みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

くびれを作るにはストレッチが効果的|ひねるだけで簡単にくびれ美人!

f:id:m-danjyo:20190620222152j:plain

くびれを作るにはストレッチが効果的!ひねるだけでくびれ美人

お腹まわりがプニプニしていると、薄着になったときに困りますよね。ウエストを細くしたいのはもちろんですが、とくに気になるのが「くびれ」。

 

くびれがあるとボディラインが美しく、女性らしい体型になります。でも、「毎日エクササイズをしているのに、くびれができない」と悩んでいる人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、くびれを作るストレッチについてご紹介します。ひねるだけの簡単ストレッチで、くびれ美人を目指しましょう!

 

ウエストがくびれるメリット

くびれのある体型は、誰もが憧れる理想的なボディラインですよね。では、ウエストがくびれるメリットについて見ていきましょう。

 

メリハリボディになる

くびれがあると、それだけでスタイルがよく見えてカッコイイですよね。ただ痩せているだけの人よりも、出ている部分とへこんでいる部分の差が大きいほど、メリハリのある美ボディに見えます。

 

胸が大きく見える

くびれがあると、胸のふくらみとの差が出るため、胸が大きく見えるメリットがあります。胸が大きくなるわけではありませんが、お腹にプニプニお肉がついている人は、胸が小さく見えて損しているかもしれませんよ。

 

好きな服を着こなせる

くびれができたら、一番やりたいことは何ですか? 多くの人は、「ファッションをきれいに着こなしたい」と思っているのではないでしょうか?

 

好きな服や着てみたい服があっても、くびれのない寸胴体型では、カッコ悪くて着られないですよね。「いつか痩せたら着る!」と思いつつも、なかなか痩せられなくてあきらめていた人もいるかもしれません。

 

でも、今回ご紹介くびれストレッチをすれば、着たかったあの服が、着られるようになるかもしれませんよ。しかも、くびれができることで若々しく見え、自分のスタイルに自信が持てるようになるでしょう。オシャレがどんどん楽しくなっちゃいますね。

 

腹筋だけではくびれない!? くびれを作るための筋肉とは?

くびれを作るため、腹筋運動に励んでいるあなたに、残念なお知らせがあります。実は、腹筋運動だけでは、くびれ美人にはなれないんです。腹筋運動で鍛えられる筋肉は、お腹の前側中央にある「腹直筋」。ぽっこりお腹を引き締める効果はありますが、くびれを作ることはできないのです。

 

とはいえ、ウエストを細くする効果はありますので、これからご紹介する筋肉と併せてアプローチすることが大事。では、くびれを作るためには、どこの筋肉にアプローチすれば良いのでしょうか?

 

くびれを作る「腹斜筋」

美しいくびれを作るには、お腹の横にある「腹斜筋」にアプローチすることが大切です。エクササイズなどで鍛えるのはもちろん、ストレッチで伸ばすことも重要です。

 

腹斜筋には「内腹斜筋」と「外腹斜筋」の2つの筋肉があります。どちらも肋骨から骨盤までつながっている筋肉で、外腹斜筋は表面側、内腹斜筋はその奥にあります。コルセットのように脇腹に巻き付き、メリハリのあるボディラインを作るのに欠かせない筋肉です。

 

お腹のインナーマッスル「腹横筋」

「お腹のインナーマッスルを鍛えると代謝がアップする」と言われていますが、その1つが「腹横筋」です。腹横筋は、内腹斜筋よりもさらに奥にあり、コルセットのように体幹を支え、安定させる働きがあります。

 

くびれストレッチのやり方

では、実際にくびれストレッチのやり方を見ていきましょう。

 

くびれ効果バツグン「腹斜筋ストレッチ①」

 

  1. 背骨を伸ばして、あぐらをかきます。
  2. 「おへそ」と「かかと」が一直線になるようにします。
  3. 右手を左膝に当て、息を吸いながら左手を上に伸ばします。
  4. 息を吐きながら、右に体を倒します。目線は天井へ向けます。
  5. 呼吸を止めずに適度にキープしたら、反対も同様に行いましょう。

 

膝が床から離れないように意識しましょう。腹斜筋ストレッチをすることで内臓機能が活発になり、デトックス効果が期待できます。

 

くびれ効果バツグン「腹斜筋ストレッチ②」

 

  1. 足を腰幅に開き、膝立ちの姿勢になります。
  2. 手を頭上に上げて、右手首を左手で持ちます。
  3. そのまま上半身を左に倒し、しばらくキープして、ゆっくりと戻します。
  4. 反対側も同様に行いましょう。

 

体が前に倒れないように、上半身の前面はつねに前方を向くように意識しましょう。

 

寝たままくびれを作る「腹横筋ストレッチ」

 

