みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

人付き合いが苦手な人の特徴とは?人付き合いがうまくいくテクニック

f:id:m-danjyo:20190903212827j:plain

人付き合いが苦手な人へ。うまく付き合えるテクニック

人付き合いが苦手な人は、できるだけ人と関わらないように生きているかもしれません。でも、心のどこかでは「人付き合いがうまくなりたいな」と思っているのではありませんか?

 

もし、その気持ちがあるなら、今こそ苦手意識を克服するチャンスです!

 

そこで今回は、人付き合いが苦手な人の特徴と、人付き合いがうまくいくテクニックについてご紹介します。

 

人付き合いが上手に見える人でも、実は、色々と考えているんです。だから、あなたも苦手意識さえ克服できれば、意外と簡単に人付き合いがうまくいきますよ!

 

人付き合いが苦手な人の特徴とは?

人付き合いが苦手だと感じる人は、どのような特徴があるのでしょうか?

 

自分に自信がない

f:id:m-danjyo:20190903213705j:plain

自分に自信がない人は、堂々と振る舞うことができず、人付き合いに苦手意識を持ってしまいがち。他人からどう見られているかを気にしすぎて、うまく振る舞えなくなってしまうのです。

 

うまく振る舞えないから、どんどん人との関わりが苦痛になっていく。その結果、人付き合いが苦手になり、自分の殻に閉じこもってしまうのです。とくに真面目な性格の人は、自分を過小評価して、自信を失くしてしまう人もいるでしょう。

 

余計なことを考えすぎ

人付き合いが苦手な人は、余計なことを色々と考えすぎてしまうのが特徴です。頭の中で考えた通りに物事が進めば良いですが、そうでないのが世の中の常。だから不安になり、余計なことをどんどん考えてしまうのです。

 

「自分はどう思われているのか」「いい人だと思われたい」など、自分の評価や印象などを考えすぎてしまったり、「これを言ったらどうなるか」「怒らせてしまうのではないか」など、先のことまで考えすぎてしまったりする傾向があります。

 

言ってみれば、取り越し苦労。そんなことばかり考えていると、人付き合いが苦手になり、疲れ果ててしまいます。

 

他人に興味がない

f:id:m-danjyo:20190903213651j:plain

人付き合いが苦手な人は、そもそも他人に興味がない人が多いでしょう。他人に興味がないと、それ以上突っ込んだ関係を築くことはむずかしくなります。無理して興味を持とうとしても、うまくいかないのがこのタイプの人です。

 

ネガティブ

人付き合いが苦手な人は、何でもネガティブにとらえがち。相手の何気ない一言がすごく気になってしまい、自分がバカにされたとか、嫌われているなどとマイナスに考えてしまうのです。

 

相手はそんなつもりがなかったのに、深読みしてネガティブにとらえてしまうのです。そんなネガティブさが、微妙な空気をつくり出してしまうことも。それが人間関係を複雑にし、人付き合いに苦手意識を持ってしまうのです。

 

身だしなみに無関心

人付き合いにおいて、見た目の印象は大きく左右されます。人付き合いが苦手な人は、自分の身だしなみに無関心な人も少なくありません。

 

髪がボサボサだったり、服が汚れていたりすると、近寄りたくないと思ってしまいます。最低限の身だしなみができていないと、性格的なこと以前に、人が寄ってこなくなってしまうのです。

 

いつもオシャレをする必要はありませんが、清潔感は人間関係を良好にする要素の1つ。接する人に対してのマナーでもあるので、最低限の身だしなみを整えておくことは必要です。

 

人付き合いがうまくいくテクニック

では、人付き合いが苦手な人が、うまくいくためのテクニックをご紹介します。ちょっとしたことを意識するだけで、おどろくほど人付き合いがうまくいくようになりますよ。

 

まずは挨拶をする

f:id:m-danjyo:20190903213609j:plain

人付き合いの基本は、挨拶です。まずは挨拶からしてみることで、コミュニケーションのきっかけをつかめます。最初は「おはようございます」だけでOK。少しずつ会話をプラスするようにしてみましょう。

 

たとえば、「今日は暑いですね」とか「昨日はお疲れ様でした」など、ちょっとした一言を添えるだけで、あなたの印象が少しずつ変わっていくことでしょう。

 

