みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌のくすみの原因と改善法|くすみを消して透明感のあるクリアな素肌へ

f:id:m-danjyo:20190302111522j:plain

肌のくすみを改善して透明感のあるクリアな素肌へ!

「何となく肌のトーンが暗くなったような気がする」

「生活に疲れたオバサンみたい」

と、鏡を見たときに感じたことはありませんか? それは、肌がくすんでいるのかもしれません。

 

肌にくすみがあると暗い印象を与えるだけでなく、老け顔に見えるから困りますよね。そこで今回は、肌のくすみはなぜ起こってしまうのか、その原因と改善法をご紹介します。

 

肌のくすみを改善できれば、若々しい印象になるだけでなく、透明感のあるクリアな素肌が手に入りますよ。

 

肌のくすみとは?

肌のくすみとは、肌の透明感や明るさなどが失われ、肌のトーンが暗く見える肌状態のことです。なんだか顔色が冴えないと感じたり、疲れているように見られてしまうのは、肌のくすみが原因かもしれません。

 

肌にくすみがあると、実年齢よりも老けて見られがちなので、何とかして改善したいですよね。

 

肌がくすんでしまうのは、肌に何らかのトラブルが起きている証拠なので、スキンケアや日頃の習慣によって改善していくことが大切です。そのまま放置すると他のエイジングサインにつながることもあるため、その前にしっかりとケアしていきましょう。

 

では、肌のくすみを改善するにはどうすれば良いのでしょうか? まずは肌のくすみの原因を知り、原因に合った改善法を見ていきましょう。

 

肌のくすみの原因とは?

「くすみ」とひとことで言っても、肌のくすみの原因は大きく分けて6つあります。くすみの原因によって改善策が異なるので、原因がわかれば、効果的な改善策が見つかりますよ。では、肌のくすみの原因を見ていきましょう。

 

角質肥厚

肌のターンオーバーが乱れると古い角質がたまり、肌がゴワゴワしてくすみがちになります。これを角質肥厚と言い、角質が厚くなっている状態です。角質肥厚の原因は、加齢や紫外線、血行不良などが考えられます。

 

肌がくすみがちになると、それを改善しようとスキンケアをやり過ぎてしまうことがありますが、実は、肌に刺激を与えることで角質が厚くなってしまうこともあります。

 

メラニン色素

紫外線を浴びたり、肌に摩擦を与えてしまうと、肌の奥でメラニン色素がつくられて、肌に定着することでくすみが生じます。メラニン色素が肌に定着すると、肌の透明感やツヤがなくなり、肌をトーンダウンさせてしまいます。

 

通常ならターンオーバーによりメラニン色素も排出されますが、スキンケアや生活習慣などが原因でターンオーバーが乱れると、メラニン色素が肌にとどまり、肌に定着することが原因で肌がくすんでしまうのです。

 

血行不良

日頃のストレスや疲れ、睡眠不足などが原因で体の巡りが悪くなると、血行不良を引き起こし、顔の血色が悪くなることで顔全体がくすんで見えてしまいます。

 

とくに、女性に多い冷え性の人は、体が冷えることで血行不良になり、肌が青白くくすんで見えてしまうので、不健康な印象を与えてしまいます。

 

肌の乾燥

肌がカサつきやすい乾燥肌の人や、空気が乾燥する冬の時期に起こりやすいのが、乾燥による肌のくすみです。肌の水分量が十分にあれば肌のキメが整い、肌に透明感やツヤがあるのですが、肌のうるおいが不足すると、肌のキメが乱れることで肌にツヤがなくなり、肌がくすんで暗く見えてしまうのです。

 

また、オフィスなどのエアコンによって肌が乾燥することもあり、夕方以降にくすみが出てくる場合もあります。

 

糖化とカルボニル化による「黄ぐすみ」

肌が黄色っぽくくすんでしまう「黄ぐすみ」ができる原因は、2つあります。1つは「糖化」、そしてもう1つは「カルボニル化」です。

 

◆糖化による「黄ぐすみ」

糖化による「黄ぐすみ」は、糖質の多い食生活や紫外線、ストレスや喫煙などが原因となります。

 

糖質を摂りすぎると、糖がタンパク質と結びつくことで、肌が黄色っぽくくすんで見えてしまうと考えられています。

 

◆カルボニル化による「黄ぐすみ」

カルボニル化による「黄ぐすみ」は、脂質の多い食生活や紫外線、ストレスや喫煙などが原因になります。

 

脂質を摂りすぎると、脂質の分解物がタンパク質と結びつくことで、肌が黄色くくすんでしまうと考えられています。

 

毛穴汚れ

クレンジングでメイクをしっかり落とせていなかったり、洗顔で毛穴の汚れや皮脂を落としきれていないと、毛穴が詰まることで肌が暗く見えてしまうことがあります。これは、毛穴に詰まった角栓が酸化して、黒く変色してしまうことで、肌全体がくすんで見えてしまう現象です。

 

