みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

あなたの天職の見つけ方|天職を見つけて人生を充実させよう!

f:id:m-danjyo:20190718151457j:plain

天職が見つかれば人生が輝きはじめる!

天職を見つけた人は、キラキラと輝きながら仕事をしていて、毎日が充実しているように見えますよね。そんな人を見ていると、「自分も天職を見つけたい!」と思って天職を探し続けている人も多いと思います。

 

では、そもそも天職とは何なのでしょうか? 天職を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

そこで今回は、あなたの天職の見つけ方についてご紹介します。天職が見つかれば、充実した毎日を送れるようになり、あなたの人生が輝きはじめるでしょう!

 

天職とは?

天職とは、その人の天性にもっとも適した職業のことをいいます。ちなみに天性とは、天から授かった生まれつきの性質のことです。

 

天職についている人は、お金や地位を目的にせず、自分が生まれてきた使命のようなものを感じる仕事についている人のことをいいます。

 

つまり、仕事に対して生きがいを感じ、モチベーションが高い状態で仕事ができているため、毎日が充実していて、人生の満足度が非常に高い状態といえます。

 

天職と適職の違い

f:id:m-danjyo:20190718151600j:plain

仕事には、3つの種類があります。1つは、生活のためにする仕事です。2つめは、昇進や社会的地位を得るための仕事。つまり、キャリアアップをして自分を認めてもらえる仕事です。そして3つめは、社会的にも役立ち、自分の人生を充実させるような仕事。つまり、天職のことです。

 

では、天職に似た言葉に「適職」があります。天職と適職の違いとは、いったい何なのでしょうか?

 

適職とは、その人の能力や才能に合った職業のことをいいます。ここまで聞くと、「天職と同じでしょ」と思いますよね。しかし、天職と適職には大きな違いがあります。

 

それは、「楽しみながら取り組み、社会の役に立ち、充実感を得られる仕事であるかどうか」ということ。適職には、この要素が含まれていないのです。

つまり、単純に自分の能力に合った仕事のことを適職といいます。向いている仕事ということですね。

 

天職と適職の違いを簡単にいうと、楽しみながらやっているかどうかです。

その人の「能力」や「才能」を活かすという面はどちらにも共通していますが、「楽しみながら」仕事をしているかどうかが天職と適職の大きな違いです。

 

天職が見つからない理由

では、なかなか天職が見つからないのは、何が理由なのでしょうか?

 

好きなことが仕事になれば、天職だと思っている

f:id:m-danjyo:20190718174015j:plain

趣味や好きなことが仕事になれば、毎日が楽しくなると思っていませんか? なかなか天職が見つからない理由は、「好きなこと=天職」だと勘違いしているからです。

 

そもそも趣味や好きなことを楽しんでいるときは、利益のことを考えていません。むしろ、「自分がお金を払ってでもやりたい」と思うことが趣味であり、仕事とは性質がまったく異なります。

 

たしかに、好きなことが仕事になれば楽しいと感じるでしょう。でも、仕事になると楽しくない面も見なければいけないので、いつしか好きだったことが嫌いになってしまう人が多いのも事実。

 

だから、好きなことを仕事にすれば天職になるという考え方は、必ずしも正しいとは言い切れないのです。

 

仕事の選び方が間違っている

あなたは仕事を選ぶとき、何を基準にしていますか? きっと多くの人は、その仕事をする上での対価やメリットなどを考えているはずです。

 

たとえば……

  • 給料の高い仕事がしたい = 生活が楽になるから
  • 大企業に就職したい = 社会的地位が得られるから
  • 定時で帰れる仕事がしたい = プライベートが充実するから

 

このような基準で仕事を選んでいると、残念ながら天職を見つけることができません。なぜなら、冒頭のほうでもご紹介したように、天職とはお金や地位などとは関係なく、生きがいを感じられる仕事のことだからです。

 

そのため、天職を見つけたいのであれば、「たとえ給料が安くてもやりたい」「お金をもらえなくてもやりたい」と思えるくらいの仕事を探すことが大切です。

 

知識はあるけど経験がない

f:id:m-danjyo:20190718174036j:plain

天職が見つからない理由は、その分野の知識は豊富に持っているけど、経験がないという致命的なミスを犯している可能性があります。

 

もちろん、どんな仕事でも最初は未経験です。そこから経験を積んでいくわけですが、知識ばかりをつめこんで経験がまったく伴っていないようでは、仮にその職業についたときに理想と現実のギャップに悩まされる可能性があるのです。

 

だから、まずはその職業について経験を積むことで、その仕事が本当に天職なのかを見極めることができます。

 

