨーグルトの乳酸菌には「プロテアーゼ」という分解酵素が含まれていて、タンパク質を柔らかくする作用があります。毛穴づまりの原因となる「角栓」はタンパク質なので、プロテアーゼの作用で角栓を柔らかくし、毛穴の汚れを落としやすくしてくれる効果があります。

そのためヨーグルトパックには、毛穴づまりを改善し、毛穴をキレイにする効果が期待できます。

 

美肌になるピーリング効果

肌がくすみがちになってしまうのは、ターンオーバーが乱れ、肌の再生がうまくできないことが原因です。透明感のある美肌をつくるには、ターンオーバーを活発にし、肌のくすみを改善することが大切です。そこで活躍してくれるのがピーリングです。

ピーリングには、古くなった角質を除去することで肌のターンオーバーを促し、くすみを改善する効果があります。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸は、市販のピーリング剤にも含まれている「フルーツ酸(AHA)」の一種です。フルーツ酸には、古くなった角質を除去するピーリング効果があるので、ヨーグルトパックは肌の代謝を促進し、ワントーン明るい「透明感のある美肌」をつくる効果が期待できますよ。

 

ヨーグルトパックの作り方とやり方

ヨーグルトパックは、市販のヨーグルトで簡単に作ることができます。では、ヨーグルトパックの作り方とやり方をご紹介します。

 

ヨーグルトパックの作り方

ヨーグルトパックを作るために準備するものは、たった2つ。

  • ヨーグルト
  • 小麦粉

この2つさえあれば、簡単にヨーグルトパックが作れます。なぜ小麦粉を使うかというと、ヨーグルトだけでは水っぽくなり、顔に密着できず流れてしまうため、小麦粉で硬くする必要があるのです。

 

ヨーグルトパックの作り方は、ヨーグルトと小麦粉の割合を1:1にし、タッパーやボウルなどの容器に入れ、混ぜ合わせるだけで完成です。

 

完成したヨーグルトパックが柔らかくて、顔に塗りにくいようであれば、小麦粉の量を足して硬さを調整してみてください。また、ヨーグルトに入っている液体は、栄養豊富な乳清なので、必ず捨てずに使用しましょう。

 

ヨーグルトパックのやり方

簡単に作れるヨーグルトパックは、やり方も簡単です。

 

  1. 適量のヨーグルトパックを手に取り、顔全体に塗ります。
  2. そのまま10分程度パックしておきましょう。
  3. 10分経ったら、ぬるま湯で洗い流します。
  4. 洗い流したら、化粧水や乳液などでスキンケアをしましょう。

 

ヨーグルトパックはピーリング効果が高いので、週1回くらいの頻度が目安です。やり過ぎると必要な角質まで落としてしまうので、肌のバリア機能が低下する恐れがあります。定期的なスペシャルケアとして利用してみましょう。

 

ヨーグルトパックのアレンジで美肌効果アップ!

基本のヨーグルトパックの作り方をご紹介しましたが、材料を追加することでより美肌効果を高めることができます。肌悩みに合ったアレンジで、ヨーグルトパックを試してみましょう。

 

シミ・シワには「豆乳ヨーグルトパック」

f:id:m-danjyo:20190225122343j:plain

シミやシワ、肌のハリの低下が気になる人は、「豆乳」をプラスしたアレンジパックがオススメ。豆乳には「イソフラボン」や「ビタミンE」などが含まれていて、肌の血行を促し、ターンオーバーを整える効果があります。

ターンオーバーが整うことでハリツヤのある肌に生まれ変わり、若々しい美肌をつくることができますよ。

 

◆豆乳ヨーグルトパックの作り方・やり方
  1. ヨーグルトと豆乳を大さじ1杯ずつ入れて混ぜます。
  2. 小麦粉を大さじ2杯入れてさらに混ぜます。
  3. ちょうど良い硬さに調整して、顔全体に塗ります。
  4. 10分経ったらぬるま湯で洗い流します。
  5. 化粧水や乳液で保湿します。

