みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット|選び方のポイントとは?

f:id:m-danjyo:20190910224331j:plain

ノンシリコンシャンプーのメリットを知って自分に合ったシャンプー選びを!

ノンシリコンシャンプーは、髪にやさしいイメージがありますよね。ノンシリコンシャンプーが髪に良いことは知っているけど、何が良いのかを知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

「ノンシリコンシャンプーのほうが髪にやさしいのかな?」

「シリコンシャンプーではダメなの?」

など、疑問も多いはず。そこで今回は、ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

髪にやさしいシャンプーを選ぶには、どのようなポイントに気をつけて選べば良いか見ていきましょう!

 

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、「シリコン」が含まれていないシャンプーのこと。「シリコンフリー」と書かれている場合もあります。そもそもシリコンとは、「ケイ素」を化学的に合成処理した成分のことです。

 

シリコンは「体に悪い」とか、「頭皮に悪影響がある」などと言われることもありますが、人体への刺激が少なく、安全性も高いことがわかっています。そのため化粧品にも使われていて、私たちの生活ではよく使われている成分の1つ。

 

シリコン入りのシャンプーを使うと、シリコンが髪をコーティングしてくれるので、髪の指通りをなめらかにしてくれます。だから、シリコンシャンプーが悪いとか、ノンシリコンシャンプーが良いとか、そういう基準で判断することはできません。

 

良いシャンプーを選びたいなら、自分の「髪質」や「髪悩み」に合ったシャンプーを選ぶことが正解です。シリコンシャンプーでも、ノンシリコンシャンプーでも、それ以外の成分によってシャンプーの質が変わるため、自分に合った質の良いシャンプーを選びましょう!

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

話題のノンシリコンシャンプーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

頭皮が清潔になる

ノンシリコンシャンプーのメリットは、頭皮が清潔になることです。シリコンが入っているシャンプーを使うと、髪を一本一本コーティングするため、頭皮にもシリコンが残ります。すると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因に。

 

でも、ノンシリコンシャンプーなら、頭皮にシリコンが残らないため、頭皮が清潔になって頭皮環境が良くなります。今お使いのシャンプーで頭皮トラブルを起こしたなら、ノンシリコンシャンプーに替えてみると良いかもしれませんね。

 

ふんわりとサラサラの髪になる

f:id:m-danjyo:20190910225020j:plain

ノンシリコンシャンプーのメリットは、ふんわりとサラサラの髪になること。ノンシリコンシャンプーを使うと、頭皮や髪にシリコンが残らないため、軽い仕上がりになります。そのため、ふんわりとしたサラサラの髪になることができるんです。

 

ペタンとしがちな髪に悩んでいる人は、ノンシリコンシャンプーがオススメです。逆に、しっとりした仕上がりが好きな人は、シリコンシャンプーを使いましょう。

 

カラーやパーマがしっかりかかる

f:id:m-danjyo:20190910225001j:plain

ノンシリコンシャンプーのメリットは、カラーやパーマがしっかりかかること。シリコン入りのシャンプーを使うと、シリコンが髪の毛1本1本をコーティングしているため、カラーやパーマの液が入りにくいんです。

 

でも、ノンシリコンシャンプーなら、髪をコーティングすることなく、髪をまっさらな状態にしてくれるため、カラーやパーマがかかりやすいのです。

 

使い続けることで髪が元気になる

ノンシリコンシャンプーは、使い続けることが大事。使い続けることで頭皮環境が良くなり、髪が元気になっていきます。

 

ノンシリコンシャンプーを使い始めた頃は、髪がパサついたり、きしんだりすることもありますが、使い続けることで頭皮や髪に余計なものがなくなり、すっぴんの状態に近づいていけるでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

では、ノンシリコンシャンプーのデメリットには、どのようなことがあるのでしょうか?

 

髪がきしむ

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、髪がきしむこと。シリコンは髪をコーティングしてくれるので、指通りをなめらかにしてくれますが、そのシリコンがなくなることで、きしみを感じやすくなります。

 

髪のパサつきやダメージが進行しやすい

f:id:m-danjyo:20190910224945j:plain

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、髪のパサつきやダメージが進行しやすいこと。髪をコーティングするシリコンがなくなると、髪同士がこすれ合ったり、紫外線やドライヤーなどのダメージを受けやすくなったりします。

 

髪のダメージがひどい人は、髪をコーティングしてくれるシリコンシャンプーのほうがオススメです。

 

ノンシリコンシャンプーを使う場合には、このようなダメージを防ぐために「洗い流さないトリートメント」をつけると良いでしょう。ドライヤーの前や外出前などにつけておくと、熱ダメージから髪を守ることができます。

 

ヘアカラーが色落ちしやすい

f:id:m-danjyo:20190910225140j:plain

ノンシリコンシャンプーを使うと、ヘアカラーは入りやすくなります。しかし、色落ちしやすいのがデメリットです。これも、シリコンによるコーティングがなくなったから。ノンシリコンシャンプーは、カラーリングに関してメリットとデメリットがあるんですね。

 

