みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

足が長く見えるコーデでスタイルが良くなる!ポイントを押さえて脚長効果

f:id:m-danjyo:20190606150107j:plain

足が長く見えるコーデで脚長効果&脚やせ効果

「モデルみたいなカッコイイ着こなしを楽しみたい!」

「スタイルがよく見えるコーデが知りたい!」

と思っている女性は多いのではないでしょうか?

 

足が短いことをコンプレックスに感じていたり、スタイルに自信がなかったりすると、どうしてもダボっとした服で体型を隠しがちですよね。でも、それがかえってスタイルを悪く見せてしまうことも。

 

そこで今回は、足が長く見えるコーデのポイントについてご紹介します。ポイントをしっかり押さえれば、脚長効果があるのはもちろん、見た目の脚やせ効果も期待できますよ!

 

ポイントを押さえれば脚長効果でスタイルよく見える!

足が短いことがコンプレックスになっている人は、服選びやコーデを間違えると大変なことになります。服の色や丈、柄などによって、全体的なスタイルが全然違って見えるからです。そのため、好みや流行などで服を選んでしまうと、失敗するハメになってしまうかもしれません。

 

でも、コーデのポイントを押さえれば、脚長効果でスタイルがよく見えるのはもちろん、足が細く見える効果もありますよ。

また、ファッションアイテムを上手に使うことで、足が長く見える効果があります。使えるものは全部使って、足が短く見えるコンプレックスを解消していきましょう!

 

足が長く見えるコーデのポイント!

では、足が長く見えるコーデとはどんなものか見ていきましょう。ポイントさえ押さえれば、スタイルがよく見えますよ。

 

トップスをインして脚長効果

f:id:m-danjyo:20190606144512j:plain

ダボっとしたトップスは体型を隠してくれますが、太って見えたり、かえって足が短く見えてしまう原因になります。かといって、あまりピタっとしたトップスも、体のラインがはっきり見えすぎて、足が短く見えてしまうことも。

 

そこでオススメの着こなしテクが、部分的にトップスをウエストにインすること。お腹の真ん中の部分だけウエストに入れることで、ウエストの位置を高く見せて脚長効果があります。

 

トップスは短めで目の錯覚を利用

f:id:m-danjyo:20190606144601j:plain

トップスを短めにすると、「相対的に下半身が長く見える」という目の錯覚を利用することで、脚長効果があります。上半身を短く見せることで、必然的に足が長く見えるということですね。Tシャツをウエストに入れて、短い丈のジャケットを羽織ると良いでしょう。

 

f:id:m-danjyo:20190607174419j:plain

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS - WEAR

 

「トップスをウエストに入れるのがイヤ」「短いトップスは苦手」という人は、クロップドトップスがオススメ。野暮ったくなりがちなワイドパンツに合わせても脚長効果があります。

より足を長く見せるには、ハイウエストのパンツにすると良いでしょう。

 

テーパードパンツは体型カバーにぴったり

太ももの部分がゆるっとしていて、裾が細くなっている「テーパードパンツ」は、体型をカバーしつつ脚長効果もあるのでかなり使えるアイテム。すっきりキレイに着こなすには、7~9分丈がベスト。足首がちょうど見えるくらいの丈なら、足が細く長く見えます。

 

また、ウエスト部分にタックが入っているものと、入っていないものがあります。タックが入っていないほうがスッキリ見えますが、ぽっこりお腹などの体型をカバーするためにはタックがあったほうが良いでしょう。

 

ウエストが絞ってあれば足が長く見える

f:id:m-danjyo:20190606144526j:plain

ジャケットやコートなどのアウターを着る季節は、全体的に何となく重くなりがちですよね。中途半端な丈だと足が短く見えるし、寸胴に見えてしまうこともあります。そこでオススメなのが、ウエストが絞ってあるタイプ。

 

ベストが付いていたり、ウエストの部分が高めの位置で絞ってあるコートなら、ウエストの位置が高く見えることで足が長く見えます。

 

ざっくりトップスもウエストマークがあれば脚長効果アリ

f:id:m-danjyo:20190606144538j:plain

ざっくりとした羽織ものは体型を隠せるものの、足が短く見えてしまうNGコーデの1つ。でも、ウエストの位置をはっきり見せることで、足が長く見える効果があります。

 

また、帽子をかぶったり、高いヒールを履いたりすることで、縦ラインをより長く見せることができます。

 

ハイウエストなら無条件で足が長く見える

f:id:m-danjyo:20190606144614j:plain

脚長効果を狙うなら、ハイウエストは外せません。スカートやパンツなどのボトムスにハイウエストのアイテムを選ぶのはもちろん、ワンピースも、ウエスト部分の切り替えがハイウエストになっているものを選びましょう。