人付き合いが上手な人をマネる

人付き合いが苦手な人は、人付き合いが上手な人をマネてみることが効果的です。どんなタイミングで相づちを打っているのか、どんな行動をしているのか、まずは観察することから始めましょう。

 

そして、できるだけ人付き合いが上手な人のそばにいること。行動を共にすれば、その人の行動や言動をマネしやすくなります。最初はマネでも、続けていれば自分のオリジナリティが生まれますよ。

 

聞き役になる

人付き合いがうまくなるには、まずは聞き役を上手にこなすこと。自分から話すのは苦手でも、相手の話を聞くことはできるはずです。適度に相づちを打って、相手が話しやすい雰囲気をつくりましょう。

 

もう一歩先に進むには、相手が話しやすいような話題を提供すること。本当に上手な聞き役は、相手が気持ち良く話せるように、うまく話題を振っているのです。そこまで行けば、もう怖いものはありませんね。少しずつ、一歩ずつ進んでいきましょう。

 

嫌われることを恐れない

人付き合いがうまくいくテクニックは、嫌われることを恐れないこと。「嫌われないだろうか?」ということばかり考えると、会話もうまく続かないし、表情も堅くなってしまいます。

 

それでは一緒にいる人がつまらなくなり、付き合ってくれなくなるでしょう。「嫌われたっていいや」くらいの軽い気持ちでいると、気が楽になって意外とうまく会話できるようになりますよ。

 

今の自分を受け入れる

人付き合いが苦手な人は、自分に自信がない人が多いです。自信がないと何をやってもネガティブに考えてしまい、暗いオーラが漂ってしまいます。それでは、人が近づいてこないですよね。

 

まずは、今の自分をありのまま受け入れることから始めましょう。苦手なことは、苦手でOK。それも自分だと受け入れてあげることで、余計なことを考えなくなります。

 

今の自分のまま、人に話しかけてみましょう。それで受け入れてくれない人は、無理にどうにかしようとしないこと。でも、話しかけるのをやめないでいれば、いつかあなたの魅力に気づいてくれる日が来るかもしれません。今は、それでいいのです。

 

笑顔を増やす

f:id:m-danjyo:20190903213627j:plain

笑顔は、人間関係を円滑にする潤滑油。笑顔が多い人のそばには、人が集まってきます。笑顔に引き寄せられているからです。笑顔の人のそばにいると、「何か楽しいことが起こりそう」「幸せな気分になれそう」と、無意識に感じてしまうのです。

 

だから、人付き合いをうまくいかせるためには、できるだけ笑顔を増やすことが大事。初めは作り笑いでも、だんだん笑顔が定着してくるでしょう。笑顔を増やすことで、自分自身の心にも変化が訪れますよ。

 

清潔感を忘れない

人付き合いをうまくいかせるには、外見にも気を配ることが大事。ファッションセンスはなくても、清潔感を忘れないようにすればOKです。シンプルな服装と清潔感を意識すれば、あなたに好印象を持つ人が増えます。

 

服はシワにならないようにするとか、ボロボロの服は捨てるとか、靴はいつも磨いておくなど、身だしなみを整えるだけでおどろくほど印象が変わりますよ。人は、見た目の印象が大きく左右するのです。

 

相手のことを褒めてみる

人は、褒められて悪い気分になる人はいません。わざとらしいお世辞は警戒する人もいますが、できるだけ自然な流れで褒めれば、褒めてくれた人に好印象を抱きます。これが、人に好かれる第一歩。

 

褒められた人は、少しずつあなたとの距離を縮めてくる可能性があるので、仲良くなりたい人を褒めると良いでしょう。仲良しが一人でもできると、人付き合いが楽になりますよ。

 

苦手な人付き合いを克服するには「挨拶」と「笑顔」から

人付き合いが苦手な人の特徴と、人付き合いがうまくいくテクニックについてご紹介しました。苦手な人付き合いを克服するには、「挨拶」と「笑顔」から始めてみるのがオススメです。この2つさえクリアすれば、第一関門は突破。そこから少しずつ人間関係を広げていけば、いつの間にか人付き合いへの苦手意識はなくなっているはずですよ!