みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

仕事で失敗したときの上手な謝り方|上司に許してもらえる謝罪のコツ

f:id:m-danjyo:20170525230312j:plain

仕事でミスしても許してもらえる謝り方をマスター!

誰だって、仕事でミスすることはありますよね。でも、ちゃんと謝罪しなければ、相手の気分を逆なでしてしまい、許してもらえなくなってしまいます。

 

どんな仕事でも、自分一人でしているわけではありません。先輩や上司、同僚や後輩と連携して仕事をしているわけですから、ミスすればそれなりの迷惑をかけてしまうことになります。

 

もしそこで、きちんと謝ることができなければ、あなたの仕事での信用はなくなり、大きな仕事を任せてもらえなくなるでしょう。そうならないためにも、正しい謝り方をマスターしておくことは大事。

 

そこで今回は、仕事でミスしたときの謝り方についてご紹介します。許してもらえる正しい謝罪の仕方がわかっていれば、今後もあなたの仕事をサポートしてくれるでしょう!

 

謝罪するときの心構えとは?

人は謝罪するとき、許してもらいたいばかりに、できもしないことを約束してしまうことがあります。でも、それでは約束を破ることになり、あなたへの信用はガタ落ち。

 

また、早く話を終わらせたくて、「とりあえず謝っておけばいいや」という気持ちで謝ってしまうと、相手に誠意は伝わりません。うっかりすると、その気持ちが態度に表れてしまい、相手の気持ちを逆なでしてしまうのです。

 

では、謝罪するとき、どのような心構えを持てば良いのでしょうか?

 

仕事がデキる人は、怒られたことに対して「改善点をわざわざ教えてくれている」と受け取ります。感謝すらしています。そして、「これを改善すれば成長できる」とプラスに考えます。だからもっと努力して、さらに上のステージへのぼれるのです。

 

しかし、仕事がデキない人は、「なんで自分ばかり怒られるの?」と不満たらたら。自分の非を認めようともせずに、誠意のない謝罪をして終わりです。これでは成長するチャンスもないし、上司に見放されるのも時間の問題です。

 

謝罪するときの心構えは、相手の立場になって考えることです。具体的には、以下のようなことを頭に入れておきましょう。

 

  • 言い訳をしない
  • できない約束をしない
  • 怒っている人のほうが疲れる
  • 相手が言いたいことを理解する

 

仕事で失敗をしたら、弁解せずにまずは受け入れること。話はそこからです。相手の怒りに圧倒されて、つい言い訳したり、できない約束をしてしまったりしがちですが、それではあなたの信用が地に落ちます。

 

また、怒っている人のほうがずっと疲れることを知りましょう。あなたのために時間と気力を使って怒ってくれているのです。その気持ちを忘れなければ、相手が言いたいことを理解することができるでしょう。

 

仕事で失敗したときの上手な謝り方

では、仕事で失敗したとき、上手に謝るにはどうすれば良いのでしょうか?

 

表情や声のトーンに気をつける

上手な謝り方のポイントは、表情や声のトーンにも気をつけることです。謝罪するときは、いつもよりワントーン高めの声を出しましょう。そして、大きな声で「すみませんでした」「申し訳ございませんでした」とはっきり言います。ボソボソ言うと、誠意が伝わりません。

 

また、表情からも反省しているのがわかるようにしましょう。演技ではなく、きちんと誠意が伝わるように意識すること。そうすれば、表情も自然と変わります。

 

謝るタイミングを間違えない

上司へ謝るタイミングは、早ければ早いほどよいでしょう。まだ失敗するか不確定な場合でも、早めに「報告」という形で謝罪しておくほうが無難です。その時点で解決策が見つかるかもしれないので、失敗を未然に防げる可能性もあるからです。

 

そのため、絶対に謝るタイミングを間違えないようにしましょう。「後でいっか」と先延ばしにしてしまうと、取り返しのつかない事態になるかもしれません。早めの対応を心がけましょう。

 

上司の話をしっかりと理解する

仕事で失敗したときは、上司の話をしっかりと理解することが大事。ただ聞くだけではなく、しっかりと理解することが重要なんです。物事は、「知る」ことと「理解する」ことでは意味が違います。

 

上司の話をただ聞くだけでは、状況を知っただけの状態です。そこに理解することが加わると、自分の頭で考えて、解決策を見つけることにつながります。そうすれば、次回からは失敗することがなくなり、成長することができます。

「失敗から学ぶ」という言葉の意味は、失敗を理解することなのです。

 

自分の落ち度を認める

そもそも謝罪する意味は、自分の落ち度を認めることです。それなのに、「自分には非がない」という態度をとる人がたまにいます。これでは謝罪する意味がありませんし、相手の気分を逆なでします。

 

上司への上手な謝り方は、まずは自分の落ち度を認めることから始めましょう。たとえ相手に落ち度がある場合でも、結果的にミスにつながったということは、自分の確認ミスによるもの。そのため、自分にも落ち度があることを認めなければいけません。

 

まずは相手の言い分を聞き、反論するのはその後でも遅くはありません。謝罪でも意見でも、まずは相手の言い分を聞くことから始めることがスムーズな人間関係を築くコツです。たった一度のミスで人間関係が崩れたら、仕事がやりにくくなりますからね。

 

解決策を提案できればGOOD!

