みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

わきがの人が着てはいけない服|素材によってわきが臭が強くなる

f:id:m-danjyo:20190508181250j:plain

わきがの臭いが強くなる服に気をつけて!

洋服の素材にはさまざまな種類がありますが、服の素材によってわきがの臭いが強くなると感じたことはありませんか?

実は、素材によってわきがの臭いが強く出やすいため、わきがの人はできれば避けたほうが良い服があるのです。

 

そこで今回は、わきがの臭いが強くなる服の素材と、わきがの人にオススメの素材についてご紹介します。

また、制服などでどうしても着なければいけないときの臭い対策も併せてご紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

服によってわきが臭の強さが変わるの?

わきがの人は、着ている服によって臭いの強さが違うと感じたことがあるかもしれません。実は、服の素材によってはわきが臭が強くなってしまうものがあるのです。そのため、見た目が可愛いからという理由だけで服を選んでしまうと、大変なことになる場合もあります。

 

また、仕事用の制服などで、どうしても着なければいけない服がある場合、わきがの臭いが気になってしまうこともあると思います。そこで今回は、わきがの人が避けるべき素材とオススメの素材についてご紹介するとともに、臭いが出やすい素材の服でも、わきが臭を抑える方法についても併せてご紹介します。

 

わきがの人が着てはいけない服の素材とは?

では、わきがの人が避けるべき服の素材とは何なのでしょうか? わきがの人が着てはいけない服の素材をご紹介します。

 

ナイロン・ポリエステルなどの化学繊維

ポリエステルは、繊維が細かくつまっているため蒸れやすく、通気性が悪いのでわきがの臭いがこもりやすい素材です。吸水性も低いので、汗をかきやすいわきがの人は、臭いが強くなる素材と言えるでしょう。

 

スポーツ用のTシャツや、シフォン系のオシャレ着などによく使われる素材なので、活躍の場は多いですよね。でも、わきがの臭いのことを考えるなら、できるだけ避けたほうが良いでしょう。ポリエステルだけでなく、ナイロンやアクリルのような化学繊維は、わきがの人とは相性の悪い素材です。

 

レーヨンなどの再生繊維

レーヨンは化学繊維に似ていますが、木材からセルロースを取り出して、それを糸にした「再生繊維」と呼ばれる素材です。水や汗に弱く、汗じみができやすいのでわきがの人にはオススメできません。

 

ウール100%

セーターやカーディガンなどに多い「ウール素材」は、保温性が高いため汗をかきやすく、汗もわきが臭もこもりやすい特徴があります。ウール100%だと水洗いができないため、わきがの臭いを落とすのも大変です。

 

そのためセーターやカーディガンは、ウールが20%くらいの素材を選ぶと良いでしょう。アクリル80%なら保温性が弱まるので、汗や臭いがこもりにくくなります。ただし化学繊維なので、わきがの臭いは強くなる傾向があります。

 

シルクは汗じみができやすい

わきがの人は、脇の下が汗で黄ばみやすいので、汗じみができやすいと言われる「シルク素材」は避けたほうが良いでしょう。シルクは水洗いができないので、汗じみができるとお手入れも大変です。わきがの人以外でも、シルクは汗じみが取れないと言われています。

 

また、シルクは保温性が高いので、汗をかきやすい素材であると言えます。そのため汗じみができやすく、わきがの臭いも比較的強くなりやすいのです。

 

わきがの人にオススメの素材とは?

では逆に、わきがの人にオススメの服の素材とは何なのでしょうか? プライベートでは、できるだけこれらの素材の服を選ぶと良いでしょう。

 

綿100%

綿は天然繊維なので、化学繊維に比べるとわきがの臭いが強くなりにくい素材です。そのため、わきがの人でも安心して着られる素材です。洗濯がしやすく、使いやすいので管理が簡単なのもうれしいポイントです。

 

リネン(麻)

夏のワンピースなどに使われることが多い麻は、シワになりやすいものの、通気性が良い素材です。通気性が良い素材なのでわきがの臭いがこもりにくく、わきがの人にはオススメの素材です。

 

わきが臭が強くなる素材の服を着る方法

わきがの臭いが強くなりやすい素材は、ポリエステルなどの化学繊維や、レーヨン、ウールなどでした。では、これらの素材の服を着ても、できるだけわきが臭が強くならないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

綿100%の肌着を着用する

わきがの臭いが出にくい「綿100%」の肌着を着用すると、わきがの臭いを抑えやすくなります。化学繊維は汗を吸い取りにくく、汗や臭いがこもりやすいので、綿の肌着に汗を吸い取らせると比較的臭いを抑えることができます。

 

汗脇パッドをつける

わきがの臭いが強くなる素材の服を着なければいけないときは、汗脇パッドをつけると良いでしょう。綿100%の肌着の下に汗脇パッドをつけると、汗脇パッドをつけているのも目立ちませんし、汗の臭いも吸い取ってくれるので重宝します。

 

このダブル対策をしておけば、ポリエステルの制服でも怖くありませんよ。さらに、汗の臭いを抑えるデオドラント剤を使用したり、汗脇パッドを小まめに取り替えたりすると、なお良いでしょう。

 

消臭スプレーを使用する

体に直接使用するデオドラント剤も効果的ですが、衣類に使用する消臭スプレーも効果的です。わきが専用の消臭スプレーもあり、わきがの臭いの元になる原因菌の発生を抑えてくれる効果があるようです。

 

旅行中やスポーツをするときなどは、なかなか臭い対策をするのがむずかしいので、消臭スプレーが重宝することでしょう。

 

わきが臭を抑える素材選びと臭い対策で快適に!

わきがの人が着てはいけない服の素材についてご紹介しました。わきが臭が強くなりやすい素材の服でも、臭いを抑える対策があります。制服などでどうしても着なければいけないときは、ぜひ試してみてくださいね。できる限りわきがの臭いを軽減し、快適に過ごせるようにしましょう!