 

ハイウエストのパンツを選ぶときは、ウエストから下(股上)が、割とゆるっとしたデザインのものがオススメ。股の部分をぼかすことで、股下の長さをごまかすことができ、足が短く見えるのを防ぐことができます。

 

ペプラムトップスならウエスト位置が高く見える

f:id:m-danjyo:20190607172654j:plain

GRLグレイル- WEAR

 

ウエストが絞ってあり、裾が広がっているペプラムトップスは、ウエストの位置が高く見えるので足が長く見えます。裾が長めのペプラムトップスなら、スキニーパンツに合います。お腹もカバーできるのがうれしいポイントですね。

 

裾が短めのペプラムトップスなら、テーパードパンツやロングタイトスカートに合わせるのがオススメ。裾に向かって細くなっているボトムスに合わせれば、バランスが良くなります。

 

縦ラインのワイドパンツは足が長く見える効果アリ

f:id:m-danjyo:20190607173443j:plain

ema- WEAR

 

ワイドパンツは足が短く見えてしまいがちですが、縦ラインが強調されているタイプなら足が長く見える効果があります。縦ストライプや、生地そのものに縦ラインが入っているワイドパンツを選ぶと良いでしょう。

 

その場合には、必ずトップスをウエストに入れること。トップスを垂らしてしまうと、せっかくの縦長効果がなくなり、全体的に太く短い印象になってしまいます。

 

ワンカラーコーデで足が長く見える

f:id:m-danjyo:20190606144824j:plain

全身の色をワンカラーにするコーデは、頭から足まで同色が続くことで縦ラインを強調でき、全身を縦長に見せる効果があります。しかも全身をブラックコーデで統一すれば、全体的に引き締まった印象になり、縦長効果をアップしてくれます。

 

ワンカラーコーデなら、色の組み合わせで悩むこともないので、コーデに迷ったときにも便利ですね。ワンカラーといっても、まったく同じ色でなくてもOK。色の濃さに変化をつけることで、単調なイメージがなくなります。

 

足を長く見せるファッションアイテムの選び方

服以外のファッションアイテムで、足を長く見せることもできます。とくに、靴の選び方は重要なポイントですよ。

 

ヒールの高い靴は足が長く見える

f:id:m-danjyo:20190606144909j:plain

ヒールの高い靴を履くだけで、足が長く見える効果があります。スニーカーやペタンコシューズばかり履いている人は、ぜひヒールの高い靴にチャレンジしてみてくださいね。たったそれだけで足が長く見えますよ。

 

「ヒールは足が痛くなるから苦手」という人は、厚底にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? ソール全体が高くなっているので、フラットな状態で履けて足が楽チンですよ。ただし、ちょっとした段差などでも転びやすいので気をつけてください。

 

ヌーディーカラーの靴は脚長効果アリ

f:id:m-danjyo:20190606144841j:plain

ヌーディーカラーの靴は、足の肌色と靴がつながって見えるので、足が長く見える最強アイテムの1つ。なるべく肌なじみのいい色で、少し光沢がある素材がオススメ。

 

ヌーディーカラー以外の靴でも、足の甲の部分が見えるカットの靴を選べば、肌色の部分が長く見えて、脚長効果があります。

 

アンクル丈のブーツはタイツと同色で

アンクル丈のブーツは、足が短く見えてしまうファッションアイテムです。でも、ブーツと同色のタイツを履くことで、足が一体化して見えるので足が長く見えます。また、つま先ができるだけ細くなっているタイプの靴のほうが、細長く見えます。

 

タイツで脚長効果を狙うなら「縦ストライプ」

秋冬になると大活躍するタイツは、さまざまな色や柄などがありますよね。その中でも縦ストライプ柄がもっとも脚長効果があります。

 

ただし、同じストライプ柄でも、太いストライプより細いストライプ、くっきりとしたストライプよりも薄めのストライプのほうが、脚が細く長く見えます。ストライプ以外でも、レース柄やリブ模様など、全体的に縦にラインが入っている柄もオススメです。

 

逆に、足が短く見えたり、太く見えたりしてしまう柄は、大きめの網目柄、フルーツ柄や星柄などです。これらの柄は、「ふくらはぎ」や「太もも」の部分で横長に広がってしまうため、足が太く短く見えてしまいます。タイツ選びは、靴の色にも注意しながら、柄も意識して選びましょう。

 

足が長く見えるコーデでコンプレックスを解消しよう!

足が長く見えるコーデのポイントについてご紹介しました。トップス・ボトムスなどの服選びのポイント、靴やタイツなどのファッションアイテム選びのポイントなどをご紹介したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。足が長く見えるコーデを習得して、コンプレックスを解消していきましょう!