強みを伸ばすことより、弱点の克服にフォーカスしている

f:id:m-danjyo:20190718174105j:plain

天職とは、その人の生まれ持った能力や才能を活かせる仕事のことです。つまり、自分の強みを活かした仕事が、天職なのです。そのため、天職を見つけたいなら、自分の強みをどんどん伸ばしていき、誰にも負けないくらいのレベルまで高めること大切です。

 

しかし、天職が見つからない人は、自分の強みを伸ばすことよりも、弱点を克服することにフォーカスしてしまいがちです。弱点を克服するために長い時間を費やし、強みのレベルを高めることを考えていないのです。

 

これは、自分の才能を過信しているともいえます。なぜなら、自分の才能が今のレベルで十分だと思っているから、強みを伸ばすことよりも、弱点を克服するほうにフォーカスしてしまうのです。

 

たとえば、あなたには何か得意なことがあり、一般レベルよりも秀でていたとします。でも、あなたと同じことを得意としている集団の中で、あなたはトップを獲ることができるでしょうか?

 

もしそうでなければ、あなたの強みをさらに高めていくことが、天職を見つけるための近道になるのです。

 

あなたの天職の見つけ方

では、天職を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか? ここでは、あなたの天職の見つけ方についてご紹介していきます。

 

自己分析をする

f:id:m-danjyo:20190718151758j:plain

天職を見つけるには、まずは自分のことをよく知っておく必要があります。自分自身のことがわからないと、「自分の強みは何なのか」「自分の天性の才能や能力は何なのか」がわからないのです。これらがわからないと、自分の天職を見つけることはできません。

 

そのため、まずは自己分析をすることから始めてみましょう。

 

  • 何をしているときに喜びを感じるか
  • 嫌いなこと、嫌悪感を抱くことは何か
  • 人生の中で、もっとも重要だと思えることは何か
  • 努力しなくてもできることは何か

 

これらのことを意識して、自己分析をしてみましょう。自問自答をくり返すことで、少しずつ「自分という人間像」が見えてきます。そうすれば、天職を見つけやすくなるでしょう。

 

色々なことに挑戦する

f:id:m-danjyo:20190718174123j:plain

天職を見つけるために知識を増やすことは大切ですが、それよりも大切なことは、実際に経験してみること。いくら知識が豊富でも、やってみないとわからないことが多いからです。そのため、天職を見つけたいなら色々なことに挑戦してみましょう。

 

そもそも天職というのは、「やらずにはいられない」ほど強く惹かれるもの。だから、むしろ「見切り発車でやってしまった」「知識はないけど、やりたくて仕方ないからやってしまった」ということのほうが多いのです。

 

当然、その状態で始めると、多くの場合は失敗に終わるでしょう。でも、それが本当に天職だった場合、失敗なんか気にせずに「じゃぁ、どうしたら成功するだろう」「何を改善すればいいんだろう」とワクワクしながら考えることができます。それくらい楽しめて、夢中になれることが天職なのです。

 

本気で取り組んでも成果が出ない仕事は天職ではない

f:id:m-danjyo:20190718175543j:plain

そもそも天職とは、社会の役に立っていることが前提です。天職とは、言い換えれば「あなたの使命」といえる仕事だからです。そのため、成果を出すことは当然と考えましょう。

 

もし「これが天職だ。毎日が楽しくて仕方ない!」と思っていても、その仕事で成果が出ていなければ、社会の役には立っていないのです。あなたが、その仕事をしていることすら認知されていないはずです。残念ながら、それでは天職とは呼べません。

 

そのため、天職の見つけ方は、本気で取り組んでも成果が出ない仕事は、天職ではないと見切りをつけることです。

 

新しい分野に挑戦してみる

f:id:m-danjyo:20190718174143j:plain

天職を見つけたいと思っていると、経験のある分野、もしくは自分が知っている分野から探そうとしますよね。これは当然のことです。職種によっては、経験者しか雇われない場合があるし、未経験から始めるのは大変です。

 

でも、世の中にはあなたの知らない分野の仕事が存在します。その存在すら知らない分野に挑戦してみることが、天職を見つけるキッカケになることも多いんです。偶然知った仕事や、今の仕事をしていく中で新たな分野に踏み込んだとき、「これだ」と感じる瞬間もあるかもしれません。

 

その運命的な出会いを求めて、新しい分野の仕事を始めてみるのも良いでしょう。とはいえ、新しい分野に踏み込むのはかなり勇気が必要です。そのため、少しずつ新しい分野に挑戦してみたり、副業をしてみたりすることから始めてみるのも良いでしょう。

 

天職の特徴

天職の見つけ方についてご紹介しましたが、では、天職の特徴とは何でしょうか? ここまでの内容をおさらいする意味も込めて、簡単にご紹介します。

 