仕事で失敗したときの上司への上手な謝り方は、解決策を謝罪とセットで提案すること。謝るだけでは、何の解決にもなりません。ちゃんと解決策を見つけておかなければ、たとえその場では許してもらえても、また同じ失敗をする可能性があります。

 

ただし、解決策が「次からは気をつけます」では解決になりません。具体的に、何をどのように対処するのかを明確にすることが大事。このような謝罪ができるようになれば、上司に許してもらえるし、仕事もスムーズに進むでしょう。

 

上司に許してもらえる謝罪のコツ

仕事で失敗しても、上司に許してもらえる謝罪のコツがあります。ちょっとしたことを意識するだけで、上司に許してもらえる確率が高くなりますよ。

 

さりげなく上司を褒める

上司に怒られているときは、褒める余裕なんてないかもしれませんが、これをするだけで上司の気分がガラッと変わる可能性があります。そのため、許してもらえる確率がグンと高くなりますよ。

 

「〇〇課長が頼りになるからといって、いつも頼りっきりで申し訳ありません」などと言えば、上司も悪い気はしないでしょう。

 

お礼の言葉を入れる

「謝罪なのにお礼?」と思うかもしれませんが、上司にされる注意や指摘などは、後々自分の成長の糧になります。それを素直に受け止めれば、という条件付きですが。仕事がデキる人は、どんなことも見逃しません。だから成長できるのです。

 

そもそも怒っている上司は、怒られている部下よりもパワーを消耗します。貴重な時間を使って、自分のために体力を消耗してくれていることだけを考えても、感謝に値するのではないでしょうか?

 

それくらい前向きに考えることができれば、どんな職場でも、どんな仕事でも成長していけるでしょう。

 

自分に非がないフレーズはNG

上司に許してもらえる謝罪のコツは、自分に非がないことをアピールするフレーズを言わないこと。誰だって書類を提出するときは、ミスがあると思って出す人はいません。でも、実際にチェックした上司がミスがあったといえば、あったのでしょう。そこを否定して「そんなはずはありません」などと言うのはNG。

 

このようなフレーズは、上司を不快にするだけでなく、上司を否定しているのと同じこと。心の中では「そんなはずはない」と思っていても、指摘された部分を確認してみましょう。すべては、それからです。

 

相手を怒らせるNGな謝り方

自分が謝罪するときは、できるだけ相手を怒らせないようにしたいですよね。うっかり相手を怒らせてしまったら、後が大変になります。そこで最後に、相手を怒らせるNGな謝り方についてご紹介しておきましょう。

 

社内メールだけで謝罪する

就活の合否もメールでやり取りをする昨今、上司への謝罪もメールだけで済ませようとする人がいます。ふつうに考えればわかることですが、そもそも謝罪に対する誠意が足りないことが、このような行動につながってしまうのです。

 

社外のお客さまに対しても、社内の上司に対しても、メールだけで謝罪するのはNGです。どんなに文才があって、誠意の伝わる文章であっても、「お詫びする」という気持ちが伝わりません。

 

取り急ぎ報告をするだけならOKですが、「メールだけで済ませようとしている」と勘違いされかねません。そのため、できるだけ早く直接謝罪しましょう。

 

心のこもっていない大げさな謝罪

反省していることを態度で示すことは大切ですが、あまりにも大げさな謝罪をすると、かえって心がこもっていないと思われてしまいます。一方的に「すみませんでした」を何度もくり返すのも、話をしっかり聞いていないように受け取られてしまいます。

 

謝罪は一度だけでは足りませんが、言いすぎるのもNG。大げさな態度ではなく、真摯な気持ちで謝罪することが大切です。

 

状況説明だけで謝罪の言葉がない

もはや謝罪とは呼べないものが、こちら。ミスが起きた経緯を説明したい気持ちはわかりますが、まずは謝罪の言葉を言わないと誠意が伝わりません。状況説明ばかりして、一向に謝罪の言葉ないと、言い訳しているようにしか聞こえません。

 

まずは謝罪の言葉から先に言って、それから場合に応じて状況説明をすると良いでしょう。聞かれてもいないのに、状況説明をする必要はありません。言い訳にしか聞こえないからです。

 

仕事で失敗したときは、とにかく素直に謝る!

仕事で失敗したときの上手な謝り方についてご紹介しました。上司に許してもらえる謝罪のコツは、とにかく素直に謝ること。そして、できるだけ早いタイミングで謝ることも重要です。時間が経てば経つほど、上司をイライラさせてしまいます。上手な謝り方がわかれば、仕事も人間関係もスムーズに進んでいくことでしょう。