みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

婚活に疲れたときの対処法|婚活疲れの原因と乗り越え方

f:id:m-danjyo:20190906150726j:plain

婚活に疲れてしまう原因と対処法

幸せな結婚をしたくて始めた婚活。でも、なんだか疲れてきて、表情も曇りがちになっていませんか?

 

婚活を始めた頃は、目をキラキラさせてやる気に満ちていた人も、活動期間が長くなるにつれて疲れ果ててしまうのです。そんな女性が今、増えています。 

 

でも中には、そんな婚活疲れを乗り越えて、婚活に成功した人もいます。そこで今回は、婚活に疲れたときの対処法についてご紹介します。

 

理想の相手と巡り合うには、何か秘訣でもあるのでしょうか?  頑張り屋さんほど疲れてしまう「婚活疲れの原因」を探って、幸せな結婚を手に入れましょう!

 

「婚活に疲れた」という女性が急増中

積極的に婚活をしている女性はキラキラして見えますが、一方で、「婚活に疲れた……」と意気消沈している女性が増えています。

 

毎週のように婚活パーティーに参加しても、いい人がいなかったり、カップルになれなかったり、カップルになっても想像していた人と違ったり。

 

うまくいかないことが増えてくると、婚活へのモチベーションが下がり、精神的にも肉体的にも婚活に疲れ果ててしまうのです。

 

婚活疲れの原因とは?

婚活に疲れると、何をやってもうまくいかなくなってしまいます。その理由は、表情や雰囲気に疲れが出てしまうから。では、婚活疲れの原因とは、いったい何なのでしょうか?

 

断られてばかりで自信がなくなった

婚活パーティーで「いいな」と思う男性がいたり、理想の男性とお見合いをしたりしても、断られてばかりだと「わたしって魅力がないのかな」と自信がなくなってしまいますよね。

 

結婚は、相手も気に入ってくれないと成立しないので、当り前のことではありますが、交際にすらつながらないと、さすがに落ち込んでしまいます。婚活へのモチベーションも失って、「もう一生結婚できないかも」なんてあきらめモードになってしまう人もいるでしょう。

 

理想の相手に出会えない

結婚するなら、理想の相手としたい。そう思って婚活をスタートさせたけど、なかなか理想の相手に出会えないと、婚活への意欲は下がってしまいますよね。

 

「理想の相手なんて、この世界中どこを探してもいないんだ」なんて絶望的なことを考えたりして、婚活そのものに疲れ果ててしまうのです。

 

結婚へのプレッシャーで焦っている

そもそも婚活しているのは、親や親せきから「まだ結婚しないの?」と言われることに耐えかねて、仕方なく婚活をしていませんか?

 

そのような場合、なかなかうまくいかないとプレッシャーを感じて焦ってしまいますよね。その焦りが婚活の場で出てしまい、うまくいかない原因になっているのかもしれません。

 

または、早く結婚しないと子どもが産めなくなるとか、30代で絶対結婚したいとか、自分で設けた期限に追いつめられてしまうケースも。

 

結婚へのプレッシャーが大きすぎると、そのプレッシャーに押しつぶされて婚活に疲れてしまう原因になるのです。

 

メッセージのやり取りが面倒

せっかくカップルになっても、その後のメッセージのやり取りが面倒になって疲れ果ててしまう人もいます。相手のペースに合わせたり、本当の自分を出せなかったり、「また断られるかも」という不安があったりすると、どうしても面倒に感じてしまいますよね。

 

また、興味のない人からのメッセージに返信するのが面倒に感じてしまうケースも。本来は、そこからデートの約束をしたり、お互いのことを知り合ったり、メリットしかないはずですが、たくさんの人とメッセージをやり取りしているうちに、婚活疲れを感じてしまうのです。

 

毎週のパーティーやデートで体力的に疲れた

積極的に婚活を頑張っている人は、毎週のように婚活パーティーに参加するのはもちろん、複数のお相手と同時進行でデートをしている場合もあると思います。申し込みされるのはうれしいことですが、スケジュールをつめ過ぎると、単純に体力的に疲れ果ててしまう場合もあります。

 

また、出会いが多すぎて、選ぶ基準がよくわからなくなってしまう場合もあるかもしれません。「多くの男性に短期間で出会うのが、婚活成功の秘訣」なんて言われますが、出会いが多すぎると、体力的にも、精神的にも疲れ果ててしまいます。

 

短期間で相手を見つけようとしている

婚活をスタートした当初から、全速力で駆け抜けている人は、ある程度の期間が過ぎると婚活に疲れてしまいます。いい相手と出会って、それなりに手ごたえを感じればまだ良いけれど、成果が上がらない場合は、いつまでも全速力で走り続けることはできないのです。