 

豆乳ヨーグルトパックは、大豆アレルギーがある人はご注意ください。

 

保湿には「はちみつヨーグルトパック」

f:id:m-danjyo:20190225122402j:plain

肌の乾燥が気になる人には、「はちみつ」をプラスするアレンジパックがオススメ。はちみつには高い保湿効果があり、肌の水分を保持する働きがあります。

 

◆はちみつヨーグルトパックの作り方・やり方
  1. ヨーグルトと小麦粉、はちみつを大さじ1杯ずつ入れて混ぜます。
  2. 顔全体に伸ばして10分置きます。
  3. ぬるま湯で洗い流し、保湿ケアをしましょう。

 

◆オリーブオイルも乾燥肌にオススメ

はちみつ以外にも、「オリーブオイル」をプラスするアレンジパックがあり、乾燥肌の人にオススメ。オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」や「脂肪酸」の効果で肌にフタをして、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。オリーブオイルを使う場合も、はちみつと同じ量(大さじ1杯)を入れてパックを作りましょう。

 

アンチエイジングには「きなこヨーグルトパック」

豆乳と同様に「イソフラボン」が含まれている「きなこ」をプラスしたアレンジパックは、シワやたるみが気になる人にオススメ。

 

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、肌を美しく保ち、シワやたるみのない若々しい美肌をつくることができます。

 

◆きなこヨーグルトパックの作り方・やり方
  1. ヨーグルトときなこを大さじ2杯ずつ入れて混ぜます。
  2. 小麦粉を大さじ1/2杯入れて混ぜます。
  3. 顔全体に塗り、10分経ったらぬるま湯で洗い流しましょう。
  4. 最後に、顔の保湿ケアをします。

 

きなこは粉末なので、小麦粉の量を少し減らして硬さを調整しましょう。

 

毛穴づまりには「重曹ヨーグルトパック」

毛穴づまりが気になる人は、「重曹」をプラスした重曹ヨーグルトパックを試してみると良いでしょう。重曹には、毛穴にたまった角栓を除去する効果が期待できます。

ただし、重曹は肌への刺激が強いので、掃除用ではなく「食品用の重曹」を使うことをオススメします。

 

◆重曹ヨーグルトパックの作り方・やり方
  1. ヨーグルトと小麦粉を大さじ1杯ずつ入れて混ぜます。
  2. 重曹を小さじ1杯入れて混ぜます。重曹を入れると発泡しますが、粒がなくなるまで良く混ぜましょう。
  3. 毛穴が気になる「鼻」や「小鼻」などに適量を塗り、10分置きます。
  4. 10分経ったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。
  5. 化粧水や乳液などで肌を整えます。

 

リラックスには「ココアヨーグルトパック」

f:id:m-danjyo:20190225122419j:plain

ココアに含まれる「カカオポリフェノール」にはリラックス効果があるので、ストレスが原因で肌荒れを起こしている人にオススメのアレンジパックです。

ココアの香りを嗅ぐだけでもリラックス効果があり、ストレスの緩和に役立つでしょう。また、カカオポリフェノールは抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果があります。

 

◆ココアヨーグルトパックの作り方・やり方
  1. ヨーグルトと、糖分が含まれていない「無糖のピュアココア」の粉末を大さじ1杯ずつ入れて混ぜます。
  2. 硬さを調整しながら、小麦粉を大さじ1杯ほど入れて混ぜます。
  3. 顔全体に伸ばし、10分経ったらぬるま湯で洗い流します。
  4. 化粧水や乳液で保湿します。

 

ココアの量は小さじ1杯程度でもOKです。硬さは小麦粉の量で調整しましょう。

 

ヨーグルトパックの注意点

基本のヨーグルトパックとアレンジパックの作り方・やり方をご紹介しました。手軽に作れてやり方も簡単なので、すぐにでもやりたいと思った人も多いのではないでしょうか? 美肌効果の高いヨーグルトパックですが、注意点もあるのでご紹介しておきます。

