みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

メイク後の白浮きの原因と対策|顔だけ白い!を防ぐナチュラル肌メイク

f:id:m-danjyo:20190604173712j:plain

メイク後に顔だけ白浮きしてしまう原因と対処法

「顔だけ、白い……」

メイク後の顔を見て、舞妓さんみたいに白くなっているのに気づいてしまった経験はありませんか? ファンデーションの厚塗りも1つの原因ですが、実は、それだけではないんです!

 

そこで今回は、メイク後に白浮きする原因と対処法についてご紹介します。色白肌は女性の憧れですが、白浮きしてしまうとナチュラル肌とは呼べないですよね。自然な白さとキレイなナチュラル肌になるメイクのコツを見ていきましょう!

 

メイク後に白浮きする原因とは?

メイク後に白浮きしてしまう原因は、首と顔の色が違うからです。そのためファンデーションや下地などのカラー選びが、とっても重要になってきます。またメイク以外の問題や、メイクの仕方が関係しているかもしれません。

では、メイク後に白浮きする原因を見ていきましょう。

 

ファンデーションを厚塗りしている

f:id:m-danjyo:20190604175812j:plain

肌をキレイに見せたくて、ついつい厚塗りになっていませんか? もともとファンデーションは肌をキレイに見せる効果がありますが、シミや毛穴を目立たなくしようと頑張って塗ると、いつの間にか厚塗りになってしまうことがあります。

 

ファンデーションが厚塗りになってしまうと、不自然に白浮きしてしまうので気をつけましょう。素肌の色が、完全に隠れない程度が目安です。

 

ファンデーションの色が肌より白すぎる

ファンデーションの色選びは、意外とむずかしいですよね。色白に見られたくて、肌の色より白めのファンデーションを選びたくなりますが、肌色と合っていないと、それが白浮きの原因になります。

 

肌色に合った色のファンデーションを使っても、白浮きしてしまうこともあるんです。また、下地の色によって見え方が変わってくるので、下地とファンデーションはセットで色選びをしましょう。

 

下地の色が合っていない

下地を塗ることで肌がキレイに見える効果があるため、BBクリームやCCクリームを使っている人も多いと思います。メイクをキレイな仕上がりにするためには、下地を塗って肌の土台を整えることが大切です。

 

でも、この下地の色が肌に合っていないと、顔だけ白浮きしてしまう原因になります。とくにCCクリームは「コントロールカラー」と呼ばれ、肌の色をコントロールする効果のある下地です。ここで使う色によって、同じ色のファンデーションでも見え方が変わってくるのです。

そのため、下地とファンデーションはセットで色選びをすることが大切です。

 

日焼け止めが白浮きしている

f:id:m-danjyo:20190604175835j:plain

白浮きの原因は、メイクではないかもしれません。メイクの前に塗っている「日焼け止め」が、白浮きの原因になってしまうことがあります。日焼け止めには2種類あり、白浮きしやすいのは「紫外線散乱剤」です。

 

「紫外線散乱剤」には光を反射させる作用があり、ベールのように肌を覆って守ります。そのため日焼け止めを塗った時点で、白浮きして見えます。さらに、白くなった肌にファンデーションを塗ると、いつもより明るい発色になってしまうため、顔だけ白浮きしてしまうのです。

 

均等に塗るとメリハリがなく白浮きして見える

ファンデーションを均等に塗ってしまうと、顔全体にメリハリがなくなり、白浮きしてしまいます。顔の凹凸に合わせて色の強弱をつけたり、色を変えてみたりすることで、顔全体にメリハリが生まれます。

 

「パール入り」は光が反射しすぎて白浮きして見えることも

f:id:m-danjyo:20190604175950j:plain

パール入りの下地やフェイスパウダーなどを使うと、肌のアラが目立たなくなり、美肌に見える効果があります。それは、パールの光沢が反射して、くすみや肌荒れなどを目立たなくしてくれるからです。

 

でも、これが白浮きの原因になります。光に反射すると、肌が明るく見える効果があるため、顔が白浮きして見えてしまうことがあります。

 

メイク後に白浮きしない!「顔だけ白い」を防ぐ対策

では、メイク後に白浮きしないためには、どうすれば良いのでしょうか? もう、「顔だけ白い!」という事態にならないように、白浮きを防ぐ対策についてご紹介します。

 