「自分にしかできない」と思える仕事

f:id:m-danjyo:20190718175522j:plain

天職の特徴は、「自分にしかできない」という自信を持てる仕事であること。厳密には、自分にしかできない仕事というのは言い過ぎですが、少なくともその辺の誰よりもできる自信があり、まわりからも「この仕事なら〇〇さんに頼もう」と認知されていることが特徴です。

 

「人生が充実している」と実感できる仕事

天職の特徴は、「やらずにはいられない」という衝動にかられたり、「どうしてもやりたい」という情熱を持っていたりする感覚をともないます。その仕事に取り組んでいるだけで、人生が充実していると実感できる仕事こそが、あなたの天職なのです。

 

「人の役に立っている」と感じる仕事

天職についている人は、毎日が充実していて、人生の満足度が非常に高い状態だとご紹介しました。満足度が高い仕事の条件として挙げられるのは、「報酬が高いこと」や「社会的地位を得られること」ですが、天職の特徴は、「人生の満足度が高いこと」なのです。

 

人生の満足度が高くなる仕事とは、「人の役に立っている」と感じられる仕事といえるでしょう。人の役に立つということは、社会に貢献していることを意味します。人は、自分が誰かの役に立つと存在意義を再認識することができ、生きている実感が湧いてきます。それが喜びにつながるのです。

 

時間を忘れて没頭できる仕事

f:id:m-danjyo:20190718175451j:plain

天職の特徴は、時間を忘れて没頭できることです。「やりたくない」という感情はなく、集中して取り組んでいるため、いつの間にか時間が過ぎていることが多いのです。つまり、ストレスがない状態です。

 

たとえば、人間の本能に直結している「食欲」や「睡眠欲」さえも感じなくなるほど、その仕事に没頭してしまうのです。それが天職の特徴です。

 

心から楽しいと思える仕事

何だかんだいっても、天職の特徴として1番わかりやすいのが「心から楽しいと思えるかどうか」に尽きます。楽しいから才能を最大限に発揮できるのか、もしくは、才能を発揮できるから楽しいと感じるのか。いずれにしても、自分なりに創意工夫をほどこしながら、自分の成長をも楽しんで取り組める仕事が天職なのです。

 

天職を見分けるためのポイント

「これが天職だ!」と思える瞬間は、人によって様々なシチュエーションがあると思います。では、どのようにして天職を見分ければ良いのでしょうか? 「これが天職だ!」と見分けるためのポイントについてご紹介します。

 

1つの仕事に絞らない

f:id:m-danjyo:20190718175420j:plain

何が天職なのかを見分けるためには、1つの仕事に絞らないほうが良いでしょう。1つの仕事に絞ってしまうと、本当の天職を見つけるまでに時間がかかりますし、そもそも天職が1つとは限らないからです。

 

職種も業種も1つに絞る必要はありませんし、「この会社じゃないとできない」と決めつける必要もありません。天職が何かわからない手探り状態のときに、何か1つに絞ってしまうと、一生天職に出会えないこともあるかもしれません。

 

能力が高まるスピードが速い

天職を見分けるためのポイントは、自分の予想をはるかに上回って能力が伸びていくことです。天職とは、その人の天性に合った仕事のことであり、人よりも優れている分野の仕事であることが特徴です。

 

また、その仕事で成果を出すことが大前提であり、世の中の人の役に立つことが天職の特徴です。そのため、「能力が高まるスピードがやけに速いな」と感じたら、その仕事が天職である可能性が濃厚です。

 

運命的なものに導かれてその仕事についた

f:id:m-danjyo:20190718175340j:plain

ちょっとスピリチュアルな要素が入りますが、天職の性質を考えてみると、運命的なものに導かれるように出会った仕事なら、それが天職の可能性が高まります。天職とは何かをもう一度考えてみると、その理由がわかります。

 

天職とは、その人が生まれ持った才能や能力を活かせる仕事のことです。つまり、あなたがこの世に生まれた理由は、天職で世の中の人の役に立つためなのです。そう考えると、運命的なものに導かれてその仕事についたなら、それが天職の可能性があると思いませんか?

 

たとえば、勤めていた会社が倒産して、なかなか次の就職先が見つからずに困っていたとします。そんなときに、何となく始めた仕事で成果が出て、フリーランスになったとしたら、それは運命的な導きを感じますよね。

 

しかも、会社勤めをしていた頃は、終業時刻が待ち遠しかったのに、その仕事は一日中やっても苦にならないとしたら、それは天職以外の何物でもないと言えるはずです。

 

天職を見つけて人生を充実させよう!

あなたの天職の見つけ方についてご紹介しました。天職とは、自分が自分らしくいられて、幸せを感じる仕事のことです。しかも、自分が幸せだと感じるだけでなく、社会や人の役に立っている実感がある仕事が天職なのです。

だから、天職を見つけた人は人生が充実し、心から楽しいと思いながら暮らしているはずです。あなたも天職を見つけて、人生を充実させましょう!