クレンジングや洗顔で汚れを落としきれていない人や、皮脂の分泌が多く、毛穴詰まりを起こしやすいオイリー肌の人に多く見られます。

 

肌のくすみを改善する方法

肌のくすみの原因がわかったので、原因別に肌のくすみを改善する方法をご紹介していきます。スキンケアや生活習慣を見直すことで、肌のくすみを改善することができますよ。

 

角質肥厚によるくすみの改善法

  • クレンジング・洗顔で古い角質を落とす
  • 定期的なピーリング
  • 規則正しい生活でターンオーバーを整える

 

日頃のクレンジングや洗顔で古い角質を落とし、定期的なピーリングを行うことで、角質肥厚によるくすみを改善できます。しかし、古い角質を落とそうとして、ゴシゴシと洗顔するのはNG。肌に刺激を与えないことが、くすみを改善するコツです。

 

また、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を送ることで、ターンオーバーを整えることも大事。古い角質が落ちてターンオーバーが整えば、化粧品の浸透が良くなり、さらにくすみが改善されますよ。

 

メラニン色素によるくすみの改善法

  • ビタミンCを取り入れた食生活
  • 美白成分が配合された化粧品を使う
  • 紫外線対策
  • 肌に摩擦を与えない

 

ビタミンCを取り入れた食生活や、美白成分が配合された化粧品を使うことで、メラニン色素によるくすみを改善できます。また、メラニン色素を増やす原因となる紫外線をできるだけ浴びないように、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

メラニン色素は、肌に刺激を与えることでも発生するので、スキンケアや洗顔のときに、肌に摩擦を与えないことも大切です。

 

血行不良によるくすみの改善法

  • 蒸しタオルやフェイスマッサージ
  • 入浴などの冷え対策
  • 睡眠や適度な運動で生活習慣を整える
  • 疲れやストレス対策
  • ビタミンE誘導体配合の化粧品

 

血行不良によるくすみを改善するには、肌を温めたり、マッサージで血行を良くすることが効果的です。蒸しタオルや入浴などで温めたり、フェイスマッサージで血行を促すと良いでしょう。

 

血行を良くするには、睡眠をしっかり取り、適度な運動をすることで生活習慣を整えることも効果的です。疲れやストレスはなるべくためずに、小まめに解消していきましょう。また、日頃から体が冷えないように温かい飲み物を飲んだり、体が冷えない服装をするなどして冷え対策を行いましょう。

 

スキンケア化粧品で血行を促進するなら、ビタミンE誘導体が配合された化粧品が効果的です。ビタミンEには抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果も高く、若々しく明るい美肌へと導いてくれますよ。

 

◆血行を促すフェイスマッサージのやり方

顔の血行が悪くなると、顔色が悪く見えるので、フェイスマッサージで血行を促していきましょう。フェイスマッサージをするときは、必ずクリームやオイルなどを塗り、肌の摩擦を軽減することが大切です。肌に強い刺激を与えると、メラニン色素によるくすみができる原因になるので、やさしくマッサージしましょう。

 

指の腹を使って、クルクルと円を描くようにマッサージします。

  • 額の中央からこめかみに向かって
  • 頬からこめかみに向かって
  • 小鼻の横は下から上に向かって
  • 目頭から目尻に向かって
  • ほうれい線や唇の下(顎)は上下に往復させて

細かいパーツごとに、丁寧にやさしくマッサージしましょう。リンパや血液の流れが良くなり、くすみ改善だけでなく、顔のむくみも解消されますよ。

 

肌の乾燥によるくすみの改善法

  • 保湿ケア
  • 肌にやさしいミルククレンジング
  • 正しい洗顔をする
  • 部屋の湿度管理

 

肌の乾燥によるくすみを改善するには、保湿することと、乾燥を防ぐことの2つが大切なポイントになります。肌を保湿する効果の高いスキンケア化粧品を選び、乾燥を防ぐためのクレンジングや洗顔をしていきましょう。

 

◆保湿ケアで乾燥くすみを改善

乾燥によるくすみを改善するには、保湿ケアがポイント。肌を保湿する効果の高いスキンケア化粧品の成分は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやエラスチンなどです。保湿成分の中でも、とくにセラミドがオススメ。セラミドが配合された「美容液」や「保湿クリーム」などで保湿ケアをしていきましょう。

 

◆肌にやさしいミルククレンジングを使う

洗浄力の強いクレンジングは肌を乾燥させるため、乾燥がひどい場合には、肌への刺激が弱い「ミルククレンジング」を使ってみるのも良いでしょう。オイルクレンジングは汚れやメイクがしっかり落とせますが、皮脂を取りすぎてしまうため、乾燥を招きます。ミルククレンジングは肌にやさしいタイプのクレンジングなので、肌にうるおいを残しながら、やさしく汚れやメイクを落としてくれます。

 

◆正しい洗顔方法で乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐには、化粧水や美容液で肌にしっかりとうるおいを与えなければいけません。肌にうるおいを与えるためには、正しい洗顔で不要な汚れを落としておくことが大事。