ファンデーションの色は「首」に合わせて選ぶ

日焼けする時期に、顔だけしっかり「日焼け止め」と「ファンデーション」を塗っていると、首だけ日焼けしてしまう場合があります。その場合は、素肌の色がすでに顔と首で違っている可能性があるのです。

 

顔の肌は白いのに、あえて首の色に合わせるのは残念ですが、顔だけ白浮きしないためには、首の色に合わせてファンデーションを選ぶことが大切です。

 

◆手の甲で色チェックはNG

ファンデーションを選ぶとき、手の甲に塗ってみて判断する人は多いと思います。でも、これが顔だけ白浮きしてしまう原因になります。できれば首や顔に少しだけ塗ってみて、色をチェックしましょう。

 

◆首だけ日焼けしないように気をつける

そもそも首と顔の素肌の色に差が出ないように、あらかじめ首だけ日焼けしないように気をつけることも大切です。春先から日焼けしやすい時期になりますが、日焼け止めは顔だけでなく、首にもしっかり塗るようにしましょう。

 

首やデコルテにもファンデーションを塗る

首と顔の色に差が出ないようにするには、首やデコルテにもファンデーションなどを塗るのがオススメ。日焼け止めはもちろん、ファンデーションも塗ることで顔だけ白浮きしにくくなります。

 

その場合は、顔と同じようにしっかり塗らないのがコツです。パウダーファンデーションを薄めに塗るだけで、顔と首の差が出にくくなります。フェイスパウダーやベビーパウダーでもOKですよ。

 

ただし、1つだけ注意点があります。服の襟にファンデーションがついてしまうので、クリームファンデーションなどを塗るのはオススメできません。あくまでもパウダーファンデーションやフェイスパウダーを薄く塗るだけにしましょう。

 

肌色よりもワントーン暗めのファンデーションを選ぶ

顔だけ白浮きするのを防ぐには、肌よりもワントーン暗めのファンデーションを選ぶと良いでしょう。ファンデーションだけでなく、下地の色も暗めにしておくと白浮きしにくくなります。

 

肌色と同じ色を選ぶと、塗った部分が素肌よりもキレイに見えるため、実際よりも明るく見えてしまうのです。そのため、暗めの色を選ぶことが大切です。

 

指ではなく、パフやスポンジで塗る

f:id:m-danjyo:20190604180030j:plain

白浮きを防ぐには、パフやスポンジを使ってメイクをするようにしましょう。指で下地やファンデーションを塗ると、厚塗りになってしまい、白浮きしやすくなります。

 

また、パフやスポンジで塗っても厚塗りになってしまう場合があります。それを防ぐには、パフやスポンジにつけた後、手の甲で軽くたたいてから顔にのせるとなじみやすくなるでしょう。リキッドファンデーションは、ブラシで塗るのもオススメです。

 

均一に塗らず、色の強弱をつける

ファンデーションを均一に塗ると白浮きしやすくなったり、厚塗りになったりするため、色の強弱をつけて塗るようにしましょう。

 

ちなみに、顔の輪郭部分を薄めに塗ると、小顔効果があります。顔の中央から外側に向かって塗ることで、均一になったり、厚塗りになるのを防ぐことができます。また、2色のファンデーションで陰影をつけるのもオススメです。

 

コントロールカラー入り日焼け止めを使う

日焼け止めを塗ると、顔だけ白浮きしやすくなります。でも、日焼け止めを塗らないわけにはいかないですよね。

そこでオススメなのが、「コントロールカラー入り日焼け止め」です。ラベンダーやアクア、ピンクやベージュなどの日焼け止めを使えば、白浮き対策だけでなく、肌悩みを目立たなくする効果もあります。

 

ラベンダーはくすみを隠してくれて、アクアは赤みを目立たなくしてくれます。ピンクは血色感をプラスして、ベージュはニキビやシミをカバーしてくれます。 

 

ナチュラル肌メイクで白浮きしないキレイな仕上がりに!

メイク後の白浮きの原因と対策についてご紹介しました。顔だけ白いと、自分で鏡を見たときにギョっとするのはもちろん、まわりの人にもドン引きされてしまうかもしれません。ナチュラルな肌に見えるようなメイクで、白浮きしないキレイな仕上がりを目指しましょう!