 

無糖のプレーンヨーグルトでパックを作る

市販のヨーグルトで簡単に作れるヨーグルトパックですが、ヨーグルトを選ぶときは「無糖ヨーグルト」を選びましょう。味のついた「加糖ヨーグルト」には添加物が含まれている場合があるので、肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

 

また、果肉などが入っているヨーグルトもNG。肌に負担をかけず、ヨーグルトパックの効果を最大限に引き出すには、必ず無糖のプレーンヨーグルトを使用しましょう。

 

小麦粉や乳製品のアレルギーがある人は注意

ヨーグルトパックは、小麦粉や乳製品に対してアレルギーがある人は注意してください。敏感肌やアトピー性皮膚炎の人にも、刺激が強い場合があります。ヨーグルトパックを使用する前に、パッチテストを行うようにしましょう。

 

また、ニキビができていたり、生理前などの肌が敏感になっているときは、ヨーグルトパックを控えたほうが良いでしょう。

ヨーグルトパックをするときは、肌状態を見ながら判断してくださいね。

 

やり過ぎるとバリア機能が弱まる

ヨーグルトに含まれる「乳酸」はフルーツ酸の一種で、ピーリング効果があるとご紹介しました。ピーリングは透明感のある美肌をつくる効果がありますが、やり過ぎると肌のバリア機能が弱まってしまうので、頻繁にヨーグルトパックをしないようにしましょう。

 

頻繁にヨーグルトパックをすると、肌に必要な角質まで落としてしまい、肌が外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。刺激を受けやすくなるとシミを増やす原因にもなってしまうので、ヨーグルトパックの頻度には注意してください。

 

ヨーグルトパックの適切な頻度は、週1回くらいが目安です。メイクのノリが悪いときや、肌がくすみがちになってきたときなど、お肌の状態が気になるときだけヨーグルトパックをして、美肌を保ちましょう。

 

パックの後はしっかり保湿する

ヨーグルトパックには、ピーリングや角栓除去などの効果があるので、肌に不要なものをゴッソリ落とす効果があります。そのため、ヨーグルトパックの後は肌が乾燥しやすい状態なので、しっかりと保湿をすることが大切です。

 

ヨーグルトパックをぬるま湯で洗い流した後は、化粧水や美容液をたっぷりと肌に浸透させて、乳液や保湿クリームなどでお肌にフタをしましょう。ヨーグルトパックの後は、保湿ケアの効果が高まっているタイミングなので、しっかりと保湿しましょうね。

 

買ったばかりのヨーグルトを使う

ヨーグルトパックを作るとき、冷蔵庫の中にある古くなったヨーグルトを使おうと思っていませんか? お肌に塗るだけとはいえ、賞味期限の切れたヨーグルトを使ってヨーグルトパックを作るのはNGです。必ず買ったばかりのヨーグルトを使うようにしましょう。

 

もちろん、腐っているヨーグルトは厳禁です。古くなったヨーグルトには雑菌が繁殖している可能性があり、肌に刺激を与えてしまいます。余計な肌トラブルを起こさないためにも、必ず新しいヨーグルトでパックを作りましょう。

 

ヨーグルトパックは作り置きしない

ヨーグルトパックを作りすぎてしまった場合、捨てるのはもったいないので取っておきたくなりますが、ヨーグルトパックは作り置きせずに、その場で使いきることをオススメします。

 

どうしても取っておきたい場合には、ラップをかけて冷蔵庫で保存し、その日のうちに使いきりましょう。ヨーグルトパックは時間が経つほど雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、できるだけその場で使いきるようにしてくださいね。

 

ヨーグルトパックの美容効果で美肌になる!

身近な食べ物で簡単に作れるヨーグルトパックについてご紹介しました。ヨーグルトパックには、シミやシワを防ぎ、毛穴づまりや古い角質を除去する高い美容効果があります。週1回のスペシャルケアにヨーグルトパックを利用して、美肌を手に入れましょう!