  1. 仰向けになり、両手を横に伸ばします。
  2. 片足の膝を曲げ、腰をひねりながら体の反対側に向けます。
  3. そのまま30秒キープします。
  4. ゆっくりと戻り、反対側も同様に行いましょう。

 

腰をひねったとき、顔は足と反対側を向くとストレッチ効果が高まります。またこのとき、反対の肩が床から離れないように注意しましょう。

 

バレリーナ直伝「ひねりストレッチ」

  1. 背すじを伸ばして体育座りをします。骨盤が後傾しないように、引き上げるようなイメージで骨盤を立てます。
  2. 左肘を右膝の外側に当て、上半身をひねります。息を吐きながら、背すじは真っすぐにキープです。
  3. 3秒間キープしたら、反対側も同様に行いましょう。
  4. 左右1回ずつを1セットとし、2セット行いましょう。

 

ウエストをひねることで「腹斜筋」や「腹横筋」に刺激を与え、くびれを作ることができます。

 

腹筋&くびれに効く「旋回ストレッチ」

 

  1. 足を腰幅に開き、膝立ちになります。
  2. 右足を前に出し、かかとの真上に膝が来るようにします。
  3. 体を倒して左手を床につき、手首の真上に肩が来るようにします。
  4. 胸を正面に向けて、息を吸いながら右手をグルリと一周させます。
  5. 手が前に来たら、息を吐きながら少し前屈し、一旦脱力します。
  6. そのまま息を吸いながら、くり返し腕を旋回させます。体側を伸ばすのを意識します。
  7. 5回くり返したら、反対側も同様に行いましょう。

 

腰が硬いとくびれストレッチがやりにくいですが、毎日やっていると少しずつ腰がほぐれていきます。腰がやわらかくなると、くびれができるのはもちろん、腰痛も改善できますよ。

 

腹筋を鍛えながらひねる「くびれストレッチ」

 

  1. 仰向けになり、両膝を曲げて持ち上げます。(膝が90℃になるように)
  2. 両手は体の横につき、足を左右にゆっくりと倒します。(膝が開かないように)
  3. 左右交互に5回くり返しましょう。

 

ポイントは、3つ。

  • 肩が床から離れないようにする
  • 呼吸を止めない
  • 腰が床から浮かない

ゆっくりと行うことで、「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」のすべてにアプローチできますよ。

 

くびれストレッチのポイント

上記でご紹介した「くびれストレッチ」の効果を、より高めるポイントや注意点についてご紹介します。

 

腹筋がしっかり伸びているのを意識する

くびれを作るには、腹斜筋や腹横筋などの「腹筋」をしっかり意識することが大切です。エクササイズでは、しっかり腹筋に負荷がかかっているのを意識することが大切ですが、ストレッチでは、しっかり腹筋が伸びているのを意識しましょう。

 

しかし、むやみに伸ばせば良いということではありません。無理やり伸ばすと、筋組織を破壊してしまうので、適度なストレッチをすることが大切です。

 

反動をつけない・痛くないところで止める

くびれストレッチに限らず、反動をつけるのはNGです。ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」があり、一般的なストレッチは静的ストレッチです。今回ご紹介したストレッチも、ほとんどが静的ストレッチなので、反動をつけずに、じっくりゆっくり伸ばしていくことで効果を発揮します。

 

また、早くくびれ効果が欲しくて、痛いのに無理やりストレッチするのもNG。ストレッチは、あくまでも「イタ気持ちいい」ところで止めることが大切なんです。無理をするとケガの元になりますので、やめましょうね。

 

やわらかく安定した場所でストレッチをする

ストレッチの内容にもよりますが、ベッドの上でやると、やわらかすぎて不安定になり危険です。逆に、硬い床の上だと痛いので、ヨガマットやじゅうたんの上など、平らで適度にやわらかい安定した場所でストレッチをしましょう。

 

リラックスしてストレッチする

体が硬い人や、無理に伸ばそうとする人は、体に力が入ってしまいます。それでは十分なストレッチ効果が得られないので、くびれストレッチをするときはリラックスして行うことが大切です。

体全体の力を抜いて、深呼吸をするようにストレッチをしましょう。

 

呼吸を止めないでストレッチする

くびれストレッチは、呼吸を止めないで行うことが大切です。伸ばすときに吐くと、よりストレッチの可動域を広げることができますが、無理に伸ばさなくても、呼吸を止めなければOKです。

 

ひねるだけの簡単ストレッチでくびれ美人に!

くびれを作るストレッチについてご紹介しました。ストレッチならエクササイズよりもつらくないし、しかも簡単で気持ちいいのが魅力。毎日の生活に取り入れると、くびれ痩せだけでなく、全身痩せにもつながりますよ。ひねるだけの簡単ストレッチで、くびれ美人を目指しましょう!