 

頑張っているのになかなか成果が出ないと、「この婚活はいつまで続くの?」という終わりなき戦いをしているような気分になり、婚活に疲れてしまうのです。

 

そもそも男性と話すことが苦手

婚活に疲れてしまう人の中には、そもそも男性と話すことが苦手な女性もいると思います。婚活では、毎回初対面の男性と話すことになるため、うまく話せないことへのストレスもあることでしょう。

 

また、たくさんの男性に何度も同じような質問をされて、それに答えることに疲れ果ててしまう場合も。うまく会話がはずまないと、また最初からやり直し。そんな機械的なやり取りにも、疲れてしまっているのかもしれません。

 

お金と時間ばかりかかって不安

毎週のように婚活パーティーに参加していると、安くはない参加費用が重くのしかかってきますよね。金銭的に苦しくなってくると、精神的にも余裕がなくなってしまいます。

 

また、せっかくの休日なのに、毎週のように婚活パーティーに時間を取られると、ゆっくりと体と心を休ませる暇がありません。その結果、身も心も婚活に疲れ果ててしまうのです。

 

婚活に疲れたときの対処法

婚活に疲れると、「もう婚活なんてやめる!」と投げやりな気持ちになってしまうこともありますよね。そんなときは、気分転換や気持ちの持ち方を変えてみましょう。では、婚活に疲れたときの対処法についてご紹介します。

 

断られても自分を責めない

身も心も疲れさせ、婚活へのモチベーションも奪うのが、お断りの連続。婚活をしていれば、相手に断られることがあるのは当然だと思いましょう。決して、あなたに魅力がないからではありません。

 

婚活に疲れたときこそ、断られても自分を責めないこと。「会話がつまらなかったのではないか?」「何か機嫌を損ねることを言ったのではないか?」と自分を責めても、解決できないことが多いんです。

 

断られたのは、ただ相性が悪かっただけ。たまたま相手の好みではなかっただけ。ご縁がなかっただけなので、自分を責めるのではなく、すっぱり忘れて次を探しに行きましょう。

 

◆自分の長所を見つける

断られることばかりで自信を失くしているときは、自分の長所を見つけてみましょう。誰にだって欠点があるのと同じように、あなたにしか出せない魅力が必ずあるはずです。自分の長所を見つけて「わたしって、結構いい女じゃん!」くらいに思えれば、きっとご縁がある人に出会えますよ。

 

婚活を少し休む

婚活に疲れたときの1番の対処法は、婚活を少し休んでみること。「なんだか疲れたなぁ」と思ったときが、休むタイミングです。このまま無理して婚活を続けると、ひどい人だとうつ病になってしまう場合も。そうなったら、婚活どころではなくなってしまいます。

 

未来への希望を持ってするのが婚活なので、その婚活で身を滅ぼしたら本末転倒ですよ。完全に休むのが不安なら、毎週の婚活パーティーを隔週にしてみる程度でもOK! そして、休んでいる間に、以下のようなことで気分をリフレッシュしてみましょう。

 

  • 好きなことをする
  • 友達と遊ぶ
  • 趣味を楽しむ
  • 旅行をする

 

生活のすべてが婚活中心になっていた人は、自分が「楽しい」「気持ちいい」と感じることで気分転換をしましょう。好きなことをする時間をつくることで、新たな自分の魅力を発見できるかもしれません。それが自信へとつながります。

 

自分磨きをする

婚活に疲れたときの対処法は、結婚への焦りをいったん横に置き、自分磨きをしてみることがオススメ。ネガティブな感情に支配されると、漂うオーラがくすんでしまったり、表情が暗くなったりします。

 

そんな状態で婚活を続けても、せっかく出会ったステキな男性を逃してしまうかも。だから、自分磨きをしてポジティブな感情を取りもどしましょう。

 

  • 運動をする
  • メイクやファッションの研究
  • ヨガで精神を安定させる

 

たとえば、このような自分磨きがオススメ。

運動をすれば体が引き締まり、美しいボディラインになって魅力アップ!

自分に合うメイクやファッションを見つけて、女子力アップ!

ヨガでメンタルが安定し、ポジティブ思考に!