乾燥肌の人は、乾燥を防ぎたいからといって、あまり念入りに洗顔をしていない人もいるかもしれませんが、汚れがしっかり落ちていないと化粧品の美容成分が肌に浸透していきません。そのため、正しい洗顔方法をすることがくすみを改善するためには大切です。

 

洗顔料を手の上でしっかりと泡立てて、泡を転がすように洗顔をします。水分量を調節することで、濃密な泡をつくることができますよ。弾力のある濃密な泡なら、肌に刺激を与えずに汚れを吸着してくれます。

 

◆部屋の湿度管理で肌の乾燥を防ぐ

乾燥によるくすみを改善するには、部屋の湿度を調整することも、肌の乾燥を防ぐことにつながります。とくに空気が乾燥しやすい冬の時期にエアコンをつけると、部屋の湿度は30%台になってしまうこともあります。快適な湿度は40~60%なので、部屋の湿度が40%以下にならないように保ちましょう。

 

加湿器をつけたり、濡れたタオルを部屋に吊るしたり、観葉植物を置くのも湿度管理に効果的です。また、水分補給をして、体の内側から乾燥を防ぐことも大切ですよ。

 

糖化とカルボニル化によるくすみの改善法

  • 糖質を控えめにする
  • 脂質を控えめにする
  • ビタミン類を積極的に摂る
  • 食べる順番は野菜から
  • 喫煙を控える
  • ビタミン配合のスキンケア化粧品

 

糖化やカルボニル化によるくすみを改善するには、食生活を見直すことが大切です。糖質や脂質を控えめにして、ビタミン類を積極的に摂りましょう。食べる順番に気をつけることもポイントで、野菜から先に食べることで血糖値の上昇を防ぎ、糖化を防ぐことができます。

 

また、糖化やカルボニル化の原因となる喫煙を控えることも大事。さらに、ビタミン類は食べるだけでなく、「ビタミン配合のスキンケア化粧品」を使うこともくすみ改善に役立ちます。

 

毛穴汚れによるくすみの改善法

  • クレンジング・洗顔で毛穴汚れを落とす
  • 定期的な酵素洗顔・ピーリング
  • 油っこい食事を控える
  • ビタミンCが含まれる食べ物や化粧品

 

毛穴汚れによるくすみを改善する方法は、クレンジングや洗顔で、しっかりとメイクや毛穴汚れを落とすことが大切です。クレンジングは、毛穴汚れを吸着して落とすタイプや、毛穴の角栓を柔らかくして落とすタイプなどを選び、毛穴をすっきりキレイにしましょう。

 

また、定期的に酵素洗顔やピーリングを行うのもオススメ。毛穴詰まりがきちんと落とせれば、透明感のある美肌になりますよ。毛穴詰まりを予防するためには、油っこい食べ物を控え、皮脂の分泌を抑えることも効果的。ビタミンCが含まれる食べ物や化粧品を取り入れれば、皮脂の分泌をコントロールできますよ。

 

肌のくすみをカバーするメイクは「コントロールカラー」を活用!

肌のくすみを改善する方法をご紹介しましたが、即効性がある方法ではないので、くすみの改善には少し時間がかかります。

「どうしても今すぐくすみを何とかしたい!」という場合には、肌の色を調整する「コントロールカラー」でメイクをすれば、肌のくすみが目立たなくなりますよ。

 

血行不良によるくすみをカバーできる「ピンク」

血行不良によるくすみは肌が青っぽくくすんで見えるので、ピンクのコントロールカラーを使うことで明るい印象になり、健康的な顔色に見えます。

 

乾燥によるくすみをカバーできる「パープル」

乾燥によるくすみは暗くくすんで見えるので、パープルのコントロールカラーを使うことで艶っぽさを演出できます。保湿成分が配合されているコントロールカラーを選ぶこともポイントです。

 

メラニン色素によるくすみをカバーできる「イエロー・オレンジ」

メラニン色素によるくすみは茶色くくすんで見えるので、イエローやオレンジのコントロールカラーを使うことで、暗い印象を明るくすることができます。

 

糖化による黄ぐすみをカバーできる「パープル・ブルー」

糖化やカルボニル化によるくすみは黄色くくすんで見えるので、パープルやブルーのコントロールカラーを使うことで、肌に透明感を出すことができます。

 

◆コントロールカラーの使い方

コントロールカラーの使い方は、化粧水や美容液などで保湿ケアをした後にコントロールカラーを塗ります。

※化粧下地や日焼け止め、美容液などの機能を兼ねそなえたコントロールカラーもあるので、商品によって使い方をチェックしましょう。

 

肌のくすみを消して透明感のある素肌へ

肌のくすみの原因と改善法をご紹介しました。肌にくすみがあると、顔が暗い印象になり、不健康で老けた印象を与えてしまいます。肌のくすみを改善するには、スキンケアや生活習慣などを見直し、コントロールカラーでくすみをカバーするのがオススメです。肌のくすみを消して、透明感のある美肌を目指しましょう!