ノンシリコンシャンプーが合う人・合わない人

ノンシリコンシャンプーには、メリットもデメリットもあることがわかりました。では、ノンシリコンシャンプーが合う人と合わない人はどんな人なのか見ていきましょう。

 

ノンシリコンシャンプーが合う人

  • 髪がペタンとなりがちな人
  • ショートヘアの人
  • 軽い仕上がりでふんわりさせたい人
  • すっぴん髪にしたい人

 

ノンシリコンシャンプーが合う人は、髪のきしみが気にならないショートヘアの人です。また、髪がペタンとなりがちな人は、ノンシリコンシャンプーを使うことでふんわりと軽い仕上がりになります。余計なものを排除して、すっぴん髪にしたい人にもオススメします。

 

ノンシリコンシャンプーが合わない人

  • 髪が傷んでいる人
  • しっとりとした髪に仕上げたい人
  • 髪がやわらかい人

 

ノンシリコンシャンプーが合わない人は、髪が傷んでいる人です。カラーやパーマで髪が傷んでいる人や、パサつきがちな人は、ノンシリコンシャンプーを使うとダメージが進行する恐れがあります。

 

また、「サラサラ」よりも「しっとり」とした髪に仕上げたい人は、ノンシリコンではなく、シリコンシャンプーがオススメです。さらに、髪がやわらかい人がノンシリコンシャンプーを使うと、髪がからまりやすくなってしまいます。

 

ノンシリコンシャンプーの選び方のポイント

ノンシリコンシャンプーといっても、配合されている成分や、髪ダメージを修復する効果などがそれぞれ異なります。では、知っておきたいノンシリコンシャンプーの選び方のポイントについてご紹介します。

 

ノンシリコンの表示があるかチェック

まずは、ノンシリコンの表示があるかどうかをチェックしてみましょう。パッケージの裏面に、「ノンシリコン」や「シリコンフリー」などと表記されているはずです。たまに表記されていない場合もあるようです。

 

その場合には、配合されている成分をチェックすると、ノンシリコンシャンプーかどうかがわかります。「ジメチコン」や「ジメチコノール」が配合されているか、「シリカ」「シリル」「シラン」「シロキ」から始まる成分名が記載されているかをチェックしましょう。

 

保湿成分が配合されているもの

f:id:m-danjyo:20190910224919j:plain

ノンシリコンシャンプーは、保湿成分が配合されているものを選びましょう。シリコンが入っていない分、ノンシリコンシャンプーは髪がきしんだり、パサついたりしがち。そのため、保湿成分で髪にうるおいを与えてあげることが大切です。

 

たとえば、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、「スクワラン」や「セラミド」などが配合されているシャンプーがオススメ。髪に良い効果のある「椿オイル」や「アルガンオイル」などの植物性オイルが配合されているシャンプーもオススメです。

 

頭皮にやさしい洗浄成分が配合されているもの

ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、頭皮にやさしい洗浄成分が配合されているものを選びましょう。

 

ノンシリコンシャンプーは、頭皮に余計な成分が残らないため、頭皮環境を良くしてくれる効果があります。しかし、頭皮に刺激になる洗浄成分が配合されていると、かゆみやフケなどの原因になってしまいます。

 

頭皮にやさしい洗浄成分は、たとえば「アミノ酸系シャンプー」。アミノ酸系シャンプーは、「ココイル」や「ラウロイル」から始まる成分が目印です。成分表をチェックしてみましょう。

 

頭皮に刺激を与える成分が入っていないもの

頭皮に刺激を与える成分は、「サリチル酸」です。サリチル酸は、頭皮の汚れを落とす殺菌作用がありますが、頭皮に刺激を与える成分です。おもに粘膜にダメージを与えるため、目に入ると赤くなったりするので気をつけましょう。

 

また、「タール系色素」も、頭皮に刺激を与える成分です。「黄4」など、色と数字がセットで表示されている場合は、タール系色素が配合されています。このような表記のないノンシリコンシャンプーを選びましょう。

 

あなたに合ったノンシリコンシャンプーを選ぶ

ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、あなたの髪悩みを改善する効果のあるものを選びましょう。たとえば、頭皮ケアなら「スカルプ系シャンプー」、ダメージケアなら「修復・補修効果の高いシャンプー」、髪がやわらかいなら「ハリ・コシが出るシャンプー」など、自分に合ったノンシリコンシャンプーを選びましょう。

 

好みの香りのもの

f:id:m-danjyo:20190910224902j:plain

ノンシリコンシャンプーに限った選び方ではありませんが、好みの香りのシャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーの効果を実感するためには、使い続ける必要があるため、香りが気に入らないシャンプーだと使うのがイヤになってしまいます。好みの香りのノンシリコンシャンプーであれば、シャンプーするのが楽しみになりますよね。

 

ノンシリコンシャンプーは自分に合ったものを!

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットについてご紹介しました。ノンシリコンシャンプーのメリットは、髪をふんわりサラサラにしてくれること。配合されている成分によって効果が変わってくるので、シリコンかノンシリコンかよりも、あなたの髪の悩みに合ったシャンプーを選びましょう!