 

婚活にもメリットがあることばかりですよね。相乗効果で、婚活もうまく進むようになるでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。

 

婚活スケジュールにゆとりを持つ

婚活に疲れてしまうのは、スケジュールをつめ過ぎているのも原因の1つ。そのため、婚活スケジュールにゆとりを持つようにしてみましょう。すべてに対応していたら、自分の時間がなくなってしまうので、自分の生活を中心におき、婚活はプラスアルファの案件として考えましょう。

 

忙しすぎると、女性としての魅力も半減してしまいます。顔に疲れが出たり、険しい表情になったりすると、魅力的な女性には見えなくなってしまいますよ。少しペースダウンをして、自分をいたわってあげましょう。

 

独身を楽しむ

婚活に疲れたら、いっそ独身を楽しんでみるのも対処法の1つ。今は結婚に向けて全速力で頑張っているけど、もし結婚が決まってしまったら、もう独身を謳歌することができなくなります。

 

後になって「アー、独身時代にもっと楽しんでおけば良かった」と思っても、時間は戻せません。もし婚活がうまくいかなくても、「独身も悪くないな」と思えれば、それもあなたの人生です。何を選ぼうと、あなたの自由なのです。

 

婚活だらけになっていた生活を、いったん引いて見てみましょう。たとえば、以下のようなことをやってみるのも良いかもしれません。

 

  • 仕事を頑張る
  • 独身の良さを改めて考える
  • 自由を満喫する

 

仕事を頑張るのも、独身の特権といえば、特権です。結婚後も仕事を続けることはできますが、旦那の実家で何か問題が起きたり、子どもが熱を出したりすれば、仕事に打ち込むことができなくなるのが現実。

 

また、独身の良さについて改めて考えてみると、結婚願望に変化が起きるかもしれません。とりあえず自由を満喫したら、人生においての結婚への優先順位が低くなるかもしれませんよ。

 

結婚したい理由を再確認する

婚活に疲れたときの対処法は、そもそもあなたが結婚したい理由は何なのかを再確認してみましょう。もし婚活している理由が、世間体だったり、親に言われたからだったりするなら、婚活自体をやめてみるのも選択肢の1つです。

 

あなた自身が結婚したい場合でも、「老後に一人で過ごすのがイヤ」とか「老後のお金が心配」とかネガティブな理由であれば、いったん考え直してみましょう。結婚するときは前向きな決断をしないと、結婚相手が見つかっても、結婚生活がうまくいかなくなるからです。

 

ゆずれない条件を見直す

婚活に疲れる原因は、ゆずれない条件が多すぎるせいかもしれません。理想の相手を見つけたい気持ちはわかりますが、条件が多すぎると、結婚できる確率が激減してしまいます。

 

「これだけは、ゆずれない」という条件を見直してみて、少しゆるく考えてみましょう。条件をゆるくすることで、意外といい人に出会えるかもしれません。

 

たとえば、収入が高い人は高飛車で横柄な態度の人が多かったけど、年収を下げてみたら、心やさしい男性に出会える確率が高くなるかもしれませんよ。

 

いつもと違う婚活パーティーに参加する

婚活疲れに対処するなら、いつもと違う婚活パーティーに参加してみるのもオススメ。いつもと同じ婚活パーティーだと、参加しているメンバーも同じだったり、雰囲気が同じだったり、変わり映えしない婚活パーティーになります。

 

するとテンションも上がらず、いつも通りの行動をして終わり。開催する場所も同じだと、来られる人も限られてきますからね。

 

だから、いつもと違う地域や、いつもと違うメンバーが参加しそうな婚活パーティーに足を運んでみましょう。新鮮な気持ちで婚活に挑むことができ、あっさりといい人にめぐり合うことができるかもしれません。

 

婚活疲れを乗り切るには?

婚活疲れを乗り切るには、時には休むことも必要です。婚活がうまくいかないと、どうしても焦ってしまいますが、ちょっとくらい休んだからといって結婚できなくなるわけではありません。

 

いったん落ち着いて、冷静になってみると、心に余裕ができたり、婚活への意欲が湧いてきたり、意外と前向きになれることが多いです。

 

その休息期間が婚活疲れを癒し、自分を見つめ直す時間にもなります。時には立ち止まってみることも、婚活を成功させる秘訣の1つかもしれません。焦らず、自分を責めず、自分のペースでゆっくりと進んでいきましょう!

 

婚活に疲れたら休んでいい。新たな気持ちでいい人を探そう!

婚活に疲れたときの対処法についてご紹介しました。婚活を頑張っている女性ほど、頑張りすぎて疲れてしまうことも少なくありません。婚活に疲れたら、休んでもいいんです。ちょっと休んだら、また新たな気持ちでいい人を探す意欲が湧いてきますよ。焦らないで自分のペースで結婚相手を見つけていきましょう!